Exchange Server 2003年でメモリ使用量を最適化する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 815372 - 対象製品
Notice
この資料では、次の資料の統合です。
316739 ユーザー モード領域を 2 GB と 3 GB の間で値を調整する、/3 GB スイッチと/userva スイッチを使用する方法

823440 3 GB の使用スイッチでは、Exchange Server 2003年を Windows Server 2003 ベースのシステム

810371 /Userva スイッチを使用して、Exchange Server を実行している Windows Server 2003 ベースのコンピューターに
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Exchange Server 2003年を実行しているコンピューター上のメモリ使用量の最適化について説明します。

詳細

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

1 ギガバイト (GB) 以上の物理メモリ (RAM) が Microsoft Exchange Server 2003年を実行しているサーバーにインストールされている場合は、Exchange 2003 はメモリを効率的に使用することを確認する必要があります。

メモ Exchange 2003 は、ストア プロセスが開始すると、最適なメモリ構成を確認を実行します。メモリ設定が最適でない場合は、イベント 9665 がイベント ビューアーに記録されます。1 つの場合は、このメッセージが出力されますか、次の条件に該当します。
  • 任意のエディションの Microsoft Windows 2000 Server を実行しているサーバーと、 31000をレジストリ内の SystemPages の値が24000の範囲外に設定します。

    メモ SystemPages サブキーは、次の場所に。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management\SystemPages
  • サーバーはマイクロソフトの Windows 2000 Advanced Server、または Microsoft Windows 2000 Datacenter Server を実行している、1 GB 以上の物理メモリですは、 gb/3 GBスイッチが boot.ini ファイルの設定はありません。
  • サーバーが実行されている Windows Server 2003 の標準、Windows Server 2003 のエンタープライズまたは Windows Server 2003 Datacenter edition、およびレジストリ内の SystemPages の値が0以外の値を設定します。
  • サーバーを Windows Server 2003 の Standard Edition、Windows Server 2003 の Enterprise Edition または Windows Server 2003 Datacenter Edition を実行しているが、1 GB 以上の物理メモリと、/ 3 GBスイッチが設定されています。ただし、 /USERVAの設定は、boot.ini ファイル内に存在します。
  • 任意のエディションの Microsoft Windows 2000 Server または Windows Server 2003 を実行しているサーバーと、 HeapDeCommitFreeBlockThresholdレジストリ値は0x00040000以外の値に設定します。

    0x00040000 は 16 進数の値です。値HeapDeCommitFreeBlockThresholdレジストリで 40000 (16 進数) を入力してください。

メモリ構成チェックは、Microsoft Small Business Server を実行しているサーバーでは発生しません。イベント 9665 が発生すると、イベント ログに DWORD が追加データとして書き込まれます。

確認する設定が正しく設定されていない、Exchange ベスト プラクティス アナライザー ツールの稼働状態のチェックを実行し、レポートされますどのような設定を変更する必要があります。詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Microsoft Exchange ベスト プラクティス アナライザー v2.8
メモリ構成チェックを無効にする場合は、次のレジストリ キーを作成できます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSExchangeIS\ParametersSystem

パラメーター: のメモリ構成の通知を抑制します。
種類: REG_DWORD
設定: 1

警告管理者からの潜在的な警告イベントを非表示にするとサーバーのパフォーマンス低下にあるとみなすでしょう潜在顧客としていない recommendthis の構成を行います。

注:
  • メールボックスやパブリック フォルダーは、メール ゲートウェイなどが含まれていない Exchange Server コンピューターに対してお勧めしません、インストールされている物理メモリのサイズにかかわらず、boot.ini ファイルで/3 GBスイッチを設定します。
  • 同じ時間 Active Directory ドメイン コント ローラーまたはグローバル カタログ サーバーに Exchange Server コンピューターに対しても推奨されません boot.iniで/3 GBスイッチを設定します。Active Directory のドメイン コント ローラーまたはグローバル カタログ サーバーを専用することをお勧めします。
  • Microsoft Small Business Server は、統合されたドメイン コント ローラーと Exchange サーバーがインストール、ためも推奨されません、Small Business Server 環境で Exchange Server 2003年を実行すると、/ 3 GBスイッチを設定します。ただし、その他の概念とこの資料に記載されている設定に等しく適用 Exchange Server 2003年、Microsoft Small Business Server 環境で。

