他のユーザーがコンピューターを使用すると、Windows XP ベースのコンピューター上のオフライン ファイル フォルダーに追加するファイルが同期されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 811660
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

1 つ以上のユーザーが共有している Microsoft Windows XP ベースのコンピューター上のオフライン ファイル フォルダーにファイルを追加する場合は、別のユーザーがそのコンピューターにログオンするとこれらのファイルのオフライン同期が発生します。ネットワーク共有とユーザーのセキュリティ資格情報を必要とする Web サイトは同期できないため、適切な資格情報を送信するには、他のユーザーのメッセージが表示されます。

原因

オフライン ファイル フォルダーにファイルを追加すると、コンピューターがネットワークに接続するたびにこれらのファイルが同期されます。ときユーザーがコンピューターにログオンしないネットワークにコンピューターを接続すると、同期が行われます。

ファイルをオフライン フォルダーのキャッシュは、ネットワーク ・ ファイル ・ システムのミラーです。ファイルへのアクセス時と同じ管理者資格情報に基づいています。アクセス許可は、ネットワーク ファイル システム上のファイルします。 すべてのユーザー されているがコンピューターにログオンしているユーザーに関係なく、オフライン フォルダーを同期するかファイルにユーザーを追加します。ユーザー共有のコンピューターをネットワークに接続すると、オフライン ファイル フォルダー内のすべてのファイルが同期化されるまでは、ユーザーがそれらのファイルを同期する必要があるかどうかしたがって、待つ必要があります。

解決方法

サービス パックの情報

この問題を解決するには、Windows XP 用の最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322389 Windows XP の最新の service pack を入手する方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。

Windows XP
Date         Time   Version          Size  File name
----------------------------------------------------
30-Dec-2002  08:20  5.1.2600.108  313,856  Cscui.dll

Windows XP Service Pack 1
Date         Time   Version           Size  File name
-----------------------------------------------------
31-Dec-2002  07:23  5.1.2600.1152  312,832  Cscui.dll

詳細

この修正プログラムにオフラインに 4 つの主要な追加機能が含まれています。ファイルにします。


注: 使用する追加機能を適用するには、機能を説明するこの資料のセクションの指示に従って、レジストリを編集する必要があります。4 つの主要な追加機能は以下のとおりです。
  • エラーの抑制を除外
  • 非プライマリ ・ ユーザーのログオフ時にファイルをパージします。
  • 管理者がプライマリ以外のユーザーに対するファイルの固定を防止します。
  • サイレント モードの自動再接続の強制的な

オフライン ファイル機能のみWindows XP は、これらの追加機能を使用します。Microsoft はサポートしていないまたはその他のこれらの追加機能を使うことをお勧めします。

注:


エラーの抑制を除外

オフライン ファイル機能では、特定の種類のファイルをキャッシュするのには許可されていません。この制限はファイル セットの破損を防ぐことができますとの競合を避けることができます。同期技術を競合します。キャッシュ ファイルのこれらの種類のいずれかのときに、ファイルごとに次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
この種類のファイルをオフラインで利用することはできません。

このメッセージは、ユーザー同期プロセスに慣れていない場合に便利です。ユーザーが特定の種類のファイルをキャッシュできないことを理解すると、メッセージを防止するためただし、メッセージ、面倒な作業には、 同期の進行状況 ダイアログ ボックスを閉じる処理が同期化の終了時に自動的にします。この修正プログラムは、これらのファイルのサブセットをこの特定の同期エラーを生成しないように、新しいレジストリ キーを紹介します。この修正プログラムを適用した後、レジストリを編集して、次のレジストリ サブキーに適切なファイル指定を入力する必要があります。
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\NetCache\ExclusionErrorSuppressionList
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\NetCache\ExclusionErrorSuppressionList

これらのサブキーは、0 個以上の値を含めることができます。「ファイルの指定とします。」値がわかっています。

実行時に、これらの 2 つのレジストリ サブキーの下に 1 つにマージします。リストです。1 つのリストの優先順位にかかってしまいます。空のキーとキーがないと同じ方法では処理されます。空のキーと、不足しているキーは、それぞれの項目を含まないリストを生成します。

ファイルの仕様

追加する新しいファイル ・ スペシフィケーション
ExclusionErrorSuppressionList
キーは、汎用名前付け規則 (UNC) パスの文字列です。これらのパスの文字列は、「一致」を示すためにその特定の位置で指定するには、ワイルドカード文字 (アスタリスク) を含むことができます。

