Office ドキュメントがオフライン共有に自動的に同期される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 817275 - 対象製品
重要です この資料では、レジストリの変更についてをについて説明します。 万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。 バックアップ、復元、および編集方法の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
256986Description of the Microsoft Windows Registry JP256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Office ドキュメントを保存して、ドキュメントをオフラインで使用できるように自動的に設定できますが既にその共有に存在しない場合、オフライン共有への同期します。 最近使ったファイル 一覧をクリア オフラインで使用 ] プロパティのファイルのないクリア可能性があります。 -ファイル基準でこの動作を停止すると場合、 オフラインで利用可能な コマンドが [ ファイル ] メニューの [できません。

原因

これは、 最近使ったファイル リストに、Office ファイルが追加された場合です。 文書に、リンク ショートカット (.lnk) ファイルが「アプリケーション データの」フォルダーに格納します。 ネットワークにフォルダーがリダイレクトされるアプリケーション データの共有場合、すべての最近使ったは自動的に利用可能します。 これは、クライアント側キャッシュ (CSC) が、.lnk ファイル使用可能なオフラインすると、その利用できますそのリンクのターゲット オフライン対象が、ファイルのために発生します。 ためされる多くのファイルを必要に応じてキャッシュされ、さまざまな場所と共有から同期します。

解決方法

Microsoft Windows XP の場合

Service Pack 情報

この問題を解決するには、Microsoft Windows XP 用の最新のサービス パックの入手します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
322389How to Obtain the Latest Windows XP Service Pack JP322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法

修正プログラムについて

警告 レジストリ エディターを誤って使用する深刻な問題が生じるとして、オペレーティング システムの再インストールする必要があります。 マイクロソフトではあることができます解決を保証レジストリ エディターを誤って使用起因する問題。 レジストリ エディターは、自己の責任においてご使用してください。サポートされている修正プログラムが Microsoft から提供されています。 ただし、ことを目的としたこの修正プログラムものですこの資料に記載されている問題のみを修正します。 この修正プログラムのみシステムに適用この特定の問題が発生しています。 この修正プログラム テストを受ける可能性があります。 そのため場合この問題で深刻な影響を受けていないお勧めしますこの修正プログラムを含む、次回ソフトウェアの更新されるまで待つことです。

修正プログラムをダウンロードできる場合はこの資料の先頭に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。 このセクションが表示されていない場合、は、マイクロソフト カスタマーサービス & サポート修正プログラムを入手するを問い合わせてください。

メモ 追加問題が発生する場合は、個別のサービス要求を作成した任意のトラブルシューティングが必要な場合。 通常のサポート料金が追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題について適用されます。 一覧については、完了マイクロソフト カスタマーサービス & サポートの電話番号のまたは個別のサービス要求を作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムが利用する言語が表示されます。 お使いの言語が表示されない場合、修正プログラムがその言語に対応しないのでは。

ファイル情報


この修正プログラムがファイル属性 (またはそれ以降) 次の表は、されている可能性もします。 これらのファイルの日時に協定時刻 (UTC) 記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネル]、日付と時刻ツールの [ タイム ゾーン ] タブを使用してください。 Windows XP
   Date         Time   Version       Size     File name
   ----------------------------------------------------
   31-Mar-2003  11:54  5.1.2600.112  313,856  Cscui.dll
Windows XP Service Pack 1 (SP1)
   Date         Time   Version        Size     File name
   -----------------------------------------------------
   31-Mar-2003  11:39  5.1.2600.1193  312,832  Cscui.dll
ホットフィックスを適用後
LinkTargetCaching
の DWORD レジストリ値を設定できます] で、次の 2 つのレジストリ キーのいずれか。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\NetCache

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\NetCache
HKEY_LOCAL_MACHINE
の下の値を設定すると、コンピューター上のすべてのユーザーに適用されます。 現在、ログオンしているユーザーに適用
HKEY_CURRENT_USER
で設定すると、されます。 両方の設定が存在する場合
HKEY_LOCAL_MACHINE
設定は優先順位になります。

LinkTargetCaching の値は、次の 3 つ値のいずれかにあります。
元に戻す全体を表示する
金額アクション
0しないのターゲットを作成します。lnk ファイル オフライン利用できます。
1.lnk ファイルのターゲット オフラインで利用として オフラインで使用する 先のファイルに明示的にマークを付けるとのみです。
2常に、.lnk ファイルのターゲット オフラインで利用します。 このレジストリ値の既定動作します。
HKEY_LOCAL_MACHINE
LinkTargetCaching
レジストリ キーを作成: する次の手順を実行してレジストリ エディタを終了します:
  1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 regedit と入力して [OK] をクリックします。
  2. レジストリの次のキーに移動し、クリックします:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\NetCache
  3. [ 編集 ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ DWORD ] をクリックします。
  4. LinkTargetCaching を入力して Enter を押します。
  5. [ 編集 ] の [ 変更 を] をクリックします。
  6. [OK] をクリック しと、 0、1、または 2 は、入力します。

