Microsoft Project Server 2003 または Microsoft Project Server 2002 でプロジェクト ビューにアクセスすると、エラー メッセージ "このビューに表示する情報はありません" が表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 810596 - 対象製品
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料には、Microsoft Office Project Server 2003 または Microsoft Project Server 2002 でプロジェクト ビューにアクセスするときに表示される "このビューに表示する情報はありません" というエラー メッセージに関する情報が記載されています。このエラー メッセージが表示される原因を挙げ、問題の解決方法について説明します。

現象

Microsoft Project Web Access でプロジェクト ビューにアクセスしようとすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
このビューに表示する情報はありません。プロジェクト管理者がプロジェクト計画をまだ発行していないか、またはプロジェクト計画に表示する情報がないかのいずれかです。
また、アプリケーション イベント ログには以下のイベント メッセージが記録されます。
  • ソース : Microsoft Project Server Tracing Eventlog Provider
    種類 : 警告
    分類 : なし
    イベント ID : 1
    ユーザー : NT AUTHORITY\SYSTEM
    コンポーネント : PCSViews
    ファイル : ViewsDrop.cls
    行 : -1
    エラー番号 : 0x8000401a
    説明 : アプリケーション エラー
    構成された ID が間違っているため、サーバー プロセスを開始できませんでした。ユーザー名とパスワードを確認してください。

  • ソース : Microsoft Project Server Tracing Eventlog Provider
    種類 : 警告
    分類 : なし
    イベント ID : 1
    ユーザー : NT AUTHORITY\SYSTEM
    説明 :
    コンポーネント : Views Notification Service
    ファイル : ドライブ : \Proj10\pcportal\source\viewsnotify\ViewNotify.cpp
    行 : 67
    エラー番号: 0x8000401a
    説明 : ビュー処理オブジェクト (PCSViews.ViewsDrop) のインスタンスを作成できませんでした。サービスは動作を続行できないため、シャットダウンされます。

原因

この問題は、次のいずれかの条件に該当する場合に発生することがあります。
  • サーバーにインストールされている Microsoft Data Access Components (MDAC) コンポーネントが破損しています。以前サーバーに Microsoft Project Central をインストールしていた場合、MDAC が破損している可能性があります。
  • Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) Lockdown ツールまたは URLScan ツールがサーバーにインストールされていますが、適切に構成されていません。
  • サーバーの ViewDrop フォルダへのアクセスに必要なアクセス許可がありません。
  • Microsoft Project Server の Online Analytical Processing (OLAP) キューブ コンポーネントの実行に使用しているユーザー アカウントのパスワードが誤っています。
  • Project Server データベースへのアクセスに使用されるデータ ソース名 (DSN) が破損しているか、削除されています。
  • 以下のいずれかのレジストリ サブキーにある DSN レジストリ エントリの値が誤っています。レジストリ サブキーは、実行している Project Server のバージョンによって異なります。
    • Project Server 2003 では、DSN レジストリ エントリは次のレジストリ サブキーに保存されています。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\11.0\MS Project\WebClient Server\ProjectServer\Datasets\EnterpriseDatabase
      たとえば、この DSN レジストリ エントリの値が PC11DSN に設定されていない場合に、ここで扱っている問題が発生することがあります。
    • Project Server 2002 では、DSN レジストリ エントリは次のレジストリ サブキーに保存されています。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\10.0\MS Project\WebClient Server\ProjectServer\Datasets\EnterpriseDatabase
    たとえば、この DSN レジストリ エントリの値が PC10DSN に設定されていない場合に、ここで扱っている問題が発生することがあります。
  • Microsoft Project Server の Views Notification Service が処理を停止しています。
  • このようなサービスの停止は、Microsoft Project Server 2002 で COM+ アプリケーションの ID として構成されているユーザー アカウントに問題がある場合に発生することがあります。

解決方法

方法 1 : MDAC の最新版をインストールする

MDAC の最新版をインストールします。MDAC の最新版は、次のマイクロソフト Web サイトからダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/japan/msdn/data/download.asp

