アセンブリの使用バージョンとファイルのアセンブリのバージョンに方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 556041 - 対象製品
著者?Vikas Goyal MVP
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

AssemblyInfo.cs は、バージョンを2種類設定するために、 2 つ属性を提供します。 このヒントは、それらの 2 つの属性の使い方を示します。

ヒント

アセンブリの使用バージョンとファイルのアセンブリのバージョンに方法

各アセンブリにバージョン番号を2種類設定するための機会が用意されます。
?
Assembly Version:これがアセンブリを検索し、そしてアセンブリをリンクし、そしてアセンブリを読み込むために、ビルドの間、とランタイムでフレームワークによって使用されたバージョン番号です。 プロジェクトに任意のアセンブリへの参照を追加すると、埋め込まれるのは、このバージョン番号だ。 内で、 CLR は、このバージョン番号のアセンブリが読み込むために、考えます。 しかし、このバージョンが名と一緒に使用されるよう、アセンブリがのみ strong-named である場合、トークンとカルチャ公開キー情報の署名に注意します。 アセンブリ署名されるようアセンブリに strong-named されないならば、ファイル名だけが読み込みに使われます。
強力 / <>?
Assembly File Version:これがファイル システム同様提出するのに指定されたバージョン番号です。 エクスプローラによって表示されます。 参照するために、 .NET Framework またはランタイムによって使用されて。
?
AssemblyInfo.cs の属性
/次の 4 つの小数点値からアセンブリのバージョン情報が成る。
//
/バージョンを専攻する。
/バージョンを小さな。
/番号をビルドする。
// リビジョン。
//
アセンブリ:AssemblyVersion("1.0.0.0")][。
アセンブリ:AssemblyFileVersion("1.0.0.0")][。
?
ビルドする度、*に絶対番号設定の代わりに 1 ずつ番号コンパイラ増加を提供します。
?
アプリケーション アセンブリをビルドするうちに、使用される多くの開発者によるプロジェクトにフレームワーク アセンブリをビルドするとします。 新しいアセンブリを解放する度、アセンブリの新しいバージョンを非常に頻繁にリリースし、そしてすべて一度、日言う、そしてアセンブリが強力である場合、名前を付けたならば、参照を Developer が変更する必要があります。 これがまた非常に邪魔、間違った参照にリードできるかもしれません。 シナリオが次の volatile とおりは彼に 'Assembly Version'を修正し、そして<STRONG>のみ「 アセンブリファイル バージョン」を変更し、であり、そして、 . アセンブリの最新リリース通信にアセンブリのファイルのバージョン番号を使用する A がこうした閉じられたグループにより適切にオプション この場合に開発者が参照を変更する必要はあらないで、参照パスのアセンブリが単に上書きできます。 central/final リリースで、ほとんど「 アセンブリファイル バージョン」を保持し、そしてアセンブリのバージョンとして同じ複数のセンスを加えるビルドが「 アセンブリ バージョン」を変更する、

プロパティ

文書番号: 556041 - 最終更新日: 2007年11月2日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio 2005
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。
英語版 KB:556041
コミュニティで作成された技術情報の免責事項
マイクロソフトコーポレーション、その子会社、関連会社(以下「マイクロソフト」といいます)、およびそれらのサプライヤは、ここで提供されている情報および関連グラフィックスの適切性、信頼性、または正確性を表明するものではありません。これらの情報およびその関連グラフィックスは、何等保証もない現状有姿のままで提供されるものです。マイクロソフトおよびそれらのサプライヤは、この情報および関連グラフィックスに関して、商品性、特定目的に対する適合性、職人的努力、権原および非侵害の黙示的なすべての保証および条件も含めて、一切保証をするものではありません。お客様は、マイクロソフトおよびそれらのサプライヤが、損害の可能性について勧告されている場合であっても、契約、不法行為、過失、無過失責任に基づくかどうかにかかわらず、ここで提供される情報または関連グラフィックスの使用もしくは使用できないことに起因または関連するデータの消失、利益の損失などの損害が原因で生じた直接損害、間接損害、懲罰的損害、偶発的損害、特別損害、派生的損害、その他いかなる損害についても一切責任を負わないことに明確に同意します。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com