Network Attached Storage およびサーバー クラスタのサポート

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 812504 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Windows 2000 Server および Windows Server 2003 ファミリの製品では、クォーラム ディスクありますサーバー クラスターのすべてのメンバーからアクセスできる共有、ブロック レベル ディスク デバイス。 構成をサポートするサーバー クラスターで、完全なクラスター構成では、クラスター ハードウェア互換性リスト (HCL) 表示する必要があります。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
309395サーバー クラスター、ハードウェア互換性リスト、および Windows Server カタログ マイクロソフトのサポート ポリシー
Windows 2000 では、資格の前提条件はクラスター ソリューションのすべてのコンポーネントを修飾デバイスはクラスターの認定デバイスです。 ソリューション全体がクラスター HCL に表示されます。 Windows Server 2003 ストレージ ブロック修飾プロセスは、前提条件です。 だけデバイス修飾し、クラスター デバイス-修飾、ブロック レベル ディスク記憶域ソリューションは、サーバー クラスターでのディスク リソースとして使用できます。

詳細

クラスター対応アプリケーションのアプリケーション データの物理ディスク リソースや、サード パーティのリソース モニターを使用して、サーバー クラスターによって管理されるブロック レベル ディスク デバイス上で格納できます。 データのドライブ文字でアクセスできるまたはマウント ポイント、またはネットワークに接続された記憶装置にアクセスできます。 フォームの汎用名前付け規則 (UNC) パスを使用してこれらのデバイスをアクセスできる \ servername \ sharename です。 特定のアプリケーションの要件とサポート ポリシーの詳細については、「関連情報」を参照この資料の後半にあります。

Windows Server 2003 は マジョリティ ノード セット と呼びますが代替、省略可能なクォーラム メカニズムを提供します。 このクォーラム メカニズムを使用して、クォーラム ディスクとして、共有、ブロック レベル ディスク デバイスを使わずクラスター構成を作成できます。 マジョリティ ノード セット サーバー クラスターでクォーラム データが、クォーラム ディスク上のコピーを 1 つの代わり、クラスター内のすべてのノードのシステム ディスクにミラー化します。 クラスター サービスがいる、データが常に維持一貫性のある、別のミラー コピー全体を確認するとします。

これらのクラスター構成でクラスター サービス自体は、必要はありません、共有、ブロック レベル ディスク デバイスへのアクセスをクォーラム リソースに対して。 アプリケーションは、次のいずれかを続けます。
  • ブロック レベル ディスク デバイス ディスク リソースを使用して、サーバー クラスターによって管理されているとするにはドライブ文字またはマウント ポイントのアクセス
  • UNC パス名を使用してアクセスされるネットワーク接続の記憶装置
すべてのサーバー クラスターでは、これらの構成なければなりませんクラスター HCL に。 マジョリティ ノードの詳細についてはクォーラム メカニズムを設定する、オンライン ヘルプと Windows Server 2003 のサポートを参照してください。

サーバー クラスターのアプリケーションとそのデータを別のノード (が フェールオーバー と呼ばれるプロセス) に移動できる 1 つのノードが失敗した場合や、アプリケーション 1 つのノードが失敗した場合は、ように、可用性の高いインフラストラクチャ アプリケーションに対して提供します。 アプリケーションのデータが 1 つのノードから別に、物理ディスクの所有権を変更によって移動します。 実装して単一のノードだけできますアクセスまたは時間でいつでも、特定のディスク上のデータを変更することを確認、クラスター サービスいます、所有権と保護機構は 調停 と呼ばれます。 使用、調停アルゴリズムの一環としてして小規模コンピューター システムのインターフェイス (SCSI) コマンド、特に scsi 予約 および scsi リリース コマンドをおよび論理ユニット番号 (LUN)、ターゲット、またはバスのリセットします。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
309186クラスター サービスをディスクを予約し、ディスクをオンライン方法
クラスター記憶域デバイスの認定テストと、サーバー クラスターの認定テストは、ストレージ サブシステムが正しく調停は使用するコマンドを実装するを確認します。 テストまた確認を [負荷と複数の障害] で、クラスター常に保証できるその 1 つだけのノードは、特定のデバイスにアクセスします。

