Asp キャッシュ方法。NET の Visual Basic を使用します。NET

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 811431
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料で方法を管理する方法をについて説明しますASP。NET は、Web ページやデータ オブジェクトをキャッシュします。キャッシュすることによって再作成回避します。それ以降の要求を行うとの情報です。キャッシュに重要な技術にです。高いパフォーマンスと拡張性の高いサーバー アプリケーションを作成します。最初要求ページには、データ オブジェクト、ページ、またはページの一部を保存することができます。メモリにします。Web サーバー、プロキシ サーバーで、これらのアイテムを格納することができますかブラウザーで。

詳細

ASP。NET のキャッシュを制御するための便利なメソッドが用意されています。、使用できます、 @ OutputCache ページを ASP で出力キャッシュを制御するディレクティブを指定します。NET。使用 HttpCachePolicy データセットをサーバーなど任意のオブジェクトを格納するクラスメモリです。クライアントのブラウザーなどのアプリケーションにキャッシュを格納することができます、プロキシ サーバーを経由し (IIS) を使用します。使用してCache-control HTTP ヘッダーは、キャッシュを制御できます。

追加ASP の詳細については。出力キャッシュを NET は、する次の資料番号をクリックします。記事は、マイクロソフト サポート技術参照してください。
308516コントロール ページの ASP キャッシュの出力方法。NET の Visual Basic を使用します。NET

ASP をキャッシュします。Net

使用してキャッシュすることができます、 @ OutputCache ディレクティブ、または Visual Basic を使用して、プログラムからのコード.NET または Visual C#。NET。は、 @ OutputCache ディレクティブが含まれています、 場所 属性です。この属性はキャッシュの場所を決定します。項目。次の場所のいずれかを指定できます。
  • 任意 -これは、出力キャッシュに格納、参加しているプロキシ サーバー (または他の任意のサーバー) 上のクライアントのブラウザー要求、または要求を処理するサーバーにします。既定では、任意 選択されています。
  • クライアント -この出力キャッシュに格納されます、クライアントのブラウザーです。
  • ダウン ストリーム -この出力キャッシュを格納します。(元のサーバー) 以外キャッシュ対応デバイスには、参加します。要求します。
  • サーバー -これで出力キャッシュを格納します。Web サーバー。
  • [なし] -これは出力をオフにキャッシュします。

次のコード サンプルについては、 @ OutputCache ディレクティブと同等のプログラム コード。
  • 指定された期間の出力キャッシュを格納するのには

    宣言によるアプローチ:
    <%@ OutputCache Duration="60" VaryByParam="None" %>

    プログラムによるアプローチ:
    Response.Cache.SetExpires(DateTime.Now.AddSeconds(60))
    Response.Cache.SetCacheability(HttpCacheability.Public)
  • 要求の送信元クライアントのブラウザーに出力キャッシュを格納するのには

    宣言によるアプローチ:
    <%@ OutputCache Duration="60" Location="Client" VaryByParam="None" %>

    プログラムによるアプローチ:
    Response.Cache.SetExpires(DateTime.Now.AddSeconds(60))
    Response.Cache.SetCacheability(HttpCacheability.Private)
    
  • プロキシ サーバーおよび要求を行ったクライアントなど、HTTP 1.1 キャッシュ対応デバイスに出力キャッシュを格納するのには

    宣言によるアプローチ:
    <%@ OutputCache Duration="60" Location="Downstream" VaryByParam="None" %>

    プログラムによるアプローチ:
    Response.Cache.SetExpires(DateTime.Now.AddSeconds(60))
    Response.Cache.SetCacheability(HttpCacheability.Public)
    Response.Cache.SetNoServerCaching()
  • Web サーバーに出力キャッシュを格納するのには

    宣言によるアプローチ:
    <%@ OutputCache Duration="60" Location="Server" VaryByParam="None" %>

    プログラムによるアプローチ:
    Response.Cache.SetExpires(DateTime.Now.AddSeconds(60))
    Response.Cache.SetCacheability(HttpCacheability.Server)
    
  • 別の都市に到着する各 HTTP 要求の出力をキャッシュするのには

    宣言によるアプローチ:
    <%@ OutputCache duration="60" varybyparam="City" %>
    

    プログラムによるアプローチ:
    Response.Cache.SetExpires(DateTime.Now.AddSeconds(60))
    Response.Cache.SetCacheability(HttpCacheability.Public)
    Response.Cache.VaryByParams("City") = true
    
    は、 VaryByCustom 属性は、 VaryByHeader 属性、および VaryByParam 属性は、 @ OutputCache ディレクティブは、 HttpCachePolicy クラスが用意されています、 VaryByHeaders プロパティおよび VaryByParams プロパティ、および SetVaryByCustom メソッドです。

