バッチ ファイルでのキーボード入力を受け付ける

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 77457
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

MS-DOS バッチ言語の機能ことに提供していませんプログラム フローを制御するために入力を提供します。すべての情報の入力コマンドラインから入力する必要があります。

MS-DOS のデバッグ ユーティリティでは、作成する短いプログラムを使用して、バッチ ファイルの実行時に情報を提供できます。

注: MS-DOS 6.0 または 6.2 に、デバッグ プログラムの動作が、必要はありません。MS-DOS 6.0 または 6.2 を使用している場合は、入力します。 選択を支援します。詳細については MS-DOS コマンド プロンプトで。

詳細

デバッグ プログラムこの資料の末尾に待機します。キーボードから文字を入力して「エラーレベル」値を設定します。入力された文字の ASCII コードの値と等しい。一覧についてANSI は、ASCII 文字とその値を参照してください。SYS」MS-DOS のマニュアルをします。

ほとんどのキーボードの文字が 1 つだけのコードで表されます。ただし、関数および ALT キーの 2 つのコードを送信しますゼロを続けて。他のコード。応答します。COM プログラムが設定エラー「レベル」を2 つ目のコードに渡されます。たとえば、続けてにゼロに F8 キーを送信します。値は 66 です。これは、応答が解釈されます。COM の文字「B」が 66 の ascii コード値があります。

返信します。COM は、バッチ ファイル内でコントロールへのユーザー入力を使用することができます。プログラムのフローを指定します。たとえば、次の AUTOEXEC です。BAT ファイルマウス ドライバーをインストールするかどうかを確認することができます。起動中にします。
   @Echo off
   path=C:\DOS
   :Ask
   Echo Install Mouse Driver (y/n)?
   Reply
   If errorlevel 121 if not errorlevel 122 goto install
   If errorlevel 89 if not errorlevel 90 goto install
   If errorlevel 110 if not errorlevel 111 goto NoMouse
   If errorlevel 78 if not errorlevel 79 goto NoMouse
   goto ask
   :install
   c:\mouse\mouse
   :NoMouse
   cls
   ver
				
「エラーレベル」環境を使用します。 詳細については環境変数、クエリで、マイクロソフト サポート技術、次の単語:
エラーレベル

返信します。COM

返信を作成します。COM は、命令列に表示するテキストを入力します。各命令の後に enter します。表示するテキストを入力しないでください。[コメント] 列でです。これは参照用です。
           Instruction     Comment
           -----------     -------

            DEBUG       Executes MS-DOS DEBUG utility
-A 100                  Begin assembling instructions at memory location
100
xxxx:0100   MOV AH,08   Get character input without echo
xxxx:0102   INT 21      Perform MS-DOS service
xxxx:0104   CMP AL,0    Compare AL with zero
xxxx:0106   JNZ 010A    If lead zero, get second code of character
xxxx:0108   INT 21      Perform MS-DOS service
xxxx:010A   MOV AH,4C   Terminate process with return code
xxxx:010C   INT 21      Perform MS-DOS service
xxxx:010E   <ENTER>
-rcx
CX 0000
:e
-n REPLY.COM
-w
Writing 000E bytes
-q
				

関連情報

ページ 97/98 で Van Wolverton、マイクロソフトの"MS-DOS supercharging、"プレス、1989、1991 の (バージョン 4 を更新)

プロパティ

文書番号: 77457 - 最終更新日: 2011年7月21日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbmt KB77457 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:77457
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com