マイクロソフトでは業界標準の記憶域ソリューションのみのテスト提供しています。 現在、テストは SCSI ディスク記憶域ソリューションの並列接続とファイバー チャネル経由で SCSI プロトコルを使用するファイバー チャネル接続ディスク ストレージ ソリューションを取り上げます。 ベンダー固有ソリューション使用専用のストレージ相互接続または業界標準経由でデータを転送するベンダー専用プロトコルの相互接続 (イーサネット) などのことは、マイクロソフトではサポートされていないと、サーバー クラスター ソリューションの一部として修飾できません。 新しいストレージ テクノロジが業界標準、Microsoft は他のソリューションをカバーするには、修飾プログラム展開されます。

さらに、サーバー クラスターの認定テストは記憶域ユニットの基本機能のみを評価します。 基本の Windows オペレーティング システムと統合されていないをベンダー固有の機能を有効にする場合は、ストレージ ベンダー クラスター ソリューションで、記憶域関連の問題をアドレスする必要があります。 ベンダー固有機能には、たとえばにはスナップショットおよびが含まれます障害回復ソリューションには。 マイクロソフトは、サポートされていない機能を検証または構成をトラブルシューティングする前に無効になりますがあります。

メモ スナップショット機能は Windows Server 2003 の一部として、仮想スナップショット サービス (VSS) と統合されては、サーバー クラスターで完全にサポートされます。

クラスター修飾クラスターで管理されている記憶装置のディスクのみを説明する (デバイスは、クラスター サービス上で失敗しましたが、記憶装置に関連付けする特定のサーバー クラスター リソース型が存在)。 アプリケーションは、記憶装置のクラスターで管理されていないは、クラスターの外部のデータを格納できます。 ネットワーク接続ストレージ デバイス アプリケーションによって使用されることができますされ、クラスター サービス条件の一部とす必要はありません。 ただし、一部のアプリケーションにあるネットワーク接続ストレージの使用状況に関する特定の要件。 マイクロソフト製品およびそのサポート要件の詳細については、「関連情報」を参照この資料の後半にあります。

すべてのクラスター構成では、場合は、次の規則が適用されます。
  • 、クラスターの構成の一部としては (は、デバイスは、クラスター サービス上で失敗し、それらに関連付けられたリソース型を持つ) クラスターで管理されているすべての共有、ブロック レベル ディスク デバイスを限定されなければいけませんされ、完全な構成する必要がありますクラスター HCL に表示されます。
  • サーバー クラスター上で実行されているフェールオーバー アプリケーションの UNC パスによってアクセスされるストレージ デバイスにデータを格納することができます。 ただし、別のアプリケーション異なる制限、要件、およびネットワーク接続ストレージ デバイスに関するポリシーをサポートします。 アプリケーションがそのデータの記憶域ネットワーク接続ストレージ デバイスでサポートすることを確認します。

関連情報

iSCSI マイクロソフト サポートの詳細については、次の Web マイクロソフトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsserversystem/storage/technologies/iscsi/msfiscsi.mspx
iSCSI に関してよく寄せられる質問の一覧、については、次の Web マイクロソフトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsserversystem/storage/technologies/iscsi/iscsicluster.mspx
サーバー クラスターの詳細についての要件をサポートをクリックして次の資料番号「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照してください。
309395サーバー クラスター、ハードウェア互換性リスト、および Windows Server カタログ マイクロソフトのサポート ポリシー
サーバー クラスターの調停メカニズムの詳細についてをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
309186クラスター サービスをディスクを予約し、ディスクをオンライン方法
特定のストレージ要件と他のマイクロソフト製品のサポート ステートメントに関するについては、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックします。
326294Exchange 2000 用の記憶域ソリューションのホワイト ペーパー-
317172Exchange Server 5. 5 とネットワーク接続ストレージ
317173Exchange サーバーとネットワーク接続ストレージ
304261ネットワーク データベース ファイルのサポート

プロパティ

文書番号: 812504 - 最終更新日: 2014年2月26日 - リビジョン: 4.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows Advanced Server, Limited Edition
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbmt KB812504 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:812504
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com