INF: SQL Server のチェックポイントの動作を制御するには、トレース フラグ 3505 を使用します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 815436
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

コントロールにトレース フラグ 3505 を使用する方法についてを説明しますチェックポイントの動作を指定します。

詳細

SQL Server 自動的に減らすためにチェックポイントを発行、SQL Server の回復時間とログ領域の再利用 (切り捨て) を許可します。で非常にまれな状況では、既定のチェックポイントの間隔を調整する必要があります。、使用して既定のチェックポイントの間隔を設定できます、 sp_configure ストアド プロシージャの名前設定 復旧間隔.トレース フラグ 3505 を使用して強制的にし、間隔を調整することができます。自動チェックポイント処理を完全に無効にします。

回復の既定の設定を保持することをお勧め間隔および休暇のトレース フラグ無効に広範囲にテストしない限り、適切な復旧の計画を開始します。高可用性システムでは、ようなクラスターは、復旧間隔を変更しないことおデータの安全性と可用性に影響がありますので。

I/O を使用する場合ミラー化と同様の設備、変化しないマイクロソフトことを推奨復旧間隔。これらのシステムを物理的な動作に設計されていますI/O レイヤー。これらの効果を削減にチェックポイントを増加します。設計します。

改善点

Microsoft の継続に拡張性の向上を図るため、チェックポイントの処理します。 詳細についてはMicrosoft に着手したが、拡張性の向上、次をクリックします。文書番号を使用して「サポート技術情報」資料を参照するには:
815056FIX チェックポイント プロセス SQL Server データベースの処理を遅らせることができ、スケジューラのエラーの原因が表示されない: 17883 が発生するには

これらの機能強化のため、回復間隔の調整およびトレース フラグ 3505 の使用は、通常、ないです。必要ありません。SQL Server の最新バージョンがインストールされていることを確認します。復旧間隔を変更する前にします。

トレース フラグ 3505 を使用する場合

トレース フラグ 3505 を使用して、チェックポイントがあるかどうかを確認することができます。重要な時期は、アプリケーションが発生しません。タイミングを制御することができます。チェックポイント I/O 負荷の可能性があるため、チェックポイントが発生した、システムです。SQL Server 自動チェックポイント ディスク書き込みが高速化するために設計されていますI/O の使用量が増えないようにします。ただし、特定の例外的な状況で、SQL Server の問題は、自動チェックポイントはアプリケーションに影響を与える可能性があります。パフォーマンス I/O 負荷の増大のため。いくつかのアプリケーションがあります。特定の時点では、厳密な応答時間の要件と影響は、チェックポイントは、重要です。このような状況では、タイミングを制御することができます。チェックポイントが発生します。

これらのエフェクトのためが発生した場合チェックポイントが発生すると、次の手順を実行します。
  • SQL Server 2000年のサービスがインストールされていることを確認します。パック 3 (SP3) およびその他の修正プログラム。
  • 最大スループットを確保するのには、I/O パスを確認してください。
  • データベースのレイアウト、I/O に関連を確認します。パスです。

使用に関する注意事項

トレース フラグ 3505 を設定するには、自動チェックポイント無効になります。設定トレース フラグ 3505 はリカバリ時間が長くなる可能性があり、ログ領域の再利用を防ぐことができます。次のチェックポイントが実行されるまで。手動でチェックポイントを発行することを確認します。すべてのデータベースが適切な時間間隔で読み書きします。

メモ トレース フラグ 3505 を設定間の自動チェックポイント無効になりますがすべてのデータベース サーバーです。トレース フラグ 3505 を設定すると、発行する必要があります。チェックポイント コマンドのすべてのデータベースの更新が発生する必要があります。トレース フラグ3505 特定で発行される内部チェックポイントを防ぐことはできません。コマンドは次のよう バックアップ.

警告 チェックポイント間隔を大きくと、復旧作業を読み込む関連付けられている時間が長くなります。いくつかのクエリ パターンでは、リカバリ ・ タイムを可能性があります。元のトランザクションの時間よりも長くなります。たとえば、設定した場合、復旧間隔を 5 分には、いくつかのクエリ パターン回復時間を可能性があります。最大で 15 分です。この結果、全体的にしことがあります。システムの目標。

その他のすべてのトレース フラグのようにトレース フラグ 3505 があります。今後の SQL Server のリリースをサポートしました。トレース フラグを設定することができますが3505 それ以降のバージョンの SQL Server、自動チェックポイント無効に可能性がありますされません。

トレース フラグ 3505 を使用します。

またはを使用してスタートアップ パラメーターとしてトレース フラグ 3505 を設定できます、 isql コマンド ライン ユーティリティは、 osql コマンド ライン ユーティリティ、または SQL のクエリ アナライザー。
  • スタートアップ パラメーターとしてトレース フラグを設定するには、実行、コマンド プロンプトから次のコマンド:
    sqlservr.exe ?T3505 
  • トレース フラグを有効にするのには isql, osql、または SQL クエリ アナライザーを次のコードを実行します。
    DBCC TRACEON( 3505 )
  • トレース フラグを無効にするには isql, osql、または SQL クエリ アナライザーを次のコードを実行します。
    DBCC TRACEOFF( 3505 )
メモ トレース フラグ 3502 がログオン時にメッセージを含めるを設定することができます。先頭と各チェックポイントの終了します。このトレース フラグを使用する場合トレース フラグ 3505 を使用します。

関連情報

詳細については、 チェックポイント SQL Server のコマンドは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
チェックポイント

プロパティ

文書番号: 815436 - 最終更新日: 2011年7月28日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbinfo kbio kbcode kbmt KB815436 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:815436
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com