Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine のインスタンスを SQL Server 2000 Service Pack 3 にアップグレードする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 815013 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3a (SP3a) は Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3 に代わるものです。SQL Server 2000 SP3a に導入された変更点の多くはセットアップに関連するものなので、既に SQL Server 2000 SP3 にアップグレードした SQL Server 2000 または SQL Server Desktop Engine (別名 MSDE 2000) のインスタンスに SQL Server 2000 SP3a を適用する必要はありません。

しかし、SQL Server 2000 SP3 にアップグレードしていないインスタンスは、SQL Server 2000 SP3 ではなく、SQL Server 2000 SP3a に直接アップグレードする必要があります。今後のアップグレードに使用する予定で SQL Server 2000 SP3 ダウンロード ファイルのコピーを取得している場合は、それらのコピーを削除し、代わりに、SQL Server 2000 SP3a ダウンロード ファイルまたは SQL Server 2000 SP3a CD-ROM を使用する必要があります。

MSDE 2000 を配布してインストールするアプリケーションには、SQL Server 2000 SP3 ではなく SQL Server 2000 SP3a をインストールする必要があります。SQL Server 2000 SP3 または MSDE 2000 SP3 のインスタンスに SQL Server 2000 SP3a を適用することはできますが、それを行っても、既に SP3 を適用しているインスタンスにはほとんど効果がありません。SQL Server 2000 SP3a の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
SQL Server 2000 Service Pack 3a
Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine のインスタンスを SQL Server 2000 SP3a にアップグレードする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
SQL Server 2000 Service Pack 3a Readme.htm
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine (別名 MSDE 2000) のインスタンスを SQL Server 2000 Service Pack 3 (SP3) にアップグレードする方法について順を追って説明します。

コンピュータに MSDE 2000 のインスタンスが複数ある場合には、MSDE 2000 の各インスタンスを個別にアップグレードする必要があります。MSDE 2000 インスタンスをインストールした機構や言語が異なることがあるため、各インスタンスのアップグレードの必要条件が異なる場合があります。この資料には、MSDE 2000 の各インスタンスのアップグレードに使用できる手順を個別に記載します。

MSDE 2000 のインスタンスに MSDE 2000 SP3 をインストールすることに関する詳細については、ダウンロード ファイルから入手できる SQL Server 2000 Service Pack 3 Readme ファイルを参照してください。

アプリケーションが MSDE 2000 Service Pack 3 をサポートしているかどうかを確認する

MSDE 2000 のインスタンスがアプリケーションで使用されている場合、MSDE 2000 アップグレードのサポートについては、アプリケーションの提供元に問い合わせます。
  • アプリケーションがマイクロソフト製品の場合は、次のマイクロソフト Web サイトに掲載されている一覧を参照して、そのマイクロソフト製品に MSDE 2000 が含まれているかを確認します。

    Microsoft Products That Include MSDE 2000
  • サードパーティ アプリケーションを使用する場合は、該当するベンダに連絡して、そのアプリケーションに固有の MSDE 2000 のアップグレードに関する考慮事項について問い合わせます。

MSDE 2000 のインスタンスを Service Pack 3 にアップグレードするために使用するダウンロード ファイルを判断する

MSDE 2000 のインスタンスに修正プログラムを適用する方法を判断するには、インスタンスをインストールした方法を知る必要があります。インスタンスをインストールした方法を特定するには、レジストリ キーに ProductCode エントリとして記録された情報を使用できます。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
311762 [INF] 既存の MSDE のインストール時に使用された MSI ファイルを確認する方法
  • ProductCode 値の元のパッケージ名が SqlRun01.msi 〜 SqlRun16.msi の場合、SQL Server 2000 Desktop Engine SP3 のダウンロード ファイルを使用して、MSDE 2000 のインスタンスをアップグレードできます。
  • ProductCode 値の元のパッケージ名が Sample.msi または SampleUpg.msi の場合、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
    314131 HOW TO: Create Patch Files for the MSDE 2000 Sample.msi File
  • ProductCode 値の元のパッケージ名がマイクロソフトのアプリケーションである場合、該当する MSDE 2000 のインスタンスをアップグレードする方法の説明については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

    Microsoft Products That Include MSDE 2000
  • ProductCode 値が上記に記載されていない場合、そのインスタンスはアプリケーションのセットアップ ユーティリティによってインストールされたことになります。これらの MSDE インスタンスには、SQL Server 2000 Desktop Engine SP3 のダウンロード ファイルを使用して、SP3 を適用することはできません。この場合は、各ベンダに連絡して、修正プログラム ファイルについて問い合わせる必要があります。アプリケーションの開発元がマイクロソフトの場合、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。このサイトには、マイクロソフトが開発した MSDE アプリケーションの一覧が記載されています。

