Visual Basic を使用してイベント ログを管理する方法。NET または Visual Basic 2005

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 814564
マイクロソフト ビジュアルを C#。このバージョン記事は、 815314.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

これ資料にアクセスし、Windows のイベント ログをカスタマイズする方法について説明します。Microsoft を使用して行います。NET フレームワークです。Windows イベント ログで対話することができます。使用して、 イベント ログ クラスです。使用できます、 イベント ログ 次のようなを実行するには、[クラス] をクリックします。
  • 既存のログを参照してください。
  • イベント ログにエントリを書き込みます。
  • 作成または、イベント ソースを削除します。
  • ログを削除します。
  • ログ エントリに対応します。
この資料では、中に新しいログを作成する方法についても説明します。イベント ソースを作成します。


要件


推奨ハードウェアの一覧を以下に示します、ソフトウェア、ネットワーク インフラストラクチャ、および service pack は必要です。
  • [マイクロソフト]。NET Framework
  • マイクロソフトの Visual Basic。NET または Microsoft Visual Basic 2005

この資料に精通していること前提としています、次のトピック:
  • マイクロソフトの Visual Basic。NET または Microsoft Visual Basic 2005年の構文
  • マイクロソフトの Visual Studio。NET またはマイクロソフトの Visual Studio 2005年環境
  • エラーを処理します。NET Framework

コンピューターに既存のログを検索します。


使用して、コンピューターに既存のログを検索できます、 GetEventLogs 共有の方法は、 イベント ログ クラスです。は、 GetEventLogs メソッドがローカル コンピューター上のすべてのイベント ログを検索し、配列を作成し、 イベント ログ 一覧に含まれるオブジェクト。次のコード例ローカル コンピューター上のログのリストを取得しの名前を表示ログをコンソール ウィンドウに。
      Dim remoteEventLogs() As EventLog

      'Gets logs on the local machine, give remote machine name to get the logs on the remote machine
      remoteEventLogs = EventLog.GetEventLogs(System.Environment.MachineName)

      Console.WriteLine("Number of logs on computer: " & remoteEventLogs.Length)

      'Display the list of event logs
      Dim log As EventLog
      For Each log In remoteEventLogs
         Console.WriteLine("Log: " & log.Log)
      Next log

読み取りし、書き込みログローカル コンピューターとリモート システムから


ログを読み取り


イベント ログを参照するを使用して、 エントリ プロパティが イベント ログ クラスです。は、 エントリ プロパティが イベント ログ クラスは、イベント ログ内のすべての項目のコレクションです。は、以下のコード例このコレクションを反復処理する方法を示していて、指定したログ内のすべてのエントリを読み取る方法
      ' Log type can be Application, Security, System or any other custom log
      ' Select the log type you want to read
      Dim logtype As String = "Application"

      ' In the constructor of the eventlog, pass the log type and the computer name 
      ' from which you want to read the logs 
      Dim evtLog As New EventLog(logtype, System.Environment.MachineName)

      Dim lastlogtoshow As Integer = evtLog.Entries.Count
      If lastlogtoshow <= 0 Then
         Console.WriteLine("There are no event logs in the log : " & logtype)
         Exit Sub
      End If

      ' Read the last record in the specified log 
      Dim currentEntry As EventLogEntry
      Dim i As Integer
      ' Show Last 2 entries. You can similarly write the log to a file.
      For i = evtLog.Entries.Count - 1 To lastlogtoshow - 2 Step -1
         currentEntry = evtLog.Entries(i)
         Console.WriteLine("Event Id is : " & currentEntry.EventID)
         Console.WriteLine("Entry type is : " & currentEntry.EntryType.ToString())
         Console.WriteLine("Message is :  " & currentEntry.Message & vbCrLf)
      Next
      evtLog.Close()

ログを作成します。


イベント ログを作成するを使用して、 WriteEntry メソッドは、 イベント ログ クラスです。イベント ログを正常に書き込むには、ことを確認、アプリケーションは、それへの書き込みは、ログの書き込みアクセス権があります。詳細についてはイベントでの読み書きに必要なアクセス許可についてログは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

