Windows Update または Microsoft Update への接続に関する問題のトラブルシューティング

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 818018 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Windows Update または Microsoft Update に接続する際に発生する可能性のある問題のトラブルシューティング方法について手順を追って説明します。Windows Update または Microsoft Update の Web サイトに接続した場合、次の現象が発生することがあります。
  • 空白ページのみが表示されます。
  • Windows Update または Microsoft Update サイトからファイルをダウンロードするときに、コンピューターが応答を停止します。
  • スクリプトのエラー メッセージが表示されます。
  • 次のエラー メッセージが表示されます。

    メッセージ 1
    0x80072F78
    メッセージ 2
    依存コンポーネントのインストール エラーです。
    メッセージ 3
    原因不明のエラーが発生しました。
    メッセージ 4
    ソフトウェア コントロールをダウンロードしないように指定しました。このようにすると、Windows Update または Microsoft Update サイトのほとんどの部分が利用できなくなります。コントロールを今すぐダウンロードする場合は、上記の [やり直し] をクリックしてください。
    メッセージ 5
    Internet Explorer のセキュリティ レベルが [高] に設定されています。Windows Update または Microsoft Update サイトを利用するには、セキュリティ レベルを [中] に設定する必要があります。セキュリティ レベルを変更するには、次の手順を実行します。メニューの [表示] から [インターネット オプション] をクリックします。[セキュリティ] タブをクリックし、[ゾーン] ボックスで [インターネット ゾーン] をクリックします。[中] をクリックします。
    メッセージ 6
    インターネット サイトを開けません。サーバーに接続できませんでした。
    メッセージ 7
    0x80070641
この問題を解決するには、Windows Update または Microsoft Update の Web サイトにアクセス可能になるまで、この資料に記載された手順を実行します。1 つの手順の実行後、Windows Update または Microsoft Update に接続してみます。依然として Windows Update または Microsoft Update に接続できない場合は、その次の手順を実行します。これらの手順を実行する過程で、問題の原因を特定し、問題の解決に必要な手順を実行します。

詳細

注: Microsoft Windows には複数のバージョンが存在するため、使用中のコンピューターによっては以下の手順が異なる場合があります。その場合は、製品のマニュアルを参照のうえ、手順を実行してください。

コンピューターの設定を確認する

言語設定を確認する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「inetcpl.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [インターネットのプロパティ] ダイアログ ボックスで [全般] タブをクリックし、[言語] をクリックします。
  3. [言語] ボックスの一覧にオペレーティング システムの言語バージョンが含まれていることを確認します。オペレーティング システムの言語バージョンが一覧に表示されない場合は、[追加] をクリックし、[言語] ボックスの一覧で目的の言語をクリックします。次に、[OK] を 3 回クリックします。

インターネット ゾーンのセキュリティを再設定する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「inetcpl.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [インターネットのプロパティ] ダイアログ ボックスの [セキュリティ] タブをクリックします。
  3. [Web コンテンツのゾーンを選択してセキュリティのレベルを設定する] ボックスの [インターネット] をクリックします。次に、[既定のレベル]、[適用] を順にクリックして、このゾーンのセキュリティのレベルを [中] に設定します。
  4. [OK] をクリックします。

Windows Update Web サイトおよび Microsoft Update Web サイトを信頼済みサイトに追加する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「inetcpl.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [インターネットのプロパティ] ダイアログ ボックスの [セキュリティ] タブをクリックします。
  3. [Web コンテンツのゾーンを選択してセキュリティのレベルを設定する] の下の [信頼済みサイト] をクリックし、[サイト] をクリックします。
  4. [信頼済みサイト] ダイアログ ボックスで、[このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認 (https:) を必要とする] チェック ボックスをオフにします。
  5. 次の Web サイトを追加します。
    • http://update.microsoft.com
    • https://update.microsoft.com
    • http://*.update.microsoft.com
    • https://*.update.microsoft.com
    • http://download.windowsupdate.com
  6. [OK] を 2 回クリックし、Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトにアクセスして、問題が解決されたかどうかを判断します。

Internet Explorer の設定が正しく構成されていることを確認する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「inetcpl.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [インターネットのプロパティ] ダイアログ ボックスの [セキュリティ] タブをクリックします。
  3. [Web コンテンツのゾーンを選択してセキュリティのレベルを設定する] ボックスの [インターネット] をクリックし、[レベルのカスタマイズ] をクリックします。
  4. [設定] ボックスの一覧で、[ActiveX コントロールとプラグインの実行] の下の [有効にする] をクリックします。
  5. [ファイルのダウンロード] の下の [有効にする] をクリックします。
  6. [Java の許可] の下の [安全性 - 中] をクリックします。
  7. [IFRAME のプログラムとファイルの起動] の下の [有効にする] をクリックします。
  8. [アクティブ スクリプト] の下の [有効にする] をクリックします。

日付と時刻が正しく設定されていることを確認する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「timedate.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [日付と時刻のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[日付と時刻] タブをクリックして、正しい日付と時刻に設定します。次の手順を実行します。
    1. [日付] ボックスで、月の一覧から現在の月をクリックします。
    2. 年の一覧から現在の年をクリックします。
    3. カレンダーで、現在の日付をクリックします。
    4. [時刻] ボックスの時間をクリックし、上下方向キーを使用して時間を調整します。分および秒の設定についてもこの手順を繰り返します。
    5. [午前] または [午後] をクリックし、上下方向キーを使用して現在の時刻が午前中の場合は [午前] に、午後の場合は [午後] に変更します。
    6. [タイム ゾーン] タブをクリックし、[タイム ゾーン] ボックスの一覧で現在の地域のタイム ゾーンをクリックします。
  3. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。

