定期的な WAN トラフィックを最小化するための設定

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 819108
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、レジストリ設定と定期的なワイド エリア ネットワーク (WAN) トラフィックおよび統合デジタル サービス通信網 (ISDN) コストに影響するグループ ポリシーの設定について説明します。ダイヤル オンデマンド リンクがある場合は、定期的な WAN トラフィックが予期せず設定可能性があります。システムのコンポーネントとサービスの定期的な WAN トラフィックを最小化して ISDN コストを削減する構成できます。

現象

コンピューターの次の条件に該当する場合、アイドル中ダイヤル オンデマンド リンクがアクティブになります。
  • リモートのネットワーク上では、Microsoft Windows 2000 Professional ベースのコンピューターまたは Microsoft Windows XP ベースのコンピューターを使っています。
  • コンピューターのいずれかの次のドメインのメンバーです。
    • Microsoft Windows NT 4.0
    • Windows 2000
    • Microsoft Windows Server 2003
  • ダイヤル オンデマンド リンク経由でのドメイン コント ローラーに接続されています。

解決方法

次のセクションでは、レジストリ設定を追加したり、WAN トラフィックを最小化するのには、変更するグループ ポリシー設定の包括的な概要を含みます。一部の設定がコンピューターで実行されているオペレーティング システムのバージョンに依存しています。

パート 1: 該当するレジストリの設定の説明

以下のレジストリ設定は、WAN トラフィックと ISDN のコストに影響します。定期的な WAN トラフィックを最小化して ISDN のコストを削減するには、これらの設定を必要に応じて構成します。

ブラウザー サービスのレジストリ設定

ドメイン マスター ブラウザー周期性
メモ この設定は、Windows Server 2008 にも適用されます。

説明: プライマリ ドメイン コント ローラー (PDC) は常にドメイン マスター ブラウザーです。したがって、マスター ブラウザーとして参加しているサーバーが、PDC を検索しようとすると、マスター ブラウザーが PDC のドメインをホストしていないネットワーク上にダイヤル オンデマンド リンクがアクティブになります。既定では、試行の間隔は 5 分です。ドメイン マスター ブラウザーへの連絡は、既定の間隔を調整するのには、ブラウザー サービスに指示する MasterPeriodicity レジストリ エントリを作成することができます。既定では、MasterPeriodicity エントリは表示されません。推奨される既定のダイヤル ・ オン ・ デマンドでの展開は、86,400 秒 (1 日) です。
サブキー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Browser\Parameters

エントリ: MasterPeriodicity
種類: DWORD
推奨値 (秒): 86400
サーバ リストの保守
メモ この設定は、Windows Server 2008 にも適用されます。

説明: ブラウザーとして参加し、可能性があるネットワークのマスター ブラウザーとして選択するのには、サーバーを有効にする場合が定期的に PDC そのドメインを問い合わせます。既定では、MaintainServerList のレジストリ エントリが自動的に設定されます。推奨値は No ですがネットワーク上でブラウザーの機能必要がありますする必要があります。ブラウザーの機能がある必要な場合、この値は Yes に設定します。ただし、PDC の連絡先の数を減らすために十分に長い間隔、MasterPeriodicity 間隔を構成することを確認してください。
サブキー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Browser\Parameters

エントリ: MaintainServerList
種類: 文字列
既定値: 自動
推奨値: なし

SAM レプリケーションのレジストリ設定

セキュリティ アカウント マネージャー (SAM) のレプリケーションは、PDC 上の Net Logon サービスによって制御されます。
パルス周波数
説明: 標準的なパルス周波数、パルス入力を定義します。
サブキー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NetLogon\Parameters

エントリ: パルス
種類: DWORD
既定値 (秒): 300
推奨値: 172800 を 60 (48 時間)
最小値と最大値: Windows Server 2003 で、最小値は 60 です。最大値は 172800 です。
最大パルス周波数
説明: PulseMaximum エントリ最大パルスの頻度を定義します。
サブキー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NetLogon\Parameters

エントリ: PulseMaximum
種類: DWORD
推奨値 (秒): 172800 を 60 (48 時間)

