文書番号: 817076
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

問題の説明

ときに、クライアントは、クライアントのサイトには Microsoft メッセージ キュー (MSMQ とも呼ばれる) ルーティング サーバーをサイト リンクおよびサイト ゲートをエンタープライズのトポロジについて説明するは、クライアントのクエリを決定します。これは、クライアントが一般にはルーティング サーバーにより行われるすべてのルーティングの決定を行うことが発生します。メッセージ キューのルーティング アルゴリズムは、サイト リンクおよびサイト ゲートを使用します。これらは、サイト間のルーティングのため、Active Directory ディレクトリ サービスで定義されます。メッセージ キュー サービスが、サイト間の接続を作成するときに最初にサイト リンクのサイト ゲートを検索しようと。サイト ゲートが存在しない場合メッセージ キューのメッセージを直接送信しようとしています。何千ものクライアントの場合は、のみ複数ドメイン コント ローラー、およびないサイト ゲート、サイト ゲートに対する (失敗した) クエリがパフォーマンスに悪影響のドメイン コント ローラー。

環境内でのこの問題が存在するかどうかわからない場合を参照してください、 「この問題が存在するかどうかを確認する方法」 セクション。

解決方法

この問題を解決するのには、Microsoft Windows 2000 の最新のサービス パックをインストールします。何らかの理由で Windows 2000 の最新の service pack をインストールできない場合もこの問題を修正する修正プログラムを入手できます。移動するか、service pack または修正プログラムをインストールした後、 「詳細」 不要なルーティング クエリを回避するレジストリ パラメーターを設定する方法についての情報のセクションです。

サービス パックの入手方法

この問題を解決するのに、Microsoft Windows 2000 の最新のサービス パックを取得します。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
260910 Windows 2000 service pack の入手方法

修正プログラムを入手する方法

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。ただし、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この特殊な問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラム テストを受ける可能性があります。したがって、深刻なこの問題の影響を受けるしない場合は、お勧めこの修正プログラムを含む次の Windows 2000 service pack まで待つことです。

この問題を直ちに解決するには、修正プログラムを入手するには、Microsoft カスタマー サポート サービスに問い合わせてください。Microsoft カスタマー サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全なリストは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
注: 特例として、Microsoft のサポート担当者が特定の更新プログラムにより問題が解決されると判断した場合、電話サポートに対して通常は発生する料金をいただかない場合があります。問題となっている特定の更新プログラムに関する内容とは見なせない、他の質問や問題についてのサポートに対しては、通常のサポート料金が適用されます。この英語バージョンが、ファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表のとおりです。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイル情報を表示する際に、ローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロールパネルの日付と時刻の項目で、[タイム ゾーン] タブを使用します。
   Date         Time   Version      Size    File name
   --------------------------------------------------
   25-Mar-2003  18:00  5.0.0.766         281,360  Mq1repl.dll
   04-Feb-2003  15:51  5.0.0.766          14,096  Mq1sync.exe
   19-Feb-2003  17:21  5.0.0.769          75,408  Mqac.sys
   25-Mar-2003  18:00  5.0.0.773         217,360  Mqads.dll
   30-Oct-2002  16:43  5.0.0.761          25,360  Mqbkup.exe
   25-Mar-2003  18:00  5.0.0.750          76,560  Mqdscli.dll
   25-Mar-2003  18:00  5.0.0.773          42,256  Mqdssrv.dll
   21-Oct-2002  20:31  5.0.0.759          98,064  Mqmig.exe        
   25-Mar-2003  18:00  5.0.0.759         265,488  Mqmigrat.dll
   25-Mar-2003  18:00  5.0.0.740         222,480  Mqoa.dll
   25-Mar-2003  18:00  5.0.0.762           8,464  Mqperf.dll
   25-Mar-2003  18:00  5.0.0.773         428,304  Mqqm.dll
   25-Mar-2003  18:00  5.0.0.765         102,672  Mqrt.dll         
   25-Mar-2003  18:00  5.0.0.772          70,928  Mqsec.dll
   25-Mar-2003  18:00  5.0.0.769         400,656  Mqsnap.dll
   25-Mar-2003  18:00  5.0.0.762          23,824  Mqupgrd.dll
   25-Mar-2003  18:00  5.0.0.767         110,352  Mqutil.dll
   25-Mar-2003  18:00  5.0.0.748          64,784  Msmq.cpl

				

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、マイクロソフトの Windows 2000 Service Pack 4 で最初に修正されました。