この資料では、次のセクションにはこれらの各設定に関する推奨事項が含まれます。

Windows 2000 Server と Exchange Server 2000 のチェック項目
Windows Server 2003 と Exchange Server 2003年で確認すること
仮想アドレス空間の概念

ハードウェア構成、データベースの数、およびサーバー上のユーザーの数に依存しない、Exchange 2003 では、Exchange インフォメーション ストア (Store.exe) プロセスが、それは対処できるメモリの容量には限度。この金額は、仮想アドレス空間と呼ばれます。ほとんどの場合、インフォメーション ストア用の仮想アドレス空間の使用法が全体的なパフォーマンスと、Exchange Server 2003年メールボックス サーバーのスケーラビリティに影響を与えます。小規模から中規模のサーバーは、Exchange Server 2003年によって自動的に最適なバランスをが。ただしより大規模なサーバーを手動で調整するにはパラメーターを調整します。


/3 GB スイッチ

Exchange Server 2003年コンピューターに 1 gb 以上のメモリをインストールし、コンピューターがホームにメールボックスまたはパブリック フォルダー、サーバー上の Boot.ini ファイルに/3 GBスイッチを追加することになっていることを確認します。サーバーのメールボックスまたはパブリック フォルダーをメール ゲートウェイなどがあるない場合は、お勧めしません、/3 GBスイッチを使用すること。既定、Microsoft の Windows 2000 Advanced Server および Windows Server 2003 オペレーティング システムで 2 GB の仮想アドレス空間をカーネル モードの使用率、および 2 GB のユーザー モードに予約します。特定のプロセスの仮想アドレス空間は起動時に割り当てしより多くのメモリが、操作中に使用するにつれています。通常、プロセスの実際のメモリ使用量 (ワーキング セット) は、そのプロセスに割り当てられているアドレス空間よりも少ない。1 GB 以上のメモリを持つ Exchange Server 2003年を実行しているコンピューターでする必要があります変更する、Windows 2000 Advanced Server と Windows Server 2003 オペレーティング システム 3 GB のユーザー モードのメモリ領域を使用できるようにします。これは、Boot.ini ファイルで/3 GBスイッチを使用して実行できます。

このスイッチを使用して、次のシステム プールで利用可能なメモリを削減:
  • 非ページ プール
  • ページ プール
  • システム ページ テーブル エントリ (Pte)

プール内のメモリ削減が多すぎる、特定のサーバーのインストールでサーバーまたはアプリケーション可能性がありますエラーが生成または応答を停止します。

たとえば、2 GB の物理 RAM の3 GBを使用していないが、Exchange サーバーの boot.ini ファイルがメモリ不足、Store.exe の仮想アドレス空間は 2 GB に達すると切り替えます。Windows タスク マネージャーは、およそ 1.5 GB のみが実際に使用されていることを示しています。ただし、サーバーは、あるメモリが不足します。パフォーマンスの監視と、仮想アドレスの消費量を監視できます。仮想空間を正確に読み取れるようにするには、Store.exe プロセスの仮想バイトカウンターを追加します。Store.exe プロセスは、交換する唯一のプロセスを監視する必要があります。その他の Exchange プロセスは大きくありません十分な問題が発生します。


システム ページ

Windows 2000 Advanced Server ベースのコンピューターまたは Windows Server 2003 コンピューターで 3 GB スイッチを変更するだけでなく、次のレジストリ サブキーにSystemPagesレジストリを構成することもする必要があります。
Manager\Memory Management\SystemPages をします。
Windows 2000 Advanced Server ベースのコンピューターでは、SystemPages レジストリ エントリに 24000 〜 31000 の間には、DWORD 値 (10 進) に設定し、[ OK] をクリックします。使用する値がわからない場合は、31000 (10 進) を使用することをお勧めします。詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
SystemPages の設定が高すぎます。
このレジストリの変更は必要ありませんもはお勧め Windows 2003 ベースのサーバーでこの機能は、後のセクションで記載されている/USERVAスイッチを使用して達成するため。Windows 2003 ベースのサーバーは、 SystemPages値を 0 に最適な構成設定が必要です。

