方法: ASP を測定します。NET の応答とは、Web アプリケーション ストレス ツール

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 815161
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、ASP を測定する方法について説明します。NETMicrosoft Web アプリケーション ストレス (WAS) ツールを使用して応答します。は、ASP の応答を指定します。NET アプリケーションでトレースを使用して測定できます。スナップイン、または WAS ツールを使用して、パフォーマンスを使用します。WAS ツールを生成します。Web サーバー上に負荷が人工。測定するのには応答性、スケーラビリティをテストするのには、パフォーマンスを調整します。WAS ツールWeb サーバー応答時間の詳細に説明するレポートが生成されファイルを転送します。これは、パフォーマンスのチューニングに使用される重要なメトリックです。は、Web アプリケーションの任意の型のツールを使用しました。ただしが 4 つあります。パフォーマンスのほとんどは、WAS ツールを効果的に使用する場合の考慮事項の識別します。ASP という問題です。NET アプリケーションです。これらの考慮事項に記載されている、「Web アプリケーション ストレス ツールを構成する"セクション。



構成します。Web アプリケーション ストレス ツール

ときに従うの考慮事項に注意する必要があります、ASP をテストするのには、WAS ツールを構成します。NET Web アプリケーション。
  • できるように、ウォーム アップ期間を構成する必要があります、アプリケーションをコンパイルして、キャッシュにします。ウォーム アップ期間を構成しない場合は、レポートが人為的に低い応答をされます。これない正確には一般的な使用方法でアプリケーションの動作を反映してください。
  • Cookie を有効にする必要がありますが、それらの一部として録画しません。スクリプトです。これは、確実に各仮想ユーザーは、WAS によってシミュレートされますツールは、独立した ASP を開始します。NET session。
  • ランダム遅延を有効にする必要があります。これは、リクエストを防ぐことができますされています。サーバーに、イベントを処理できるよりも早く送信します。
  • WAS ツール数分間実行を構成する必要があります。これ便利を生成するための十分な要求が処理されること. します。統計情報です。
WAS ツールで設定を構成するには、次の手順を実行します。
  1. インストールして、WAS ツールを実行します。
  2. 新しいスクリプトを作成します。

    方法についてスクリプトを作成する、WAS ツールのヘルプ ファイルを参照してください。
  3. で、 Microsoft Web アプリケーション ストレスウィンドウ、スクリプトを展開し、設定.
  4. 設定は、 負荷がかかっています。 フィールドとはストレスの乗数 フィールドに1.
  5. 設定は、 テストの実行時間 するには10 分以上。
  6. 選択 ランダム遅延を使用します。.設定は、最小値 フィールドに 2000 または複数のページを使用する場合実行するのに 2 秒より長くします。
  7. 設定は、 最大値 フィールドに5000.
  8. 設定は、 ウォーム アップ 期間を最低1 ASP を行う時間を 1 分。NET コンパイルするし、最初の要求後に、アプリケーションをキャッシュします。
  9. オンにし、 ユーザー、パスワード、および保存Cookie チェック ボックスします。
  10. 作成し、任意の標準を使用してスクリプトを実行方法があります。これを行うには、WAS ツールのヘルプ ファイルを参照してください。


アプリケーションの応答性を理解するのには、結果を解釈します。

した後で、Web アプリケーション ストレス スクリプトを構成し、実行asp スクリプトです。NET のサイトの結果を調べることができます。アプリケーションの応答時間。アプリケーションの応答性の重要なコンポーネントです。実際のページの読み込み時間と全体的なユーザー エクスペリエンス。検索結果を表示するのにはこのスクリプトを実行すると、次の手順を実行します。
  1. で、 ビュー メニューをクリックしてレポート.
  2. スクリプトのレポート アイテムを展開し、選択、最も最近の時間です。

    右側のペインの概要が表示されます、レポートします。
  3. 移動するのには ページ概要セクションです。

    スクリプト内の各ページを調べて、ヒット数、、 TTFB 平均 列、およびTTLB の平均 列です。

    は、 ヒット数 columnそのページに対して実行された要求の数が表示されます。数ヒット数よりも大きい値にする必要があります。 10.これは十分な確かに便利な平均を生成する要求が発行されています。If ヒット数 です次よりも少ない 10、拡大、 テストの実行時間スクリプトの設定をし、スクリプトを再実行します。

    は、TTFB 平均 列の平均時間 (ミリ秒単位) を測定します。アプリケーションは、ASP の最初のバイトを返すにかかったこと。NET のページです。これ測定時、ユーザーが発行した要求からの反映時間ページのレンダリングには、ユーザーのブラウザーを開始します。これは、最もです。重要なサーバーによってサイトの知覚速度を考慮します。これ測定は、ASP の所要時間と密接な関係します。レンダリングするのには、NET、ページします。この測定値に影響を与える構成の変更も反映していますパフォーマンス。

    は、 TTLB の平均 列の測定値は、アプリケーション最後を取得するにかかった平均時間 (単位はミリ秒)ASP のバイト。NET のページです。このときからの時間を反映しています、ページ全体がダウンロードされるときにユーザーによる要求が発行されます。通常は、最初に受信すると、ページをレンダリングするブラウザーを起動中後、最後のバイトをバイト、ページ全体を表示までされていません。転送します。


関連情報

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
818015HOW TO が調整でき、組み込まれているアプリケーションのパフォーマンスにします。NET Framework
アプリケーションの配置の詳細についてを参照してください、.NET Framework SDK ドキュメントまたは訪問、次のマイクロソフトの Webサイト:

.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ybshs20f (vs.71)

プロパティ

文書番号: 815161 - 最終更新日: 2011年7月28日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbmt KB815161 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:815161
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com