Exchange Server を実行している Windows Server 2003 ベースのコンピュータで /Userva スイッチを使用する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 810371 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows Server 2003 ベースのコンピュータ上の Boot.ini ファイルのオペレーティング システムの行に追加できる新しい /Userva スイッチ パラメータの使用方法について説明します。

このスイッチを使用して、/3GB スイッチを使用したときにプロセスに割り当てられるメモリの量をカスタマイズできます。このスイッチを使用すると、ページ テーブル エントリ (PTE) カーネル メモリを増やしながら、約 3 GB のプロセス メモリ領域を維持できます。

詳細

すべてのバージョンの Windows Server 2003 では、デフォルトでカーネル用に 2 GB の仮想アドレス空間が予約されており、ユーザー モードのプロセス (Exchange インフォメーション ストア プロセス、Store.exe など) で 2 GB の仮想アドレス空間を使用できます。特定のプロセス用の仮想アドレス空間は起動時に割り当てられ、実行中にメモリ使用量の増加に応じて増加します。通常、プロセスの実際のメモリ使用量 (ワーキング セット) は、プロセスに割り当てられているアドレス空間よりもはるかに少なくなります。Microsoft Exchange Server 2003 を実行しているコンピュータに 1 GB を超えるメモリが搭載されており、メールボックスまたはパブリック フォルダのホーム サーバーとなっている場合は、ユーザー モードのアプリケーションで 3 GB のアドレス空間を使用できるように Windows Server 2003 を変更する必要があります。 この設定の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
171793 4GT RAM チューニングのアプリケーションでの利用について
189293 Windows NT Server Enterprise Edition の使用時に 4GT RAM チューニングを有効にする
Store.exe プロセスで仮想アドレス空間が不足しないようにすることが重要です。仮想アドレス空間が不足すると、(十分な物理 RAM がある場合でも) メモリの割り当てができなくなり、Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスを再起動する必要があります。

たとえば、2 GB の物理 RAM を搭載し、Boot.ini ファイルで /3GB スイッチを使用していない Exchange サーバーでは、Store.exe で使用する仮想アドレス空間が 2 GB に達するとメモリが不足します。Windows タスク マネージャでは、約 1.5 GB のみが実際に使用中であると表示されますが、サーバーではメモリ不足になります。パフォーマンス モニタで仮想アドレスの消費量を監視できます。Store.exe プロセスに Virtual Bytes カウンタを追加して、仮想空間を正確に読み取ります。監視が必要な Exchange 2000 プロセスは、Store.exe プロセスのみです。他の Exchange 2000 プロセスでは、問題を引き起こすほどメモリ使用量は増加しません。

/Userva スイッチの使用

/Userva スイッチを使用して、/3GB スイッチを使用したときのメモリの割り当て方法をカスタマイズできます。/Userva= の後に各プロセスに割り当てる MB 単位のメモリの量を指定します。/3gb /Userva=3030 と設定した場合は、3,030 MB のメモリがプロセス空間に対して予約されますが、/3GB スイッチのみを使用した場合は、3,072 MB が予約されます。/Userva=3030 を設定した場合に節約される 42 MB はカーネル メモリ領域、空きシステム ページ テーブル エントリ (PTE) を増やすために使用されます。PTE メモリ プールは、3 GB (/3GB スイッチで指定) と、/Userva スイッチで指定した値の差分だけ増加します。

Exchange を実行していて、/3GB スイッチを使用するように構成されている Windows Server 2003 ベースのサーバーはすべて /Userva=3030 スイッチも使用するように構成することをお勧めします。Windows Server 2003 ベースのサーバーをインストール後、Boot.ini ファイルを変更して、起動用の行に /3GB パラメータと /Userva=3030 パラメータを追加する必要があります。たとえば、以下のように変更します。
[Boot Loader]
Timeout=30
Default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINNT
[Operating Systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINNT="Microsoft Windows Server 2003" /fastdetect /3GB /Userva=3030

: /Userva パラメータは、値が 2,970 〜 3,030 MB に設定されている場合のみ、Exchange サーバーでサポートされます。値が 2,970 MB より小さいか、3,030 MB より大きい場合は、サポートされません。2,970 MB より小さい値が使用されるのは、PTE が極端に小さい場合のみです。Exchange サーバーで推奨されるデフォルト値は、3,030 MB です。

PTE の値が小さいかどうかは、パフォーマンス モニタを使用して直接参照できます。Memory オブジェクトの下のカウンタ Free System Page Table Entries を参照してください。値が 7,000 より小さい場合は、小さすぎます。このため、/Userva スイッチの値を小さくして、この値が大きくなるように調整します。

空きシステム PTE の値が 24,000 以上になるようにします。PTE を大きくするために /Userva=2800 より小さい値に変更する必要がある場合は、値を変更せずに、Microsoft Product Support Services に問い合わせてください。

Exchange Server 2003 Service Pack 1 (SP1) リリース ノートをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=a49560ad-4c8b-4449-9947-b054d7f12cce

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
266096 1 GB 以上の RAM がある場合、/3GB スイッチが必要

プロパティ

文書番号: 810371 - 最終更新日: 2007年10月5日 - リビジョン: 13.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
キーワード:?
kbbug KB810371
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com