2002 年 9 月以降にリリースされた Office 2000 の更新プログラムと修正プログラムでは Windows インストーラ 2.0 が必要になる

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 811002 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
Microsoft Office XP については以下の資料を参照してください。330537
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

2002 年 9 月以降に公開された Microsoft Office 2000 のクライアント用更新プログラムおよび修正プログラムでは、Windows インストーラ 2.0 が必要になることがあります。

この資料では、この要件の詳細について説明します。

詳細

Microsoft Office 2000 Service Pack 3 (SP-3) のリリース以降にリリースされた Office 2000 のクライアント用更新プログラムまたは修正プログラムを、Windows インストーラ 2.0 がインストールされていないコンピュータにインストールしようとした場合、その更新プログラムまたは修正プログラムをインストールできないことがあります。

Microsoft Office 2000 SP-3 のリリース以降にリリースされた Office 2000 の更新プログラムおよび修正プログラムでは Windows インストーラ 2.0 が必要になることがあります。更新プログラムや修正プログラムのインストールに Windows インストーラ 2.0 が必要かどうか不明な場合は、Office 2000 のクライアント用更新プログラムまたは修正プログラムのドキュメントを参照してください。

Microsoft Office 2000 SP-3 のリリース以降にリリースされたマイクロソフトの更新プログラムや修正プログラムのインストールで発生する可能性のある問題を回避するため、Windows インストーラ 2.0 にアップグレードしてください。Microsoft Office およびその他すべての Windows インストーラ ベースのプログラムの最新の更新プログラムを入手するために、Windows インストーラ 2.0 にアップグレードすることを強くお勧めします。

管理者は、この要件が企業環境にインストールする Office 2000 SP-3 以降の管理者用更新プログラムおよび修正プログラムと Office 2000 SP-3 以降のクライアント用更新プログラムおよび修正プログラムに与える影響の詳細について、この資料の「管理者向け情報」を参照する必要があります。

: Windows インストーラ 2.0 はデフォルトで Microsoft Windows XP および Microsoft Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) に含まれています。Windows XP ユーザーまたは Windows 2000 SP3 を実行しているユーザーは、Office XP のクライアント用更新プログラムおよび修正プログラムのインストール時に、Windows インストーラをアップグレードする必要はありません。Windows インストーラ 2.0 を実行しているかどうか不明な場合は、この資料の「Windows インストーラ 2.0 がインストールされているかどうかを調べる方法」を参照してください。

最新の Windows インストーラの入手方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
292539 [INFO] MSI : Windows インストーラ エンジンの入手方法


Windows インストーラ 2.0 がインストールされているかどうかを調べる方法

Windows XP を実行していない場合は、以下の手順を実行して、Windows インストーラ 2.0 がインストールされているかどうかを調べます。
  1. Microsoft Windows のバージョンに応じて、以下の方法のどちらかを実行します。

    Microsoft Windows Millennium Edition (Me) または Microsoft Windows 2000 の場合
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索] をポイントして、[ファイルやフォルダ] をクリックします。
    2. [ファイルまたはフォルダの名前] ボックスに msiexec.exe と入力します。
    3. [探す場所] ボックスを、ローカル ハード ディスクに変更します。
    4. [検索開始] をクリックします。
    Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98、または Microsoft Windows NT 4.0 の場合
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索] をポイントして、[ファイルやフォルダ] をクリックします。
    2. [名前] ボックスに msiexec.exe と入力します。
    3. [探す場所] ボックスを、ローカル ハード ディスクに変更します。
    4. [検索開始] をクリックします。
  2. 見つかったファイル (Msiexec.exe ファイル) を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [バージョン情報] タブのファイル バージョンを確認します。
Windows インストーラ 2.0 を実行している場合、Miexec.exe ファイルのファイル バージョンが 2.0.2600.1183 以降になっています。

管理者用更新プログラムとクライアント用更新プログラムの違い

管理者用更新プログラムとクライアント用更新プログラムの主な違いは、クライアント用更新プログラムが個々のワークステーションにインストールするように設計されているのに対して、管理者用更新プログラムは管理者用インストール ポイントを更新するように設計されているという点です。

管理者用更新プログラムまたはクライアント用更新プログラムを使用して、Office を更新する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

管理者用更新プログラムのインストール

http://www.microsoft.com/japan/office/ork/updates/97_2000/default.htm

クライアント用更新プログラムのインストール

http://www.microsoft.com/japan/office/ork/journ/cliupdt.asp

管理者向け情報

管理者用インストール ポイントから Office 2000 を展開して、Microsoft Office 2000 Service Release 1a (SR-1a) と Microsoft Office 2000 Service Pack 2 (SP-2) の両方のクライアント用更新プログラム (バイナリ更新プログラム) を適用する場合、Microsoft Windows インストーラ 1.1 では、将来の更新プログラムのインストールができません。Office CD から Microsoft Office 2000 をインストールし、Office 2000 SR-1 と Office 2000 SP-2 の両方をインストールした組織でも、同じ Windows インストーラ 1.1 の制限があります。

Microsoft Office 2000 SP-3 のリリース以降にリリースされたマイクロソフトの更新プログラムや修正プログラムのインストールで発生する可能性のある問題を回避するため、Windows インストーラ 2.0 にアップグレードしてください。Microsoft Office およびその他すべての Windows インストーラ ベースのプログラムの最新の更新プログラムを入手するために、Windows インストーラ 2.0 にアップグレードすることを強くお勧めします。

Windows インストーラ 2.0 の要件は、次の状況を除いて、Office 2000 の更新プログラムまたは修正プログラムのインストールに適用されます。

状況 1

更新プログラムまたは修正プログラムに付属するドキュメントに、Windows インストーラ 2.0 が必須であることが記載されていない。

状況 2

Office 2000 SP-3 以降の管理者用フルファイル更新プログラムをインストールしている。

状況 3

以下のすべての条件を満たしている。
  • 管理用イメージからインストールした。
  • 管理者用更新プログラムを使用して、Office 2000 SR-1a をインストールした。
  • クライアント用更新プログラムを使用して、Office 2000 SP-2 または Office 2000 SP-3 をインストールした。

状況 4

以下の条件をすべて満たしている。
  • 管理用イメージからインストールした。
  • 管理者用更新プログラムを使用して、Office 2000 SR-1a をインストールした。
  • 管理者用更新プログラムを使用して、Office 2000 SP-2 または Office 2000 SP-3 をインストールした。

状況 5

以下の条件をすべて満たしている。
  • Office 2000 SR-1a をインストールした。
  • Office 2000 SP-2 または Office 2000 SP-3 をインストールしないことを選択した。

Office 2000 インストール マトリックス

次の表は、さまざまな Office 2000 と Service Pack のインストール状況を説明するインストール マトリックスを使用して Windows インストーラ 2.0 の要件をより詳細に説明したものです。
元に戻す全体を表示する
SR-1 インストール方法SP-2 または SP-3 インストール方法SP-2 または SP-3 以降の更新プログラムの種類Windows インストーラ 2.0 が必要 (はい/いいえ)
クライアント クライアント クライアント はい
管理者用 管理者用 クライアント いいえ
管理者用 管理者用 管理者用 いいえ
管理者用 クライアント 管理者用 サポートなし

プロパティ

文書番号: 811002 - 最終更新日: 2014年2月2日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2000 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2000 Standard Edition
  • Microsoft Publisher 2000 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2000 Standard Edition
  • Microsoft Word 2000 Standard Edition
  • Microsoft Access 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbupdate kbinfo KB811002
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com