方法 2 : IIS Lockdown ツールまたは URLScan ツールが適切に構成されていることを確認する

IIS Lockdown ツールまたは URLScan ツールがサーバー上で適切に構成されていることを確認します。 これを実行する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
316398 Microsoft Project Server または Microsoft Project Central を実行しているコンピュータで IIS Lockdown ツールおよび URLScan セキュリティ ツールを構成する方法

方法 3 : ViewDrop フォルダに正しいアクセス許可が設定されていることを確認する

ローカル Administrators グループと System アカウントに、ViewDrop フォルダに対するフル コントロールのアクセス許可が必要です。さらに、Authenticated Users グループとインターネット ゲスト アカウントには、ViewDrop フォルダに対する読み取りと書き込みのアクセス許可が必要です。ViewDrop フォルダに設定されているアクセス許可を確認するには、以下の手順を実行します。
  1. ドメインのユーザー名とパスワードを使用してサーバーにログオンします。

    : フォルダのアクセス許可を構成するには、ローカル Administrator グループまたは Domain Admin グループのメンバである必要があります。
  2. エクスプローラを起動し、ViewDrop フォルダを開きます。

    デフォルトの Project Server 2003 インストールでは、ViewDrop フォルダは次の場所にあります。
    C:\Program Files\Microsoft Office Project Server 2003\Bin
    デフォルトの Project Server 2002 インストールでは、ViewDrop フォルダは次の場所にあります。
    C:\Program Files\Microsoft Project Server\Bin
  3. ViewDrop フォルダを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [セキュリティ] タブをクリックし、フォルダに適切なアクセス許可が設定されていることを確認します。
ファイルおよびフォルダのアクセス許可を構成する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
325361 [HOWTO] Windows Server 2003 でネットワーク上のファイルとフォルダのセキュリティを構成する方法
301195 Windows 2000 でネットワーク (ドメイン) 上のファイルおよびフォルダのセキュリティを設定する方法

方法 4 : COM+ アプリケーションの ID として設定されたユーザー アカウントの正しい情報を指定する

COM+ アプリケーションの実行に使用するユーザー アカウントに適切な情報を指定します。この操作を行うには、次のいずれかの方法を使用します。

コンポーネント サービス ツールを使用する

: Microsoft Windows には複数のバージョンが存在するため、使用中のコンピュータによっては以下の手順が異なる場合があります。この場合、製品のマニュアルを参照のうえ、手順を実行するようにしてください。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントして、[コンポーネント サービス] をクリックします。
  2. [コンポーネント サービス]、[コンピュータ]、[マイ コンピュータ]、[COM+ アプリケーション] の順にノードを展開します。COM+ アプリケーションの一覧が表示されます。一覧の内容は、次のように Project Server のバージョンによって異なります。
    • Project Server 2003 を使用している場合は、以下の COM+ アプリケーションが表示されます。
      • Microsoft Office Project Server OLAP Cube Component
      • Microsoft Office Project Server WSS Admin Component
    • Project Server 2002 を使用している場合は、以下の COM+ アプリケーションが表示されます。
      • MS Project Server OLAP Cube Component
      • MS Project Server STS Admin
      • MS Project Server STS DB Access


  3. COM+ アプリケーションの実行に使用するユーザー アカウントの適切な情報を指定します。以下の手順を実行して、Project Server で使用する個々の COM+ アプリケーションに対して、指定を行います。
    1. COM+ アプリケーション名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    2. [ID] タブをクリックします。[ユーザー] ボックスに表示されたユーザー名が正しいことを確認し、[パスワード] ボックスおよび [パスワードの確認入力] ボックスにパスワードを入力して、[OK] をクリックします。

