修正: 保存期間を変更するとマージ レプリケーションの代替同期パートナーに行きません

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 814460
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

プライマリ文書またはメイン文書の保存期間を変更した後代替同期パートナーとのマージ レプリケーション環境を失敗可能性があります。すぐに変更を適用すると、サブスクリプションが正常に、メイン文書に同期できます。ただし、代替同期パートナーに対するフェイル オーバー手順を適用すると、マージ エージェントが失敗し、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。

カテゴリ: NULL
ソース: マージ プロセス
番号:-2147200940
メッセージ: パブリッシャーをバックアップからサブスクライバーがスキーマの変更のバージョンが違いますから復元されています。スナップショット エージェントを再実行し、サブスクリプションを再初期化します。

その後、代替同期環境が機能するのには続行されません。それでも、保有期間を変更したが、その他のパートナーと同期するすべての試行が成功しなかった最初とを同期して、パブリッシャーとをマージできます。代替同期パートナーとは、サブスクライバーを再初期化した場合でも、この動作はことはできません。

解決方法

サービス パックの情報

この問題を解決するには、Microsoft SQL Server 2000年用の最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
290211 SQL Server 2000年の最新の service pack を入手する方法

修正プログラムの情報

この問題を SQL Server 2000 Service Pack のバージョン 8.00.0729 を実行している 2 つのシステムに固定されています。

SQL Server 2000 Service Pack 3 にはバージョン 8.00.0760 問題が発生します。このバージョンを修正するには、SQL Server 2000 Service Pack 3 rollup を 8.00.0765 のバージョンを適用する必要があります。

英語版この修正プログラムはファイル属性があります (またはそれ以降) 次のいます。テーブルです。協定では、日付および時刻これらのファイルに記載されています。時刻 (UTC)。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブ コントロール パネルの日付と時刻ツールでします。

SQL Server 2000 Service Pack 2

この修正プログラムのビルドは、SQL Server 2000 Service Pack 2 を実行しているサーバーを使用します。
   Date         Time   Version            Size    File name
   --------------------------------------------------------------
   17-Jan-2002  18:45  2000.80.568.0      29,244  Dbmslpcn.dll     
   17-Jan-2003  16:23                    786,432  Distmdl.ldf
   17-Jan-2003  16:23                  2,359,296  Distmdl.mdf
   11-Dec-2002  07:50                        180  Drop_repl_hotfix.sql
   02-Jul-2002  05:35  2000.80.650.0     107,088  Impprov.dll      
   17-Jan-2003  10:33                    774,409  Instdist.sql
   11-Dec-2002  07:50                      1,402  Inst_repl_hotfix.sql
   20-Aug-2002  06:24  2000.80.679.0     111,172  Logread.exe      
   15-Dec-2002  13:21  2000.80.717.0      90,692  Msgprox.dll      
   06-Apr-2002  16:08  2000.80.606.0      62,024  Odsole70.dll     
   02-Jan-2002  15:59                     18,185  Qfe356326.sql
   20-Aug-2002  06:47  2000.80.679.0     135,748  Qrdrsvc.exe      
   26-Aug-2002  12:49  2000.80.679.0     406,088  Rdistcom.dll     
   03-Oct-2001  15:36                    437,302  Replcom.sql
   20-Aug-2002  06:33  2000.80.679.0     152,136  Replmerg.exe     
   25-Nov-2002  11:43                  1,004,990  Replmerg.sql
   15-Dec-2002  13:21  2000.80.717.0     221,768  Replprov.dll     
   15-Dec-2002  13:21  2000.80.717.0     303,688  Replrec.dll      
   22-Jan-2003  09:27                  1,002,101  Replsys.sql
   03-Oct-2001  15:36                    881,228  Repltran.sql
   26-Aug-2002  12:49  2000.80.679.0     283,208  Rinitcom.dll     
   16-Sep-2002  12:31                    390,045  Securityhotfix.sql
   26-Aug-2002  12:49  2000.80.679.0      28,672  Sqlagent.dll     
   26-Aug-2002  08:39  2000.80.679.0     311,872  Sqlagent.exe     
   28-Aug-2002  06:32  2000.80.679.0      49,152  Sqlagent.rll
   26-Aug-2002  12:49  2000.80.679.0      53,824  Sqlcmdss.dll     
   28-Aug-2002  06:40  2000.80.679.0      12,288  Sqlcmdss.rll
   14-Jan-2003  11:39  2000.80.725.0     172,600  Sqlmap70.dll     
   20-Jan-2003  19:06  2000.80.728.0   7,479,377  Sqlservr.exe     
   01-Nov-2002  08:56  2000.80.698.0      45,644  Sqlvdi.dll       
   17-Jan-2002  18:45  2000.80.568.0      29,244  Ssmslpcn.dll     
   19-Dec-2002  14:55  2000.80.719.0      82,492  Ssnetlib.dll     
   02-Jan-2003  10:12  2000.80.722.0      25,148  Ssnmpn70.dll     
   06-Apr-2002  16:08  2000.80.606.0      70,208  Xplog70.dll      
   06-Apr-2002  16:08  2000.80.606.0      53,828  Xpqueue.dll      
   06-Apr-2002  16:08  2000.80.606.0     156,228  Xprepl.dll       
   11-Jul-2002  15:00  2000.80.658.0     279,104  Xpstar.dll       
   16-Sep-2002  13:12  2000.80.686.0      98,872  Xpweb70.dll      

