PRB: Windows システムの復元は Windows インストーラーの修正プログラム (.msp) ファイルを監視しません

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 814833
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Windows を実行しているコンピューターを復元しようとします。XP を復元するには修正プログラムやサービス パックの更新プログラムを適用したアプリケーションを適用する前に、のポイントが使用不能に達する可能性があります。状態です。修復しようとすると、インストール、再インストール、または削除、アプリケーションは、次のエラー メッセージが表示されます。
「この修正プログラム パッケージできませんでした。いることを確認、更新プログラムパッケージが存在し、アクセスまたは、アプリケーション ベンダーに問い合わせてくださいこれは、有効な Windows インストーラーの修正プログラムであることを確認してください。パッケージ"です。

原因

この問題が発生するための Windows XP システム復元は、Windows インストーラーの修正プログラム (.msp) ファイルを監視しません。インストールすると、修正プログラム ファイルは、キャッシュされているパッチ復元されませんには、 Windows のフォルダー\Installer フォルダー。また、Service Pack 2 (SP2) は累積されます。それ以前に含まれるクイック修正技術 (QFE) ファイルです。SP2 では、個々 の Qfe をインストールした後インストール不要になります。Windows インストーラーの構成を削除します。QFE 修正プログラムは、レジストリ キーなどのデータです。

キャッシュされた更新プログラムシステムの復元は Windows インストーラーとキャッシュを使用する場合が不足しています、修正プログラム、更新プログラムの登録済みのソースの場所からもう一度します。ただし、多くの登録済みのソースの場所アプリケーションのパッチは、Temp フォルダーです。このフォルダーは、一時的なソースの場所です。通常は、それらを使用すると、Temp フォルダー内のファイルが削除されます。そのため、Windows インストーラーのソースの一時的な場所で検索すると、ファイルを検出できません可能性があります。エラーが発生します。Windows インストーラーは、Windows インストーラーの修正プログラム (.msp) を見つけることができません。ファイルです。

解決方法

この問題を回避するは、修正プログラムを適用します。不足しています。パッチの場所がネットワークであるかは、メディアを共有する場合は、検索し、そこから修正プログラムを適用することがあります。インストールすることもできます、最新のサービス パック、最新のサービス パックのためのアプリケーションのパッチします。以前の Qfe が含まれます。累積的な更新プログラムがアプリケーションに不足している修正プログラムを適用し、個々 の未適用古くなったとみなさ。

状況

これ動作は仕様です。

詳細

現象の再現手順
  1. アプリケーション (たとえば、Office XP) をインストール、コンピューターです。既定では、復元ポイントが作成されます。この復元ポイント新しいアプリケーションをインストールする前に、システムの状態を格納します。

    メモ 新しいアプリケーションは、オペレーティング システムをインストールする場合は、復元ポイントを自動的に作成されます。
  2. Service pack をインストールしたアプリケーションのインストールします。ステップ 1。たとえば、Office XP の Service Pack 1 をインストールします。
  3. いくつかのクイック修正技術 (QFE) 修正プログラムのインストール、アプリケーションです。たとえば、Office XP の 2 つの QFE をインストールします。
  4. 復元ポイントを作成します。

    Windows XP に復元ポイントを作成するための手順
    1. クリックしてください。 開始、ポイント プログラム、ポイント アクセサリ、ポイント システム ツール、し システム復元.
    2. 選択する] をクリックします。 復元ポイントを作成します。,し 次へ.
    3. 種類 前に SP2 の復元ポイント で、 復元説明をポイントします。 テキスト ボックス。
    4. クリックしてください。 作成.
  5. Service Pack 2 用のアプリケーションをインストールします。たとえば、Office XP SP2 をインストールします。
    メモ SP2 には、以前の Qfe が含まれます。この手順でインストールされている個々 の Qfe になります手順 3 を廃止します。Windows インストーラーの構成を削除します。データは、レジストリ キーと、キャッシュされたファイルを含む、QFE 修正プログラム。
  6. 元のサービス パックおよび Qfe のファイルを確認してください。コンピューターからアクセスできません。たとえば、削除、QFE のネットワーク共有。
  7. インストールする前の状態にシステムを復元します。サービス パック 2。

    復元の手順は、Windows XP でのシステム
    1. クリックしてください。 開始、ポイント プログラム、ポイント アクセサリ、ポイント システム ツール、し システム復元.
    2. 選択する] をクリックします。 自分のコンピューターに復元します。以前の状態に、し 次へ.
    3. 手順 4 を実行することは日付を選択し、選択 前に SP2 の復元ポイント 復元ポイントの一覧から。
    4. クリックしてください。 次へ.
  8. アプリケーションを修復または削除するかをインストールしようとしています、アプリケーションをもう一度します。「現象」に記載されているように、エラー メッセージをを受け取ることがありますセクションです。

関連情報

追加詳細は、内のアーティクルを表示するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
302796Windows XP でシステムの復元のトラブルシューティング
303354 エラー メッセージ: システムの復元の復元ポイントを作成することができませんでした。
310405 オンにして、Windows XP でシステムの復元を無効にする方法
306084 方法: オペレーティング システムに Windows XP を以前の状態に復元

プロパティ

文書番号: 814833 - 最終更新日: 2011年7月28日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbupgrade kbappsetup kbsetup kbprb kbpreinstall kbmt KB814833 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:814833
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com