ダイヤルアップの遅延時間のレジストリ設定

予想されるダイヤルアップの遅延
説明: ExpectedDialupDelay エントリは、ダイアル アップ ルーターの場合、メッセージは、クライアント コンピューターからドメインに、低速リンク経由で送信するときにダイヤルするのに必要な時間を指定します。このシナリオでは、ドメイン クライアント コンピューターによって信頼されています。一般に、Net Logon サービス ドメイン コント ローラー迅速にアクセスできることを想定しています。ExpectedDialupDelay エントリを設定すると、遅延を期待するには、Net Logon サービスに通知します。この設定の推奨値はダイヤル オンデマンド リンクを確立するには、必要な秒単位の平均時間と 5 秒間の差異の定数です。
サブキー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters

エントリ: ExpectedDialupDelay
種類: DWORD
推奨値 (秒): 90

Net Logon サービスのレジストリ設定

AvoidPdcOnWan 入力
説明: AvoidPdcOnWan エントリは、できる限り、PDC の操作マスターの役割をことを避けるために、Net Logon サービスを実行しているサーバーに指示します。(操作マスターの役割とも呼ばれるフレキシブル シングル マスター操作または FSMO です)。AvoidPdcOnWan エントリは、この情報を使用するなどのコンポーネント、SAM にもに指示します。たとえば、このエントリをリモート サイトにドメイン コント ローラーが有効であると仮定します。このシナリオでは、リモート ドメイン コント ローラーがローカル ドメイン コント ローラーとクライアントを認証しない場合は、パスワードが PDC 操作マスターの役割を確認しようとしません。
サブキー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters

エントリ: AvoidPdcOnWan
種類: DWORD
推奨値: 1 (有効)
Windows 2000 Service Pack 2 およびそれ以降の Windows 2000 service pack、Windows XP では、および Windows Server 2003、ディレクトリ サービス クライアントのクエリを発行します。1 時間ごとに 1 回。このクエリ時間 1 時間を超えて拡張するのには、次のレジストリ エントリを調整することができます。
ネガティブ キャッシュ期間
説明: クライアントがドメイン コント ローラーがドメインで見つかりませんだったことだろうが、NegativeCachePeriod エントリを指定します。この時点でもう一度プログラムをしようとする場合は、もう一度ドメイン コント ローラーを検索しようとしても、クライアントによる呼び出し直ちに失敗します。
サブキー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters

エントリ: NegativeCachePeriod
種類: DWORD
既定値 (秒): 45
推奨値: 84600
背景再試行初期期間
説明: いくつかのプログラムは、ドメイン コント ローラーを検索しようとしても定期的に。ドメイン コント ローラーが利用できない場合は、これらの定期的な再試行がダイヤル オンデマンドのシナリオでコストがかかる可能性があります。最初の再試行が発生する前に、BackgroundRetryInitialPeriod エントリが最低限の経過時間を定義します。値が NegativeCachePeriod エントリに設定されている値よりも小さい場合は、NegativeCachePeriod 値が使用されます。
サブキー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters

エントリ: BackgroundRetryInitialPeriod
種類: DWORD
推奨値 (秒): 84600
背景再試行バックオフ期間
説明: BackgroundRetryMaximumPeriod エントリが再試行バックアップ オフする最大間隔を定義します。たとえば、10 分後に、最初の再試行の場合は、2 つ目の再試行 20 分後に、でき次の再試行後 30 分になります。BackgroundRetryMaximumPeriod エントリの値に達するまで続行されます。その後、BackgroundRetryQuitTime エントリの値に達するまでの再試行間隔を BackgroundRetryBackoffPeriod の値が使用されます。
サブキー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters

エントリ: BackgroundRetryMaximumPeriod
種類: DWORD
推奨値 (秒): 84600 秒
背景の再試行の終了時刻
説明: プログラム ドメイン コント ローラーの定期的な検索を実行し、ドメイン コント ローラーを見つけることができないときに、このエントリに設定されている値再試行しないことが決定します。
サブキー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters

エントリ: BackgroundRetryQuitTime
種類: DWORD
推奨値 (秒): 600
これらのパラメーターの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
265395Windows 2000 メンバー 15 分高ダイヤル ・ オン ・ デマンドでラインを可能なコストを探索を実行します。

