文書番号: 811167 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Outlook 2000 更新プログラムを公開しました。これ問題 Outlook 2000 インターネット メールのみ (IMO) モードで修正されます。Outlook では、Microsoft Office 2000 Service Pack 3 (sp-3) がインストールされて2000 通知可能性がありますが期待どおりに動作しない、または 100% を使用することができます、それらを表示する場合は、cpu 時間です。この Outlook 2000 更新プログラムのマイクロソフトでは引き続き最新の製品アップデートを提供するために努力します。

これ資料をダウンロードして、Microsoft Outlook 2000 をインストールする方法について説明します。更新: 12 月 18日 2002。

詳細

ダウンロードして更新プログラムをインストールする方法

重要:この資料に記載されている更新プログラムのインストール次の要件があります。
  • Microsoft Windows インストーラー 2.0

    この更新プログラムをインストールする前に、インストールする必要があります。Windows インストーラー 2.0 またはそれ以降を。その他の詳細については要件は、「Windows インストーラー 2.0 アップデート要件」セクションを参照してください。この記事では。
  • Office 2000 Service Pack 3 (sp-3)


    この更新プログラムをインストールする前に、Office 2000 をインストールします。サービス パック 3 (sp-3)。Office 2000 をインストールする方法の詳細についてSp-3 は、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックして。
    326585Office 2000 の概要サービス パック 3
: これで記載されている更新プログラムのリリースの前に記事は、お客様がこの問題を回避作業すること推奨しました。マイクロソフトの構成でこの資料の「概要」に記載記載されています。Outlook を企業/ワークグループ (CW) モードで実行します。場合は、これまでこの問題を回避をするには、CW モードで実行するには Outlook の設定に従う、この「どのようにする Outlook に実行で IMO モードを構成する」に記載手順この更新プログラムをインストールする前に、IMO モードでを実行するように Outlook を構成する記事。

クライアント用更新プログラム

Outlook を CD-ROM からインストールする場合は、次があります。2 つのオプション:
  • Office 製品のアップデート Web サイトに自動的に使用します。すべての利用可能なサービス パックを含む、最新の更新プログラムをすべてインストールし、更新プログラムを公開します。

    - または -
  • だけ Outlook 2000 アップデート: 2002 年 12 月 18 日で手順については、この資料の後半で説明します。
: マイクロソフトでを使用して、クライアント用更新プログラムをインストールします。Office 製品の更新プログラムの Web サイト。Office ダウンロード サイトMicrosoft Office の特定のインストール環境を検出しするように求められます。確認するために必要をインストール、Office のインストール完全に更新されています。

Office ダウンロード サイト

Office 製品のアップデート Web サイトに必要なを検出するのには更新プログラムがコンピューターにインストールする必要がありますは、次のマイクロソフトを参照してください。Web サイト:
http://office.microsoft.com/ProductUpdates/default.aspx

検出が完了した後は、一覧が表示されます。推奨する更新プログラムを承認します。クリックしてください。 ボタンをクリックし、インストール 処理を完了します。

だけ Outlook 2000 アップデート: 2002 年 12 月 18 日

ダウンロードしてクライアント更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. 次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://download.microsoft.com/download/f/1/d/f1d8421a-2b76-4603-808b-39d8dcc74038/Olk0901.exe
  2. クリックしてください。 保存 Olk0901.exe ファイルを保存するのには選択されているフォルダーです。
  3. Windows エクスプ ローラーで、 Olk0901.exeをダブルクリックします。
  4. この更新プログラムをインストールするプロンプトが表示されたらをクリックします。[はい].
  5. クリックしてください。 [はい] 使用許諾契約に同意します。
  6. 行うにはメッセージが表示されたら、Office 2000 の CD-ROM を挿入します。これは、し ].
  7. インストールを通知するメッセージが表示されます。成功をクリックして ].
: この更新プログラムをインストールした後は、削除することはできません。戻るにはインストールに更新プログラムをインストールする前に、すべての Office を削除する必要があります。2000 は、元の CD-ROM から再インストールします。

管理者用更新プログラム

サーバーは、サーバーの場所から Outlook をインストールした場合管理者が、管理者全員でのサーバーの場所を更新する必要があります。更新し、更新プログラムをクライアント コンピューターに展開します。

サーバーにある場合管理者は、管理者用の更新プログラムをダウンロードするのには、次の手順を実行します。
  1. 次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://download.microsoft.com/download/f/1/d/f1d8421a-2b76-4603-808b-39d8dcc74038/Olk0901a.exe

  2. ファイルをデスクトップにダウンロードします。
  3. Windows エクスプ ローラーで、 Olk0901a.exeをダブルクリックします。
  4. クリックしてください。 [はい] 使用許諾契約に同意します。
  5. で、 先の場所を入力してください。[展開されたファイルを配置します。 ボックス型 C:\Olk0901aプロパティ ].
  6. クリックしてください。 [はい] 作成することがように求められますフォルダーです。
  7. 更新手順を熟知している場合は、管理者用インストールをクリックして ボタンをクリックし、 プロパティExchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.次のコマンドを入力、 と入力してボックス