Windows 2000 サーバーの標準エディションを実行している場合、/ 3 GBスイッチを設定しません。このメモリのスイッチの調整は、Windows 2000 サーバーの標準エディションではサポートされていません。この操作を行う場合、サーバーはエラー メッセージを生成しない、このスイッチの設定の結果は、誤ったメモリ アドレス スペースが存在します。プロセスがこの上位アドレス空間にアクセスしようとすると、Stop エラーの Stop エラー メッセージが発生すると、サーバーが応答を停止します。

メモ 3 GBチューニング スイッチは、Windows Server 2003 の標準版を含む Windows Server 2003 のすべてのリリースでサポートされます。/3 GBスイッチを設定する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
266096 Exchange 2000 は 1 ギガバイト以上の物理 RAM の 3 GB スイッチが必要
Exchange Server のスケール アップと、/ 3 GBスイッチを使用して、ため Exchange Servercannot は、4 GB 以上の RAM を効率的に使用します。Exchange Server では物理アドレス拡張 (PAE) またはアドレス ウィンドウ化拡張 (AWE) をインスタンス化することはできません。したがって、4 GB の RAM には、Exchange サーバーが効率的に使用できるメモリの最大量です。


USERVA スイッチ

/USERVAスイッチは、Windows Server 2003 には新しいユーザー モードとカーネル モードの間でメモリの割り当てを分割するより良い詳細を提供.この動作より多くのユーザーのシステム リソースを使い果たすリスクなしには、サーバーを拡張することができます。/USERVAスイッチと/3 GBスイッチを使用すると、メモリの割り当て方法をカスタマイズできます。次の番号/USERVA =メガバイト (MB) を各プロセスに割り当てられるメモリの量です。設定する場合は、 3 GB/USERVA = 3030、3,030 MB、3,072 MB だけで/3 GBスイッチを使用する場合に比べて、プロセス空間にメモリを予約します。42 MB に設定すると、保存されている/USERVA = 3030は、カーネル メモリ領域を増やして、空きシステム ページ テーブル エントリ (Pte) を使用します。( /3 GBスイッチを指定)、3 GB を割り当てられている値の差が増加、PTE のメモリ プールを併用します。

Exchange を実行しても使用する/3 GBスイッチを使用して構成されているすべての Windows Server 2003 ベースのサーバーを構成することお勧めします/USERVA = 3030以上全体的なシステム ページ テーブル エントリ (PTE) サーバー上で有効にするスイッチ。Windows Server 2003 ベースのサーバーをインストールした後は、3 GBを追加するには、Boot.ini ファイルを変更する必要がありますと/USERVA = 3030パラメーターをスタートアップの行にします。例を示します。
[ブート ローダー]
タイムアウト = 30
既定のマルチ (0) (0) (0) を rdisk パーティション (2) = \WINNT
[オペレーティング システム]
複数 (0) ディスク (0) (0) を rdisk パーティション (2) \WINNT="Microsoft Windows Server 2003"/fastdetect 3 GB/USERVA = 3030
メモ /USERVAパラメーターは 2,970 〜 3,030 MB に設定されている場合、Exchange サーバーでのみサポートされます。2,970 MB か 3,030 MB より大きい値を小さい値にすることはできません。低 PTE の極端なケースでのみ 2,970 MB 未満を使用してください。Exchange サーバーの既定の推奨値は 3,030 MB です。増やす場合、Pte が、Pte が 12,000 を超えるまでに 64 MB の手順では、この値が短縮されます。理想的より大きい値は特定のサーバー上の追加ヘッドルームを提供することをお勧めします。/USERVAの値が小さいほどはシステム ページの大規模な割り当てになります。それよりも小さく値は変更しないでください/USERVA = 2800年Pte の多くを取得しようとします。代わりに、Microsoft カスタマー サポート サービスを問い合わせてください。