セキュリティの Ramificationイベント ログ
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/4xz6w79h (vs.71)
、設定する必要があります、 ソース プロパティを イベント ログ ログにエントリを書き込む前にコンポーネントのインスタンス。場合、コンポーネントのエントリが書き込まれます、システムは自動的には検証ソース指定したコンポーネントの作成、イベント ログに登録されていませんします。システムが、呼び出されます。 CreateEventSource 必要な場合。イベント ログを作成するには、マシンを渡す必要があります。ログが存在する場所の名前です。次のコード例では、 マシン名 プロパティが 環境 クラスは、ローカル コンピューターの名前を決定します。
      
  ' Check if the source exists 
      If Not EventLog.SourceExists("MySystemSource", System.Environment.MachineName) Then
         EventLog.CreateEventSource("MySystemSource", "System", System.Environment.MachineName)
      End If

      Dim evtLog As New EventLog("System", System.Environment.MachineName, "MySystemSource")

      'writing to system log, in the similar way you can write to other 
      'logs for which you have appropriate permissions to write
      evtLog.WriteEntry("warning is written to system log", EventLogEntryType.Warning, CInt(10001))
      Console.WriteLine("Log written to the system log.")
      evtLog.Close()

クリアログ


イベント ログがいっぱいになると、新しいイベントの記録を停止します。情報またはそれ以前のエントリを上書きするが開始されます。場合はイベントの記録停止すると、既存のエントリのログをオフの開始を許可イベントの記録をもう一度します。イベント ログのエントリをクリアするのには、管理者必要があります。ログが存在するコンピューターのアクセス許可。呼び出して、 クリア メソッドには、 イベント ログ コンポーネントのインスタンス。

次のコード例domonstrates のログをオフにする方法。
      ' Create an EventLog instance and pass log name and MachineName on which the log resides
      Dim evtLog As New EventLog("Security", System.Environment.MachineName)
      evtLog.Clear()
      evtLog.Close()

作成および削除カスタム ログ

カスタム ログを作成します。

使用して、 CreateEventSource 独自のカスタム イベント ハンドラーを作成する方法です。作成する前にイベント ログを使用して、 SourceExists 使用しているソースが存在しないことを確認する方法存在し、呼び出し CreateEventSource.既に存在するイベント ログを作成しようとした場合、 System.ArgumentException エラーがスローされます。

次のコード例カスタム ログを作成する方法を示しています。
      ' Check if the log already exist
      If Not EventLog.SourceExists("MyOldSource", System.Environment.MachineName) Then
         ' Creating a new log
         EventLog.CreateEventSource("MyOldSource", "MyNewLog", System.Environment.MachineName)
         Console.WriteLine("New event log created successfully.")
      End If

カスタム ログを削除します。

使用して、 削除 メソッドは、 イベント ログ イベント ログを削除するのにはクラスです。2 つ以上のソースが書き込むことができます。イベント ログ。カスタム ログを削除する前に、したがって、存在確認します。その他のソースをログに書き込むされません。

次のコード例カスタム ログを削除する方法は次のとおりです。
      Dim logName As String = "MyNewLog"

      If EventLog.SourceExists("MyOldSource", System.Environment.MachineName) Then
         logName = EventLog.LogNameFromSourceName("MyOldSource", System.Environment.MachineName)
         EventLog.DeleteEventSource("MyOldSource", System.Environment.MachineName)
         EventLog.Delete(logName, System.Environment.MachineName)

         Console.WriteLine(logName & " deleted.")
      End If

イベントを受信します。通知

エントリに書き込まれるときに、イベント通知を受け取る特定のログします。これを行うには、実装、 EntryWritten イベント ハンドラーは、 イベント ログ インスタンス。また、設定、 EnableRaisingEvents プロパティ true.

次に、イベント通知を受信する方法のコード例に示します。
      If Not EventLog1.SourceExists("MySource", System.Environment.MachineName) Then
         EventLog1.CreateEventSource("MySource", "Application", System.Environment.MachineName)
         Console.WriteLine("CreatingEventSource")
      End If

      'Enable EnableRaisingEvents to true
      EventLog1.Log = "Application"
						EventLog1.EnableRaisingEvents = True
      EventLog1.WriteEntry("MySource", "EntryWritten event is fired", EventLogEntryType.Information)
   End Sub
メモ エントリが書き込まれるときだけイベント通知を受け取ることができます。ローカル コンピューターにします。上の書き込まれたエントリに対する通知を受け取ることはできません。リモート コンピューター。