Microsoft Com Plus ユーティリティ (Pscom+.exe) を使用する

Microsoft Project Server の COM+ 設定ツール (PSComplus.exe) を使用して、COM+ アプリケーションの ID を再設定します。この操作を行うには、以下の手順を実行します。
  1. エクスプローラを起動し、使用している Project Server のバージョンに応じて次のいずれかのフォルダを開きます。
    • Project Server 2003 を使用している場合は、次のフォルダを開きます。
      Drive:\Program Files\Microsoft Office Project Server\Bin\LocaleID
    • Project Server 2002 を使用している場合は、次のフォルダを開きます。
    Drive:\Program Files\Microsoft Project Server\Bin\LocaleID
  2. PSComplus.exe をダブルクリックします。
  3. 各領域で、[ユーザー名] ボックスに正しいユーザー アカウントが指定されていることを確認し、[パスワード] ボックスにパスワードを入力し、[COM+ の作成/更新] をクリックします。
  4. [閉じる] をクリックします。

方法 5 : DSN を再設定する

以下の手順を実行して、DSN を再設定します。
  1. Project Server 2003 を使用している場合は、EditSite ツールを起動します。Project Server 2002 を使用している場合は、Site Editor ツールを起動します。

    Project Server 2003 用の EditSite ツールは、次のマイクロソフト Web サイトからダウンロードできます。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=6dc2c83e-54e1-40a9-9bb8-2dd293226b6f&displaylang=en
    Project Server 2002 用の Site Editor ツールは、次のマイクロソフト Web サイトからダウンロードできます。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=123a740b-9512-4a21-89fb-5a20819c20c7&displaylang=en
  2. [Site Information] の [DSN Name] ボックスに表示されている DSN 名の末尾に番号を追加します。たとえば、Project Server 2002 を使用していて、DSN 名が PC10DSN である場合は、PC10DSN1 に変更します。
  3. [Save] をクリックし、元の DSN を削除するかどうかを確認するメッセージが表示されたら [はい] をクリックします。
  4. 変更が保存されたことを示すメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
  5. [Site Information] の [DSN Name] ボックスで DSN 名を元の名前に戻します。そのためには、DSN 名の末尾に追加した番号を削除します。たとえば、手順 2. で DSN 名を PC10DSN1 に変更した場合は、PC10DSN に変更します。
  6. [Save] をクリックし、元の DSN を削除するかどうかを確認するメッセージが表示されたら [はい] をクリックします。
  7. 変更が保存されたことを示すメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
  8. [Virtual Directory] で [Test] をクリックし、接続パラメータが正しく構成されていることを確認します。
  9. [OK] をクリックし、[Exit] をクリックします。
Project Server 2003 と Project Server 2002 で利用可能なツールの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
839457 Microsoft Project Server 2002 と Project Server 2003 で利用可能なユーティリティとツール

方法 6 : DSN レジストリ エントリに正しい値を設定する

DSN レジストリ エントリに正しい値を設定するには、以下の手順を実行します。

警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 使用している Project Server のバージョンに応じて次のいずれかのレジストリ サブキーを見つけ、クリックします。

    Project Server 2002

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\10.0\MS Project\WebClient Server\ProjectServer\Datasets\EnterpriseDatabase\DSN

    Project Server 2003

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\11.0\MS Project\WebClient Server\ProjectServer\Datasets\EnterpriseDatabase\DSN
  3. [編集] メニューの [変更] (または [修正]) をクリックします。
  4. [値のデータ] ボックスに DSN の正しい名前を入力し、[OK] をクリックします。
  5. レジストリ エディタを終了します。

方法 7 : Microsoft Project Server の Views Notification Service を再起動する

: Microsoft Windows には複数のバージョンが存在するため、使用中のコンピュータによっては以下の手順が異なる場合があります。この場合、製品のマニュアルを参照のうえ、手順を実行するようにしてください。
  1. 次のフォルダ内の XML ファイルを削除します。
    Drive:\Program Files\Microsoft Project Server\Bin\ViewDrop
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントし、[サービス] をクリックします。
  3. Microsoft Project Server の Views Notification Service を右クリックし、[停止] をクリックします。
  4. Microsoft Project Server の Views Notification Service を右クリックし、[開始] をクリックします。
: Microsoft Project Server の Views Notification Service を再起動した後、サーバーの再起動が必要な場合があります。

プロパティ

文書番号: 810596 - 最終更新日: 2006年12月26日 - リビジョン: 7.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Project Server 2003
  • Microsoft Project Server 2002
キーワード:?
kberrmsg kbprb KB810596
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com