ASP.NET アプリケーションで使用する Web.config ファイルの作成方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 815179 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、ASP.NET アプリケーションで使用する Web.config ファイルの作成方法について手順を追って説明します。.NET Framework、特に ASP.NET では、アプリケーションの構成に XML 形式の .config ファイルが使用されています。これは、従来のレジストリやメタベース方式の構成メカニズムに代わるものです。現時点では、.config ファイルの作成や変更を行うための Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインやその他の管理ツールは、マイクロソフトから提供されていません。

この資料では、個別の ASP.NET アプリケーションの動作を制御するのに使用される Web.config ファイルの作成方法について説明します。

先頭に戻る

config ファイルの階層

.NET Framework の構成オプションの定義は、.config ファイルに依存しています。.config ファイルはテキストベースの XML ファイルです。単一のシステム上で複数の .config ファイルが共存可能であり、実際に共存していることもよくあります。

.NET Framework に関するシステム全体の構成の設定は、Machine.config ファイルで定義されます。Machine.config は、%SystemRoot%\Microsoft.NET\Framework\%VersionNumber%\CONFIG\ フォルダーに保存されます。Machine.config ファイルに含まれる既定の設定を変更することで、システム全体にわたって .NET アプリケーションの動作を変更することができます。

アプリケーションのルート フォルダーに Web.config ファイルを作成すると、特定のアプリケーションについて ASP.NET の構成の設定を変更することができます。これを行った場合、Web.config ファイルに含まれる設定は Machine.config ファイルに含まれる設定よりも優先されます。

先頭に戻る

Web.config ファイルの作成

Web.config ファイルは、メモ帳などのテキスト エディターを使用して作成することができます。作成するファイルの名前は Web.config とする必要があり、ASP.NET アプリケーションのルート ディレクトリに保存する必要があります。また、Web.config ファイルは整形式の XML ドキュメントである必要があり、%SystemRoot%\Microsoft.NET\Framework\%VersionNumber%\CONFIG\ ディレクトリにある Machine.config ファイルと同様の形式である必要もあります。

Web.config ファイルに含める構成項目のエントリは、Machine.config ファイルに含まれる設定よりも優先するエントリのみで構成される必要があります。Web.config ファイルには、少なくとも <configuration> 要素と <system.web> 要素が含まれる必要があります。個別の構成要素は、これらの要素の中に含まれます。

最小限の Web.config ファイルの例を以下に示します。
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<configuration>
<system.web>

</system.web>
</configuration>
Web.config ファイルの最初の行には、このドキュメントが XML 形式であることと、文字のエンコードの種類が記述されています。この最初の行は、すべての .config ファイルで同一である必要があります。

2 行目以降の行には、<configuration> 要素の開始と終了、<system.web> 要素の開始と終了が記述されています。これらの行は、この状態では何も行いませんが、構成設定を今後追加できるようにするための構造となります。ASP.NET の構成の設定の大半は、<system.web> 行と </system.web> 行の間に追加します。この 2 つの行は、ASP.NET 構成の設定の開始と終了を示します。

先頭に戻る

関連情報

ASP.NET の構成および ASP.NET 構成ファイルの形式の詳細については、.NET Framework SDK ドキュメントまたは以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/aa719558(VS.71).aspx

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ackhksh7(vs.71).aspx

詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
815178 ASP.NET アプリケーションの構成を編集する方法
先頭に戻る

プロパティ

文書番号: 815179 - 最終更新日: 2014年1月27日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft ASP.NET 1.0
  • Microsoft ASP.NET 1.1
キーワード:?
kbconfig kbweb kbhowtomaster KB815179
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com