使用上のメモリ ブロックの最適化

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 77083 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

プログラムまたはデバイス ドライバーをアッパー メモリ ブロック (UMBs) に読み込む、コンピューターをセットアップしました。 確認するようになりましたするうち最適に使用 UMBs できるだけアッパー メモリ領域にできるだけ多くのプログラムを実行することができるようにします。

最適なコンピューターのアッパー メモリ領域の使用を行うための手法紹介します。 これらの技法を使用するには、ページ 313 330 ユーザーズ ガイドと」参照は、Microsoft MS-DOS のバージョン 5. 0 では、UMBs にプログラムを読み込む方法について説明しますについて精通必要があります。 具体的には、327 および 329 ページ UMBs の使用を最適化する基本的なについてはいくつか説明します。

ここでは、次の最適化方法について説明します。

  • EMM386 を RAM スイッチではなく、NOEMS スイッチで始まる
  • UMBs にドライバーとプログラムを読み込むの最適な順序は、の検索
  • 複数の UMBs を提供する EMM386 を調整します。

emm386 を NOEMS、RAM スイッチではなくスイッチで始まる

EMS メモリ (EMS) が必要なプログラムを使用しない場合始めて、NOEMS スイッチ EMM386] をクリックします。 そう提供の UMBs、追加、64 K、NOEMS スイッチしない枠を作成、EMS ページ アッパー メモリ領域で EMM386 を指示するため、います。 、、NOEMS スイッチと共に EMM386 を開始するプログラムは Windows を実行しているときにでも EMS メモリは、を使用できません。

EMM386 スイッチでを起動、NOEMS:

  1. CONFIG.SYS ファイルを編集します。 MS-DOS のエディターを使用してファイルを編集するには、MS-DOS コマンド プロンプトで、次を入力します。
    c:\config.sys の編集
  2. EMM386 を起動するデバイス コマンドを見つけます。 [デバイス] </a0> コマンドは、RAM スイッチを含んで場合、変更代わりに、NOEMS スイッチができるようにします。 EMM386 用デバイスのコマンドが次のように表示。
    device=c:\dos\emm386.exe noems
  3. CONFIG.SYS ファイルに (存在する場合) に変更を保存し、テキスト エディターの終了します。 MS-DOS のエディターを使用している場合は、ファイルから終了を選択] メニューの [。 MS-DOS エディターはファイルを保存するように求めるダイアログ ボックスを表示、[はい] をクリックするかを Enter を押します。
  4. Ctrl キーと Alt キーを押しながら Del キーを押して、システムを再起動します。
この手順を実行する一部のプログラムがメモリ不足のメッセージを表示したり実行に失敗します。 このようなプログラム EMS メモリがあります。 このような場合、EMS メモリを再度使用できるようにするにはメモリ スイッチで、NOEMS スイッチを置き換えます。

UMBS にドライバーとプログラムを読み込むの最適な順序は、の検索

DEVICEHIGH または LOADHIGH コマンドを使用してプログラムを起動すると MS-DOS プログラムに読み込みます、最大の残り UMB 場合でも、小さい UMB に収まらないましょう。 そのため、アッパー メモリ領域の使用は最適化しようとしたとき順序を UMBs にプログラムを読み込むが重要です。 試行錯誤により、システムの最適な順序は、検索をさせます。

起動ディスクを作成します。

最適化を開始する前に、CONFIG.SYS ファイルおよび AUTOEXEC.BAT ファイルのバックアップ コピーを含む起動フロッピー ディスクを作成します。 この操作を行う、フォーマット済みフロッピー ディスクをドライブ A に挿入および次のコマンドを入力します。
sys c: A:
コピー c:\config.sys a:\
コピー c:\autoexec.bat a:\
この起動ディスクを持つこと、CONFIG.SYS ファイル </a0>] または [AUTOEXEC.BAT ファイルを変更するとすると、再起動、だけで、バックアップ ディスクをドライブ A に挿入 Ctrl キーと Alt キーを押しながら Del キーを押してコンピューターをロックより自由には、テストができます。

最適な読み込み順序を検索します。

高度なプログラムを読み込むとき MS-DOS 各プログラムに読み込みます、最大の残り UMB 場合でも、小さい UMB に収まらないましょう。 したがって、順番を UMBs にプログラムを読み込む順序が重要です。 一般に、ときに、アッパー メモリ領域にプログラムの読み込み読み込む大規模なプログラム小さなする前に。 ただし、この単純な負荷-、-最大-最初メソッドが常にあります、最も効率的です。 場合によっては、要所をアッパー メモリ領域に、最も活用するため、読み込み順序にあります。

たとえば、UMBs に、次の 3 つのプログラムをロードする:
   PROGRAM1.EXE   2K
   PROGRAM2.EXE   2K
   PROGRAM3.EXE   3K
				