各ファイルの仕様は次の形式を使用します。
\\サーバー\共有\フォルダー\Filename.extension
変数などの環境変数を含めることができます。 % ユーザー名 %、仕様内でします。変数は、実行時に、対応するテキスト値に展開されます。

ファイルの仕様の一部、およびフォルダーの指定は、ワイルドカード文字で置き換えることができます。たとえば、
\\corpsvr\staff\%username%\documents\*\*.doc
ただし、ワイルドカード文字を別のフォルダー名に続けて、フォルダーを置き換えることはできません。たとえば、次指定が無効です。
\\corpsvr\staff\%username%\documents\*\personal\*.doc
この仕様はワイルドカード文字、フォルダー名 % ユーザー名 % 〜 個人仕様を埋め込むために拒否されます。

メモ
Windows XP では、無効な仕様を認識しないし、無効な仕様任意の場所をシステムに記録しません。ウィンドウ XP で無効な仕様を実行時に無視されます。

ファイル指定の例は次のとおりです。
  • \\*\*\*\*.dbf
    次の使用例は、任意の共有上の任意のサーバーからの任意のフォルダーに、拡張子 .dbf ファイルのエラーを抑制します。
  • \\サーバー\*\*\*.dbf
    次の使用例は、指定されたサーバー上の任意のファイルの拡張子 .dbf がすべてのフォルダーと任意の共有上でのエラーを抑制します。
  • \\サーバー\\*\*\*\Test.dbf
    次の使用例は任意の任意のサーバーから任意の共有上のフォルダーに、その名前のファイルが"Test.dbf"のエラーを抑制します。
  • \\サーバー\共有\フォルダー\Test.dbf
    次の使用例は、特定のファイル名"Test.dbf"のエラーを抑制します。
  • \\サーバー\共有\*\*.*
    次の使用例は、指定された共有指定されたサーバーから上の任意のフォルダー内のファイルを表示しません。
  • \\サーバー\共有\%username%\*\Test.dbf
    次の使用例は、「Test.dbf」では、環境変数 %username% で定義されているすべてのユーザーのホーム フォルダー名を持つファイルを抑制します。
修正プログラムを適用した後次の手順をに従って ExclusionErrorSuppressionList] レジストリ キーを追加するのには、必要なファイル指定を入力します。

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター、し [OK].
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\NetCache
  3. クリックしてください。 編集、ポイント 新しい、し キー.
  4. 種類 ExclusionErrorSuppressionList、新しいキーの名前を押します。
  5. クリックしてください。
    ExclusionErrorSuppressionList
    をクリックして 編集、ポイント 新しい、し DWORD 値.
  6. 使用するには、必要なファイル指定を入力し、[値の名前を入力します。
  7. 使用したい各ファイルの仕様を手順 5 〜 6 を繰り返します。

システムの動作

同期処理が除外一覧にあるファイルを検出すると、ファイルの完全なパス、ファイルの一覧に照らし合わせてテストします。レジストリから読み込まれる仕様。ファイルのパスには、仕様書のいずれかと一致する場合、"この種類のファイルを行えない利用可能なオフライン"エラー メッセージは表示されません、同期の進行状況] ダイアログします。Windows XP で、抑制のこのエラー メッセージは記録されません。

非プライマリ ・ ユーザーのログオフ時にファイルをパージします。

ユーザーが簡単にユーザがコンピューターにログオンしたときは通常のワークプ レースのコンピューターとユーザーのキャッシュ ファイル、ネットワーク、自動キャッシュまたはピンによって、ファイルが削除されるまで、ファイルはそのコンピューター上のキャッシュに残ります。

この修正プログラムに含まれている機能変更コンピューターのユーザーのいずれかとして指定する新しいレジストリ キーを紹介します プライマリ または 非プライマリ.これに表示、ユーザーがログオフすると、非プライマリ ・ ユーザーは、キャッシュから削除できるは、キャッシュされているファイル。このレジストリ キーに 0 個以上の値が含まれているし、各値の名前を指定します。オフラインのファイルが主な考慮されるユーザー アカウント機能です。各値の名前は次の形式のいずれかにかかることがあります。
  • ユーザー アカウント名など mydomain\ユーザー名
  • ユーザー アカウント セキュリティ ID (SID) テキスト形式のような S-1-5-21-397955417-626881126-188441444-2201386
データの値と、値型の各レジストリ エントリ無視され、値の名前のみが使用されます。