空いているシステム ページ テーブル エントリを監視します。

パフォーマンス モニターを使用して直接低 Pte を表示できます。オブジェクト システム ページ テーブル エントリの空きメモリのカウンターの下を探します。8,000 未満である値が低すぎると、サーバーが不安定になる問題が発生する可能性があります。そのため、Pte のサーバー上で、全体の量を増やすにダウン、/USERVA スイッチを調整する必要があります。空きシステム Pte のターゲット値は、12,000 以上です。

Store.exe プロセスの仮想メモリが不足すると、Exchange Server 2003年サーバーのパフォーマンスが大幅に低下します。仮想メモリの最大空きブロックが 32 MB まで小さく、イベント ビューアーのアプリケーション ログにイベント ID 9582 の警告イベントが生成されます。このイベントが表示された場合、次の機会に、Store.exe プロセスを再起動することをお勧めします。メモリの最大ブロックは、16 MB のレベルをさらに縮小した場合は、イベント ビューアーのアプリケーション ログにイベント ID 9582 のエラー イベントが生成されます。このイベントが発生した場合は、サーバ、重要な操作の状態が近づいているし、次の機会に再起動する必要があります。このエラーの発生後数時間でメモリがすべて消費されます。これらのイベントに応答しない場合は、次の現象の 1 つ以上が発生する可能性があります。
  • 断続的にメッセージ配信が失敗します。
  • イベント ID 12800 で示されるインターネット メール (IMAIL) 変換処理の断続的な障害が発生します。
  • エラー メッセージやイベント特定の Exchange 対応のウイルス対策プログラムが生成する可能性があります。

不要なビデオ ドライバーを削除します。

通常、強力なグラフィックス カードやドライバー、Exchange サーバーは必要ありません。必要がありますを確認する唯一の特定のサーバー上で使用可能な Pte を強化するためには、サーバー上で、デフォルトの VGA ドライバーがインストールされています。Boot.ini スタートアップ パラメーターの/BASEVIDEOスイッチを追加することもする必要があります。これは、またリソースの消費、デフォルトの VGA ドライバーを使用する windows を強制します。これは、約 1000 人のシステム Pte 以上を保存するが見つかりました。

だけでなく、デフォルトの VGA ドライバーへの切り替え、また、元のビデオ カード ドライバーがインストールされているグラフィック カード アクセラレータ ドライバーを削除する推奨します。これらの追加のドライバーは、オペレーティング システムのシステム プールで利用できるメモリを削減できる貴重なリソースが必要です。

仮想アドレス領域を最大化します。

大規模なメールボックス サーバーのインフォメーション ストアのパフォーマンスを確認するのには、仮想アドレス空間を監視することをお勧めし、安定性が低下しないします。これを行うには最も簡単な方法は、VM の最大ブロック サイズ、パフォーマンス ユーティリティには、 MSExchangeISパフォーマンス オブジェクトのカウンターを監視します。この値はバイト単位で表示します。コンピューターを起動した後に一般的に仮想メモリの最大ブロック サイズの鋭い減少を参照してください。ただし、1 日または 2 つの操作の後に、値は一般的な動作レベルに近づきます。200,000, 000 バイト (約 200 MB) 以上である最大空き仮想メモリ ブロックの値は、正常なサーバーを示します。これより値を小さく場合は、サーバーをより密接に監視します。場合は、低い仮想アドレス空間が発生します。
  1. 1 GB 以上の物理メモリがインストールされている場合は、次の条件に、サーバー上に該当する場合、Boot.ini ファイルで/3 GBスイッチが設定されていることを確認します。
    • サーバーがホームにメールボックスまたはパブリック フォルダー。
    • オペレーティング システムは、Windows 2000 Advanced Server または Windows Server 2003 です。

