[HOW TO 構成する、.NET 接続されたアプリケーションと SQL Server ネットワーク通信用に別のポート番号を使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 815146 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

手順説明、.NET ベースのアプリケーションと Microsoft SQL Server を実行するコンピューターのネットワーク通信、別のポートを使うに構成する方法します。

多くの最新のセキュリティ breeches は、アプリケーションとデータベースの既定のポート番号を使用するように構成された使用しました。 たとえば、インターネット上の脆弱性の影響を受けるデータベース サーバーを検索するワームのみの TCP ポート 1433年を調べる可能性があります。 既定では、SQL Server はこのポート番号を使用します。

(ウイルスやワーム) などの自動化された攻撃からアプリケーションを保護するには 1 つの方法は通信のため、アプリケーションとデータベース サーバーに使用する既定のポート番号を変更します。 多くの .NET ベースのアプリケーションを SQL Server を使用するデータベース。 したがって、既定のポート番号が変更されたデータベースと通信するようなアプリケーションを再構成する必要があります。 SQL Server を実行するコンピューターを使用するポート番号と、.NET ベースのアプリケーションで SQL Server を実行するコンピューターとの通信に使用されるポート番号の両方を変更する方法について説明します。



SQL Server のポート番号を変更します。


ここでは、受信 TCP/IP の SQL Server を実行するコンピューターを監視する既定のポートを変更する手順について説明します接続。
  1. 開始 ] をクリックして、 [プログラム ] をポイントして [ Microsoft SQL Server サーバー ネットワーク ユーティリティ をクリックします。
  2. 有効なプロトコル の一覧 [ TCP/IP ] をクリックして [ プロパティ ] をクリックします。
  3. 既定のポート の希望する値をポート値に変更します。 既定は、ポート番号は 1433年 に設定されます。
  4. サーバーに戻るには、 [OK] をクリックするネットワーク ユーティリティ、[ OK] をクリック します。
  5. SQL サーバー、変更を有効にするを強制的に再起動します。

.NET 構成を変更します。

変更するポートを .NET ベースのアプリケーションを使用して Microsoft SQL Server に接続するには、次の手順に従います。
  1. アプリケーションの.config ファイルをテキスト エディター (メモ帳) などで開きます。 通常、.config ファイルは、アプリケーションのフォルダーにあるされ、Application Name.config と呼びます。 ASP.NET アプリケーションでは、このファイルの可能性があります名前 Web.config または Application Name のいずれかの.config です。
  2. 最も .NET ベースのアプリケーション、データベースが必要なデータ ソースを変更する、システム管理者を許可します。 データ ソースは、名およびデータベース サーバーのポート番号を定義します。 ただし、各アプリケーションにより、システム管理者、データ ソースを構成する方法によって異なります。 データ ソースを定義する要素を.config ファイル (またはファイル) で検索します。 通常、データ ソース定義には、語句、 データ ソース データ ソース 、または dsn が含まれます。 たとえば、<appsettings> の要素から次の例は、アプリケーションのデータベース要求のデータ ソースを定義する方法の一般的です。
    <appSettings>
    	<add key="appDSN" value="data source=SERVER-NAME;initial catalog=ratings;integrated security=SSPI;persist security info=False;packet size=4096" />
    </appSettings>
  3. データベース サーバーの名前または IP アドレスの後にコンマとポート番号を追加して、カスタム ポート番号を使用するデータ ソースに変更します。 「SERVER-NAME,port はという"形式を使用します。 たとえば、SQL Server で SQLDB、という名前を 5656、ポート番号を持ちますを実行しているコンピューターを使って、アプリケーションを構成する値を変更 データ ソース SQLDB、5656 を =
  4. .config ファイルを保存します。 データ ソースを変更した後、ASP.NET アプリケーションは自動的に再起動します。 手動でその他すべての種類変更を有効にする .NET ベースのアプリケーションの再起動する必要があります。

関連情報

詳細については、クリック、次資料、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示: して
315736方法: Windows のセキュリティを使用して ASP.NET アプリケーションを保護します。
315588[HOW TO クライアント側の証明書を使用して ASP.NET アプリケーションをセキュリティ保護
818014[HOW TO アプリケーションは、.NET Framework で構築されたをセキュリティで保護


プロパティ

文書番号: 815146 - 最終更新日: 2003年4月30日 - リビジョン: 2.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft .NET Framework 1.0
  • Microsoft .NET Framework 1.1
キーワード:?
kbhowtomaster kbsystemdata kbsecurity kbconfig kbmt KB815146 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:815146
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com