「電源保護」書き込みのキャッシュ オプションを構成するのには、Dskcache.exe ツールを入手します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 811392
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Dskcache.exe ツールを入手する方法について説明します。Dskcache.exe は、構成に使用できるコマンド ライン ツールは、 Power Protected 書き込みに記載されている修正プログラムで使用できるキャッシュ オプションに次の Microsoft Knowledge Base の資料:

332023 書き込みキャッシュを有効にすると低速のディスクのパフォーマンス
メモ 332023 KB に記載されている更新プログラムをインストールする必要があります。EN-US および再起動は、Dskcache.exe を使用する前に、コンピューターのツールを構成するのには Power Protected キャッシュ オプションを記述します。

詳細

警告 有効にすると、 Power Protected 重要なデータがディスクにすぐには、ディスクに後で、ディスクの書き込みの組み込みキャッシュから書き込むのではなく書き込まれますことを確認します。 Windows 2000 のディスク ドライバーに組み込まれているルーチンをオフ、書き込みキャッシュ ディスク ドライブのキャッシュ オプションを記述します。有効にする操作を行いますしない、 Power Protected しない限り、キャッシュ オプションを記述して、コンピューター接続されているハード_ディスクが偶発的または偶発的な電源に対して保護されています。バッテリによる冗長電源ユニット (psu) またはコント ローラーのキャッシュのオンボード バッテリなどの機能を含めることができますハードウェア設計を損失します。ハードウェアに提供されている保護の程度を判断するのには、コンピューターとストレージ ・ デバイスのベンダーにお問い合わせください。有効にする操作を行いますしない、 Power Protected 理解し、発生する可能性があります、適切なハードウェアの電源保護によってこのリスクを軽減できたかを確実にするリスクのレベルをそのまま使用する場合は、キャッシュ オプションを記述します。

この問題の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
281672「書き込みキャッシュを有効に」機能を有効にするとデータ損失の可能性
メモ Windows XP では、電源保護モードは、Dskcache.exe ツールの出力には表示されません。

製品の既定動作を変更するサポートされている機能は、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この機能はこの資料に記載された動作のみを修正するものです。この機能は、特に必要とするシステムにのみ適用されます。この機能は、さらにテストを受ける可能性があります。したがって、システムがこの機能の不足により深刻な影響がいない場合は、この機能が含まれている次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

ダウンロード可能な機能の場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの機能を取得するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問および特定の機能の対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームは、機能が使用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、機能がその言語の利用できないためにです。
この修正プログラムの英語版がファイル属性を持つ (またはそれ以降) 次の表に記載されています。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブ コントロール パネルの日付と時刻ツールでします。
   Date         Time   Version  Size    File name
   -------------------------------------------------
   24-Feb-2003  20:19  1.0.0.0  10,512  Dskcache.exe

Dskcache.exe の使用状況に関する情報

dskcache [+ p | p] [+ w | w 〜] [/i |/s |ドライブ指定子]
  • セット (+) またはオフ (-)、ディスク キャッシュの値。
    • p : 電源 (すべてのオペレーティング システムでサポートされていない書き込みキャッシュを保護します。バージョン)
    • w : ライト ・ キャッシュ
  • ドライブの選択 (既定ではすべてのドライブ)
    • /i : 統合デバイス電子 (IDE) ディスクにのみ
    • /s : (ファイバ ・ チャネルを含む) 小規模コンピューター システム インターフェイス (SCSI) がのみディスクします。
    • ドライブ指定子 : 文字、ボリューム名、または物理ドライブをドライブします。次の形式を使用します。
      • ドライブ文字を次の形式で: c:、d:
      • 次の形式でのボリューム名:
        \\?\Volume{8fc37c41-bdd3-11d5-b897-806d6172696f}\
      • 物理ドライブ: PhysicalDrive0、PhysicalDrive1、およびその他の
  • オプションはすべての固定ディスクに使用される、現在の設定がない場合表示されます。
メモ
  • 使用して、 w オンにして、ディスクのパフォーマンスを向上させるために書き込みキャッシュを無効にするには、次のように切り替えます。
  • 使用して、 p スイッチをオフにするのにはPower Protected キャッシュ オプションを記述します。
有効にすると、 Power Protected ライト ・ キャッシュオプションは、データの損失または停電時に発生する可能性があります破損のリスクを増加または機器の障害が発生します。このオプションを適切なディスク デバイスのみ有効にします。偶然の電源切断から保護します。このセクションの先頭に警告を参照してください。

メモ は、 Power Protected 書き込みキャッシュ オプションのみ可能します。現在存在しているディスクをオンにします。ので、 Power Protected 書き込みキャッシュのオプションは、既定ではオフになっている、いずれかのディスクについて、このオプションはオフです。この設定を適用した後を追加することがあります。追加のディスクを追加する場合は、オンにする必要があります、 Power Protected 追加されたディスクのキャッシュ オプションを有効にする設定を記述します。

