SQL Server 2000 と SQL Server 2005 で物理ファイルを統合し、論理ファイル名を変更する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 814576 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft SQL Server 2000 と Microsoft SQL Server 2005 では、データ ファイルとトランザクション ログ ファイルの追加、削除、および名前の変更を行うことができます。この資料では、SQL Server 2000 と SQL Server 2005 で物理ファイルを統合し、論理ファイル名を変更する方法について説明します。

詳細


物理ファイルの統合

SQL Server 2000 または SQL Server 2005 を実行しているサーバーのファイルの統合や、その物理ファイルの数の削減が必要な場合があります。物理ファイルの数を減らすには、ファイルを削除します。ファイルを統合するには、アクティブでないトランザクションを消去します。

ファイルの削除

データまたはトランザクション ログ ファイルを削除すると、そのファイルがデータベースから削除されます。ただし、ファイルにデータやトランザクション ログ情報が含まれている場合、データベースからファイルを削除できません。ファイルが空の場合にのみ、ファイルを削除できます。ファイル内のデータを保存しておく場合は、そのデータをデータ ファイルから同一ファイル グループ内の別のファイルに移行します。データを移行するには、DBCC SHRINKFILE ステートメントを使用して EMPTYFILE 句を指定します。これを行うと、SQL Server でデータがファイルに挿入されなくなるため、ALTER DATABASE ステートメントを使用してそのファイルを削除できます。

トランザクション ログ データを 1 つのログ ファイルから別のファイルに移行して、トランザクション ログ ファイルを削除することはできません。

アクティブでないトランザクションの消去

アクティブでないトランザクションをトランザクション ログ ファイルから消去するには、トランザクション ログの一部を切り捨てるか、トランザクション ログのバックアップを作成する必要があります。トランザクション ログ ファイルにアクティブなトランザクションもアクティブでないトランザクションも含まれていない場合は、そのログ ファイルをデータベースから削除できます。ログ ファイルをデータベースから削除するには、以下の手順を実行します。
  • ファイル内のデータや情報を圧縮してファイルを空にするには、次の Transact-SQL ステートメントを実行します。
    DBCC SHRINKFILE ('<logical file name>', EMPTYFILE ) 
  • ファイルをデータベースから削除するには、次の Transact-SQL ステートメントを実行します。
    ALTER DATABASE <Database name>  REMOVE FILE <logical file name> 
    

重要 : ファイルを追加または削除した直後に、データベースのバックアップを作成してください。トランザクション ログのバックアップを作成する前に、データベース全体のバックアップを作成する必要があります。

論理ファイル名の変更

データ ファイルまたはログ ファイルの論理名を変更するには、Name パラメータを使用して名前を変更する論理ファイル名を指定し、NewName パラメータを使用してそのファイルの新しい論理名を指定します。論理ファイルの名前を変更するには、次の Transact-SQL ステートメントを実行します。
ALTER DATABASE <Database name>  MODIFY FILE  ( NAME = <current_logical_name>, NEWNAME = <new_logical_name>)

関連情報

詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

データ ファイルとトランザクション ログ ファイルの追加と削除

DBCC SHRINKFILE

物理データベース ファイルとファイル グループ

ALTER DATABASE

データベースの拡張

データベースの圧縮

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
324432 text 列、ntext 列、または image 列にデータがまばらに入力されていると、DBCC SHRINKFILE コマンドと SHRINKDATABASE コマンドが機能しないことがある

プロパティ

文書番号: 814576 - 最終更新日: 2007年5月11日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition
キーワード:?
kbsysadmin kbinfo kbhowto kbfaq KB814576
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com