DFS のレジストリ設定

DFS でのドメイン コント ローラー クエリの頻度
説明: DfsDcNameDelay のエントリで分散ファイル システム (DFS) のドメイン コント ローラー クエリの頻度を減らすことができます。このエントリは、クライアント コンピューターを変更します。
サブキー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation\Parameters

エントリ: DfsDcNameDelay
種類: DWORD
Windows Server 2003 および Windows 2000 既定値 (分): 15
Window XP ベースのコンピューターでは、既定値は 60 分には、グループ ポリシー設定を使用して設定されます。この設定は、DFS クライアントがドメイン コント ローラーを探索する頻度を決定します。

Windows XP ベースのクライアント コンピューターは動的に更新するには、DFS 探索の間隔を参照してください。DfsDcNameDelay の有効範囲は 15 分の 360 分です。新しい設定を有効にする再起動は不要です。

DfsDcNameDelay のパラメーターの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
291377Windows XP クライアントの DFS 照会の頻度を制御するポリシー
メモ 記事 291377 DFS の数を削減しないのマイクロソフト サポート技術情報に記載されている手順は、次のレジストリ キーを追加した後、Windows XP ベースのコンピューターの問題を照会します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\System\DFSClient\DfsDcNameDelay
この問題を解決するには、Windows XP 用の最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322389 Windows XP の最新の service pack を入手する方法
修正プログラム 829104 をインストールすることによって Windows XP でこの問題を解決することもできます。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
829104 DfsDcNameDelay のレジストリ キーの設定は、DFS クライアントが無視されます。
DFS が PDC のクエリの頻度
ドメイン ベース DFS ルートを持つすべての DFS サーバーが PDC のルート オブジェクトに変更をポーリングします。DFS ルート サーバーまたはサーバー上で、SyncIntervalInSeconds のレジストリ エントリを設定することによって pollings の間隔を制御できます。このエントリを設定すると、DFS はキャッシュされたデータに基づく参照が返されるときを制御できます。この値を大きくと、DFS 名前空間と参照をより長期間キャッシュします。
サブキー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DFS

エントリ: SyncIntervalInSeconds
種類: DWORD
既定値 (秒): 3600 (1 時間)
パスワードの有効期間
説明: システムがローカル コンピューターのコンピューター アカウントのパスワードを変更するどのくらいの頻度を指定します。このエントリはのみが設定した間隔で自動的にコンピューターのパスワードを変更する設定されている場合に使用されます。DisablePasswordChange エントリの値が 0 の場合は、このエントリが使用されます。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/library/0825816c-94e5-4a7f-be42-cbad6be4be501033.mspx?mfr=true
サブキー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NetLogon\Parameters エントリ: MaximumPasswordAge
種類: DWORD
既定値 (10 進数、日数): 日 (Windows NT)、30 (Windows 2000/XP/2003)
範囲をお: 42 〜 70
MaximumPasswordAge エントリの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
175468ドメインでコンピューター アカウントのレプリケーションの影響
サイト内のドメイン コント ローラーのレプリケーション
説明:"レプリケーター一時停止を通知後 (秒) を変更"エントリはドメイン コント ローラーは、Active Directory ディレクトリ サービスのローカル コピーに変更を書き込みする前に、ドメイン コント ローラーのレプリケーション パートナーが変更の通知の遅延を定義します。この間隔が経過すると、ドメイン コント ローラーに伝達する必要があります変更が各サイト内のレプリケーション パートナーに通知を開始します。
サブキー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\NTDS\Parameters

エントリ:」レプリケーター一時停止を通知後 (秒) を変更"
種類: DWORD
既定値 (秒): 300 (5 分)
知識整合性チェッカー (KCC) 複製トポロジの更新間隔
説明:"Repl トポロジ更新間隔 (秒)"の値は間隔の秒数を定義します。
サブキー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\NTDS\Parameters

エントリ:"Repl トポロジ更新間隔 (秒)"
種類: DWORD
既定値 (秒): 900 (15 分)