クライアントとプロキシのキャッシュを無効にします。

出力キャッシュをオフ、ASP を有効にするには。クライアントでの NET Web ページ場所、プロキシの場所に設定して、 場所 属性値に [なし]、、を設定し、 VaryByParam 値に [なし] で、 @ OutputCache 命令です。次のサンプル コードを使用して、クライアントを無効にするのには、プロキシのキャッシュします。
  • 宣言によるアプローチ:
    <%@ OutputCache Location="None" VaryByParam="None" %>
  • プログラムによるアプローチ:
    Response.Cache.SetCacheability(HttpCacheability.NoCache)

任意のオブジェクトをキャッシュします。サーバーのメモリに

ASP。NET は、大量のメモリに作成するのには、サーバーのリソースを必要とするオブジェクトを格納することができる、強力で使いやすいキャッシュ機構があります。は、 キャッシュ クラスはこのメソッドを実装します。インスタンスはそれぞれにプライベートです。アプリケーションと有効期間は、対応するアプリケーションに結びついています。キャッシュするにはASP に任意のオブジェクト。Net を使用して、 キャッシュ クラスは、次の手順を実行します。
  1. 新しい ASP を作成します。Visual Basic を使用して、NET Web アプリケーション.NET。
  2. 既定では、 WebForm1.aspx 作成されます。
  3. HTML ビューで WebForm1.aspx、次のサンプル コードでは、既存のコードを置き換えます。
    <%@ Import Namespace="System.Data.SqlClient" %>
    <%@ Import Namespace="System.Data" %>
    <HTML>
    	<script language="vb" runat="server">
    
    		Private Sub Page_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs)
    			Dim Source As DataView
    
    		'Retrieve the DataView object from the Cache class. If it does not exist, add the DataView object to the Cache class.
    
    		Source = CType(Cache("MyDataSet"), DataView)
    
    		If Source Is Nothing Then
    
    			Dim myConnection As SqlConnection = New SqlConnection("Server=ServerName; database=Pubs; user id=UID; password=PWD;")
    			Dim myCommand As SqlDataAdapter = New SqlDataAdapter("select * from Authors", myConnection)
    			Dim ds As DataSet = New DataSet()
    			myCommand.Fill(ds, "Authors")
    
    			Source = New DataView(ds.Tables("Authors"))
    			Cache("MyDataSet") = Source
    			CacheMsg.Text = "Dataset created explicitly"
    			
    		Else
    			
    			CacheMsg.Text = "Dataset retrieved from cache"
    
    		End If
    
    		' Bind the DataView object to DataGrid. 
    		MyDataGrid.DataSource = Source
    		MyDataGrid.DataBind()
    
    		End Sub
    
    	</script>
    	<body>
    		<form method="GET" runat="server" ID="Form1">
    	      <h3><font face="Verdana">Caching Data</font></h3>
    			<ASP:DataGrid id="MyDataGrid" runat="server"
    			Width="700"
    			BackColor="#ccccff"
    			BorderColor="black"
    			ShowFooter="false"
    			CellPadding=3
    			CellSpacing="0"
    			Font-Name="Verdana"
    			Font-Size="8pt"
    			HeaderStyle-BackColor="#aaaad" />
    			<p>
    			<i><asp:label id="CacheMsg" runat="server"/></i>
    	    </form>
    		</P>
    	</body>
    </HTML>
    メモ 値を置換します。 サーバー名, UID、、 PWD サンプル コードは、 SqlConnection オブジェクト、SQL Server 名、ユーザー ID、およびパスワードを使用します。
  4. で、 デバッグ メニューをクリックして 開始 アプリケーションを実行します。

    メモ アプリケーションを再起動すると、 キャッシュ オブジェクトが再作成されます。

関連情報

追加詳細は、内のアーティクルを表示するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
234067Internet Explorer のキャッシュを禁止するには、方法
247404 IIS を使用すると、Cache-control HTTP ヘッダーを変更する方法
311006 Windows 2000 の Web キャッシュを禁止するには、方法
247389 [IIS] 特定の MIME の種類のキャッシュを無効にする方法
313561 IIS のコンテンツの有効期限を HTTP ヘッダーを設定するには、方法


詳細については、次を参照してください。Microsoft の Web サイト:
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/xsbfdd8c (vs.71)


プロパティ

文書番号: 811431 - 最終更新日: 2011年7月28日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbinfo kbcaching kbdatabinding kbwebforms kbmt KB811431 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:811431
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com