[HOWTO] Windows Server 2003 の緊急管理サービス (EMS) の無人インストールを実行する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 815273 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows Server 2003 の緊急管理サービス (EMS) の無人インストールを実行する方法について説明します。

EMS は、標準のリモート管理ツールおよびメカニズムを使用してサーバーを使用できない場合に、リモート管理とシステム回復タスクを実行するための Windows Server 2003 の新機能です。EMS は、標準の接続方法 (通常、ネットワークなど) でサーバーにアクセスできない場合に、サーバーにアクセスする代替手段を提供します。

サーバーに接続する

無人セットアップを実行するには、NULL モデム ケーブルとターミナル プログラム (ハイパーターミナルなど) を使用するか、またはその他の方法で、リモート コンピュータをサーバーに接続する必要があります。EMS の構成方法および使用方法については、この資料の「関連情報」を参照してください。

セットアップのテキスト形式部分の EMS プロンプト

サーバー コンピュータで EMS がサポートされていて、コンピュータの BIOS で EMS が有効になっていると、Windows セットアップのテキスト形式部分の初めに、接続したターミナルに次のようなメッセージが表示されます。

: 大半の 64 ビット コンピュータおよび一部の 32 ビット コンピュータは EMS に対応しており、デフォルトではコンピュータの BIOS で EMS が有効になっています。
Windows Server 2003, Enterprise Edition Setup
=============================================
Windows can automatically configure most aspects of your installation, requiring little to no input from you. 
If you are configuring a computer with no local monitor or keyboard, you must use this feature or setup will not complete.
If you would like to use this feature, please press ENTER now.
If you would like to proceed with a manual installation, please press the C key now.
ENTER=Express Setup C=Custom Setup  F3=Quit
  1. カスタム セットアップを実行するには、C キーを押します。次のメッセージが表示されます。
    Windows Server 2003, Enterprise Edition Setup
    =============================================
    Please Enter the password that will be used for the Administrator Account on this machine. 
    This password must not be empty.
    Administrator Password:
  2. Administrator のパスワードを入力し、Enter キーを押して、プロンプトが表示されたらパスワードを再入力します。
  3. 使用承諾契約書 (EULA) が表示されたら、内容をよく読み、F8 キーを押します (ハイパーターミナルでは、Esc キーを押し、2 秒以内に 8 キーを押します)。

    セットアップは無人モードで続行され、Windows Server 2003 ソース ファイルの Unattend.txt ファイルの構成情報が使用されます。

セットアップの GUI 部分の EMS プロンプト

ローカル コンピュータでセットアップのテキスト形式部分を実行すると、Windows セットアップのグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) に進み、サーバー コンピュータで EMS がサポートされていて、コンピュータの BIOS で EMS が有効になっている場合、次のプロンプトが表示されます。
EMS connection has been detected on your system. You are being prompted for input over the unattended Setup channel on that connection. If you provide input over the EMS connection, this dialog will close and Setup will complete. If you prefer to configure Setup via this local connection, click OK and Setup will proceed, prompting you for input.
[OK] または [Close] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じると、セットアップは通常の対話的な Windows セットアップとして続行されます。

: 大半の 64 ビット コンピュータと一部の 32 ビット コンピュータは EMS に対応しており、デフォルトではコンピュータの BIOS で EMS が有効になっています。

セットアップがユーザーからの応答を待つ間、リモート セットアップを実行するターミナル クライアントには、Special Administration Console (SAC) と呼ばれるテキスト モード管理コンソールが表示されます。
  1. ターミナルで ch -? と入力し、Enter キーを押して、無人チャネルを表示します ("無人チャネル" という用語は、Windows の無人インストールを管理するためのチャネルを示します)。以下の情報が表示されます。
    イベント:   新しいチャネルが作成されました。チャネルのヘルプについては ""ch -?"" を使ってください。
    Channel: Unattended Setup Channel
    SAC>
    イベント: CMD コマンドを利用できます。
    : ハイパーターミナル プログラムのエコー設定が有効になっている場合があります。これによって、入力時にターミナル ウィンドウに文字が重複して表示されます。この設定を無効にするには、以下の手順を実行します。
    1. [ファイル] メニューの [プロパティ] をクリックします。
    2. [設定] タブをクリックし、[ASCII 設定] をクリックします。
    3. [ローカル エコーする] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。
  2. ch -? と入力し、Enter キーを押して、チャネル管理コマンドを表示します。以下の情報が表示されます。
    チャネルの管理コマンド:
    ch                   チャネルをすべて表示します。
    状態の凡例: (AB)
    A: チャネルの操作状態
        'A' = チャネルがアクティブです。
        'I' = チャネルがアクティブではありません。
    B: チャネルの種類
        'V' = VT-UTF8 エミュレーション
        'R' = Raw - エミュレーションなし
    ch -si <#>           チャネル番号で切り替えます。
    ch -sn <name>        チャネル名で切り替えます。
    ch -ci <#>           番号で指定したチャネルを閉じます。
    ch -cn <name>        名前で指定したチャネルを閉じます。
    <esc><tab> を押してチャネルを選択します。
    <esc><tab>0 を押すと SAC チャネルに戻ります。End Display:
  3. Esc キーを押しながら Tab キーを押して、使用可能なチャネルをスクロールし、無人チャネルを探します。無人チャネルを選択すると、製品の使用承諾契約書 (EULA) を確認する画面が表示されます。
  4. PageDown キーを押して EULA を読み、F8 キーを押して同意します。

    : 一部のターミナル プログラムでは、ファンクション キーが機能しません。その場合、Esc キーを押して、2 秒以内に 8 キーを押します。
  5. プロダクト キーの確認メッセージが表示されたら、以下の形式で入力します。
    XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX
  6. Administrator のパスワードを入力するように求められたら、パスワードを入力し、確認メッセージが表示されたらパスワードを再入力します。
Administrator のパスワードを入力して確認入力すると、Windows Server 2003 ソース ファイルの IA64 フォルダにある Unattend.txt ファイルの情報を使用して、無人セットアップが続行されます。

関連情報

EMS の関連情報については、以下のマイクロソフト Web サイトにあるホワイト ペーパーを参照してください。
http://www.microsoft.com/hwdev/platform/server/headless/default.asp


関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 815273 (最終更新日 2003-03-24) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 815273 - 最終更新日: 2004年5月5日 - リビジョン: 4.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
キーワード:?
kbhowtomaster kbmgmtservices KB815273
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com