フェールオーバー クラスタリングの SQL Server 2000 仮想サーバーに SQL Server 2000 Service Pack 3、Service Pack 3a、Service Pack 4 をインストールする前のチェック リスト

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 811168 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、フェールオーバー クラスタリングの SQL Server 2000 仮想サーバーに SQL Server 2000 Service Pack 3 (SP3)、SQL Server 2000 SP3a、または、SQL Server 2000 SP4 をインストールする前に実行する必要がある作業の概要について説明します。

Microsoft SQL Server 2000 SP3a で導入された変更点のほとんどはセットアップ関連であるため、既に SQL Server 2000 SP3 にアップグレードされている SQL Server 2000 または SQL Server Desktop Engine (別名 MSDE 2000) のインスタンスに SQL Server 2000 SP3a を適用する必要はありません。

しかし、SQL Server 2000 SP3 にアップグレードしていないインスタンスは、SQL Server 2000 SP3 ではなく、SQL Server 2000 SP3a に直接アップグレードする必要があります。今後のアップグレードに使用する予定で SQL Server 2000 SP3 ダウンロード ファイルのコピーを取得している場合は、それらのコピーを削除し、代わりに、SQL Server 2000 SP3a ダウンロード ファイルまたは SQL Server 2000 SP3a CD-ROM を使用する必要があります。

MSDE 2000 の配布およびインストールを行うアプリケーションには、SQL Server 2000 SP3 の代わりに SQL Server 2000 SP3a をインストールする必要があります。

SQL Server 2000 SP3 または MSDE 2000 SP3 のインスタンスに SQL Server 2000 SP3a を適用することはできますが、これらのインスタンスにはほとんど効果がありません。SQL Server 2000 SP3a の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/sql/downloads/2000/sp3.asp

詳細

SQL Server 2000 SP3 または SQL Server 2000 SP3a

マイクロソフトでは、SQL Server 2000 仮想サーバーに SQL Server 2000 SP3 または SP3a をインストールする前に、以下の作業を完了しておくことをお勧めします。
  • システム データベースとユーザー データベース、およびフルテキスト カタログの最新のバックアップを保持していることを確認します。作業を続行する前に、それらが最新かつ正確なものであることを確認します。
  • Readme.htm ファイルをよく読み、実稼動環境に影響する可能性のあるすべての項目をメモします。実稼動環境に影響する可能性のある項目が存在する場合、作業を続行する前に必ずその項目を検査します。
  • Microsoft Operation Manager (MOM) などの監視ソフトウェア サービス、および同様の機能を提供するサードパーティ製品をすべて停止します。マイクロソフトでは、この種のソフトウェアを手動で開始するように設定し、SQL Server 2000 SP3 または SP3a をインストールする前にサーバーを再起動することをお勧めします。
  • SQL Server インスタンスが含まれている SQL Server グループ内のすべてのリソースを確認します。クラスタ アドミニストレータを使用して、アップグレードする SQL Server のインスタンスのフェールオーバーが両方のノード上でオンラインになっていることを確認します。アップグレードする SQL Server インスタンスが含まれている SQL Server グループ内にあるすべてのリソースの状態を記録します。
  • すべての SQL Server のクラスタ リソースにおいて、SQL Server のセットアップによって作成された従属関係以外に、従属関係が存在しないことを確認します。ファイル共有、FTP サーバー、および Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) サーバーなどのリソースは、常に一意なネットワーク名と IP アドレス リソースを持っている必要があります。SQL Server 2000 SP3 または SP3a をインストールする前に、デフォルト以外の従属関係をすべて削除する必要があります。SQL Server がオンラインになっているかどうかを確認する場合、および、クライアント アプリケーションで利用できるかどうかを確認する場合を除いて、SQL Server セットアップが提供する従属関係以外の従属関係を使用しないでください。
  • セットアップは、SQL Server 2000 SP3 または SP3a のクラスタ関連の処理を実行する際に、グループ内にあるすべてのクラスタ リソースのリソース プロパティをデフォルト設定にリセットします。この作業は、リソースが SQL Server に関連しているかどうかにかかわらず行われます。そのため、SQL Server 2000 SP3 または SP3a をインストールする前に、必ずすべての設定をメモします。クラスタ化された SQL Server の詳細については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
    254321 [INF] クラスタ化された SQL Server に関する推奨事項と注意事項および基本的な警告
これらの確認を適切に行わないと、インストールは成功しません。インストールが成功しない場合の理由を以下に示します。
  • SQL Server 2000 SP3 または SP3a インストール プログラムは、クラスタ関連のセットアップを実行中に、SQL Server グループ内のすべてのリソース プロパティをデフォルト設定にリセットします。
  • SQL Server 2000 SP3 または SP3a インストールのクラスタ部分のセットアップでは、リソースが SQL Server 2000 に関連するかどうかにかかわらず、SQL Server グループ内のすべてのリソースを起動します。SQL Server グループ内のリソースが 1 つでもオンラインにならない、または、セットアップ中に失敗する場合、そのリソースが直接 SQL Server に関連しなくても、インストールは成功しません。

SQL Server 2000 SP4

マイクロソフトでは、SQL Server 2000 仮想サーバーに SQL Server 2000 SP4 をインストールする前に、以下の作業を完了しておくことをお勧めします。

: SQL Server 2000 SP4 は、Microsoft Windows NT 4.0 ではサポートされていません。32 ビットのアプリケーションを Windows On Windows (WOW) 64 モードおよび IA-64 ベースのサーバーで実行している AMD 64 クラスタでサポートされるのは、SQL Server 2000 SP4 (32-bit) のみです。

  • システム データベースとユーザー データベース、およびフルテキスト カタログの最新のバックアップを保持していることを確認します。作業を続行する前に、それらが最新かつ正確なものであることを確認します。
  • Readme.htm ファイルをよく読み、実稼動環境に影響する可能性のあるすべての項目をメモします。実稼動環境に影響する可能性のある項目が存在する場合、作業を続行する前に必ずその項目を検査します。
  • Microsoft Operation Manager (MOM) などの監視ソフトウェア サービス、および同様の機能を提供するサードパーティ製品をすべて停止します。マイクロソフトでは、この種のソフトウェアを手動で開始するように設定し、SQL Server 2000 SP4 をインストールする前にサーバーを再起動することをお勧めします。

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
243218 [INF] MSCS 環境の SQL Server 2000 EE のインストール順序

290211 最新の SQL Server 2000 Service Pack の入手方法

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 811168 (最終更新日 2005-02-23) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 811168 - 最終更新日: 2007年10月29日 - リビジョン: 7.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3a
  • Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3
  • Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition
キーワード:?
kbinfo kbupgrade kbproductlink KB811168
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com