「欠落しているオペレーティング システム」と「システム ベーシックなし」のエラー メッセージ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 80304 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

コンピュータを起動すると、次のいずれかのエラー メッセージが表示されることがあります:

  • 不足しているオペレーティング システム
  • 非システム ディスクまたはディスク エラー
  • 起動エラーを再試行するキーを押して F1
  • ROM ない基本
  • 無効なメディアの種類
  • ハード ディスク ドライブ コントローラーのエラー

原因

不足しているオペレーティング システム

このエラーは、マスター ブート レコードのブート レコード署名はの特定の場所を特定の値を適合していない場合に発生します。 ここでは、ブート セクターが無効なしてコンピューターを起動できません。 このエラーは、作業中のパーティションをパーティション テーブルに定義がない場合にも発生します。

非システム ディスクまたはディスク エラー

このエラーは、ブート セクターまたはマスター ブート レコード、ブート ドライブが破損しているときに、コンピューターの BIOS によって生成された、または見つかりません。 このエラーできる場合にも、ブート デバイスが BIOS で正しく構成されています。 ここでは、データのパーティションに有効であり、破損していない可能性がありますが、ブート パーティションがありません。

注: このメッセージ場合も起動時不可能、ディスクがドライブ A に残されますになります。 このエラーが発生した場合はことが確認しないディスク ドライブ A にし、コンピューターを再起動します。

再試行するエラー キーを押して F1 を起動します。

このエラーが、ブート ドライブにアクセスする問題があるとき、またはハード ディスクはブート セクター、またはマスター ブート レコードがないとき、コンピューターの BIOS によって生成されます。

ROM ない基本

アクティブ パーティションの定義がない場合、BIOS にはエラーをマスター ブート レコードが返します。 場合によっては、マスター ブート コードはブート可能なディスクが見つかるとシステムの基本に移動しようとします。 一部のコンピューター システムの基本をしていないため、いいえ、ROM ベーシックまたはその他のエラー メッセージを表示します。 表示されるメッセージは、コンピューターの BIOS によって異なります。

無効なメディアの種類

このエラー メッセージは、定義済みのパーティションのブート セクターが破損するいると表示されます。 新しいパーティションがフォーマットされていない、エラー メッセージは通常受信されます。 ただし、ブート セクターが破損している場合は、パーティションをオペレーティング システムにフォーマットされていないことがあります、このエラー メッセージが生成されます。

ハード ディスク コントローラー エラーが発生しました

このエラー メッセージは、ハード ディスク コントローラーが失敗したか、ハード ディスク コントローラーが設定されていない正しく、BIOS でまたは、コントローラーは、関連付けられているドライブと通信できませんを示します。 ここは、次のトラブルシューティング手順を実行しません。 代わりに、コンピューターの付属マニュアルを参照か、詳細について、コンピューターの製造元に問い合わせてください。

解決方法

上記のエラー メッセージの各不適切なハードウェア構成から破損したハード ディスク パーティションの情報に至るまで問題可能性があります。 次の手順は、問題を解決する使用できます。 ただし、手順、問題が解決しない場合、ください、ハードウェアの製造元に問い合わせてくださいまたはプロの限定のサービスをドライブがあります。

  1. Windows 95 の緊急のブート ディスク (EBD) を使用または Fdisk.exe、Format.com、Sys.com、および Scandisk.exe (MS-DOS バージョン 6. 2 x のみ) を含むブート可能 MS-DOS ディスクを使ってコンピューターを起動します。

    コンピューターがドライブ A から起動しない場合、またはいずれかのドライブから起動すると、上記と同様のエラー メッセージは、受信した場合に、コンピューターの製造元に問い合わせてください。
  2. 使用して Fdisk.exe 上を表示、パーティション、ハード_ディスク、次の手順を実行します。

    1. EBD または MS-DOS の起動ディスクから Fdisk.exe を実行します。

      注: 場合は、ハード_ディスクが Fdisk.exe を使用してパーティションに分割しない、適切なサード パーティ製パーティション分割ソフトウェアを使用、ハード ディスク パーティションを表示します。 サード パーティ製のパーティション分割ソフトウェアを使用方法については、ソフトウェアのマニュアルを参照してください。
    2. オプション 4 (パーティションの情報を表示) を選択します。
    3. パーティションが一覧に場合、確認、ブート パーティションが定義されているアクティブとして (状態で大文字の A を探して列)。
    4. 表示されているパーティションがない場合は Fdisk.exe を使用して新しいパーティションを確立し Format.com を使用して、パーティションをフォーマットから起動します。

      警告: Fdisk.exe または Format.com を新しいパーティションを作成またはドライブのフォーマットを使用すると、データすべて失われますそのドライブまたはパーティション。
    5. Fdisk.exe に表示するすべてのパーティション、アクティブとして定義されている場合は、次手順に進みます。
  3. EBD またはブート可能 MS-DOS からハード_ディスク上で SYS コマンドを実行ディスク。 たとえば、次のコマンドを入力します:
    a:\sys c:
    システムの転送メッセージが表示されたら場合、は、ディスクをドライブ A から取り出し、コンピューターを再起動します。 コンピューターを再起動した後、同じエラー メッセージが表示される場合、ハード_ディスクを正しく構成されているまたは破損している可能性があります。

    EBD またはブート可能 MS-DOS からスキャンディスクを実行、システムの転送メッセージを受信しない Do 場合はまたは、エラー メッセージを受信した場合、この次のコマンドを入力して、ハード_ディスクに物理的な損傷をチェックする (MS-DOS 6.20 以降のバージョン) ディスクします。
    a:\scandisk の c:
    クラスタスキャンを実行するように求められたら、する場合は [Yes/はい] を選択します。 スキャンディスクは、ハード_ディスク上の物理的な損傷を報告する場合、は、ハード_ディスク、修飾サービス担当者によってチェックがします。

プロパティ

文書番号: 80304 - 最終更新日: 2006年11月16日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft MS-DOS 3.1
  • Microsoft MS-DOS 3.2 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 3.21 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 3.3 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 3.3a
  • Microsoft MS-DOS 4.0 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 4.01 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 5.0 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 5.0a
  • Microsoft MS-DOS 6.0 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.2 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.21 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.22 Standard Edition
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kbscandisk kbfaq kbdiskmemory kbmt KB80304 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:80304
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com