完全なコード一覧

Imports System.Diagnostics
Imports System.Security
Imports System.ComponentModel
Imports System.IO

Public Class Form1
   Inherits System.Windows.Forms.Form

#Region " Windows Form Designer generated code "

   Public Sub New()
      MyBase.New()

      'The Windows Form Designer requires this call.
      InitializeComponent()

      'Add any initialization after the InitializeComponent() call

   End Sub

   'Form overrides dispose to clean up the component list.
   Protected Overloads Overrides Sub Dispose(ByVal disposing As Boolean)
      If disposing Then
         If Not (components Is Nothing) Then
            components.Dispose()
         End If
      End If
      MyBase.Dispose(disposing)
   End Sub

   'Required by the Windows Form Designer
   Private components As System.ComponentModel.IContainer

   'NOTE: The Windows Form Designer requires the following procedure
   'It can be modified using the Windows Form Designer.  
   'Do not modify it using the code editor.
   Friend WithEvents EventLog1 As System.Diagnostics.EventLog
   Friend WithEvents btnListLog As System.Windows.Forms.Button
   Friend WithEvents btnReadLog As System.Windows.Forms.Button
   Friend WithEvents btnWriteLog As System.Windows.Forms.Button
   Friend WithEvents btnClearLog As System.Windows.Forms.Button
   Friend WithEvents btnCreateLog As System.Windows.Forms.Button
   Friend WithEvents btnDeleteLog As System.Windows.Forms.Button
   Friend WithEvents btnRecNotice As System.Windows.Forms.Button
   <System.Diagnostics.DebuggerStepThrough()> Private Sub InitializeComponent()
      Me.btnReadLog = New System.Windows.Forms.Button()
      Me.btnWriteLog = New System.Windows.Forms.Button()
      Me.btnClearLog = New System.Windows.Forms.Button()
      Me.btnCreateLog = New System.Windows.Forms.Button()
      Me.btnDeleteLog = New System.Windows.Forms.Button()
      Me.btnRecNotice = New System.Windows.Forms.Button()
      Me.EventLog1 = New System.Diagnostics.EventLog()
      Me.btnListLog = New System.Windows.Forms.Button()
      CType(Me.EventLog1, System.ComponentModel.ISupportInitialize).BeginInit()
      Me.SuspendLayout()
      '
      'btnReadLog
      '
      Me.btnReadLog.Location = New System.Drawing.Point(48, 54)
      Me.btnReadLog.Name = "btnReadLog"
      Me.btnReadLog.Size = New System.Drawing.Size(152, 24)
      Me.btnReadLog.TabIndex = 0
      Me.btnReadLog.Text = "Read Event Logs"
      '
      'btnWriteLog
      '
      Me.btnWriteLog.Location = New System.Drawing.Point(48, 86)
      Me.btnWriteLog.Name = "btnWriteLog"
      Me.btnWriteLog.Size = New System.Drawing.Size(152, 24)
      Me.btnWriteLog.TabIndex = 1
      Me.btnWriteLog.Text = "Write Event Logs"
      '
      'btnClearLog
      '
      Me.btnClearLog.Location = New System.Drawing.Point(48, 118)
      Me.btnClearLog.Name = "btnClearLog"
      Me.btnClearLog.Size = New System.Drawing.Size(152, 24)
      Me.btnClearLog.TabIndex = 2
      Me.btnClearLog.Text = "Clear Logs"
      '
      'btnCreateLog
      '
      Me.btnCreateLog.Location = New System.Drawing.Point(48, 150)
      Me.btnCreateLog.Name = "btnCreateLog"
      Me.btnCreateLog.Size = New System.Drawing.Size(152, 24)
      Me.btnCreateLog.TabIndex = 3
      Me.btnCreateLog.Text = "Create Custom Log"
      '
      'btnDeleteLog
      '
      Me.btnDeleteLog.Location = New System.Drawing.Point(48, 182)
      Me.btnDeleteLog.Name = "btnDeleteLog"
      Me.btnDeleteLog.Size = New System.Drawing.Size(152, 24)
      Me.btnDeleteLog.TabIndex = 4
      Me.btnDeleteLog.Text = "Delete Custom Log"
      '
      'btnRecNotice
      '
      Me.btnRecNotice.Location = New System.Drawing.Point(48, 214)
      Me.btnRecNotice.Name = "btnRecNotice"
      Me.btnRecNotice.Size = New System.Drawing.Size(152, 24)
      Me.btnRecNotice.TabIndex = 5
      Me.btnRecNotice.Text = "Receive Event Notifications"
      '
      'EventLog1
      '
      Me.EventLog1.EnableRaisingEvents = True
      Me.EventLog1.Log = "Application"
      Me.EventLog1.MachineName = System.Environment.MachineName
      Me.EventLog1.SynchronizingObject = Me
      '
      'btnListLog
      '
      Me.btnListLog.Location = New System.Drawing.Point(48, 22)
      Me.btnListLog.Name = "btnListLog"
      Me.btnListLog.Size = New System.Drawing.Size(152, 24)
      Me.btnListLog.TabIndex = 6
      Me.btnListLog.Text = "List Event Logs"
      '
      'Form1
      '
      Me.AutoScaleBaseSize = New System.Drawing.Size(5, 13)
      Me.ClientSize = New System.Drawing.Size(256, 266)
      Me.Controls.AddRange(New System.Windows.Forms.Control() {Me.btnListLog, Me.btnRecNotice, Me.btnDeleteLog, Me.btnCreateLog, Me.btnClearLog, Me.btnWriteLog, Me.btnReadLog})
      Me.Name = "Form1"
      Me.Text = "Form1"
      CType(Me.EventLog1, System.ComponentModel.ISupportInitialize).EndInit()
      Me.ResumeLayout(False)

