ルート ヒントを削除しても再び表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 818020 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

DNS マネージャまたは dnscmd コマンドを使用して Microsoft DNS サーバーから最後のルート ヒントを削除すると、約 15 分後にその削除された 1 つ以上のルート ヒントが再び表示されます。ルート ヒントが完全に削除されていないことを示す警告は表示されません。

: マイクロソフトは、Microsoft DNS サーバーからのすべてのルート ヒントを削除することはサポートしていません。Microsoft DNS サーバーには少なくとも 1 つのルート ヒントがある必要があります。ただし、既存のルート ヒントは新しいルート ヒントに置き換えることができます。ルート ヒントを置き換えると、その変更が保存され、元のルート ヒントが再び表示されることはありません。DNS サーバーがフォワーダに指定されている場合、DNS マネージャで [フォワーダ] タブの [このドメインに再帰を使わない] チェック ボックスをオンにして、置き換えられたルート ヒントが使用されないようにします。

原因

DNS マネージャ、CACHE.DNS ファイルおよび Active Directory からルート ヒントを削除して、ルート ヒントを完全に削除することができます。このような場合でもルート ヒントが再び表示されることがあるのは、ルート ヒントがその他の 2 つの場所 (CACHE.DNS ファイルと Active Directory) に存在するためです。

状況

この動作は仕様です。

詳細

DNS サーバーがルート サーバーではない場合、ネーム サーバー (NS) リソース レコードを少なくとも 1 つ使用してルート ヒントを指定し、ルート DNS サーバーおよびルート DNS サーバーのホスト (A) リソース レコードを指定する必要があります。これらが指定されていない場合、DNS サーバーは起動時にルート DNS サーバーにアクセスできず、権限のあるゾーンの外にある名前に対するクエリに応答できません。

ルート ヒントは、DNS サーバーが未知の名前に対するクエリを解決するために使用する、インターネット上の DNS サーバーの一覧です。DNS サーバーがローカル データを使用して名前のクエリを解決できない場合、ルート ヒントを使用してそのクエリを別の DNS サーバーに送信します。別の DNS サーバーを検索する DNS サーバーにはルート ヒントが必要です。

DNS サーバーでルート ヒントを更新するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントして、[DNS] をクリックします。
  2. コンソール ツリーで、使用可能な DNS サーバーをクリックします。
  3. [操作] メニューの [プロパティ] をクリックします。
  4. [ルート ヒント] タブをクリックします。
  5. 次のいずれかの方法を使用してサーバーのルート ヒントを変更します。
    • ルート サーバーを一覧に追加するには、[追加] をクリックし、一覧に追加するサーバーの名前と IP アドレスを指定します。
    • 一覧のルート サーバーを変更するには、[編集] をクリックし、変更するサーバーの名前と IP アドレスを指定します。
    • 一覧からルート サーバーを削除するには、一覧でそのサーバーを選択し、[削除] をクリックします。
    • DNS サーバーからルート ヒントをコピーするには、[サーバーからコピーする] をクリックし、クエリの解決で使用するためにルート サーバーの一覧にコピーする DNS サーバーの IP アドレスを指定します。これらのルート ヒントが既存のルート ヒントに上書きされることはありません。

プロパティ

文書番号: 818020 - 最終更新日: 2007年12月3日 - リビジョン: 6.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
キーワード:?
kbbug KB818020
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com