SQL Server 2000 Service Pack 3

この修正プログラムのビルドは、SQL Server 2000 Service Pack 3 を実行しているサーバーを使用します。
   Date         Time   Version            Size    File name
   --------------------------------------------------------------
   07-Feb-2003  19:44                    786,432  Distmdl.ldf
   07-Feb-2003  19:44                  2,359,296  Distmdl.mdf
   29-Jan-2003  15:55                        180  Drop_repl_hotfix.sql
   31-Jan-2003  14:32  2000.80.763.0   1,557,052  Dtsui.dll        
   29-Jan-2003  19:18                    746,470  Instdist.sql
   29-Jan-2003  15:55                      1,402  Inst_repl_hotfix.sql
   07-Feb-2003  20:40  2000.80.765.0      90,692  Msgprox.dll      
   07-Feb-2003  17:53                  1,065,895  Replmerg.sql
   07-Feb-2003  20:40  2000.80.765.0     221,768  Replprov.dll     
   07-Feb-2003  20:40  2000.80.765.0     307,784  Replrec.dll      
   29-Jan-2003  19:18                  1,084,318  Replsys.sql
   07-Feb-2003  20:40  2000.80.765.0     176,696  Sqlmap70.dll     
   07-Feb-2003  20:40  2000.80.765.0      57,920  Sqlrepss.dll     
   07-Feb-2003  20:41  2000.80.765.0   7,528,529  Sqlservr.exe     
   07-Feb-2003  20:40  2000.80.765.0      45,644  Sqlvdi.dll       
   07-Feb-2003  20:40  2000.80.765.0      82,492  Ssnetlib.dll     
メモ ファイルの依存関係、最新の修正プログラムまたは機能のためのこれらが含まれているファイルにはその他ファイルです。


状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は、最初 Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 で修正済みです。

関連情報

この修正プログラムは、プログラム ms03-031 のセキュリティ修正プログラムでもあります。Ms03-031 のセキュリティ更新プログラムの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
821277SQL Server 2000 Service Pack 3 の: ms03-031 のセキュリティ修正プログラム
代替同期パートナーを設定する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
321176方法: 代替同期パートナーでは、SQL Server 2000年マージ レプリケーションを設定

プロパティ

文書番号: 814460 - 最終更新日: 2014年2月26日 - リビジョン: 12.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbsqlserv2000presp3fix kbqfe kbsqlserv2000presp4fix kbsqlserv2000fix kbhotfixserver kbmt KB814460 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:814460
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com