    サーバーのメールボックスまたはパブリック フォルダーをメール ゲートウェイなどがあるない場合は、お勧めしません、/ 3 GBスイッチを使用すること。
  2. Exchange Server 2003年は、Windows Server 2003 ベースのサーバーにインストールされていると、/3 GB スイッチが設定されている場合は、必ず、 /USERVA = 3030スイッチは、Boot.ini ファイルに設定します。Windows 2000 ベースのサーバーで Exchange Server 2003年をインストールする場合は Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) またはそれ以降のバージョン、サーバーが実行されていることを確認します。
  3. 1 GB またはより多くの物理メモリがインストールされている場合は、 HeapDeCommitFreeBlockThresholdレジストリ値を構成するのには、次のレジストリ キーと、サーバーを再起動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager

    値の名前: HeapDeCommitFreeBlockThreshold
    値の種類: REG_DWORD
    値のデータ: 0x00040000 (推奨)
    既定値: 値がないです。
    使用して、このレジストリ値を構成する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
    315407 "HeapDecommitFreeBlockThreshold"レジストリ キー
通常、前の手順では、仮想アドレス スペースの消費量の問題を解決します。ただし、大規模なサーバーで追加のパフォーマンスとスケーラビリティのバランスを再調整するには、ストア データベースのキャッシュ サイズの調整を実行する必要があります。

ストア データベース キャッシュのサイズ

ストア データベース キャッシュは ESE バッファーとも呼ばれます。 し、ストアにコミットされる前にデータベース トランザクションに大規模なキャッシュ空間を提供します。既定では、Exchange Server 2003年は、ローカル コンピューターのメモリ構成の問い合わせし、576 MB の RAM 場合は、/ 3 GBスイッチが設定されていない場合、Boot.ini ファイルで/3 GBスイッチが設定されてし、896 MB の RAM を割り当てます。サーバーの負荷が高いディスク パフォーマンスが最適でない場合や、システム全体のパフォーマンスが向上、大容量の ESE バッファー。構成によっては、最適な全体的なパフォーマンスを取得するバッファーのサイズを増減する必要があります。

シナリオで Exchange Server 2003年が使用されている環境で他のサーバー側のプログラムと共存している場合は、使用可能なメモリ リソースを独占、可能性があります。動的なバッファー割り当て (DBA) アルゴリズムは他のプログラムで必要な場合、オペレーティング システムにメモリを取得します。ただし、手動で Exchange Server 2003年は、ESE バッファーを削減することで使用されるメモリを制限できます。

警告2 GB 以上のメモリを持つサーバーに、ESE バッファーのサイズを大きくできます。仮想アドレス スペースの制限があるためこの値を 1,200 MB 以上に設定する必要がありますされません。

最大バッファー サイズを大きく前に、Windows パフォーマンス ユーティリティを使用して、典型的な負荷の下でサーバーのメモリを監視することをお勧めします。これには、次のパフォーマンス オブジェクトと値を監視します。
パフォーマンス オブジェクト: プロセス
パフォーマンス: 仮想バイト
インスタンス: ストア
情報収集からパフォーマンス モニターで、Store.exe プロセスが割り当てた、仮想アドレス空間の正確な値をします。/3 GBスイッチが Boot.ini ファイルの設定は、サーバー上で、パフォーマンス ユーティリティに表示される値は通常 2.5 GB よりも小さいです。Boot.ini ファイルで/3 GBスイッチが設定されていないサーバーの場合、通常、値は 1.8 GB 未満であります。1 GB 以上のメモリがあるサーバーでは、Boot.ini ファイルに/3 GBスイッチを追加することをお勧めします。上記のいずれかの構成より大きな値が表示される場合、最大バッファー サイズのサイズを増やさない。値はより小さい、上記のいずれかの構成を参照してくださいする場合は、データベースの最大バッファー サイズを大ききます。

