コンピュータをシャットダウンするときに "電源を切断しても安全です" というメッセージが表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 810903 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Windows XP ベースまたは Microsoft Windows 2000 ベースのコンピュータをシャットダウンするとき、コンピュータが応答を停止して、次のメッセージが表示されることがあります。
電源を切断しても安全です。

原因

この現象は、以下のいずれか、または複数の状況に該当する場合に発生することがあります。
  • コンピュータでは、アドバンスト パワー マネージメント (APM) 機能がサポートされているが、ACPI (Advanced Configuration and Power Interface) 準拠の基本入出力システム (BIOS) が、オペレーティング システムによる電源の切断を可能にするように正しく設定されていません。
  • オペレーティング システムのアップグレード中に、ACPI 準拠のコンピュータであることが Windows によって検出されていない。
  • コンピュータの正常なシャットダウンを妨げる OEM 製のデバイス ドライバまたはサービスがコンピュータにインストールされている。
  • コンピュータが ACPI 準拠でない。

解決方法

この問題を解決するには、以下の手順を実行します。

手順 1 : アドバンスト パワー マネージメントを開始する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックして、[電源オプション] をダブルクリックします。

    : Windows XP を使用している場合は、これらの手順を実行しやすくするためにコントロール パネルで [クラシック表示に切り替える] をクリックしてください。
  2. [APM] タブをクリックします。

    : 複数のモニタを使用している場合は、[APM] タブが使用できないことがあります。
  3. [アドバンスト パワー マネージメントを開始する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

手順 2 : コンピュータの CMOS/BIOS 設定が正しいことを確認する

警告 : この手順では、コンピュータの CMOS (complementary metal-oxide semiconductor) 設定を変更し、BIOS の動作を変更する場合があります。コンピュータの BIOS に対する誤った変更が原因で、深刻な問題が発生する可能性があります。コンピュータの CMOS 設定の変更は、自己の責任において行ってください。

CMOS と BIOS 設定の誤りや破損が原因で、スタートアップやシャットダウンの問題が発生することがあります。コンピュータの正しい CMOS と BIOS 設定、およびこれらの設定のチェックと変更方法については、コンピュータのマニュアルを参照するか、コンピュータの製造元に問い合わせてください。コンピュータの BIOS が最新であることを確認するには、コンピュータに使用可能な最新の BIOS の更新について、コンピュータの製造元に問い合わせてください。

手順 3 : コンピュータが ACPI 準拠であることを確認する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックして、[システム] をダブルクリックします。
  2. [ハードウェア] タブをクリックし、[デバイス マネージャ] をクリックします。
  3. [コンピュータ] を展開します。次のいずれかに類似した名前のデバイスが表示されます。
    • ACPI マルチプロセッサ PC
    • ACPI ユニプロセッサ PC
    • ACPI (Advanced Configuration and Power Interface) PC
    • Compaq SystemPro Multiprocessor or 100% Compatible
    • MPS ユニプロセッサ PC
    • MPS マルチプロセッサ PC
    • 標準 PC
    コンピュータが ACPI (Advanced Configuration and Power Interface) PC と表示されている場合には、「手順 4 : コンピュータが ACPI 準拠である場合」に進んでください。

    コンピュータが標準 PC と表示されている場合には、問題が発生します。ただし、この問題は回避可能です。「手順 5 : コンピュータが ACPI 準拠でない場合」に進んでください。

    コンピュータは標準 PC と表示されている場合でも、ACPI 準拠であることが確実であるときには、「手順 4 : コンピュータが ACPI 準拠である場合」に進んでください。

