マルチプロセッサ システムで ASP.NET を特定のプロセッサに制限する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 815156 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、マルチプロセッサ システムで特定のプロセッサを使用する ASP.NET を制限する方法について説明します。 ASP.NET アプリケーションがマルチプロセッサ システムで指定されたプロセッサを使用するよう構成できます。 これは、その Web アプリケーションをサーバー上にあります全体的なパフォーマンスに与える影響を制御するに便利です。 複数の ASP.NET を制限するときに別のアプリケーションのパフォーマンスに影響するアプリケーションの営業案件を制限するアプリケーションが 1 台のサーバー上の特定のプロセッサをします。 これは、SQL Server と同じ物理サーバー上で、ASP.NET アプリケーションを実行すると、SQL Server の構成を別のプロセッサを指定します便利です。

メモ ほとんどの場合、最適なパフォーマンスを得るすべてのプロセッサを使用するすべてのプロセスを許可する場合アクセスできます。 ASP.NET のプロセッサ使用率の他のプロセスへの影響を制限のみに制限があります。



processModel 要素を構成します。

特定のプロセッサを使用する ASP.NET アプリケーションを強制するには、正しい設定を決定する数に変換する必要があります。 [アプリケーションの Web.config ファイルは、編集できます。 Web.config ファイルで追加するまたは processModel 要素を変更します。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 電卓 を開くには、[タスク バー の開始 ] をクリックし、 実行 します。
  2. [ 名前 のテキスト] ボックスで calc.exe の入力を [OK] をクリックします。
  3. [ 表示 ] メニューの [ 関数電卓 を] をクリックします。
  4. [ 表示 ] の [ バイナリ ] をクリックします。
  5. 0 から 1 を使用して ASP.NET がしたり使用できない、プロセッサを指定します。

    ASP.NET を使用するプロセッサの 1 を使用します。 ASP.NET を使用するプロセッサ 0 を使用します。 たとえば、4 プロセッサ コンピューターの ASP.NET の最初の 2 つのプロセッサを使用するときは 1100年 を入力します。
  6. [ 表示 ] の [ 10 進 ] をクリックします。

    10 進数字を書き留めます。
  7. メモ帳などのテキスト エディターで Web.config ファイルを開きます。 Web.config ファイルは、アプリケーションの保存先フォルダーにあります。
  8. Web.config ファイルで System.web 要素の下には、 processModel 構成要素を追加します。

    メモ: 追加する前に < processModel > Web.config ファイルをユーザーがすることを確認します allowDefinition 属性に、< processModel > Web.config ファイルのセクションに設定 すべての場所
  9. 追加し、processModel 要素の webGarden 属性を True に設定します。
  10. 追加し、計算で決定される結果に processModel 要素の cpuMask 属性を設定します。

    しない、操作を行います先頭付けます、計算の結果が 10 進数、0 x の数。 4 プロセッサ コンピューターの最初の 2 つのプロセッサのみを有効にするように構成されている processModel 要素を以下に例:
    <processModel
        enable="true"
        webGarden="true"
        cpuMask="12" />
    
  11. Web.config ファイルを保存します。 ASP.NET アプリケーションは、自動的に再起動し、指定されたプロセッサだけを使用しています。

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
818015.NET Framework で構築されたアプリケーションの調整とスケールのパフォーマンスにする方法
<processmodel> の詳細について 要素を次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/7w2sway1(vs.71).aspx
<section> の詳細について 要素を次のマイクロソフト Web サイトを参照してください: http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa309408(VS.71).aspx

プロパティ

文書番号: 815156 - 最終更新日: 2014年2月27日 - リビジョン: 4.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft ASP.NET 1.0
  • Microsoft ASP.NET 1.1
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowtomaster kbwebserver kbwebforms kbconfig kbwebservices kbmt KB815156 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:815156
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com