[HOWTO] ターミナル サービスによるクライアントとサーバー間の通信をセキュリティで保護する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 816594 - 対象製品
Windows 2000 については、次の資料を参照してください。 306561
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

この資料の内容

概要

この資料では、Windows Server 2003 のターミナル サービスによるクライアント コンピュータとサーバー間の通信をセキュリティで保護する方法について、順を追って説明します。

Windows Server 2003 のターミナル サービスでは、4 段階 (低、クライアントと互換、FIPS 準拠、高) の暗号化がサポートされています。各暗号化のレベルに関する説明を以下に示します。
  • : このレベルでは、クライアントからサーバーに送信されるユーザーのログオン情報とデータが 56 ビットで暗号化されますが、サーバーからクライアントに送信されるデータはセキュリティで保護されません。マイクロソフトでは、イントラネット環境でこの暗号化レベルを使用することを推奨しています。
  • クライアントと互換 : このレベルでは、クライアントとサーバー間のデータが、クライアント側でサポートされている最大のキー強度で暗号化されます。この暗号化レベルは、バージョンの異なるクライアントや以前のバージョンのクライアントを含む環境でターミナル サーバーが実行されている場合に使用します。
  • FIPS 準拠 : このレベルでは、Microsoft 暗号化モジュールを使用する FIPS (連邦情報処理規格) 暗号化アルゴリズムにより、クライアントとサーバー間のデータの暗号化および暗号化の解除が行われます。
  • : Windows Server 2003 では、デフォルトでこのレベルの暗号化が使用されます。高レベルの暗号化では、128 ビットのキーを使用して双方向のデータ転送が暗号化されます。マイクロソフトでは、ネットワークがセキュリティで保護されておらず、北米地域にある場合に、この暗号化レベルを使用することを推奨しています。ターミナル サーバーが、128 ビット暗号化をサポートするクライアント (たとえば、リモート デスクトップ接続を使用しているクライアント) のみを含む環境で実行されている場合は、このレベルを使用します。このレベルでの暗号化をサポートしていないクライアントは接続を確立できません。

通信をセキュリティで保護する

暗号化設定を変更するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックして [管理ツール] をポイントし、[ターミナル サービス構成] をクリックします。
  2. ウィンドウの左側で [接続] をクリックし、暗号化レベルを変更する接続をダブルクリックします。
  3. [全般] タブをクリックします。
  4. [暗号化レベル] ボックスで目的の暗号化レベルをクリックし、[OK] をクリックします。
: 新たに設定した暗号化レベルは、ユーザーが次回ログオンしたときに有効になります。1 台のサーバーで複数のレベルの暗号化を必要とする場合は、複数のネットワーク アダプタをインストールして、それぞれに異なる設定を行います。


関連情報

Windows Server 2003 のターミナル サービスの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
814585 HOW TO: Connect Clients to Terminal Services in Windows Server 2003
814585 [HOWTO] Windows Server 2003 でクライアントをターミナル サービスに接続する方法


814593 HOW TO: Deactivate or Reactivate a License Server By Using Terminal Services Licensing

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 816594 (最終更新日 2003-06-06) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 816594 - 最終更新日: 2004年5月5日 - リビジョン: 4.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
キーワード:?
kbhowto KB816594
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com