手順 4 : コンピュータが ACPI 準拠である場合

コンピュータが ACPI 準拠である場合には、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックして、[プログラムの追加と削除] をダブルクリックします。
  2. 次のプログラムがインストールされているかどうかを調べます。
    • Logitech マウス ドライバ
    • Adaptec/Roxio ソフトウェア
    • Zone Alarm
  3. これらのプログラムのいずれかがインストールされている場合は、更新されたバージョンについてプログラムの製造元に問い合わせるか、一時的にプログラムを削除します。
  4. 問題が解決したかどうかを調べるために、コンピュータをシャットダウンしてみます。
  5. 問題が依然として発生する場合は、タスク マネージャを使用して、コンピュータで実行中のプログラムを調べます。タスク マネージャの一覧に表示されている各プログラムを手動で終了した後、コンピュータをシャットダウンして再起動し、シャットダウンの問題が解決したかどうかをテストします。これを行うには、以下の手順を実行します。

    : コンピュータで現在実行中のすべてのプログラムがタスク マネージャの [アプリケーション] タブに表示されるとは限りません。
    1. Ctrl + Alt + Del キーを押し、[タスク マネージャ] をクリックします。
    2. [アプリケーション] タブをクリックします。
    3. [タスク] 列で、終了するプログラムをクリックし、[タスクの終了] をクリックします。
    4. タスク マネージャを終了します。
    5. コンピュータをシャットダウンします。
  6. 問題が依然として発生する場合は、コンピュータに追加したデバイス (ビデオ アダプタやサウンド カードなど) の製造元に問い合わせて、デバイス用の最新のドライバを入手してください。 ベンダへの問い合わせ方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    65416 ハードウェア関連およびソフトウェア関連のサードパーティ ベンダの問い合わせ先一覧 (A 〜 K)

    60781 ハードウェア関連およびソフトウェア関連のサードパーティ ベンダの問い合わせ先一覧 (L 〜 P)

    60782 ハードウェア関連およびソフトウェア関連のサードパーティ ベンダの問い合わせ先一覧 (Q 〜 Z)
  7. 最新ドライバのインストール後も、問題が依然として発生する場合は、デバイス マネージャで [コンピュータ] の下にある項目のドライバを変更して、コンピュータを ACPI 準拠に変更することによって問題を回避できることがあります。

    重要 : この手順には、ハードウェア アブストラクション レイヤ (HAL) ドライバの変更についての情報が含まれています。続行する前に、コンピュータが ACPI 準拠であることを確認し、問題が発生した場合に Windows を復元する方法を理解しておいてください。

    関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    237556 Windows 2000 のハードウェア アブストラクション レイヤのトラブルシューティング
    警告 : 誤った HAL の変更が原因で、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。コンピュータが ACPI 準拠であることが確実である (たとえば、オペレーティング システムをアップグレードする前に ACPI HAL がサポートされていたことがわかっている、または BIOS を調べてコンピュータが ACPI をサポートしていることを確認した) 場合以外には、標準 HAL を ACPI HAL に変更しないでください。誤って HAL を変更すると、コンピュータを起動できなくなる可能性があります。マイクロソフトは、誤った HAL の変更の結果として発生した問題の解決を保証できません。HAL の変更は自己の責任において行ってください。

    コンピュータが ACPI 準拠であることが確実な場合には、以下の手順を実行します。
    1. コントロール パネルの [システム] をダブルクリックします。
    2. [ハードウェア] タブをクリックし、[デバイス マネージャ] をクリックします。
    3. [コンピュータ] を展開し、検出されている HAL (たとえば、[標準 PC]) をダブルクリックします。
    4. [ドライバ] タブをクリックし、[ドライバの更新] をクリックします。

      : デバイス マネージャの [コンピュータ] で HAL の変更または更新が可能なのは、標準 PC HAL から ACPI HAL に変更する場合だけです。ACPI HAL から標準 HAL に変更した場合は、コンピュータを起動できなくなることがあります。

手順 5 : コンピュータが ACPI 準拠でない場合

コンピュータが ACPI 準拠でない場合には、NT APM/レガシ デバイスをインストールすることによって、この問題を回避できることがあります。Microsoft ACPI Device がインストールされている場合は、NT APM/レガシ デバイスをインストールする前に、そのデバイスを無効にする必要があります。