インターネット接続と LAN の設定を確認する

インターネットに接続していることを確認する

Windows Update または Microsoft Update サイトにアクセスする前にインターネット サービス プロバイダー (ISP) にログオンします。ISP によっては、ブラウザーを使用してサイトに接続する前にログオンする必要があります。ISP にログオンすると、TCP/IP が読み込まれ、インターネットに接続できるようになります。インターネット サイトへ接続するには、TCP/IP セッションが存在している必要があります。

[LAN の設定] の [設定を自動的に検出する] および [自動構成スクリプトを使用する] チェック ボックスをオフにする

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「inetcpl.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [インターネットのプロパティ] ダイアログ ボックスで [接続] タブをクリックし、[LAN の設定] をクリックします。
  3. [設定を自動的に検出する] および [自動構成スクリプトを使用する] チェック ボックスをオフにし、[OK] を 2 回クリックします。

SSL が有効である Web サイトに接続できることを確認する

コンピューターではセキュリティで保護された HTTP ポートを使用して Windows Update および Microsoft Update に接続します。ポート 443 が開いているかどうかを確認するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「https://www.microsoft.com:443」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. microsoft.com に接続できない場合、またはエラー メッセージが表示される場合は、ポートがブロックされている可能性があります。

ファイルまたはプログラムが原因で Windows Update サイトの読み込みに問題が生じていないかどうかを確認する

ファイルまたはプログラムが原因で Windows Update サイトの読み込みに問題が生じていないかどうかを確認するには、システム設定ユーティリティを使用して、クリーン ブートによるトラブルシューティングを実行できます。 詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
192926 Windows 98 でクリーンブート トラブルシューティングを実行する方法

広告削除プログラム、Web アクセラレータ、ウイルス対策プログラムを無効にする

広告削除プログラム、Web アクセラレータ、ウイルス対策プログラムを無効にしてから、Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトにアクセスします。これらのプログラムがスクリプト エラーの原因になっている可能性があります。

ファイルを修復する

システム ファイル チェッカーを使用して破損した Windows ファイルを修復する

システム ファイル チェッカー ツールを使用して破損した Windows ファイルを修復します。 詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
185836 システム ファイル チェッカー ツール (Sfc.exe) について (リンク先は英語の場合があります)

DLL を登録する

注: 以下の手順では、コンピューターに新規インストールの Microsoft Windows XP が搭載されていることを想定しています。Windows のその他のバージョンを使用している場合は、コマンド パスに以下の変更を加えてください。
  • Microsoft Windows 98 および Microsoft Windows Millennium Edition では、windows\system32 を windows\system に変更します。
  • Microsoft Windows 2000 または Microsoft Windows NT では、windows\system32 を winnt\system32 に変更します。
  • Windows NT または Windows 2000 から Windows XP にアップグレードした場合は、windows\system32 を winnt\system32 に変更します。
オペレーティング システムが C 以外のドライブにインストールされている場合は、以下の手順において、ドライブ文字を使用中のシステム ドライブに変更します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、以下のコマンドを記載順に入力します。各コマンドを入力後、Enter キーを押します。
    1. regsvr32 c:\windows\system32\vbscript.dll
    2. regsvr32 c:\windows\system32\mshtml.dll
    3. regsvr32 c:\windows\system32\msjava.dll
    4. regsvr32 c:\windows\system32\jscript.dll
    5. regsvr32 c:\windows\system32\msxml.dll
    6. regsvr32 c:\windows\system32\actxprxy.dll
    7. regsvr32 c:\windows\system32\shdocvw.dll
  2. 各コマンドを入力後、[OK] をクリックして、[RegSvr32] メッセージ ウィンドウを閉じます。

Windows インストーラー サービスを手動スタートアップ モードに変更する

Windows インストーラー サービスが無効である場合、Windows Update または Microsoft Update を使用してコンピューターを更新しようとするとエラーが発生することがあります。この問題をトラブルシューティングするには、Windows インストーラー サービスを手動スタートアップ モードに変更します。変更するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「services.msc」と入力して [OK] をクリックします。
  2. 右側のウィンドウで [Windows Installer] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [全般] タブで、[スタートアップの種類] の [手動] を選択し、[OK] をクリックします。
上記の手順を完了した後、Windows インストーラー サービスを開始できるのは、ユーザーまたは依存するサービスに限定されます。

詳細な分析

この Web サイトに記載されている手順を実行しても問題が解決しない場合は、詳細な分析のために次のファイルを入手することが必要な場合があります。
  • C:\Windows\Windows Update.log
  • C:\Windows\WindowsUpdate.log
  • C:\Program Files\WindowsUpdate\V4\Iuhist.xml
マイクロソフトへのお問い合わせについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/?ln=ja

関連情報

Windows Update のエラーまたは Microsoft Update のエラーの詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
316524 Windows Update サイトまたは Microsoft Update サイトにアクセスしたときに "管理者のみ" というエラー メッセージが表示される
326686 システム管理者が Windows Update または Microsoft Update を無効にするとエラー メッセージが表示される

プロパティ

文書番号: 818018 - 最終更新日: 2012年6月29日 - リビジョン: 9.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Update
  • Microsoft Update
キーワード:?
kbwindowsupdatev3 kbwindowsupdatev6 kbwindowsupdatev4 kbhowtomaster KB818018
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com