   End Sub

#End Region

   Private Sub btnReadLog_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnReadLog.Click

      'logType can be Application, Security, System or any other Custom Log
      Dim logType As String = "Application"


      'In this case the EventLog constructor is passed a string variable for the log name and 
      'second argument mention the computer name from which you want to read the logs 
      'that you have appropriate permissions for
      Dim ev As New EventLog(logType, System.Environment.MachineName)

      Dim LastLogToShow As Integer = ev.Entries.Count
      If LastLogToShow <= 0 Then
         Console.WriteLine("No Event Logs in the Log :" & logType)
         Exit Sub
      End If

      ' read the last 2 records in the specified log 
      Dim i As Integer
      For i = ev.Entries.Count - 1 To LastLogToShow - 2 Step -1
         Dim CurrentEntry As EventLogEntry = ev.Entries(i)

         Console.WriteLine("Event ID : " & CurrentEntry.EventID)
         Console.WriteLine("Entry Type : " & CurrentEntry.EntryType.ToString())
         Console.WriteLine("Message :  " & CurrentEntry.Message & vbCrLf)
      Next

      ev.Close()

      ' Similarly, you can loop through all the entries in the log by using
      ' the entries collection, as shown in the following commented code.
      ' For Each entry In ev.Entries

      ' Next
   End Sub

   Private Sub btnWriteLog_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnWriteLog.Click
      ' When writing to an event log, you must pass the machine name where 
      ' the log resides.  Here the MachineName Property of the Environment class 
      ' is used to determine the name of the local machine.  Assuming you have 
      ' the appropriate permissions, it is also easy to write to event logs on 
      ' other machines.

      'Check if the Source exists 
      If Not EventLog.SourceExists("MySystemSource", System.Environment.MachineName) Then
         EventLog.CreateEventSource("MySystemSource", "System", System.Environment.MachineName)
      End If
      Dim ev As New EventLog("System", System.Environment.MachineName, "MySystemSource")

      'Writing to system log, in the similar way you can write to other 
      'logs that you have appropriate permissions to write to
      ev.WriteEntry("Warning is written to system Log", EventLogEntryType.Warning, CInt(10001))
      MessageBox.Show("Warning is written to System Log")
      ev.Close()

   End Sub

   Private Sub btnClearLog_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnClearLog.Click
      ' Create an EventLog instance and pass the log name and MachineName on which the log resides.
      Dim ev As New EventLog("Security", System.Environment.MachineName)
      ev.Clear()
      ev.Close()
   End Sub

   Private Sub btnCreateLog_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnCreateLog.Click
      'Create the source, if it does not already exist.
      If Not EventLog.SourceExists("MyOldSource", System.Environment.MachineName) Then
         'Creating a new log
         EventLog.CreateEventSource("MyOldSource", "MyNewLog", System.Environment.MachineName)
         Console.WriteLine("CreatingEventSource")
      End If
   End Sub