Microsoft ACPI Device を無効にするには、以下の手順を実行します。
  1. コントロール パネルを開き、[システム] をダブルクリックします。
  2. [ハードウェア] タブをクリックし、[デバイス マネージャ] をクリックします。
  3. [表示] メニューの [非表示のデバイスの表示] をクリックします。
  4. [プラグ アンド プレイではないドライバ] を展開します。
  5. 以下のいずれかの手順を実行します。
    • [Microsoft ACPI Driver] が表示されていない場合は、次の手順を実行します。

      デバイス ツリーの [NT APM/レガシ サポート] の下に [NT Apm/レガシ インターフェイス ノード] があり、無効を示す赤い X が表示されていることを確認します。

      [NT Apm/レガシ インターフェイス ノード] を右クリックし、[有効] をクリックします。

      この手順の実行後、Windows は正常にシャットダウンします。
    • [Microsoft ACPI Driver] が表示されている場合は、次の手順を実行します。
      1. [Microsoft ACPI Driver] をダブルクリックします。
      2. [ドライバ] タブをクリックし、[種類] ボックスで [無効] をクリックします。
      3. [OK] をクリックし、コンピュータを再起動します。
      4. Windows の再起動後、これらの手順を繰り返して [Microsoft ACPI Driver のプロパティ] ダイアログ ボックスを開き、[ドライバ] タブをクリックします。

        以下の点を確認します。
        • [種類] ボックスに [無効] が表示されている。
        • [状態] に [停止] が表示されている。
        [Microsoft ACPI Device] が無効であることを確認後、次の手順に進み、NT APM/レガシ デバイスをインストールします。
      5. コントロール パネルを開き、[ハードウェアの追加] をダブルクリックします。
      6. ハードウェアの追加ウィザードが新しいハードウェアを検出した後、[はい、ハードウェアを接続しています] をクリックして、[次へ] をクリックします。
      7. [インストールされているハードウェア] ボックスの一覧の一番下までスクロールし、[新しいハードウェア デバイスの追加] をクリックして、[次へ] をクリックします。
      8. [一覧から選択したハードウェアをインストールする (詳細)] をクリックし、[次へ] をクリックします。
      9. [共通ハードウェアの種類] の下の [NT Apm/レガシ サポート] をクリックし、[次へ] をクリックします。
      10. [NT Apm/レガシ インターフェイス ノード] をクリックし、[次へ] をクリックします。
      11. もう一度 [次へ] をクリックしてから、[完了] をクリックします。
これで、コンピュータは正常にシャットダウンします。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載している情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

詳細

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
266169 Windows 2000 コンピュータのスタンバイ モード、休止状態モード、シャットダウンで発生する問題のトラブルシューティング
257562 標準 VGA の使用時に休止状態およびスタンバイの機能が使用できない
313290 Windows XP のシャットダウン時にコンピュータの応答が停止する
237551 アドバンスト パワー マネージメント機能はターミナル サービスで無効になっている
259889 マルチ プロセッサ構成ではスタンバイ機能は使用できない
255182 コントロール パネルの電源オプションで休止状態タブが使用できない
197477 [NT] エラー: システムはスタンバイ モードに移行できません...
257199 コンピュータがスタンバイまたは休止状態モードに入るとデバイス ドライバ エラー メッセージが表示される
247480 モデムを使用するコンピュータで休止状態を設定するとエラー メッセージが表示される
247290 バッテリ付きではない PC で APM スタンバイ機能が表示されない
252471 エラー メッセージ : リムーバブル記憶域マネージャはシステムの休止状態または中断の要求を拒否しました
259623 スタンバイ機能はバッテリ付きのコンピュータまたは ACPI で使用できる
211205 [NT]Dell および IBM のノートブック コンピュータがサスベンド状態にならない
247238 IBM ThinkPad 380XD で APM を有効にしているときにシャットダウンのスタンバイが使用できない
211271 McAfee AntiVirus 3.1.4 のインストールまたはアンインストール後 Windows 2000 を休止状態にできない

プロパティ

文書番号: 810903 - 最終更新日: 2005年11月18日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbenv kberrmsg kbprb kbfix KB810903
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com