PSRV2002: Microsoft Project Server は、値がいつ OLAP キューブを作成するか指定した日付は使用できません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 817837 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

オンライン分析処理(OLAP)キューブを作成するとき、 Date range オプション Microsoft Project Server が固定に指定した日付値は使用できません。

原因

この問題は Microsoft Project Server が Use the fixed date range specified below オプションにスケジュール サービスを使って、キューブを作成するとき、指定する日付範囲が使用できないのが原因で発生します。

解決方法

第1部:更新をダウンロードし、インストールします。

Service Pack 情

この問題は、 Project Server 2002 Service Pack 1 に修正済みです。

この問題を解決するために、 Project Server 2002 の最新の Service Pack を入手します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
867830 最新の Microsoft Project Server 2002 Service Pack を入手する方法。

修正プログラムについ

今すぐ Microsoft からサポートされた修正ファイルが入手できます。ただし、この資料に記載される問題を修正するよう設計されますのみ。 修正プログラムは、問題が発生したシステムにのみ適用してください。 この修正プログラムは、製品の品質保証のために、さらにテストを受ける場合があります。 したがって、次のこのホットフィックスを含む Microsoft Project Service Pack を待つようにこの問題で深刻の影響を受けてない場合、勧めます。

この問題を直ちに解決するために、修正プログラムを入手するために、 Microsoft Product Support Services に問い合わせます。 Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=fh;EN-US;CNTACTMS
注意: Microsoft Support Professional が問題が特定の更新で解決するように判断する場合、通常サポート呼び出しで発生される料金が取り消されます。 通常のサポート コストは、問題の特定の更新に正規でない追加サポート質問と正規でない問題に適用されます。

(それ以降)次の表がそれを示してありますグローバルこの修正バージョンがファイル属性を持っています。 世界協定時刻(UTC)が日付とこれらのファイルの時間の一覧です。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC と現地時間の違いを探すために、コントロール パネルの Date と Time ツールで 時間帯タブを使用します。
   Date         Time   Size       File name
   -------------------------------------------
   03-Apr-2003  20:29  4,018,688  Prjsvr10.msp
				
修正プログラムがインストールされた後に、それ以降表示された属性が次のファイルにあります。
   Date         Time   Version         Size       File name
   -----------------------------------------------------------
   03-Apr-2003  20:29  n/a             4,018,688  Prjsvr10.msp
   24-Mar-2003  21:24  10.0.2003.324     320,000  Atlconv.dll      
   24-Mar-2003  21:45  n/a                   611  Build.inc
   05-Sep-2002  19:19  n/a                 6,133  Clntutil.asp
   24-Mar-2003  19:58  n/a                 1,550  Comlib.asp
   05-Sep-2002  19:19  n/a                13,525  Dlmain.asp
   24-Mar-2003  19:58  n/a                 9,110  Grid.asp
   05-Sep-2002  19:19  n/a                 6,946  Issshell.asp
   05-Sep-2002  19:19  n/a                16,837  Linkissu.asp
   24-Mar-2003  19:58  n/a                13,927  Locstr.asp
   24-Mar-2003  19:58  n/a                22,744  Modtool.asp
   19-Feb-2003  00:08  10.2003.0.218     126,976  Mspnav.dll       
   05-Sep-2002  19:19  n/a                 3,975  New4task.asp
   11-Mar-2003  02:05  10.2003.0.310     630,784  Pds.dll          
   09-Oct-2002  19:31  10.0.2002.1009    909,824  Pj10od10.dll     
   25-Mar-2003  00:56  n/a               912,779  Pjclient.cab
   28-Jan-2003  05:08  10.0.2003.127     188,928  Pjnpe.dll        
   01-Oct-2002  01:00  10.0.2002.930     167,936  Pjobjprv.dll     
   24-Mar-2003  21:24  10.0.2003.324   4,108,800  Pjoledb.dll      
   03-Dec-2002  01:06  n/a                30,535  Portview.asp
   06-Aug-2002  18:16  n/a                 3,584  Prjsvre.mst
   03-Apr-2003  02:12  10.2003.0.402     307,200  Projolap.dll     
   03-Apr-2003  02:15  10.2003.0.402      57,344  Psvracub.dll     
   03-Dec-2002  01:06  n/a                96,082  Qylibstd.sql
   05-Sep-2002  19:19  n/a                53,683  Svrdbdl.asp
   02-Apr-2003  21:32  n/a                20,991  Tsktrans.asp
   24-Mar-2003  19:58  n/a             1,069,326  Websps.sql 

パート 2 : 更新の適用

この更新をアクティブにしそして Microsoft Project Server がこの正しく適用された更新に含まれる修正のすべてを持つことを確認するために、次の手順に従います。
  1. SQL Server のクエリ アナライザを実行します。
  2. データベース ボックスで、 Microsoft Project Server データベースをクリックします。
  3. ファイル メニューで、 ファイルを開くをクリックします。
  4. \...\Microsoft Project Server\ Scripts SQL フォルダを探して、 Websps.sql ファイルを次に開きます。
  5. クエリ メニューで、 実行をクリックします。
  6. クエリが完了したら、クエリ アナライザを閉じます。

状況

マイクロソフトでは、これが問題としてこの資料の冒頭に記載されたマイクロソフト製品の問題を認識しました。
この問題は、 Project Server 2002 Service Pack 1 で最初に修正されました。

プロパティ

文書番号: 817837 - 最終更新日: 2007年2月1日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Project Server 2002
キーワード:?
kbqfe kbhotfixserver kbprojectserver2002sp1fix kbbug kbfix KB817837 KbMtja kbmt
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。
英語版 KB:817837
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com