FIX DTS パッケージを変更すると SQL Server の Enterprise Manager 突然切断されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 818540
# をバグ: 469162 (SQL Server 8.0)
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

場合は、既存のデータ変換サービスを変更マイクロソフトは、DTS デザイナーのグラフィカル ユーザー インターフェイスを使用して、(DTS) パッケージSQL Server エンタープライズ マネージャーでアクセス違反が発生する Mmc.exe でしSQL Server の Enterprise Manager が予期せず終了可能性があります。

また、可能性があります。ワトソン博士のログで、次のような短いスタック ダンプ ファイルを確認します。ファイルまたはデバッガーで。
00 0006cdc0 4171b39e MSVCRT!wcscpy+0x9 [wcscat.c @ 77]
01 0006d4bc 4171acf8 dtsui!CDTSCreateFileTableDlg::PopulateDataControl+0x65e [..\src\creattbl.cpp @ 374]
02 0006d508 42083308 dtsui!CDTSCreateFileTableDlg::OnInitDialog+0x22c [..\src\creattbl.cpp @ 243]
03 0006d514 42083e2f SEMSFC!SDialog::DoInitDialog+0x1b [p:\sql\starfter\SFC\src\sfcdlg.cpp @ 104]
04 0006d528 4171c58b SEMSFC!SDialog::Proc+0x20 [p:\sql\starfter\SFC\src\sfcdlg.cpp @ 564]
05 0006d540 4209042c dtsui!CDTSCreateFileTableDlg::Proc+0x186 [..\src\creattbl.cpp @ 733]
06 0006d568 77e3a244 SEMSFC!SFCWndProc+0x183 [p:\sql\starfter\SFC\src\sfcwnd.cpp @ 71]
07 0006d588 77e28b4b USER32!UserCallWinProc+0x18 [..\i386\callproc.asm @ 100]
08 0006d5c4 77e39664 USER32!DefDlgProcWorker+0xbf [D:\nt\private\ntos\w32\ntuser\client\dlgmgr.c @ 508]
09 0006d5dc 77e3a244 USER32!DefDlgProcW+0x21 [D:\nt\private\ntos\w32\ntuser\client\dlgmgr.c @ 1012]
0a 0006d5fc 77e16b21 USER32!UserCallWinProc+0x18 [..\i386\callproc.asm @ 100]
0b 0006d620 77e24f4a USER32!CallWindowProcAorW+0x94 [D:\nt\private\ntos\w32\ntuser\client\clmsg.c @ 1446]
0c 0006d640 7700a108 USER32!CallWindowProcW+0x19 [D:\nt\private\ntos\w32\ntuser\client\clmsg.c @ 1465]
0d 0006d6b4 77e3a244 MFC42u!_AfxActivationWndProc+0x81 [wincore.cpp @ 405]
0e 0006d6d4 77e16362 USER32!UserCallWinProc+0x18 [..\i386\callproc.asm @ 100]
0f 0006d704 77e29c20 USER32!SendMessageWorker+0x31f [D:\nt\private\ntos\w32\ntuser\client\clmsg.c @ 477]
10 0006d7bc 77e2caa8 USER32!InternalCreateDialog+0x991 [D:\nt\private\ntos\w32\ntuser\client\dlgbegin.c @ 1317]
11 0006d7e0 77e3ea3e USER32!CreateDialogIndirectParamAorW+0x31 [D:\nt\private\ntos\w32\ntuser\client\clres.c @ 856]
12 0006d800 410996d7 USER32!CreateDialogIndirectParamW+0x19 [D:\nt\private\ntos\w32\ntuser\client\clres.c @ 824]
13 0006d820 42083744 SQLUNIRL!CreateDialogIndirectParam+0x27
メモ この問題は発生、DTS のソースとしてクエリを使用する場合パッケージとは、クエリの選択リストを含む 1 つ以上の計算列です。

解決方法

サービス パックの情報

この問題を解決するには、Microsoft SQL Server 2000年用の最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
290211 SQL Server 2000年の最新の service pack を入手する方法

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、最初 Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 で修正済みです。

詳細

場合は、DTS のソースでのクエリの選択リストパッケージには、DTS デザイナーのグラフィカルな列、計算型の列が含まれています。ユーザー ・ インタ フェースは NULL に設定されます。したがって、アクセス違反が発生した場合、DTS パッケージがこれらの列にアクセスしようとしました。

問題の再現手順

  1. SQL Server の Enterprise Manager を起動します。
  2. 左側のウィンドウで、対応ノードを展開、SQL サーバーのインスタンスです。
  3. クリックして、 データ変換サービスノードです。
  4. 右側のウィンドウで右クリックします。 ローカルパッケージ、し 新しいパッケージ.
  5. DTS デザイナーのグラフィカル ユーザー インターフェイスを選択します。Microsoft OLE DB プロバイダーの SQL Server ソースとして、DTS パッケージの接続、 pubs データベースです。
  6. DTS デザイナーのグラフィカル ユーザー インターフェイスを選択します。テキスト ファイル (変換先) DTS の送信先としてパッケージです。

    メモ 変換先を作成するのには、ウィザードの指示に従ってください。テキスト ファイルです。
  7. で、 タスク メニューをクリックして トランス フォームデータ タスク、し、 SQL Server ソースとしてと テキスト ファイル リンク先として。
  8. DTS パッケージをダブルクリックします。 データを変換します。タスク.
  9. で、 タスクのプロパティをデータを変換します。ダイアログ ボックスをクリックして、 ソース タブを選択する] をクリックします。 SQLクエリを入力またはボックスに、次のクエリを貼り付けます。
    Select au_lname 著者から
  10. クリックして、 移動先 タブします。
  11. で、 列を定義します。 ダイアログ ボックス、クリックしてソースを設定します。、し実行.
  12. で、 変換 タブで、クリックしてくださいすべてを選択します。、し [OK].
  13. で、 パッケージ メニューをクリックして実行.
  14. クリックしてください。 [OK]、し完了.
  15. DTS パッケージをダブルクリックします。 データを変換します。タスク.
  16. で、 タスクのプロパティをデータを変換します。ダイアログ ボックスをクリックして、 ソース タブをクリックし、既存を変更します。次のクエリをクエリします。
    作家の len(au_lname) を選択します。
  17. クリックしてください。 [OK].

    メモ クリックすると、 [OK]、、が表示されます、次のエラー メッセージ。
    変換は無効です。検出されました。確認し、変換を再試行してください。
    クリックしてください。[OK] エラー メッセージを無視します。
  18. で、 変換を確認します。 ダイアログボックスで、確認してください。 無効な変数を削除します。 です選択しをクリックして [OK].
  19. で、 タスクのプロパティをデータを変換します。ダイアログ ボックスをクリックして、 移動先 タブをクリックし列を定義します。.
  20. で、 列を定義します。 ダイアログ ボックス、クリックしてソースを設定します。、し実行.
  21. で、 タスクのプロパティをデータを変換します。ダイアログ ボックスをクリックして、 移動先 タブをクリックし列を定義します。 もう一度。

関連情報

Ms03-031 のセキュリティ更新プログラムは、この問題も修正されます。Ms03-031 のセキュリティの詳細については更新、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックします。
821277SQL Server 2000 Service Pack 3 の: ms03-031 のセキュリティ修正プログラム
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 818540 - 最終更新日: 2011年7月29日 - リビジョン: 11.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbpackage kbqfe kbsqlserv2000presp4fix kbquery kbupdate kbmt KB818540 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:818540
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com