は、利用可能な 2 つの UMBs があると仮定します 1 は 4 KB サイズでは、3 KB のサイズでします。 (わかります個々 の UMBs のサイズ、MEM/P コマンドを発行します。 詳細については、のページ表示 519、ユーザーズ ガイドと」参照)

わかるように PROGRAM3.EXE は、最大、3 Kbps でです。 PROGRAM3 を最初にロードする場合 MS-DOS を最大 UMB (4 K) に、配置します。 PROGRAM3 その UMB 領域の全体の 4 KB を使用しないため、追加キロバイトのメモリが使用されていない残されます。 次のプログラム PROGRAM1 (2 KB)、3 K UMB、もう一度、未使用キロバイトのメモリを残すに適合します。 ただし、PROGRAM2 も連続した領域の 2 KB が必要し、が残っている 1 KB UMBs のいずれかに適合しません。 これは、最大のプログラムを最初に読み込むを効率的に取り込む場合の例を示します。

効率よくなりますし PROGRAM1 (2 K) の読み込みに PROGRAM3 (3 KB)、および PROGRAM2 し (2 KB)。 次に、3 つすべてのプログラムは UMBs に収まらないは。 MS-DOS は、4 K UMB、領域の 2 KB のままに PROGRAM1 を読み込むましょう。 PROGRAM3 は、次の最大 UMB (3 KB) に適合し PROGRAM2 は残りの 2 KB に適合します。

プログラムのメモリ要件を計算します。

プログラムのメモリ要件は、必要なサイズ UMB を決定します。 残念ながら、どのようなサイズ UMB のでこの方法と左右プログラム メモリを割り当てるときに、特定のプログラムが必要に算出が困難できる場合があります。 一般に、プログラムはいずれかの 2 つのグループに分類されます。

  • ほとんどのプログラムが実行中に、プログラムのサイズとしてとして少なくともサイズ UMB 必要があります。

    をこのサイズを確認するには、プログラムの実行中に MEM/C コマンドを発行します。 ほとんどの場合、利用可能なそのサイズの UMB がある場合、プログラムする必要があります収まらないその UMB。
  • 一部のプログラムがプログラムのファイル サイズとして、少なくとも大き UMB 必要があります。

    これらのプログラムの起動時に、多くのメモリを使用し、実行するいるとメモリの量を必要とします。 ようなプログラムが最初に、大きな UMB; 必要ですが、プログラムを次のプログラムを読み込むし使用できるメモリを解放する、開始した後がありません。
次の表の一般的なデバイス ドライバーやアッパー メモリ領域で実行できるメモリ常駐プログラムによってです。 表は、各プログラムが必要な UMB のサイズを決定方法を指定: 実行中に、プログラムのサイズをチェックしてかをファイル サイズを確認します。
   Program Name   Size of UMB It Needs
   ------------------------------------

   ANSI.SYS       File size
   DISPLAY.SYS    Size while running
   DRIVER.SYS     File size
   EGA.SYS        File size
   MOUSE.COM      File size
   MOUSE.SYS      File size
   PRINTER.SYS    Size while running
   RAMDRIVE.SYS   Size while running
   SMARTDRIVE.SYS Size while running
   SETVER.EXE     File size
   APPEND.EXE     Size while running
   ASSIGN.COM     Size while running
   DOSKEY.COM     Size while running
   FASTOPEN.EXE   Size while running
   GRAFTABL.COM   File size
   GRAPHICS.COM   Size while running
   KEYB.COM       File size
   MIRROR.COM     Size while running
   NLSFUNC.EXE    File size
   SHARE.EXE      Size while running
				

技を CONFIG.SYS ファイルと AUTOEXEC.BAT ファイルの読み込み順序

ほとんどのデバイス ドライバーは CONFIG.SYS ファイル、および AUTOEXEC.BAT ファイルからのほとんどのメモリ常駐プログラムから読み込まれます。 MS-DOS CONFIG.SYS ファイルをまず処理し、[AUTOEXEC.BAT ファイル内のコマンドを実行します。 これにより CONFIG.SYS ファイルで、デバイス ドライバーは常に、AUTOEXEC.BAT ファイル内のプログラムの前に読み込むために、デバイス ドライバーやプログラムのロード順序を操作する機能を制限します。