詳細

管理者は不要なルーティング クエリを回避するのには、レジストリ パラメーターを設定できます。このレジストリ パラメーターを設定する、進んでする、 「私の修正」 セクション。ではなく自分でを行う場合は、 自分自分で解決する」 セクション。

Windows 2000 Datacenter Server 用の修正プログラムの入手方法については、次の資料を参照して、マイクロソフト サポート技術情報の次の文書番号をクリックしてください。
265173 Windows 2000 データ センターのサーバー製品とデータ ・ センター ・ プログラム

Fix it で解決する

レジストリ パラメーターを自動的に設定するには、この問題を解決するリンクをクリックします。その後 [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。

元に戻す画像を拡大する
assets fixit1
この問題を解決する
マイクロソフト修正 50085
元に戻す画像を拡大する
assets fixit2


メモこのウィザードは英語版のみの提供となる可能性があります。ただし、自動修正他言語バージョンの Windows でも動作します。

注 : 問題が発生しているコンピューターではない場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、問題が発生しているコンピューター上で実行します。

ここに移動します 「その他変更は、この service pack と修正プログラムを構成する方法」 セクション。

自分で解決する

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
以下の手順では、し、レジストリ エディターを終了します。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regedit、し [ OK] をクリックします。
  2. レジストリ内の次のキーを見つけてクリックします。
    hklm\software\microsoft\msmq\parameters
  3. [編集] メニューで、新規作成をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
  4. タイプ IgnoreSiteLinks、し、ENTER キーを押します。
  5. [編集] メニューの [変更を] をクリックします。
  6. タイプ 1、し [ OK] をクリックします。
この値が1の場合はメッセージ キューの直接接続を確立します。メッセージ キュー サイト ゲートが存在しないことを前提としています。したがって、メッセージ キューは、Active Directory のクエリは実行されません。

このレジストリ設定では、非標準の構成にメッセージ キューを展開できます。Windows 2000 のリリース ノートには、各サイトにルーティング サーバーに必要なを明確します。このレジストリは、ルーティングは必要ありませんが、パブリック キューを使用する場合に役立ちます。

ここに移動します 「その他変更は、この service pack と修正プログラムを構成する方法」 セクション。

この問題が存在するかどうかを確認する方法

メッセージ キューの診断ログを使用すると、この問題を識別できます。Msmq.log という名前のテキスト ファイルが%windir%\debugディレクトリに作成されます。ログ ファイルにはメッセージ キューに固有の診断情報が含まれています。次の手順では、メッセージ キューのログ出力を有効にします。

以下の手順では、し、レジストリ エディターを終了します。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regedit、し [ OK] をクリックします。
  2. レジストリ内の次のキーを見つけてクリックします。
    hklm\software\microsoft\msmq\parameters\debug
  3. [編集] メニューで、新規作成をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
  4. タイプ LoggingTypes、し、ENTER キーを押します。
  5. [編集] メニューの [変更を] をクリックします。
  6. タイプ c00000000、し [ OK] をクリックします。
ログを有効にすると、次のエントリに類似した多数のログ エントリが表示されます。
mqdscore/dsads/69. (&(objectCategory=CN=MSMQ-Site-Link,CN=Schema,CN=Configuration,DC=company,DC=com)(mSMQSite1=CN=location,CN=Sites,CN=Configuration,DC=company,DC=com))

「現象」記載条件が発生する場合は、この修正プログラムを適用します。

この service pack と修正プログラムで、追加の変更を構成する方法

この service pack と修正プログラムは、追加の変更が含まれます。ルーティング データの変更が迅速にできるように 12 時間 3 分からルーティング データの既定の設定の更新頻度を削減します。この変更を構成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regeditプロパティ ].
  2. レジストリ内の次のキーを見つけてクリックします。
    hklm\software\microsoft\msmq\parameters\
  3. [編集] メニューで、新規作成をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
  4. タイプ routingrefreshinterval、し、ENTER キーを押します。
  5. [編集] メニューの [変更を] をクリックします。
  6. 新しい値を入力します。

    新しい既定値は 12 時間です。

問題が解決されたかどうかの確認

問題が解決したかどうか確認します。問題が解決された場合、この資料の作業は完了したことになります。もし解決しない場合は、サポートにお問い合わせください。

プロパティ

文書番号: 817076 - 最終更新日: 2013年11月19日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbmsifixme kbfixme kbhotfixserver kbqfe kbwin2ksp4fix kbbug kbfix kbwin2000presp4fix kbmt KB817076 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:817076
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com