Windows タイム サービスのデバッグ ログを有効にする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 816043 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows タイム サービス (W32time) でデバッグ ログを有効にする方法について手順を追って説明します。Windows タイム サービスのデバッグ ログ機能は、管理者がトラブルシューティングを行う際に役立ちます。

: デバッグ ログ機能を使用する前に、その他のすべてのトラブルシューティング手順を実行することをお勧めします。デバッグ ログの詳細情報の性質上、Microsoft Support 担当者に問い合わせる必要がある場合があります。

Windows タイム サービスのデバッグ ログを有効にする

警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。
Windows タイム サービスでデバッグ ログを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディタを起動します。
  2. 次のレジストリ キーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\Config
  3. [編集] メニューの [新規] をクリックし、次のレジストリ値をそれぞれ追加します。
    • 値の名前 :
      FileLogSize

      データ型 : DWORD
      値のデータ : 10000000

      このレジストリ値では、ログ ファイルのサイズをバイトで指定します。
      10,000,000 バイトの場合、ログ ファイルのサイズは約 10 MB に制限されます。
    • 値の名前 :
      FileLogName

      データ型 : 文字列
      値のデータ : C:\Windows\Temp\w32time.log

      このレジストリ値では、ログ ファイルの場所を指定します。パスは固定ではなく、別のパスを使用できます。
    • 値の名前 :
      FileLogEntries

      データ型 : 文字列
      値 : 0-116

      このレジストリ値では、デバッグ ログに出力される情報の詳細レベルを指定します。より詳細なログ情報が必要な場合は、Microsoft Support 担当者に問い合わせてください。

      : データ型は、REG_SZ (文字列) である必要があります。値は、表示どおりに (つまり、0-116 を) 入力する必要があります。より詳細なログ情報を取得するために使用できる最高値は、0-300 です。この値は、0 〜 116 の範囲のエントリをすべて出力することを意味しています。

プロパティ

文書番号: 816043 - 最終更新日: 2007年12月3日 - リビジョン: 10.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Web Server 2008
キーワード:?
kbmgmtservices kbhowtomaster KB816043
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com