PowerPoint で透明なオブジェクトを正しく印刷できません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 815001
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

透明な塗りつぶしを含むプレゼンテーションを印刷するとき、powerpoint グラフィックス、印刷出力可能性があります表示されない、スライド上では快適な画面。透明な領域ではなく、粗く見えます、ギザギザ。

原因

PowerPoint を高品質の画像の使用をサポートします。スクリーン、プロジェクター ドリブン プレゼンテーションです。これは、画面に表示される機能によりより多くなります画面の表示、印刷出力が一致することは困難。

機能画面に表示されるプレゼンテーションをしたの真のサポート追加されて透明ブレンドします。透過性の真のサポートという色は半透明のピクセルは、背景色とブレンドされます。透明度にグラフィックは、さまざまな方法で powerpoint: イメージ、純色塗りつぶし、グラデーションのフェード.

2003年 3 月年は技術的なギャップがあります。画面と印刷のサポートの透明ピクセルの間で。プリンター テクノロジ透過チャンネルを含む、色の形式はサポートされていません。プリンターは、次の色の形式のみをサポートします。 RGB、CMYK およびグレースケール。プリンターのピクセルが発生、同じ方法でブレンドことはできません。画面に表示します。

回避策

宛てにプレゼンテーションを作成する場合印刷出力では、最適な回避策として半透明のオブジェクトを使用してを回避するのには可能であれば。

半透明のオブジェクトを使用する必要があり、場合に、PowerPoint印刷が満足があるないため、透過性の効果をシミュレートします。エフェクトに送信される前に、透明なピクセルをブレンドする回避策は、[プリンター] します。

イメージのスライドまたはスライドの一部を作成できます。イメージを作成するときこの透明なピクセルを正しくブレンドします。

対象で、スライドの小さな領域のみがあるかどうかは、半透明のオブジェクトとその領域が不透明な持っている背景より良い回避策は、それらの図形をグループ化し、それらを 1 つの画像に変換するのには。もう一度、イメージを作成するときこれは透明なピクセルをブレンドします。

方法 1: オブジェクトをイメージに変換します。

  1. 変換するスライド上の項目を選択します。イメージです。

    メモ 複数のアイテムを選択するには、キーを押して、ctrl キーを押しながらクリックすると各オブジェクトです。
  2. 選択したオブジェクトのいずれかを右クリックし、ポイントグループ化、し グループ.
  3. で、 編集 メニューをクリックして切り取り.

    メモ PowerPoint 2007 をクリックします。 切り取り で、 ホーム タブには クリップボード グループです。
  4. で、 編集 メニューをクリックして 貼り付け特別です.

    メモ PowerPoint 2007 をクリックします。 貼り付け で、 ホーム タブには クリップボード グループ化、および、クリックしてください 貼り付け特別です.
  5. で、 貼り付け特別です ダイアログ ボックス、クリックして 図 (PNG)、し[OK].
  6. イメージのスライドを再配置します。

方法 2: スライド全体をイメージに変換します。

透明効果、スライド上の多くのオブジェクトが含まれている場合は、全体のスライドをグラフィックとして保存し、それを印刷できます。個別に、またはプレゼンテーションの一部として。
  1. で、 ファイル メニューをクリックして ページセットアップ.

    メモ PowerPoint 2007 をクリックします。 ページ設定 で、 デザイン タブには ページ設定 グループです。

    既定では、PowerPoint がすべてのグラフィックのサイズが保存されます。540 によって 720 ピクセルです。印刷用のイメージのサイズを大きくにはスライドのサイズを大ききます。

    スライドのサイズの 1 インチは 72 ピクセルに対応します。は、best-looking 印刷出力をプリンターの解像度に合わせて、スライドのサイズを出さなければなりません。たとえば、プリンターがある場合144 dpi の印刷解像度、スライドのサイズを 20 に設定しますインチ 15 インチの高さ。
  2. スライドをグラフィックとして保存することを確認してください。スライドにはスライド ペインに表示されます。
  3. で、 ファイル メニューをクリックして 保存として.

    メモ PowerPoint 2007 をクリックして、 Microsoft Office ボタン、し として保存します。.
  4. で、 保存として ダイアログ ボックス、クリックして PNGポータブル ネットワーク グラフィックス (*.png) の書式設定します。 で、 種類します。 ボックスとクリック 保存.

    メモ PNG 形式を使用します。「無損失」圧縮アルゴリズムによりも印刷に適してその他の形式です。
  5. クリックしてください。 現在のスライドのみ.
全体のスライド PNG 図として保存すると、挿入できることに注意してください。または、スライド上の図としてプレゼンテーションに画像を印刷できる、写真編集のプログラムからのイメージです。

プロパティ

文書番号: 815001 - 最終更新日: 2011年7月28日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbtshoot kbprint kbui kbprb kbexpertisebeginner kbmt KB815001 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:815001
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com