Windows XP コンピューターのユーザーは、プライマリまたは非プライマリ ・ ユーザーであるかを確認するのには、次の手順を使用します。
  1. 実行時に、Windows XP は、現在のユーザーの SID、ユーザーからの取得します。セキュリティ トークンです。
  2. レジストリ エントリに SID 文字列として指定すると、Windows XP はその文字列をバイナリ SID に変換し、文字列に、現在のユーザーの SID を比較します。このレジストリ エントリに指定されている場合アカウント名として、Win32 API LookupAccountName 関数は、そのアカウントの SID をセキュリティ機関を照会します。
  3. SID は、現在のユーザーの SID と比較されます。
  4. 場合は、現在のレジストリからの読み取りはプライマリ ユーザーのリストで一致が見つかるユーザーは、プライマリ ・ ユーザーと見なされます。レジストリ エントリが存在しないか、一致するものが見つからない場合は、ユーザーには、非プライマリ ・ ユーザーと見なされます。Windows XP には、このレジストリ キーに無効なエントリは無視されます。システムは作成されません無効なエントリを識別するためにエントリを記録します。
メモ このプライマリ ユーザーのリストには、オフライン ファイル機能のみに影響します。このリストは、他の Windows コンポーネントを使用しませんし、マイクロソフトがその他のサポートしていませんこの一覧を使用します。

この機能変更を適用するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター、し [OK].
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\NetCache
  3. クリックしてください。 編集、ポイント 新しい、し キー.
  4. 種類 PrimaryUsers、新しいキーの名前を押します。
  5. クリックしてください。
    PrimaryUsers
    をクリックして 編集、ポイント 新しい、し DWORD 値.
  6. ユーザー名を入力するのには、次の形式のいずれかを使用します。
    • ドメイン\ユーザー名
    • S-1-5-21-397955417-626881126-188441444-2201386
      これは、テキスト形式のユーザー アカウント セキュリティ ID (SID) です。
  7. クリックしてください。
    NetCache
    をクリックして 編集、ポイント 新しい、し DWORD 値.
  8. 種類 PurgeNonPrimaryUserFilesAtLogoffは、値の名前を押します。
  9. ダブルクリック
    PurgeNonPrimaryUserFilesAtLogoff
    .
  10. で、 [値のデータ ボックスの種類 1、し [OK].
警告 既存のレジストリ キーの追加を調整する必要があります。PurgeAtLogoff システムのポリシーこのポリシーがグループ ポリシー内でアクティブになりますが次のパス:
コンピューターの構成 \ 管理用テンプレート \ ネットワーク \ \ ログオフ、ユーザーのオフライン ファイルのローカル コピーを削除します。

このポリシーを有効にする場合は、レジストリ値は無視され、PurgeNonPrimaryUserFilesAtLogoff とプライマリ以外のユーザー用のファイルは削除されません。

メモ
  • AdminPinForPrimaryUsersOnly レジストリ設定を使用する必要があります。(「ように管理プライマリ以外のユーザーに対するファイルの固定"のセクションを参照)。 しますAdminPinForPrimaryUsersOnly レジストリ設定が存在しない、管理の固定中とすると非プライマリ ・ ユーザーは、競合状態が発生ログオフおよび管理者固定が引き続きファイルから削除された後に実行するのには、キャッシュします。そのため、ログオフした後、ファイル可能性があります。非プライマリ ・ ユーザーにキャッシュします。AdminPinForPrimaryUsersOnly レジストリ エントリを使用してプライマリ以外のユーザー用の固定の管理を無効にすることを勧めします。
  • これらのファイルへのユーザー アクセスの削除用のファイルの選択に基づいているため、クライアント側キャッシュ (CSC) キャッシュの保障をしませんのでWindows 2000 および Windows XP では、空のフォルダー エントリについて他のユーザーによってピンが設定されたフォルダーのエントリがキャッシュから削除される可能性があります。ただし、キャッシュされたフォルダーには、キャッシュされたサブディレクトリまたはファイルが含まれている場合は、フォルダーは削除されません。
  • 自動キャッシュは、コンピューター上のすべてのプロセスの自動キャッシュが表示されているリモートの共有上のファイルを開いたときに発生します。ログオフ シーケンスが完了する前に削除されたファイルが上書きされます。問題の場合は、これらのリダイレクトされたシェル特殊フォルダーをホストする共有の自動キャッシュを無効にするを可能性があります。たとえば、マイ ピクチャ、マイ ミュージック、およびマイ ビデオ フォルダーの自動キャッシュを無効にできます。
  • 有効にするかどうかは、
    PrimaryUsers
    レジストリ キーは、非プライマリ ・ ユーザーがログオンしている、非プライマリ ・ ユーザーがオフラインで行う場合キャッシュされたファイルのいずれかの変更、削除プロセス中に変更されたファイルがキャッシュから削除されません。このシナリオに有益な可能性のあるオフライン コンテンツが保持されます。したがって、ユーザーがログオフすると、非プライマリ ・ ユーザーによってキャッシュされた一部のファイルがローカル コンピューターに残ります。

