GW ベーシックと QBasic の違い

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 73084 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは、QBasic 向上 GW ベーシックと 2 つの主な違いの一部一覧します。

詳細

QBasic は QuickBasic バージョン 4. 5 のサブセットです。 QBasic オンライン ヘルプ機能には、完了の記事 BASICA/GW-ベーシックと QBasic、サポートされていないキーワードは、のバージョンの違いを説明して BASICA QBasic で使うプログラムを変換が含まれています。

QBasic をマウスの使用をサポートする Windows 形式環境を提供します。 画面の上部にメニュー バーにはプルダウン メニュー選択。

QBasic を分割画面を示します。 画面の上部ビュー ウィンドウと呼びます、プログラムのコードは、画面の下部で、「イミディエイト」、ウィンドウによりプログラムで挿入する前にプログラミング命令のテストします。

QBasic を持つ行番号を使用する必要はありません。 ただし、行番号はサポートします。 また、QBasic なりました行ラベル ラベル。 これらのラベル行ごとに、必要のないしかし、使用するプログラム フローを指示することができます。 その結果、QBasic は GW ベーシックのような RENUM コマンドあります。 例:
   Line label "Bob:" or line number "10" are both valid.
				
QBasic にはフレンドリ、広範なオンライン ヘルプが含まれます。 QBasic の使い方について、QBasic を起動後直ちにで Enter キーを押しますか、F1 QBasic を実行しているときにいつキーを押します。 マウスを使用している場合は、メニュー バーの右側にある、ヘルプ メニュー オプションをポイントして (上に表示されている画面の右)。

ことができます、オンライン ヘルプ画面からプログラムのコード例を貼り付け、実行ビュー ウィンドウに直接配置します。

QBasic は、IEEE 浮動小数点数値演算、業界標準を使用します。 GW ベーシック MBF 数学形式を使用します。 IEEE と Microsoft バイナリ形式を次の単語に対するクエリの詳細については。
チュートリアルと IEEE MBF
QBasic は QuickBasic 4. 5 のサブセットです。 4. 0 以降の QuickBasic は、数式 co-processor をサポートする、QBasic ただし、しません。

QBasic P-コード、方が、コンパイルされたコードに似ていない完全にコンパイルのためにので「擬似コードで」台と呼ばれるを使用します。 P-コードだけで十分な情報を保持する--実際のコードをコンピューターに重要な最後のビット失った--[画面のソース コード形式で一覧のおよび変更します。 まだ、見えますほとんどの場合、コンパイラの出力と同様に、ために実行ほとんどできるだけすばやく実行する実行可能ファイルが期待どおりです。 したがってをすべて使用する利点はインタープリターなし速度低下事実上と小さなサイズのペナルティ表示されます。

QBasic 追加の変数型をサポートする: ユーザー定義型や固定長文字列、長整数型 (Long) の整数。

ユーザー定義型

                         Use the type
   If the variable is:    declaration character:
   -------------------    ----------------------

   String                 $
   Integer
      Regular             %
      Long                &
   Floating Point
      Single-precision    !
      Double-precision    #
				

固定長文字列

定期的な整数変数は -32768 〜 から任意の整数を格納できます。
  1. 正規の整数を宣言するには、「%」を使用します。
       Example: integer% = 10
    						
   DIM strName AS STRING * n
				
を strName は固定長文字列の名前、n は、文字列の長さ。

長整数

長整数型変数-〜 2, 147, 483, 647 の整数を表現できます。 使用して「&」を長整数を宣言します。
   Example: employees& = 15000000
				
単精度浮動小数点変数に数値 7 桁を表現できます。 小数点それら桁内任意の場所にできます。 使用"!"を単精度浮動小数点変数を宣言します。
   Example: speed!= 33.33333
				
倍精度浮動小数点変数は数値 15 桁を表現できます。 小数点それら桁内任意の場所にできます。 倍精度浮動点変数を宣言に「#」を使用 </a0> します。
   Example: pi# = 3.141592654
				
QBasic によりサブルーチンごとのコード用の 64 K のメモリと 64 K データです。 配列、固定長文字列、およびユーザー定義型は 64 K を取得します。 64 KB のメモリのサブルーチン 64 KB のデータのメモリの 1 つのコード。 numerics、固定長文字列の配列を far すればもとユーザーに最大 64 KB ごとの種類定義します。

QBasic エラーとイベントのトラッピングを使用できます:
         "ON ERROR GOSUB.../ON KEY(n) GOTO..."

        Example:
                        CALL mysub
                        END

                        errhandler:
                                PRINT "You had an error!"
                                PRINT "Error" ERR
                        RESUME NEXT

                        SUB mysub

                        ON ERROR GOTO errhandler
                        ERROR 62

                        END SUB
				
QBasic 変数の値のパラメーターを渡すことができます。 ファンクションの UNCTION と End SUB と End SUB. QBasic はプログラム全体ではなく subprograms の数を制限に引数を共有する方法を提供します。 このメソッドは、渡す引数を呼び出されます。
        Syntax:
                SUB globalname[parameterlist][STATIC]
                        [statements]
                [EXIT SUB]
                        [statements]
                FUNCTION name [parameterlist][STATIC]
                        [statements]
                name = expression

                        [statements]
                END FUNCTION
                END SUB
				

QBasic を GW ベーシックからファイルの変換

QBasic で GW ベーシック プログラムを使用するには、をまず保存ファイルは ASCII テキスト形式でします。
   Example: SAVE: "PROGNAME.BAS",A.
				

QBasic から GW ベーシック プログラムへの変換

GW ベーシック プログラムから行番号を削除するのにには QBasic を MS-DOS に付属の REMLINE.BAS を使用します。 詳細については、QBasic でファイルを開くから REMLINE.BAS の先頭に提供されるのマニュアルを参照してください。

GW ベーシック プログラム QBasic を読み込み、使わなければなりませんコマンド"QBasic/MBF"、DOS プロンプトから QBasic を起動するとします。

プロパティ

文書番号: 73084 - 最終更新日: 2003年5月12日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft MS-DOS 5.0 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 5.0a
  • Microsoft MS-DOS 6.0 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.2 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.21 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.22 Standard Edition
キーワード:?
kbmt KB73084 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:73084
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com