エラー メッセージ: ファイルの AssemblyName は、別のプロセスによって使用されているためにアクセスできません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 810281
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

ASP を更新した後。Web サーバー上で NET のコンテンツ要求を受信する、次のエラー メッセージでが表示されます、ブラウザー:
サーバー エラー /AppName アプリケーションです。
--------------------------------------------------------------------------------
構成エラー
説明: 実行中にエラーが発生しました、この要求の処理に必要な構成ファイルを処理しています。ください次のエラーの詳細を確認して、構成ファイルを変更します。適切にします。

パーサー エラー メッセージ: ファイルにアクセスできません。 AssemblyName その他で使用されているためプロセスです。

ソース エラー:

197 の行:<add assembly="System.Drawing, Version=1.0.3300.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a"></add>
198 行目:<add assembly="System.EnterpriseServices, Version=1.0.3300.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a"></add>
ライン 199:<add assembly="*"></add>200 行目:
201 の行:

ソース ファイル:正しくありません:c:\WindowsDirectory\microsoft.net\framework\v1.0.3512\Config\machine.config 行。199


場合は、更新するファイルを複数発生します。原因 (Web.config、Global.asax ファイルなどの通知を変更します。bin フォルダー)。要求の間に 2 つの連続した変更を復帰するとき通知が何度も再読み込みすると、AppDomain が発生します。同時にします。

類似した問題可能性がありますも発生する使用すると、スキャン中にフォルダーをロックして、サーバー上のプログラム。例のようなインデックス作成プログラムは、ウイルス プログラム、バックアップ プログラムをします。プログラム。

原因

原因の通知を変更することは、ファイルを変更すると、AppDomain で次の着信要求を再読み込みします。このような場合は、Aspnet_wp.exe プロセスのロック、 プログラム/シャドウ コピーフォルダーを (一時的な asp。安全に行うに NET Files フォルダー)プログラムの新しいバージョンをコピーします。

中に別のファイルを変更した場合これが発生しているとは、新しい要求を受信、AppDomain をもう一度再読み込みし、プログラムの新しいバージョンを別のシャドウ コピーのフォルダーにコピーしようフォルダーが、最初のアプリケーション ドメインでロックされている間に再ロードします。

解決方法

この修正プログラムの一部として含めるには。NET Framework 1.1。

サポートされている修正プログラム今すぐ、用意していますが、これだけはこの資料に記載されている問題を修正するものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用します。この修正プログラムは、今後さらにテストが表示されます。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、次のリリースを待つことをお勧めします。NET Framework 1.1 サービス パックこの修正プログラムが含まれています。

この問題を解決するには、Microsoft 製品サポート サービス、修正プログラムを入手するに問い合わせてください。Microsoft 製品サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ Microsoft Support 担当者が特定の更新で問題が解決されると判断した場合は特殊なケースでは、料金が通常のサポート免除されるキャンセルする可能性があります。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。

メモ 使用することもできますがします。この問題を解決するのには NET Framework 1.1。

メモ この問題を解決するには、修正プログラムをインストールし、構成を「関連情報」セクションで設定します。

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブ コントロール パネルの日付と時刻ツールでします。
  Date         Time   Version       Size       File name
  --------------------------------------------------------------
  14-Nov-2002  04:12  1.0.3705.377    196,608  Aspnet_isapi.dll
  14-Nov-2002  04:06                    4,169  Aspnet_perf.h
  14-Nov-2002  04:06                   20,468  Aspnet_perf.ini
  14-Nov-2002  04:06                   20,342  Aspnet_perf2.ini
  14-Nov-2002  04:12  1.0.3705.377     24,576  Aspnet_regiis.exe
  14-Nov-2002  04:12  1.0.3705.377     28,672  Aspnet_wp.exe
  14-Nov-2002  01:42  1.0.3705.377     69,632  Corperfmonext.dll
  14-Nov-2002  16:17  1.0.3705.377  1,953,792  Mscorlib.dll
  14-Nov-2002  01:33                   10,256  Mscorlib.ldo
  14-Nov-2002  01:41  1.0.3705.377  2,269,184  Mscorsvr.dll
  14-Nov-2002  01:41  1.0.3705.377  2,269,184  Mscorwks.dll
  02-Aug-2002  03:38                       15  Smartnav.htm
  17-Oct-2002  23:55                    8,728  Smartnav.js
  29-Jan-2002  00:13                    7,003  Smartnavie5.js
  14-Nov-2002  16:18  1.0.3705.377  1,191,936  System.web.dll
				

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
この修正プログラム、以下の現象の ASP を変更します。NET:
  • 構成エラーが 5 秒間だけキャッシュされます。
  • ファイル変更の通知の値に基づいて結合されます。[<httpruntime>] の次の 2 つの属性をMachine.Config<b00></b00></httpruntime>
    • waitChangeNotification -次の変更通知を待機する秒数新しい依頼する前にトリガーは、AppDomain を再起動します。
    • maxWaitChangeNotification ・変更の通知を最初からの秒数新しい要求をアプリケーション ドメインを再度読み込むまで
    たとえば。
    <httpRuntime waitChangeNotification="5" maxWaitChangeNotification="10">
    両方のパラメーターの既定値は 0.
    既定値を使用するが表示こと注意してください。この問題は、「現象」に記載されています。

    は、プロパティの推奨値を次に示します。
    • セット waitChangeNotification 秒単位の数を超える多くの秒には、2 つの変更通知ファイルのコピーの更新プログラムの間で渡すことができます。
    • セット maxWaitChangeNotification 秒数をする時間の長さを超えていますコピーと展開プロセスを完了します。
    この変更により、コンテンツとキャッシュされている表示されます、コピー/展開プロセス後すぐに表示します。これは一般的な動作です。は、変更は有効にするとを使用して、指定した待機時間が前のパラメーターを渡します。
  • Initializationerror が発生した後、10 秒、Httpruntime が、AppDomain を閉じます。
  • 実際の構成エラーが格納されます、 InnerException のは、 HttpException オブジェクトです。

プロパティ

文書番号: 810281 - 最終更新日: 2011年7月28日 - リビジョン: 8.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbnetframe100presp3fix kbhotfixserver kbmt KB810281 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:810281
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com