   Private Sub btnDeleteLog_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnDeleteLog.Click
      Dim logName As String = "MyNewLog"

      If EventLog.SourceExists("MyOldSource", System.Environment.MachineName) Then
         logName = EventLog.LogNameFromSourceName("MyOldSource", System.Environment.MachineName)
         EventLog.DeleteEventSource("MyOldSource", System.Environment.MachineName)
         EventLog.Delete(logName, System.Environment.MachineName)

         Console.WriteLine(logName & " deleted.")
      End If

   End Sub


   Private Sub btnRecNotice_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnRecNotice.Click
      ' Create the source if it does not already exist.
      If Not EventLog1.SourceExists("MySource", System.Environment.MachineName) Then
         EventLog1.CreateEventSource("MySource", "Application", System.Environment.MachineName)
         Console.WriteLine("CreatingEventSource")
      End If

      'Enable EnableRaisingEvents to true
      EventLog1.Log = "Application"
						EventLog1.EnableRaisingEvents = True
      EventLog1.WriteEntry("MySource", "EntryWritten event is fired", EventLogEntryType.Information)
   End Sub

   Private Sub EventLog1_EntryWritten(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Diagnostics.EntryWrittenEventArgs) Handles EventLog1.EntryWritten
      If e.Entry.Source = "MySource" Then
         Console.WriteLine("Entry written by my app. Message: " & e.Entry.Message)
      End If
   End Sub

   Private Sub btnListLog_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnListLog.Click
      Dim remoteEventLogs() As EventLog
      'Gets logs on the local machine, give remote machine name to get the logs on the remote machine
      remoteEventLogs = EventLog.GetEventLogs(System.Environment.MachineName)

      Console.WriteLine("Number of logs on computer: " & remoteEventLogs.Length)

      Dim log As EventLog
      For Each log In remoteEventLogs
         Console.WriteLine("Log: " & log.Log)
      Next log
   End Sub
End Class

メモ Visual Basic 2005年でこのコードを変更する必要があります。Windows フォーム プロジェクトを作成すると既定では、2 つのファイルは、プロジェクトの Visual Basic を作成します。フォームが Form1 という名前の場合は、フォームを表す 2 つのファイルの名前は Form1.vb と Form1.Designer.vb にです。Form1.vb ファイルにコードを記述します。Windows フォーム デザイナー、Form1.Designer.vb ファイルにコードを書き込みます。Windows フォーム デザイナーは、partial キーワードを使用して Form1 の実装を次の 2 つの別々 のファイルに分割します。この現象、デザイナー生成コードがコードに混入されるできなくなります。

新しい Visual Basic 2005年の言語拡張機能の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms379584 (vs.80)
部分クラスおよび Windows フォーム デザイナーの詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms171843.aspx

結果を確認してください。

再するには、結果、次の手順します。
  1. Visual Basic を使用して新しい Windows アプリケーションを作成します。.NET または Visual Basic 2005年。

    既定では、 Form1.vb 作成されます。
  2. コードを交換してください。 Form1.vb コードでこの資料の「完全なコード リスト"] セクションでします。
  3. で、 デバッグ メニューをクリックして開始 アプリケーションを実行します。
  4. アクションを実行します。 Form1.vb.
  5. 結果を確認するには、サーバー エクスプ ローラーを開きます。これを行うには、クリックしてください。 サーバー エクスプ ローラー で、 ビュー メニューです。
  6. 展開、 サーバー ノード、し展開コンピューター名.
  7. 下にあります。 コンピューター名を展開イベント ログ.

    メモ は、 サーバー サーバー エクスプ ローラーのノードではありません。Visual Basic で使用できます。NET アカデミック エディションです。Windows のイベントを使用することができます。ビューアーを使用して、アプリケーションの結果を表示します。
  8. サーバー エクスプ ローラーいることを確認するのには、すべての手順で使用します。手順が正しく実行されます。

関連情報

詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

EventLog クラス
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/system.diagnostics.eventlog (vs.71)

プロパティ

文書番号: 814564 - 最終更新日: 2011年7月28日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbeventservice kbnetwork kbprogramming kbeventlog kbmanaged kbvs2005applies kbvs2005swept kbmt KB814564 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:814564
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com