    Microsoft Products That Include MSDE 2000

MSDE 2000 インスタンスの言語を特定する

Service Pack 3 ファイルをダウンロードするには、MSDE 2000 のインスタンスのインストールに使用した言語 (英語であるのかドイツ語であるのかなど) を知る必要があります。MSDE 2000 インスタンスの言語が明確ではない場合、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ダイアログ ボックスで、Regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 次のキーのいずれかを見つけて、選択します。
    • MSDE 2000 のデフォルトのインスタンスの場合、次のキーを見つけて選択します。

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSSQLServer\MSSQLServer\CurrentVersion
    • MSDE 2000 の名前付きインスタンスの場合、次のキーを見つけて選択します。

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\<InstanceName>\CurrentVersion


      : 上記のキーの InstanceName は、インスタンスの名前です。
  4. 右ウィンドウで、Language キーの値を確認します。その値を次の表で対応させて、MSDE インスタンスの言語を特定します。

    元に戻す全体を表示する
    言語のレジストリ値 (16 進数) 言語のレジストリ値 (10 進数) MSDE のインスタンスの言語
    0x00000404 1028 繁体字中国語
    0x00000407 1031 ドイツ語
    0x00000409 1033 英語
    0x0000040a 1034 スペイン語
    0x0000040c 1036 フランス語
    0x00000410 1040 イタリア語
    0x00000411 1041 日本語
    0x00000412 1042 韓国語
    0x00000413 1043 オランダ語
    0x00000416 1046 ポルトガル語 (ブラジル)
    0x0000041d 1053 スウェーデン語
    0x00000805 2053 簡体字中国語

MSDE 2000 Service Pack 3 をダウンロードする

MSDE セットアップ ユーティリティを使用して MSDE 2000 のインスタンスをインストールした場合 (元のパッケージ名が SqlRun01.msi 〜 SqlRun16.msi)、SQL Server 2000 Desktop Engine SP3 のダウンロード ファイルを使用して MSDE 2000 のインスタンスをアップグレードできます。
  1. セットアップ ファイルをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

    SQL Server 2000 Service Pack 3a
  2. Web ページの右上にある [Full Download] ダイアログ ボックスで、MSDE 2000 のインスタンスの言語に該当する言語を選択し、[Go] をクリックします。
  3. 移動先のページで、ページの下部にある「このダウンロード内に含まれるファイル」セクションに移動します。該当する言語に応じて、以下の要領でファイルを選択します。
    • 英語を選択した場合、SQL2KDeskSP3.exe ファイルをコンピュータのフォルダにダウンロードします。
    • 英語以外の言語を選択した場合、<LANGUAGE_CODE>_SQL2KDeskSP3.exe ファイルをダウンロードします。ここで、LANGUAGE_CODE は言語を表します。

MSDE 2000 Service Pack 3 のファイルを抽出する

SQL2KDeskSP3.exe または <LANGUAGE_CODE>_SQL2KDeskSP3.exe のいずれかをダウンロードした後、以下の手順を実行して MSDE 2000 SP3 ファイルを抽出します。
  1. エクスプローラを開き、MSDE 2000 SP3 ファイルをダウンロードしたフォルダに移動します。
  2. ダウンロード ファイルをダブルクリックし、MSDE 2000 SP3 のファイルを抽出します。SP3 ファイルを抽出するフォルダを指定します。

    : この資料の次のセクションでは、このフォルダを C:\ExtractedSP3Folder と呼びます。

MSDE 2000 Service Pack 3 を適用する

MSDE SP3 ファイルを ExtractedSP3Folder に抽出した後、MSDE セットアップ ユーティリティを使用して、MSDE 2000 のインスタンスに SP3 を適用できます。

MSDE 2000 SP3 には、MSDE 2000 のインスタンスのネットワーク接続サポートを無効にする DISABLENETWORKPROTOCOLS セットアップ パラメータが新しく導入されています。他のコンピュータで実行されている他のアプリケーションを MSDE 2000 のインスタンスに接続しない場合、ネットワークのサポートを無効にすると、インスタンスがセキュリティ上の脅威にさらされにくくなります。以下のアップグレードの例はすべて、DISABLENETWORKPROTOCOLS スイッチを使用します。MSDE 2000 のインスタンスによってサポートされる必要のある接続が、同じコンピュータで実行しているアプリケーションとの接続のみである場合は、DISABLENETWORKPROTOCOLS を使用します。他のコンピュータで実行されているアプリケーションとの接続を許可する必要がある場合は、このオプションは使用しません。

