[MS03-008] Windows スクリプト エンジンの問題により、コードが実行される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 814078 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows スクリプト エンジンの脆弱性を悪用して、アクセスすると攻撃者が選択したコードがユーザーの資格情報で実行されるような Web ページを攻撃者が作成する可能性があります。攻撃者は、Web サイトで悪質な Web ページをホストするか、電子メールでユーザーに直接ページを送信する可能性があります。

原因

この問題は、JScript 用の Windows スクリプト エンジンが情報を処理する方法に問題が存在するために発生します。

解決方法

Windows XP の Service Pack の情報

この問題を解決するには、Windows XP の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法

更新プログラムの情報

この問題を解決するには、更新プログラムをインストールします。実行しているオペレーティング システムおよび現在インストールされている JScript のバージョンに対応した更新プログラムをインストールする必要があります。インストールされている JScript のバージョンを確認するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。%windir%\system32 と入力し、[OK] をクリックします。

    : Microsoft Windows 98 では、%windir%\system と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [system32] ウィンドウ (Windows 98 を使用している場合は、[System] ウィンドウ) で、Jscript.dll ファイルを見つけます。
  3. [Jscript.dll] ファイルを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [バージョン情報] タブをクリックします。

    [バージョン情報] タブの 1 行目にファイル バージョンが表示されます。
インストールされている Jscript のバージョンを確認した後、オペレーティング システムのバージョンに対応したダウンロード リンクをクリックします。ダウンロード ページの指示を参照して、インストールする Jscript セキュリティ更新プログラムのバージョンについての情報を確認します。

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
Windows XP および Windows 2000
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
814078 パッケージ
Windows NT 4.0 および Windows NT 4.0 Terminal Server Edition
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
814078 パッケージ
Windows Millennium Edition
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
814078 パッケージ
Windows 98 Second Edition および Windows 98
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
814078 パッケージ
リリース日 : 2003 年 3 月 19 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

必要条件

元に戻す全体を表示する
オペレーティング システム最小システム要件
Windows XP Windows XP または Windows XP Service Pack 1 (SP1)
Windows 2000 Windows 2000 SP2 または SP3
Windows NT 4.0 Terminal Server Edition Windows NT 4.0 TSE SP6
Windows NT 4.0 Windows NT 4.0 SP6a
Windows Millennium Edition Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition Windows 98 Second Edition
Windows 98 Windows 98

最新の Windows XP Service Pack を入手する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法
最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法

最新の Windows NT 4.0 Service Pack の入手方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
152734 Windows NT 4.0 の最新の Service Pack を入手する方法

インストール情報

この更新プログラムでは以下のセットアップ用スイッチを使用できます。
元に戻す全体を表示する
スイッチ 説明
/? インストール スイッチの一覧を表示します。
/q Quiet モード (ユーザー入力を必要としません)。
/t: full_path 一時作業フォルダ。
/c 展開のみを実行します。/t と共に使用します。
/c: cmd 作成者が定義したインストール コマンドより優先されます。
/r 再起動の制御、または強制的な再起動を行います (次の例を参照してください)。

たとえば、次のコマンド ラインを使用すると、更新プログラムのインストールの際にユーザー入力の必要が非常に少なく、コンピュータの再起動が妨げられません。
js56njp /q /r:n
ユーザー入力を少なくし、ユーザーにメッセージを表示せずに自動的にコンピュータを再起動するには、次のコマンド ラインを使用します。
js56njp /q /r:s
: 更新済みのファイルが完全にはインストールされないため、コンピュータを再起動するまでは、セキュリティ上の脆弱性は修正されません。 コマンド ライン スイッチの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
197147 IExpress ソフトウェア更新プログラム パッケージのコマンド ライン スイッチ

アンインストール情報

JScript は、システム ファイルで、保護されているコンポーネントであるため、削除できません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後に、コンピュータを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムにより、他の更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

インストールされている JScript のバージョン (5.1、5.5、または 5.6) に応じて、以下のいずれかのファイルが %WINDIR%\System または %WINDIR%\System32 フォルダに存在します。
   日付           時刻    バージョン      サイズ    ファイル名

   ------------------------------------------------------------
   2003/01/14  14:58  5.1.0.8513    487,481  jscript.dll     
   2003/01/13  18:53  5.5.0.8513    553,020  Jscript.dll
   2003/01/13  14:57  5.6.0.8513    589,881  jscript.dll     

状況

マイクロソフトでは、この問題によって、この資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品に、何らかのセキュリティの脆弱性が生じることを認識しています。

Windows XP

この問題は、Microsoft Windows XP Service Pack 2 で最初に修正されました。

詳細

この脆弱性の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS03-008.mspx
JScript の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/library/default.asp?url=/library/en-us/script56/html/0441e1e5-34e4-4d32-b188-f7fc35613478.asp

プロパティ

文書番号: 814078 - 最終更新日: 2007年5月2日 - リビジョン: 16.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Server 4.0, Terminal Server Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
キーワード:?
atdownload kbwinxpsp2fix kbenv kbwin2000presp4fix kbsecvulnerability kbsecbulletin kbsecurity kbwinxppresp2fix kbfix kbbug KB814078
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com