たとえば、サーバーの負荷が高いときに 2.5 gb のパフォーマンスの監視の virtual bytes カウンターを表示、Boot.ini ファイルで/3 GBスイッチを使用するように構成されたサーバーがある場合は、最大バッファー サイズを約 300 MB、合計 1,200 MB のサイズを大きくことができます。

バッファー サイズを増やすとサーバーのパフォーマンスに悪影響を及ぼします。大きなバッファーは、以上の仮想アドレス領域が消費されることを意味します。したがって、サーバーで仮想メモリ アドレス スペースの制約が発生した場合は、バッファー サイズを大きくする可能性があります作成のオペレーティング システムが不安定になります。これにより、応答しないサーバーです。非常に大規模なメールボックス サーバーでは、システムが不安定になったりしないようにするのには、既定のバッファー サイズを小さく必要があります。

ESE バッファー サイズを変更する方法

MsExchESEParamCacheSizeMaxパラメーターでは、ESE バッファーのサイズを制御します。その値は、ページ数で表され、効率性を高めるため 8192 の倍数に設定する必要があります。
  • スイッチが設定、/3 GBサーバー上のデフォルトのサイズ: 229376 (896 MB)
  • スイッチのセットを3 GBサーバー上の既定のサイズ: 147456 (576 MB)
  • 推奨の最大値で、 3 GBスイッチが設定: 311296 (1.2 GB)

    メモ デフォルトでこの値を増やす前に、この資料の前半で説明したようにユーザーはまず、ストア プロセスの仮想バイトを監視します。
  • 推奨最大値は、/3 GBスイッチが設定: 196608 (768 MB)

    メモ デフォルトでこの値を増やす前に、この資料の前半で説明したようにユーザーはまず、ストア プロセスの仮想バイトを監視します。

メモ トランザクション ログの再生は、ESE バッファー サイズを設定する、大幅に高速です。一時的に311296災害復旧シナリオでの値に、ESE バッファーのサイズを増やすことができます。

Exchange 2000 サーバーを Exchange 5.5 サーバーのインプレース アップグレードを実行する場合は、 msExchESEParamCacheSizeMaxパラメーターに割り当てられている異常に高い値は、することがあります。一部のサーバーで、2,048 MB に等しい値です。この場合は、削除または、パラメーターを適切な値にリセットします。ストア データベース キャッシュのサイズを変更: する
  1. Active Directory サービス インターフェイス (ADSI) 編集ユーティリティを起動します。ADSI Edit は、Windows サポート ツールが Windows 2000 または Windows Server 2003 CD-ROM のダブルクリック フォルダーに含まれています。
  2. 構成コンテナー [servername.example.com、servername.example.com は、完全修飾ドメイン名のサーバーの FQDN の展開CN = 構成DC = 例DC = com
  3. 展開CN = サービスを展開CN = Microsoft Exchangeを展開CN ="組織名"場所 "組織名" 名前は、組織の展開CN = 管理グループを展開CN =最初の管理グループ場所 最初の管理グループ 名前は、管理グループの展開CN = サーバーの順に展開し、 CN =サーバー名.
  4. CN =サーバー名、右クリックCN = インフォメーション ストア、し、[プロパティ] をクリックします。
  5. 表示するプロパティを選択] の一覧で [両方] をクリックします。
  6. 表示するプロパティを選択] ボックスの一覧で、[ msExchESEParamCacheSizeMax] をクリックします。

    メモ MsExchESEParamCacheSizeMax プロパティ表示するプロパティを選択] ボックスの一覧の幅を越えています。誤ってクリックしないmsExchESEParamCacheSizeMinプロパティには、代わりにかどうかを確認します。
  7. 属性の編集] ボックスに、この属性を指定する値を入力します。

    メモ 値は 8,192 の倍数を入力するかどうかを確認します。
  8. 設定] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  9. ADSI Edit ユーティリティを終了します。この値は、Active Directory フォレスト全体に複製するのに十分な時間を許可します。
  10. Exchange サーバーで Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスを再起動します。



プロパティ

文書番号: 815372 - 最終更新日: 2013年11月19日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo kbhowto kbmt KB815372 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:815372
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com