更新プログラム パッケージの説明のオフィス ・ ソフトウェアの新しい命名方式は、

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 816916
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
この資料の Microsoft ISA Server バージョンは、参照してください。 822623.

Microsoft Systems Management Server 用この記事を参照してください 823419.

この資料の Microsoft SQL Server バージョンには、参照してください。 822499.

この資料の Windows バージョンを参照してください。 816915.

この資料の Microsoft Exchange のバージョンを参照してください。 817903.

マイクロソフトの Visual Studio では。このバージョン記事は、 822464.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、標準化された命名方式を採用します。ソフトウェア更新プログラム パッケージを作成および配布される Microsoft Officeマイクロソフトでは。新しい名前付けスキーマのすべてのソフトウェア更新プログラムに適用されます。パッケージでは、2003 年 5 月。

のMicrosoft は、一般的な用語に関する追加情報ソフトウェア更新プログラムの説明には、次の文書番号をクリックしてを採用します。記事は、マイクロソフト サポート技術参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明


マイクロソフト、新しい名前を採用していますOffice ソフトウェアのスキーマは次の理由でパッケージを更新します。
  • マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムでの一貫性を作成します。パッケージ。
  • ソフトウェア更新プログラムを検索する機能を向上します。パッケージおよびマイクロソフト サポート技術情報の記事。
  • ソフトウェア更新プログラム パッケージの言語を明確に記録します。目的の Office プログラムの場合とします。
この資料でには新しいについての追加情報が含まれています。Office ソフトウェア更新プログラム パッケージの命名方式は標準化されました。

詳細

新しいスキーマを Office ソフトウェア更新プログラム パッケージに名前を付ける

Office ソフトウェア更新プログラム パッケージは、次を使用して名前が付けられますスキーマ:
[商品名]KBArticleNumber-オプション-言語.exe

OfficeXP KB123456 クライアントして
できて KB123456 フルファイル DEU.exe
Visio2002 KB123456 クライアント JPN.exe


次に、各属性に関する情報を提供します。新しい名前付けスキーマでは。
  • [商品名]
    製品のバージョンを含む完全な製品名情報です。Office ソフトウェア更新プログラムは、この属性は次の次の。
    • OfficeXP
    • できて
    • Visio2002
    • [Visio 2000]
    • Project2002
    • Project2000
    • FrontPage のサーバー ・ Extensions2002
    • FrontPage のサーバー ・ Extensions2000
    • OfficeXP MUI
    • できて LPK
    に関するノート、 [商品名] 属性:
    • ソフトウェア更新プログラム パッケージのいずれかに該当する場合は、次の条件は、商品名"OfficeXP"または「できて」、なるバージョンやソフトウェアのアップデート、製品のバージョンに依存パッケージに適用されます。
      • 1 つのプログラムに、ソフトウェア更新プログラム パッケージを適用します。または、Microsoft Office XP や Microsoft の中に複数のプログラムをリリースOffice 2000 スイート。
      • ソフトウェア更新プログラム パッケージを適用します。Office スイートのプログラムおよびプログラムをインストールすることができますの組み合わせOffice スイートのプログラムの組み合わせに適用されるか、Office スイートとは別にインストールできます (例: マイクロソフトVisio または Microsoft Project。)
    • ソフトウェア パッケージを更新する場合だけに適用されます。プログラムは、Office スイートの製品とは別にインストールできます。名前のプログラム (たとえば、[visio2000]、Project2002 になりますFrontPage-Server-Extensions2002、FrontPage でサーバーに Extensions2000 します)。
    • ソフトウェア パッケージを更新する場合だけに適用されます。Microsoft Office XP のマルチ ・ ユーザー ・ インタ フェースまたは Microsoft Office多言語パックは、製品名はプログラム (たとえば。OfficeXP-MUI、またはできて LPK)。
  • KB
    この属性のアーティクルが存在することを示します、マイクロソフトは、ソフトウェアに関連付けられている技術更新します。
  • ArticleNumber
    (Microsoft Knowledge Base) 資料の ID 番号ソフトウェアの更新に関連付けられています。
  • オプション (省略可能な属性)
    この省略可能な属性を使用して区別するためにクライアントのソフトウェア更新プログラム パッケージおよび管理者用ソフトウェア更新プログラム パッケージは、同じ問題に対処します。省略名は、クライアントおよびフルファイル。

    クライアント修正プログラム パッケージ
    クライアント修正プログラムをクライアント コンピューターに適用するものインストールされている最新のサービス パックがあります。クライアント修正プログラムを必要とする、元のソース ファイルには、Office プログラムをインストールするために使用を提供します。

    管理者用の修正プログラム パッケージ
    フルファイル (管理者) に直接適用することができます。Office の管理者用イメージと元のソース ファイルを必要としません。存在する Office をインストールする使用されました。フルファイル更新プログラムすることもできます。クライアント コンピューターには、さまざまな段階で更新処理を適用します。

    クライアントおよび管理者用更新プログラムの詳細についてを参照してください。次のマイクロソフト Web サイト:
    http://office.microsoft.com/en-us/orkXP/HA011525711033.aspx
  • 言語
    表す標準の言語名省略形、言語、ソフトウェア更新プログラム パッケージを対象としています。たとえば、ENU (英語)、RUS (ロシア語) の日本語の論文。

    メモ 省略形の切り替えは、ソフトウェアの更新の場合に使用されます。パッケージに複数の言語に適用されます。ソフトウェアのアップデートの場合パッケージがすべての言語に適用される、標準の言語名省略形はありません。使用します。

    標準の言語名省略形の一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/globaldev/nlsweb/default.mspx

プロパティ

文書番号: 816916 - 最終更新日: 2014年2月27日 - リビジョン: 8.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbinfo kbschema kbupdate kbmt KB816916 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:816916
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com