Works Suite をインストールする際に「セットアップは他のプログラムを実行して検出しました」のエラー メッセージ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 816505 - 対象製品
重要です この資料では方法やコンピューター上でのセキュリティ機能をオフする低レベルのセキュリティ設定を使用する方法を示す情報について説明します。 これらの変更、特定の問題を回避する行えます。 これらの変更を行う前に、特定の環境でこの回避策を実装する関連付けられているリスクを評価することお勧めがします。 この回避策を実装する場合、システムを保護、適切な追加処理を実行します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Works Suite 2003 をインストールすると、次のエラー メッセージが表示されますがあります。
インストールを妨げる可能性を実行している他のプログラムが検出されました。
Microsoft Works Suite 2004 をインストールすると、次のエラー メッセージが表示されますがあります。
コンピューターで開いている、次のプログラムが検出されました。 Microsoft Works Suite 2004 のインストールを続行する前に開いているプログラムを閉じます。

原因

この問題がコンピューターのバックグラウンドでほかのプログラムは実行が原因で発生します。

解決方法

重要です 手順セキュリティ上のリスクを増やすことがあります。 手順はコンピューターや脆弱性が高まるネットワークを悪意のあるユーザーやウイルスなど悪意のあるソフトウェアによる攻撃にもことします。 推奨プロセスを説明するように設計されているように動作する、または特定のプログラム機能を実装するプログラムを有効にします。 これらの変更を行う前に、特定の環境でこのプロセスを実装する関連付けられているリスクを評価することをお勧めします。 このプロセスを実装する場合は、システム保護、適切な追加処理を実行します。 このプロセスを本当に必要なする場合にのみ、このプロセスを使用することを推奨します。
警告 この回避策こと、コンピューターや脆弱性が高まるネットワークを悪意のあるユーザーやウイルスなど悪意のあるソフトウェアによる攻撃します。 おこの回避策を推奨していませんが、独自の判断でこの回避策を実装するように、この情報を提供します。 この回避策は、自己の責任において実行してください。

方法 1: すべてのプログラムを終了します。

この問題を解決するには、すべてのプログラムのインストール中に開いているを終了します。 手順は次のとおりです:
  1. タスクバーのプログラムが実行されているをクリックします。
  2. [ ファイル ] メニューの [ 終了 ] をクリックします。
ウイルス対策プログラムなど、一部のプログラムは、通知領域にアイコンを置きます。
  1. 通知領域アイコンを右クリックします。
  2. 利用可能な場合は、 終了 をクリックします。
以下の手順は、セットアップ プログラムがコピーされるファイルに関連付けられている問題を防ぐためが、コンピューターに現在実行しているプログラムを使用してあります。

方法 2: 終了タスクがバックグラウンドで実行されているすべてのプログラム

他のプログラム バックグラウンドで実行される可能性がありしていない、アイコン、タスク バーまたは通知領域にします。 これらのプログラムを終了するには、[各タスクを終了すると、タスク マネージャーを使わなければなりません。

Microsoft Windows XP または Microsoft Windows 2000

  1. メモ プログラム、マイクロソフトの機能をスイートのインストール プログラムを閉じる必要がありますを示します。
  2. Ctrl キーを押しながら Alt キーを押しながら DEL. キーを押します
  3. [ タスク マネージャー ] をクリックし、[ プロセス ] タブを実行します。
  4. メモを行ったプログラムの選択ステップ 1 で。
  5. [ プロセスの終了 ] をクリックします。
  6. 手順 4 および 5 手順 1 でメモした各プログラムを繰り返します。
  7. タスク マネージャを終了します。

    Works Suite に戻るプログラムをインストールします。
  8. 戻る ] をクリックしてください。
  9. インストールを実行して、 次へ ] をクリックし、インストール処理を完了する Works Suite の種類を選択します。
  10. Works Suite がインストールされているしたらコンピューターを再起動します。

Microsoft Windows 98 または Microsoft Windows Millennium Edition (Me)

  1. メモは Suite インストール プログラムが表すプログラムを閉じてください。
  2. Ctrl キーを押しながら Alt キーを押しながら DEL. キーを押します
  3. 手順 1 でのメモを作成したプログラムを選択します。

    プログラムが、ファイル名ではなくの表示--完全名でたとえばされます: Norton 対策ウイルスは"Navapw32.exe"として表示されます。
  4. タスクの終了 ] をクリックし、 [はい] を行うには求められた場合。
  5. 手順 3 と 4 手順 1 でメモした各プログラムを繰り返します。
  6. タスク マネージャを終了します。

    Works Suite に戻るプログラムをインストールします。
  7. 戻る ] をクリックしてください。
  8. インストールを実行して、 次へ ] をクリックし、インストール処理を完了する Works Suite の種類を選択します。
  9. Works Suite がインストールされているしたらコンピューターを再起動します。
メモ ウイルス対策プログラムが目的してウイルスからコンピューターを保護します。 また、ウイルス対策ソフトウェアが有効になっていない場合は電子メールの添付ファイルを開かないようにしてください。

コンピューター ウイルスの追加についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
129972コンピューター ウイルス: 解説、予防、および回復

方法 3: コンピュータをクリーン ブートする

まず 2 つの方法は問題が解決しない場合に何を「クリーン ブート」モードと呼びます Microsoft Windows の再起動するが必要です。 これは、オフになっている不要なすべてのプログラムでコンピューターを起動する方法です。 Windows がそれぞれ別のクリーン ブートをします。 以下のテーブルから、バージョンの Windows に対応するアーティクルを選択し、指示に従って方法についてクリーン ブートをコンピューター。
元に戻す全体を表示する
Operating System資料
Windows 98
281965 Msconfig ユーティリティを Windows 98 を使用してのトラブルシューティング方法
Windows Millennium Edition (Me) の場合
Windows Me でクリーン ブートを実行する 267288 の方法
Windows XP この修正プログラム (Windows XP 英語版) の属性は次のとおりです
Windows XP でクリーン ブートを実行する 310353 の方法
Windows 2000
Windows 2000 用のクリーン ブート トラブルシューティングを実行する 281770 の方法

Works Suite がインストールされているしたらコンピューターを再起動します。

プロパティ

文書番号: 816505 - 最終更新日: 2007年2月1日 - リビジョン: 5.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Works Suite 2005
  • Microsoft Works Suite 2004 Standard Edition
  • Microsoft Works Suite 2003 Standard Edition
  • Microsoft Works Suite 2006
キーワード:?
kberrmsg kbprb kbmt KB816505 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:816505
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com