ネットワーク アクセスを無効にしたり復元したりする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
814130 SQL Server 2000 ローカル データベースのネットワーク接続をセキュリティで保護する方法
sa パスワードが Null に設定されている MSDE 2000 のインスタンスをアップグレードする場合、デフォルトでは、アップグレードを続行する前に、MSDE 2000 SP3 セットアップによって強力なパスワードが要求されます。MSDE 2000 のインスタンスを使用しているアプリケーションが、Null の sa パスワードに何らかの点で依存していない限り、アップグレードを実行する前に、sa ログインに強力なパスワードを設定することをお勧めします。MSDE 2000 のインスタンスを Windows 認証モードで実行している場合でも、Null、または簡単な、または既知の sa パスワードを使用するとインスタンスが混合モードに切り替えられた場合にセキュリティ上の脅威にさらされやすくなります。MSDE 2000 インスタンスを SP3 にアップグレードする前に、強力な sa パスワードを割り当てる必要がある場合は、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322336 MSDE システム管理者のパスワードを確認および変更する方法

警告 : 混合モードで MSDE のインスタンスを実行すると、Windows 認証モードで MSDE のインスタンスを実行する場合よりもセキュリティ保護が弱くなります。以下に該当する場合は、インスタンスを混合モードから Windows 認証モードに変更することを検討します。
  • MSDE 2000 を使用しているアプリケーションが Windows 認証を使用して実行できる場合。
  • インスタンスに接続する必要があるすべてのユーザーの Windows 認証ログインを定義している場合。ログインの追加に関する詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照します。

    Adding a Windows User or Group
  • MSDE 2000 のインスタンスを Microsoft Windows 98 または Microsoft Windows Millennium Edition (Me) ベースのコンピュータで実行していない場合。

MSDE 2000 のインスタンスを混在モードから Windows 認証モードへ変更することについての関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322336 [HOWTO] MSDE 2000 Sample.msi ファイルの修正プログラム ファイルを作成する方法

MSDE 2000 のインスタンスを MSDE 2000 SP3 にアップグレードするには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ダイアログ ボックスで、cmd と入力します。
  3. コマンド プロンプトで、cd コマンドを使用して、MSDE 2000 SP3 セットアップ ユーティリティを含むフォルダに移動します。たとえば、次のフォルダに移動します。

    cd c:\ExtractedSP3Folder\MSDE

    : C:\ExtractedSP3Folder は、MSDE 2000 SP3 のファイルを抽出したフォルダへのパスです。
  4. コマンド プロンプトで、以下のいずれかのコマンドを実行します。
    • Windows 認証モードを使用しているデフォルトのインスタンスの場合、次のコマンドを実行します。

      setup /upgradesp sqlrun DISABLENETWORKPROTOCOLS=1 /L*v <LogFileName>.log
    • Windows 認証モードを使用している名前付きインスタンスの場合、次のコマンドを実行します。

      setup /upgradesp sqlrun INSTANCENAME=<InstanceName> DISABLENETWORKPROTOCOLS=1 /L*v <LogFileName>.log
    • 混合モードを使用しているデフォルトのインスタンスの場合、次のコマンドを実行します (AnAdminLogin は sysadmin 固定サーバー ロールのメンバです)。

      setup /upgradesp sqlrun SECURITYMODE=SQL UPGRADEUSER=<AnAdminLogin> UPGRADEPWD=<AdminPassword> DISABLENETWORKPROTOCOLS=1 /L*v <LogFileName>.log
    • 混合モードを使用している名前付きインスタンスの場合、次のコマンドを実行します ( AnAdminLogin は、sysadmin 固定サーバー ロールのメンバです)。

      setup /upgradesp sqlrun INSTANCENAME= <InstanceName> SECURITYMODE=SQL UPGRADEUSER=<AnAdminLogin> UPGRADEPWD=<AdminPassword> DISABLENETWORKPROTOCOLS=1 /L*v <LogFileName>.log

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
317328 SQL Server Desktop Engine 2000 のインストールとアップグレードのトラブルシューティング
810826 MSDE Service Pack 3 セットアップの新しいスイッチ
330022 SQL Server 2000 Service Pack 3 Readme.htm 追加情報

プロパティ

文書番号: 815013 - 最終更新日: 2014年2月27日 - リビジョン: 6.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows)
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbupgrade kbsecurity kbregistry kbhowtomaster KB815013
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com