次のヒントは、バランスを UMBs のデバイス ドライバーとメモリ常駐プログラムを使用できます。

  • CONFIG.SYS ファイルで DEVICEHIGH コマンドを使用して最大デバイス ドライバーのみを開始します。 最大メモリ常駐プログラム、AUTOEXEC.BAT ファイルからその負荷よりも小さないるデバイス ドライバーを使用する場合は、デバイスを使用してそれらのドライバーを開始コマンド。 (使用 [デバイス] を UMBs でこれらのドライバーを実行することはできませんので HIMEM.SYS と EMM386.EXE を読み込む)。
  • AUTOEXEC.BAT ファイルに、LOADHIGH コマンドを使用して、最大するメモリ常駐プログラムを起動します。
  • MOUSE.SYS と MOUSE.COM の両方のファイルが付属して、マウス、する場合は、CONFIG.SYS ファイルまたは AUTOEXEC.BAT ファイルから、マウス ドライバーを開始できます。 こうすると、スタートアップ プロセスでいつでもマウス ドライバーを読み込むできますに HIMEM.SYS と EMM386.EXE 読み込んだ) 限り。

    • CONFIG.SYS ファイルからの UMBs には、マウス ドライバーを組み込む、MOUSE.SYS ファイルを読み込む DEVICEHIGH コマンド使用します。
    • AUTOEXEC.BAT ファイルからの UMBs には、マウス ドライバーを組み込む、MOUSE.COM ファイルを読み込む、LOADHIGH コマンド使用します。

複数の UMBS を提供する emm386 を調整します。

アッパー メモリ領域に追加領域を割り当てる EMM386 を調整できます。 (これは EMS メモリをプログラム使用できるようにするには、RAM スイッチで EMM386 を開始する持って場合に特に役立ちます)。 最初に、プロシージャの 1 の手順を行ってください。 静止した場合、プロシージャの 1 を実行できない読み込むプログラムとデバイス ドライバー UMBs 後は、プロシージャ 2 の手順を行ってください。

手順 1: 上位メモリ領域の特定の部分を含む

特定アドレス アッパー メモリ領域では通常用に予約されています使用ハードウェアとビデオ ドライバー、EMM386 はいないは通常、これらの領域 UMBs として利用できます。 ただし、多くのシステムでハードウェアおよびビデオ ドライバーは使えませんすべての予約されたメモリ アドレス。 使用は UMBs と、残りのアドレスを EMM386 を記述できます。 EMM386 これら未使用の領域に、指示する使用 EMM386 を開始するデバイス コマンドの後に切り替えるします。

使用の UMBs としてアッパー メモリ領域に追加の領域を割り当て、次の手順に従います。

  1. MS-DOS 起動ディスクを作成します。 この操作を行う、ドライブ A にフォーマット済みフロッピー ディスクを挿入および次の入力します。
    sys c: a:
  2. 起動ディスクに、次を入力して CONFIG.SYS ファイルをコピーします。
    コピー c:\config.sys a:\
  3. 元 CONFIG.SYS ファイルを編集します。 MS-DOS のエディターを使用してファイルを編集するには、コマンド プロンプトで、次を入力します。
    c:\config.sys の編集
  4. EMM386.EXE、および、RAM や NOEMS スイッチの前に切り替える挿入には、[デバイス] を探します。 [スイッチ、アッパー メモリ領域でアドレスの範囲を指定しますおよび UMBs としてそのメモリ使用を割り当てられません EMM386 を指示します。 値を指定するスイッチは、コンピューターとモニターの種類によって異なります。

    • コンピューターは、IBM PS/2 ではなく、モノクロのモニターを持たない、追加、i = E000 EFFF と、i = B000-B7FF スイッチ、RAM または NOEMS 切り替え、次のようにする前に。
      device=c:\dos\emm386.exe i E000 EFFF = i B000-B7FF RAM =
    • コンピューターは PS/2 ではなく、モノクロのモニターが、追加、i、RAM または NOEMS 切り替え、次のようにする前に E000-EFFF スイッチを =。
      device=c:\dos\emm386.exe i E000 EFFF RAM =
    • コンピューターは、IBM PS/2、モノクロのモニターを持たない場合は、i を追加、RAM または NOEMS 切り替え、次のようにする前に B000-B7FF スイッチを =。
      device=c:\dos\emm386.exe する B000 B7FF RAM =
    • コンピューターがある場合、モノクロ モニターで IBM PS/2 参照してくださいプロシージャ 2。
  5. MS-DOS エディターを使用している場合、は、[ファイル] メニューの [終了を選択します。 MS-DOS エディターはファイルを保存するように求めるダイアログ ボックスを表示、[はい] をクリックするかを Enter を押します。
  6. Ctrl キーと Alt キーを押しながら Del キーを押してコンピューターを再起動します。

    コンピューターが開始するときに失敗した場合 EMM386 用に指定したメモリ範囲が可能性があります使用しているハードウェアまたはビデオのディスプレイ ドライバーです。 その場合は、起動ディスクをドライブ A に挿入コンピューターを再起動にします。 次に、CONFIG.SYS ファイルを編集し、する EMM386 の [デバイス] に追加した switch(es) を削除します。 詳細についてはマイクロソフト サポートに連絡します。
  7. コンピューターを起動後はかどうか、プログラムに読み込まれた UMBs 正常に確認します。 これを行うには、コマンド プロンプトで、次を入力します。
    mem/c |more
    このコマンドは、コンピューターの従来と上位メモリの内容を表示しをメモリ内で各プログラムの実行を表示します。 (UMBs、MEM/C コマンドの詳細については、参照、ユーザーズ ガイドと」リファレンスのページ 320)

