COMDisable ツールの概要

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 819036 - 対象製品
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、COMDisable ツールについて説明します。また、COMDisable を使用して次の操作を実行する方法を示した例も紹介します。
  • コンピュータ上で使用できる COM ポートの一覧を表示する
  • これらの COM ポートを無効化または有効化する
COMDisable ツールのダウンロードとインストールを行うには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://download.microsoft.com/download/b/2/6/b2624690-0fdc-4842-b850-8d21ca893962/COMDisable.msi

はじめに

COMDisable ツールを使用すると、コンピュータ上で使用できる COM ポートの一覧を表示できます。また、手動でレジストリを編集せずに、コンピュータ上の COM ポートを無効または有効にすることもできます。

COMDisable は、使用しているコンピュータに接続されているシリアル デバイスが Windows Server 2003 で誤って検出される場合に使用できます。たとえば、GPS (Global Positioning System) デバイスなどのシリアル デバイスは、特定の状況ではシリアル マウスとして Windows で誤って検出されることがあります。この問題を回避するには、レジストリを編集し、Windows で誤って検出されるデバイスが接続されているポートのエントリを追加します。

: COMDisable で対処するように設計されている現象には、COMDisable では解決できない他の原因も存在している場合があります。特に、特定の USB シリアル変換アダプタを使用する場合、シリアル マウスが接続されているかどうかをそのアダプタ自体が検出し、シリアル ポートではなく USB マウスをエミュレートすることがあります。接続されているシリアル デバイスが実際はマウスでない場合、これが原因で問題が発生する可能性があります。この動作は USB シリアル変換アダプタのハードウェアの機能であるため、Windows や COMDisable ツールでは制御できません。この現象が発生しているかどうかは、デバイス マネージャを参照すれば確認できます。USB シリアル変換アダプタが [ポート (COM と LPT)] セクションには表示されず [ヒューマン インターフェイス デバイス] セクションに表示される場合は、USB シリアル変換アダプタが USB マウスをエミュレートしていることを意味します。詳細については、そのデバイスの製造元に問い合わせてください。この現象は、Belkin F5U409 USB-Serial アダプタで発生することが確認されています。これと同様の現象が他のアダプタで発生する可能性があります。
この問題およびその回避策の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
283063 Windows 2000 でシリアル デバイスがシリアル マウスとして検出される
ただし、COMDisable ツールを使用する場合は、レジストリを手動で編集する必要はありません。COMDisable を使用してコンピュータ上で使用できる COM ポートの一覧を表示し、ポート番号や実行する操作を指定する場合、COMDisable によって適切なレジストリ エントリが変更されます。

オペレーティング システム要件

COMDisable は、次のオペレーティング システムを実行するコンピュータでサポートされています。
  • Windows Server 2003
  • Microsoft Windows XP
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) またはそれ以降

COMDisable の構文

COMDisable では、次の構文を使用します。
comdisable /list

comdisable /disable COMPortNumber

comdisable /enable COMPortNumber

COM ポートの無効化

Windows で、コンピュータに接続されているシリアル デバイスが誤って検出される場合は、COMDisable ツールを使用してコンピュータ上の COM ポートの一覧を表示し、Windows で誤って検出されるデバイスが接続されている COM ポートを無効にします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Windows で誤って検出されるデバイスが接続されている COM ポートの番号を確認します。
  2. コンピュータ上で使用できる COM ポートの一覧を表示します。これを行うには、コマンド プロンプトで次のコマンド行を入力し、Enter キーを押します。
    comdisable /list
    コンピュータ上の COM ポートの一覧とそれらの状態が表示されます。たとえば、次のような出力が表示されます。
    COM1 - (標準ポート) - 通信ポート (COM1) - Currently enabled
    COM2 - (標準ポート) - 通信ポート (COM2) - Currently enabled
    
  3. 手順 2. で表示した一覧に、Windows で誤って検出されるデバイスが接続されている COM ポートが表示されていることを確認します。また、そのポートの状態が "Currently enabled" と表示されていることも確認します。
  4. COM ポートを無効にします。これを行うには、コマンド プロンプトで次のコマンド行を入力し、Enter キーを押します。このコマンドで、PortNumber には無効にする COM ポートの番号を指定します。
    comdisable /disable COMPortNumber
    たとえば、COM ポート 2 を無効にするには、次のコマンドを入力し Enter キーを押します。
    comdisable /disable com2
    次のメッセージが表示されます。
    Port com2 disabled, you need to reboot before the changes takes effect
  5. コンピュータを再起動します。

COM ポートの有効化

COM ポートを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. コンピュータ上で使用できる COM ポートの一覧を表示します。これを行うには、コマンド プロンプトで次のコマンド行を入力し、Enter キーを押します。
    comdisable /list
    コンピュータ上の COM ポートの一覧とそれらの状態が表示されます。
  2. コマンド プロンプトで次のコマンド行を入力し、Enter キーを押します。このコマンドで、PortNumber には有効にする COM ポートの番号を指定します。
    comdisable /enable COMPortNumber
    たとえば、COM ポート 2 を有効にするには、次のコマンドを入力し Enter キーを押します。
    comdisable /enable com2
    次のメッセージが表示されます。
    Port com2 enabled, you need to reboot before the changes takes effect
  3. コンピュータを再起動します。

プロパティ

文書番号: 819036 - 最終更新日: 2006年5月26日 - リビジョン: 2.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbhowtomaster kbinfo kbdownload KB819036
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com