管理者がプライマリ以外のユーザーに対するファイルの固定を防止します。

管理用のオフライン ファイルが割り当てられているユーザーは、ユーザーがログオンするすべてのコンピューター上のコンテンツをキャッシュします。このシナリオは一部のコンピューターでキャッシュして不要なコンテンツがあります。この状況を回避するには、管理者が固定の変更の処理にこの修正プログラムを紹介します。この修正プログラムには、管理者を固定は「の非プライマリ ・ ユーザーのログオフ時にファイルをパージする」セクションに記載されているプライマリ ユーザーのリストをオーバーライドしません。現在のユーザーがプライマリ ユーザーのリストにない場合は、管理ユーザーごとの固定を現在のコンピューターで発生しません。プライマリ以外のユーザーは管理ユーザーを固定するようにするには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター、し [OK].
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\NetCache
  3. クリックしてください。 編集、ポイント 新しい、し DWORD 値.
  4. 種類 AdminPinForPrimaryUsersOnlyは、値の名前を押します。
  5. ダブルクリック
    AdminPinForPrimaryUsersOnly
    .
  6. で、 [値のデータ ボックスの種類 1、し [OK].

サイレント モードの自動再接続の強制的な

サーバー利用できない (オフライン モード) をされているし、再度の利用接続でオフライン ファイルのクライアント サイド キャッシュ、以下の条件に該当する場合にそのサーバーをオンライン モードに移行しようとしています。
  • サーバーは、ローカル コンピューター上のオフラインでの変更はありません。
  • ローカル ・ サーバーのオープン ファイル ハンドルがありません。コンピューターです。
  • 「高速」リンクを介してサーバーにアクセスします。定義を修正することができます。「低速」と「高速」を使用して、 SlowLinkSpeed オフライン ファイル ポリシー。
この修正プログラムでは、オフライン ファイル クライアント側のこれらの条件を無視するようにキャッシュを構成ことができ、サーバーに存在しているかどうかこのような状況にかかわらず、オンライン モードに移行します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター、し [OK].
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\NetCache
  3. クリックしてください。 編集、ポイント 新しい、し DWORD 値.
  4. 種類 SilentForcedAutoReconnectは、値の名前を押します。
  5. ダブルクリック
    SilentForcedAutoReconnect
    .
  6. で、 [値のデータ ボックスの種類 1、し [OK].
メモ この修正プログラムを適用した後、次の現象に発生します。
  • オフライン変更は同期されていないと利用できない残ります今後変更が同期されるまでします。このような状況は、ダーティ キャッシュの状態をが小さい警告のオーバーレイ イメージは、[オフライン ファイル] アイコンが通知領域に通知されます。
  • に対して開いているハンドルに関連するサーバー上にキャッシュされているファイルは、自動的に閉じられ無効にされます。場合は、それらのファイルを使用しているプログラムが正常に無効なファイル ハンドルを使用できませんこの操作の問題があります。
  • 遷移は、電話回線、衛星リンクなどの低速のネットワーク リンク上でサーバーを使用できない場合、サーバーはオンライン後します。このシナリオは非常に遅いアクセス サーバー上のリモート ファイル システムにはローカル コンピューターからがあります。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は Microsoft Windows XP Service Pack 2 で修正されました。



プロパティ

文書番号: 811660 - 最終更新日: 2011年7月28日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbwinxpsp2fix kbwinxppresp2fix kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB811660 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:811660
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com