Dskcache.exe コマンドの出力

パラメーターを付けずに Dskcache を実行すると、すべてのハード ディスクの現在の書き込みキャッシュの設定が表示されます。各ハード ディスクは、コンピューター上現在存在、次の情報が表示されます。
ディスク ・ デバイス。
ボリューム名の形式:\\?\Volume{8fc37c41-bdd3-11d5-b897-806d6172696f}\

現在の設定:
書き込みキャッシュ [有効になっている | 無効]
電源保護されて [有効になっている | 無効]
Dskcache を実行する場合は、 w スイッチまたは、 p スイッチは、指定した設定が、指定したディスクにすぐに適用されます。クエリを実行し、要求された構成オプションを変更するディスクとそのドライバーをサポートしている場合は、この現象を発生します。(以下は「一般的なエラー メッセージ」を参照してください)。

コンピューターに現在存在する固定ディスクごとに、次の情報が表示されます。
ディスク ・ デバイス。
ボリューム名の形式:\\?\Volume{8fc37c41-bdd3-11d5-b897-806d6172696f}\

現在の設定:
書き込みキャッシュ [有効になっている | 無効]
電源保護されて [有効になっている | 無効]

新しい設定:
書き込みキャッシュ [有効になっている | 無効]
電源保護されて [有効になっている | 無効]

一般的なエラー メッセージ

次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。
エラー設定書き込むキャッシュ値です。(1) が正しく機能します。
このエラー メッセージは、指定したディスク デバイス (またはドライバー) は、書き込みキャッシュ状態をドライバーが Microsoft によって実装されたコマンド (Ioctl) への変更がサポートされていないことを示します。多くの RAID コント ローラーは、このカテゴリに含まれています。これらのディスクをライト ・ キャッシュはマイクロソフトから利用可能な手段を通じて設定可能ではありません。ライト ・ キャッシュは、ハードウェア ベンダーが提供メカニズムによってのみ構成可能です。Microsoft ディスク ドライバーはこのようなドライブの書き込みキャッシュを避けます。したがって、この記事で説明した Dskcache ツールおよびマイクロソフト サポート技術に記載されている修正プログラムは、332023 KB 記事します。EN-US はそのような場合に適用可能なありません。
ライト ・ キャッシュの値を取得中にエラーが発生しました。
(50)、ライト ・ キャッシュは変更できません。
このエラー メッセージは、指定したディスク デバイス (またはドライバー) は、書き込みキャッシュ状態 (つまり、関連の SCSI または ATAPI (IDE) の仕様に従って)、業界標準メカニズムを通じて報告されませんを示します。多くの RAID コント ローラーは、このカテゴリに含まれています。これらのディスクの場合は、ライト ・ キャッシュはマイクロソフトから利用可能な手段を通じて設定可能ではありません。構成によって、ハードウェアの製造元が提供するメカニズムのみです。Microsoft ディスク ドライバーはこのようなドライブの書き込みキャッシュを避けます。したがって、この記事で説明した Dskcache ツールおよびマイクロソフト サポート技術に記載されている修正プログラム 332023 KB の記事します。EN-US はそのような場合に適用可能なありません。
ライト ・ キャッシュの値を取得中にエラーが発生しました。
(1117) 要求は、I/O デバイス エラーのため実行でした。
このエラー メッセージは、ディスク ・ デバイスを書き込みキャッシュ状態に関する情報は、適切な SCSI または ATAPI コマンドの応答を返さないことを示します。このエラー メッセージ ドライバーは、デバイスの機能 (またはその不足) を示してだけであり、通常は書き込みキャッシュをサポートしていないか、デバイス、またはデバイス ドライバーを照会し、デバイスの書き込みキャッシュ設定を設定するために必要なコマンドをサポートしていないことを意味します。

この問題を解決するには、ディスク デバイスのベンダーにお問い合わせください。
電源保護エラー取得の値です。
(21) デバイスが準備ができていません。
このエラーは、複数の原因があります。1 つだけのディスクでは、このエラーが発生し、ディスクの外部ストレージ ・ アレイの一部である場合は、このメッセージはディスクが単にオフラインになっているを示している可能性があります。ディスクをオンラインにし、繰り返し、 dskcache 使用する設定を適用するコマンドです。クラスター内で複数のサーバを共有ストレージ ・ アレイの一部であるすべてのディスクをこのエラーが発生すると、このメッセージは、通常、実行している示す、 dskcache ストレージ ・ アレイまたはデバイスの所有者でないサーバー (ノード) のコマンドです。

適用するのには 電源保護 クラスター内のすべてのサーバーにキャッシュ設定を作成、次の手順を実行します。
  1. 332023 KB から更新プログラムをインストールします。米国では、クラスター内のすべてのノード (サーバー) と、更新されたドライバーが読み込まれますように各サーバーを再起動します。
  2. 各サーバー上でサーバー (ノード) が、ディスクの所有者に、または (グループの移動はそのノードにディスク リソースを移動するのにを使用、) を配列し、実行、 dskcache そのサーバー上のコマンドです。
  3. クラスター内の各サーバー (ノード) は、必要に応じて手順 2 を繰り返します。

プロパティ

文書番号: 811392 - 最終更新日: 2011年7月28日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbfix kbwin2000presp4fix kbqfe kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB811392 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:811392
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com