インスタンスの HTTP.sys はコンテンツ キャッシュされません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 817445 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

このドキュメントは、HTTP.sys ドライバーはコンテンツ キャッシュされませんのインスタンスについて説明します。このような状況では、インターネット インフォメーション サービス (IIS) 6.0 とそれ以降のバージョンのコンテンツがユーザー モードのキャッシュ管理する必要があります。

詳細

HTTP.sys 応答キャッシュは、要求ヘッダー内の適切なフラグをすべての要求をキャッシュします。このキャッシュは、要求ごとに無効になります。ただし、1 つまたは複数、次の条件に該当する場合は、HTTP.sys は要求の応答をキャッシュしません。
  • 要求は、匿名の要求です。
  • 要求に認証が必要です。(たとえば、要求には承認が含まれます: ヘッダーします)。
  • フッターを使用するのには、web サイトが構成されます。
  • 動的圧縮を有効にして、応答に使用されます。
    HTTP.sys で使用できる静的な圧縮をキャッシュします。
  • 静的なファイルに汎用名前付け規則 (UNC) ファイルですし、DoDirMonitoringForUnc のレジストリ キーが有効になっていません。
    静的ファイル キャッシュを変更通知キャッシュを切り替えるには、DoDirMonitoringForUnc のレジストリのプロパティ (DWORD 値) を使用できます。これは次のとおり設定されています。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Inetinfo\Parameters
    既定値は、0、または無効です。変更通知を静的コンテンツのキャッシュを有効にするのには、1 に設定できます。
  • 要求にクエリ文字列が含まれています。
  • キャッシュが無効になります。(です、MD_VR_NO_CACHEメタベースのプロパティ 1 になります。)
    詳細については MD_VR_NO_CACHEメタベース プロパティは、製品ドキュメントに利用可能なです。このドキュメントを表示するのには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
    DisableStaticFileCache
    製品のマニュアルは IIS マネージャーからアクセスすることもできます。 これにアクセスする方法の詳細については、機能のヘルプは、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックしてください。
    815127IIS 6.0 のヘルプ ドキュメントにアクセスする方法
  • 要求は、エンティティ本体があります。
  • 証明書のマッピングの URL が有効になります。
  • カスタム ログは、web サイトで有効になります。
  • 要求の HTTP バージョン 1.1 と 1.0 のどちらも. します。
  • 要求にはする翻訳が含まれています。 f のヘッダー。
  • 期待される結果: 正確に"100 続行「がないヘッダーは存在します。
  • 要求には、If 範囲が含まれています: ヘッダーまたは範囲: ヘッダー。
    HTTP.sys は、全体の応答のみを処理します。HTTP.sys は、遠隔戦闘用の応答を送信することはありません。
  • 応答が複数にまたがる SendResponseSendResponseEntityBody 呼び出します。
    応答をキャッシュするだけで、必ず着陸しなければなりません「誘導」 SendResponse * 呼び出します。
  • 合計応答サイズごとの応答の最大サイズより大きいです。最大値、UriMaxUriBytes のレジストリ キーによって制御されているし、既定値は 256 KB です。
  • 応答ヘッダーのサイズは、-応答ヘッダーの最大サイズよりも大きいです。既定値は 1,024 バイトです。
  • キャッシュがいっぱいです。既定のサイズ、物理メモリをコンピューターに比例します。
  • 応答は、長さが 0 です。
  • キャッシュに対応していない ISAPI フィルターがインストールされます。
    既定では、ISAPI フィルターは、キャッシュを認識されません。設定する必要があります、 FilterEnableCacheメタベースのプロパティのキャッシュに対応するフィルター。IIS の既定のインストールですべてのフィルターは、キャッシュに対応しています。これには、Microsoft FrontPage や Microsoft ASP.NET が含まれます。

    詳細については、FilterEnableCacheメタベースのプロパティを次のマイクロソフト web サイトを製品のマニュアルを参照します。
    FilterEnableCache
  • 静的ファイルは、既定のドキュメントとしてアクセスします。(たとえば、Default.htm のルート ディレクトリに存在します。)特定のファイル名 (http://example.com/default.htm/) でアクセスするファイルをキャッシュするのには、HTTP.sys が発生します。ルート フォルダー (http://example.com/) の結果がキャッシュされていない応答を要求することによって、web サイトにアクセスします。

    場合は、最初のページに記載されている、 既定のドキュメントリストがアクセス可能ではありません、iis 内の 2 番目のページを提供するために、既定のドキュメントリストです。この状況では、静的なページ、キャッシュから提供する可能性があります。

プロパティ

文書番号: 817445 - 最終更新日: 2013年3月11日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Information Services 8.0
  • Microsoft Internet Information Services 7.5
  • Microsoft Internet Information Services 7.0
  • Microsoft Internet Information Services 6.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB817445 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:817445
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com