バッチ ファイル内での再起動

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 67929 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

MS-DOS バッチ言語、システムの再起動の手段を行いません。 ただし、タスクを実行する実行可能プログラムを呼び出してからバッチ ファイル内のシステムを再起動することは。

注: この資料では REBOOT.COM ファイルの作成に使用できる手順説明しています。 おり、これらの手順が、すべてのハードウェア構成でテストされていませんに付属して"無保証"で記載されているかを明示しない保証します。

詳細

実行可能ファイルは、次のようにデバッグを使用して作成できます。

  1. MS-DOS コマンド プロンプトで、次を入力するデバッグを起動します。
    デバッグ
  2. ダッシュ プロンプトで Enter キーを押して続けてそれぞれ次のコマンドのシーケンス入力します。 (先頭にコメントが付いています「;」:)
       A 100                     ; Debug instruction for assemble
       MOV AH,0D                 ; Disk Reset
       INT 21h                   ; causes SmartDrv 4.x to write cache
       MOV AX, 40                ; set up segment addressing
       MOV DS, AX
       DS:
       OR  BYTE PTR    [17],0C   ; equivalent of pressing CTRL+ALT
       MOV AX,4F53               ; Issue a "DEL" (53h = DEL scan code)
       INT 15h                   ; EMM386 sees this & shuts down
       DS:
       MOV WORD PTR [72],1234    ; Set REBOOT flag to Warm-Boot (0=cold)
       JMP F000:FFF0             ; Execute the internal restart routine
       <CR>                      ; This line must be blank (just hit ENTER)
       R CX
       20                        ; File size to be written to disk (in hex)
       N REBOOT.COM              ; Filename
       W                         ; Write the file to disk
       Q                         ; Quit Debug
    						
注: このデバッグ スクリプトで作成された REBOOT.COM ファイルは SMARTDrive とその遅延書き込みキャッシュ機能の互換性です。 REBOOT.COM の指示は SMARTDrive (フラッシュ) の遅延書き込みキャッシュへの書き込みディスクにコンピューターを再起動する前に発生します。

ここでは、ファイル REBOOT.COM、現在のディレクトリに作成します。 この時点で、コマンドラインから、または、バッチ ファイル内で、ファイル、その他の実行可能ファイルと同じ方法で呼び出すことができ、システムが再起動します。

プロパティ

文書番号: 67929 - 最終更新日: 2003年5月12日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft MS-DOS 3.3 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 4.0 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 4.01 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 5.0 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 5.0a
  • Microsoft MS-DOS 6.0 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.2 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.21 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.22 Standard Edition
キーワード:?
kbmt KB67929 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:67929
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com