キー、コンピューターの現在のユーザーを作成するには場合は、1 〜 6、手順を実行し、次のレジストリ キーに、新しいレジストリ キーの値を作成します。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\NetCache

Microsoft Windows 2000

修正プログラムについて

警告 レジストリ エディターを誤って使用する深刻な問題が生じるとして、オペレーティング システムの再インストールする必要があります。 マイクロソフトではあることができます解決を保証レジストリ エディターを誤って使用起因する問題。 レジストリ エディターは、自己の責任においてご使用してください。サポートされている修正プログラムが Microsoft から提供されています。 ただし、ことを目的としたこの修正プログラムものですこの資料に記載されている問題のみを修正します。 この修正プログラムのみシステムに適用この特定の問題が発生しています。 この修正プログラム テストを受ける可能性があります。 そのため場合この問題で深刻な影響を受けていないお勧めしますこの修正プログラムを含む、次回ソフトウェアの更新されるまで待つことです。

修正プログラムをダウンロードできる場合はこの資料の先頭に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。 このセクションが表示されていない場合、は、マイクロソフト カスタマーサービス & サポート修正プログラムを入手するを問い合わせてください。

メモ 追加問題が発生する場合は、個別のサービス要求を作成した任意のトラブルシューティングが必要な場合。 通常のサポート料金が追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題について適用されます。 一覧については、完了マイクロソフト カスタマーサービス & サポートの電話番号のまたは個別のサービス要求を作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムが利用する言語が表示されます。 お使いの言語が表示されない場合、修正プログラムがその言語に対応しないのでは。
ファイル情報
この修正プログラムがファイル属性 (またはそれ以降) 次の表は、されている可能性もします。 これらのファイルの日時に協定時刻 (UTC) 記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネル]、日付と時刻ツールの [ タイム ゾーン ] タブを使用してください。
   Date         Time   Version        Size     File name
   -------------------------------------------------------
 
   14-Jul-2003  22:59  5.0.2195.6760  101,136  Cscdll.dll 
   14-Jul-2003  22:59  5.0.2195.6780  242,448  Cscui.dll 
   20-Jun-2003  18:29  5.0.2195.6760  407,792  Mrxsmb.sys 
   20-Jun-2003  18:29  5.0.2195.6760  169,520  Rdbss.sys
ホットフィックスを適用後
LinkTargetCaching
の DWORD レジストリ値を設定できます] で、次の 2 つのレジストリ キーのいずれか。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\NetCache

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\NetCache
HKEY_LOCAL_MACHINE
の下の値を設定すると、コンピューター上のすべてのユーザーに適用されます。 現在、ログオンしているユーザーに適用
HKEY_CURRENT_USER
で設定すると、されます。 両方の設定が存在する場合
HKEY_LOCAL_MACHINE
設定は優先順位になります。

LinkTargetCaching の値は、次の 3 つ値のいずれかにあります。
元に戻す全体を表示する
金額アクション
0しないのターゲットを作成します。lnk ファイル オフライン利用できます。
1.lnk ファイルのターゲット オフラインで利用として オフラインで使用する 先のファイルに明示的にマークを付けるとのみです。
2常に、.lnk ファイルのターゲット オフラインで利用します。 このレジストリ値の既定動作します。
HKEY_LOCAL_MACHINE
LinkTargetCaching
レジストリ キーを作成: する次の手順を実行してレジストリ エディタを終了します:
  1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 regedit と入力して [OK] をクリックします。
  2. レジストリの次のキーに移動し、クリックします:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\NetCache
  3. [ 編集 ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ DWORD ] をクリックします。
  4. LinkTargetCaching を入力して Enter を押します。
  5. [ 編集 ] の [ 変更 を] をクリックします。
  6. [OK] をクリック しと、 0、1、または 2 は、入力します。

キー、コンピューターの現在のユーザーを作成するには場合は、1 〜 6、手順を実行し、次のレジストリ キーに、新しいレジストリ キーの値を作成します。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\NetCache

状況

マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。 この問題は、Microsoft Windows XP Service Pack 2 で最初に修正されました。

プロパティ

文書番号: 817275 - 最終更新日: 2007年8月29日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office XP
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Home Edition SP1
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Professional SP1
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP1
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP2
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP3
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP4
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP1
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP4
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Server SP1
  • Microsoft Windows 2000 Server SP2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Server SP4
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbenv kbprb kbwinxpsp2fix kbwinxppresp2fix kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB817275 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:817275
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com