    msiexec/a 管理者パス\MSI ファイル /p C:\Olk0901a\MSP ファイルSHORTFILENAMES = TRUE

    場所 管理者パス 管理インストール ポイントのパスです。Office 2000 (C:\Office2000 など)、

    場所 MSIファイル Office 2000 製品用の .msi データベース パッケージです。(たとえば、Data1.msi)、

    場所 MSPファイル 管理者アップデートの名前です。

    : 追加することができます /qb + コマンド ・ ラインにので、 Office 2000 の管理者用インストール ダイアログ ボックスと、 使用許諾契約書 ダイアログ ボックスの操作を行います表示されます。
  8. この更新プログラムをクライアント ワークステーションに展開するをクリックしてください。ボタンをクリックし、プロパティ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.次コマンドで、 と入力して ボックス

    msiexec/i管理パス\MSI ファイル再インストール =機能一覧REINSTALLMODE = の vomu

    場所 管理者パス 管理インストール ポイントのパスです。Office 2000 (C:\Office2000 など)、

    場所 MSIファイル (Office 2000 製品用 MSI データベース パッケージです。Data1.msi など) と

    場所 機能一覧 必要がある機能名 (大文字と小文字は区別) の一覧です。更新プログラムを再インストールします。すべての機能をインストールするを使用します。REINSTALL = ALL を指定または、次の機能を使用することができます: OutlookOMI。
詳細については、管理者を更新する方法インストールおよびクライアント ワークステーションへの展開、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックしますします。
304165管理するには、公開の更新プログラムをインストールする方法インストール

この更新プログラムがインストールされているかどうかを確認する方法

を更新には、次のファイルの更新バージョンが含まれます。
   Date         File name    Version
   ------------------------------------
   06-Dec-2002  Omi9.dll     5.5.3186.0
   06-Dec-2002  Omint.dll    5.5.3186.0
インストールされている Outlook のバージョンを確認するのには、コンピューターは、次の手順を実行します。

メモ複数のバージョンの Microsoft Windows のための次の手順はコンピューターによって異なる場合があります。場合を参照してくださいに製品ドキュメント手順を完了するのには

  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、プロパティ検索.
  2. で、 検索結果 ウィンドウをクリックしてすべてのファイルとフォルダー 下にあります。 検索コンパニオン.
  3. で、 ファイル名のすべてまたは一部 ボックスで、Windows のバージョンに応じて、次のテキストを入力し、クリックして、 検索.

    Microsoft Windows 2000 とWindows XP:
    omint.dll

    をMicrosoft Windows 98 または Microsoft Windows Me(自分):

    omi9.dll
  4. ファイルの一覧、 omint.dllまたはomi9.dllを右クリックし、クリックしてください プロパティ.
  5. 上では バージョン タブでバージョンを確認します。コンピューターにインストールされている Outlook の。
: 更新プログラムがコンピューターに既にインストールされている場合が表示されます。この更新プログラムをインストールしようとすると、次のメッセージします。
この更新プログラムは適用されているか、更新プログラムに含まれています。既に適用されています。

Windows インストーラー 2.0 のアップデートの必要条件

この資料に記載されている更新プログラムのインストールWindows インストーラー 2.0 またはそれ以降が必要です。Microsoft Windows 2000 Service Pack 3(Sp-3) には、このバージョン Windows インストーラーにはが含まれています。最新版をインストールするのにはWindows インストーラーのバージョンを参照するいずれか、次のマイクロソフト Webサイト:

Windows インストーラーは Microsoft Windows 95、Microsoft Windows98、および Windows Me (私)。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=cebbacd8-c094-4255-b702-de3bb768148f%20&displaylang=en


Windows インストーラーはマイクロソフト Windows NT 4.0 と2000:
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=4b6140f9-2d36-4977-8fa1-6f8a0f5dca8f&DisplayLang=en

IMO モードの Outlook を実行するを構成する方法

IMO モードでを実行するには、Outlook 2000 を構成するには、次の手順を実行します。
  1. Outlook 2000 を起動します。
  2. 上では ツール メニューをクリックしてオプション.
  3. 上では メール サービス タブをクリックしてくださいメール サポートの再設定します。.
  4. で、 [メール サービス オプション ダイアログ ボックスクリックしてください。 インターネットのみプロパティ次へします。
  5. 警告メッセージを読み、[クリックしてください[はい].Outlook 2000 を終了します。
  6. Outlook 2000 を起動します。Windows インストーラーが起動し、必要なファイルがインストールされます。

使用可能言語ですなダウンロード センターで

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=1E252CCF-452A-4313-A402-B50C4405580A&displaylang=en
お使いの言語の更新プログラムがダウンロード可能ですまで、再構成します。Outlook 2000 でこの現象を回避するには、CW モードを実行します。

: するには、CW モードでを実行するには、Microsoft Outlook を構成する場合この問題を回避を適用する前に、IMO モードでを実行するように Outlook を構成する、更新します。IMO モードで実行するように Outlook を構成する手順はありますが「IMO モードで実行するには、Outlook を構成する方法」この資料「。実行しますCW モードで実行するように Outlook を構成するのには、以下の手順します。
  1. Outlook 2000 を起動します。
  2. 上では ツール メニューをクリックしてオプション.
  3. 上では メール配信 タブをクリックしてくださいメール サポートの再設定します。.
  4. 警告メッセージを読み、[クリックしてください[はい].
  5. Outlook 2000 を終了します。
  6. Outlook 2000 を起動します。Windows インストーラーが起動し、必要なファイルがインストールされます。
: は、インターネット メッセージを使用している場合この回避策が機能しません。アクセス プロトコル (IMAP) サーバーです。

プロパティ

文書番号: 811167 - 最終更新日: 2012年10月24日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbprb kbdownload kbinfo kbmt KB811167 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:811167
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com