手順 2: 展開されたメモリの使用またを設定する領域の減少

EMM386 RAM スイッチから始まる利用少ないアッパー メモリ ブロック (UMBs)、NOEMS スイッチから始まることよりもできます。 プログラムまたはデバイス ドライバーは読み込まれない場合 UMBs にコンピューターの起動時がないそのプログラムを実行するための十分な UMBs です。 これはセットを確保 EMS メモリを使用アッパー メモリ領域の 64 K を切り替える、RAM を使用するためです。 残りの UMBs できない、プログラムの実行に十分に次のプロシージャ 2 で追加のアドレスを含める準備ができた場合でもしています。

EMM386 を設定する確保 64 K をではなく 16 K、アッパー メモリ領域の EMS メモリ使用を指示できます。 これにより複数の UMBs、利用可能なが EMS メモリを使用するプログラム短く効率的に実行可能性があります。 次の手順を実行します。

  1. Windows を終了し、コマンド プロンプトで、次を入力します。
    emm386
    その現在のメモリ管理アクティビティに関する情報を EMM386 に表示します。 文字列を含む「ページ フレーム セグメント」行を探し、その行で、16 進アドレスを書き留めてください。 次の例ではページ フレーム セグメントは E000 です。
    フレーム セグメントを........ ページします。 . E000 F
  2. 元 CONFIG.SYS ファイルを編集します。 MS-DOS のエディターを使用してファイルを編集するには、コマンド プロンプトで、次を入力します。
    c:\config.sys の編集
  3. EMM386.EXE の [デバイス] を探し、P0 スイッチ RAM スイッチの前に挿入します。 P0 スイッチは、手順 1 で EMM386 から取得したアドレスを指定する必要があります。 たとえば、ページ フレーム セグメントが E000 であった場合、[デバイス] </a0> コマンドましょう。
    device=c:\dos\emm386.exe i = E000 EFFF p0 E000 RAM =
  4. MS-DOS エディターを使用している場合、は、[ファイル] メニューの [終了を選択します。 MS-DOS エディターはファイルを保存するように求めるダイアログ ボックスを表示、[はい] をクリックするかを Enter を押します。
  5. Ctrl キーと Alt キーを押しながら Del キーを押してコンピューターを再起動します。

    コンピューターが開始するときに失敗した場合は、起動ディスクをドライブ A に挿入して、コンピューター再起動します。 CONFIG.SYS ファイルを編集して、ファイルおよび EMM386 の [デバイス] に追加した P0 スイッチを削除します。 、ファイルを保存、コンピューターを再起動して、をプロシージャ 2; を繰り返し確実にページ フレームのアドレスを慎重に確認します。
  6. コンピューターを起動後、プログラムが UMBs に正常に読み込まれているかどうかを確認します。 これを行うには、コマンド プロンプトで、次を入力します。
    mem/c |more
    このコマンドは、コンピューターの従来と上位メモリの内容を表示しをメモリ内で各プログラムの実行を表示します。 (UMBs、MEM/C コマンドの詳細については、参照、ユーザーズ ガイドと」リファレンスのページ 320)
UMBs で実行しているプログラムおよびデバイス ドライバー場合、問題を解決するが。

使用しているプログラムやドライバーが読み込まれない UMBs に、する場合は、システムだけがないことをこれらのプログラムを実行するための十分な UMBs 可能性のあります。 コンピューターのハードウェアのマニュアルについてに関するアッパー メモリ領域内のアドレスが使用中は、マイクロソフト製品サポート サービスにさらにお問い合わせくださいを参照してください。

関連情報

詳細については、ユーザーズ ガイドと」参照内の次のページを: します。

  • 313 326 ページのアッパー メモリ領域でプログラムを実行するコンピューターの設定方法
  • ページ 327、アッパー メモリ領域でのプログラムの実行プロセスのトラブルシューティングのヒント
  • DEVICEHIGH コマンド、ページ 435 に関する情報
  • LOADHIGH コマンド、ページ 518 に関する情報
  • MEM コマンド、519 ページに関する情報
  • EMM386.EXE スタートアップ パラメーターについて、605] ページ
  • HIMEM.SYS スタートアップ パラメーターについて、610] ページ

プロパティ

文書番号: 77083 - 最終更新日: 2006年11月16日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft MS-DOS 5.0 Standard Edition
キーワード:?
kbmt KB77083 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:77083
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com