Windows XP のグループ ポリシー設定

次のポリシー設定は、頻度および DFS ベースのトラフィックでは、Windows XP クライアントの Net Logon ベースのトラフィックを制御します。これらの設定を見つけます. 開始をクリックして 実行、タイプ gpedit.msc を使用して、し [OK].
コンピューターの構成/管理用テンプレート/システム/ネットワーク ログオン
  • 清掃の間隔
  • 正の定期 DC キャッシュ更新用非背景の呼び出し元
  • 正の定期 DC キャッシュ更新をバック グラウンドの呼び出し元
  • 最後の DC 発見の試行の設定をバック グラウンドの呼び出し元
  • 最大の DC 発見の試行間隔の設定をバック グラウンドの呼び出し元
  • 最初の DC 検出の再試行の設定の背景の呼び出し元
  • 負の DC 探索キャッシュ設定
  • 連絡先 PDC ログオンの失敗
  • ダイヤルアップの遅延はログオンが必要
コンピューターの構成/管理用テンプレート/ネットワーク
  • DFS クライアントが Dc を検出する頻度を設定します。

    既定では、DFS クライアントは 15 分ごとのドメイン コント ローラーを検出しようとします。有効にするかどうかは、 DFS クライアントが Dc を検出する頻度を設定します。 設定、間隔を変更することができます。この値は、分単位で指定されます。この設定を無効にするか構成しなかった場合は、既定値の 15 分が適用されます。次に、対応するレジストリ サブキーを示します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\System\DFSClient\DfsDcNameDelay

[グループ ポリシー ドメイン コント ローラー選択"の設定

既定では、グループ ポリシーは、読み取り、ドメインの PDC 操作マスターとして指定されているドメイン コント ローラーに変更を書き込みます。変更することをお勧めは、 グループ ポリシー ドメイン コント ローラーの選択 Active Directory ユーザーとコンピューター、または Active Directory サイトとサービス] を使用して、ドメイン コント ローラーでの値です。次に、対応するレジストリ サブキーを示します。
サブキー:
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows\Group ポリシーの Editor\DCOption

説明: DCOption レジストリ エントリは、グループ ポリシーを使用して、ドメイン コント ローラーを指定します。
種類: DWORD
推奨値: 2
範囲: 1, 2, 3
デフォルト値: 1
DCOption エントリの設定を格納する、 グループ ポリシー ドメイン コント ローラーの選択 グループ ポリシーの設定。ポリシーを有効にするとグループ ポリシー DCOption エントリをレジストリに追加します。ポリシーを無効にまたは「未構成」に設定する場合は、グループ ポリシーがこのエントリをレジストリから削除し、値が 1 の場合で、コンピューターの動作します。

DCOption エントリの値を変更するには、構成、 グループ ポリシー ドメイン コント ローラーの選択 グループ ポリシー オブジェクト エディターでのポリシーです。検索するのには グループ ポリシー ドメイン コント ローラーの選択 ポリシーは、次のグループ ポリシー オブジェクトを参照してください。
ユーザー \ システム \ グループ ポリシー
次の表の設定を説明します。
元に戻す全体を表示する
説明
1 つは、レジストリではなくPDC を使用します。グループ ポリシーは、読み取り、ドメインの PDC 操作マスターとして指定されているドメイン コント ローラーに変更を書き込みます。
2スナップ、該当グループのポリシーを読み取り、Active Directory ユーザーとコンピューター、または Active Directory サイトとサービス] を使用して、ドメイン コント ローラーに変更を書き込みます、Active Directory ディレクトリ サービスから継承されます。
3任意の利用可能なドメイン コント ローラーを使用します。グループ ポリシーは読んだりしたり任意の利用可能なドメイン コント ローラーに変更を書き込むできます。

手順 2: 既定値

パケットの種類の既定値

パケットの種類を次に示し、その既定間隔を送信します。
元に戻す全体を表示する
パケットの種類プロトコルトランスポート間隔メモ
NetLogonサーバー メッセージ ブロック (SMB)TCP/IP、NetBIOS のユーザー インターフェイス (NetBEUI) の強化300 秒
参照SMBTCP/IP および NetBEUI720 秒 この値は、マイクロソフトの Windows NT に適用されます。
キープア ライブネットワークの基本入出力システム (NetBIOS)TCP/IP3600 秒 (60 分)
SessionAliveNetBIOSNetbeui プロトコル30 秒 この値は Microsoft LAN Manager に適用されます。
キープア ライブNetBIOSインターネットワーク パケット交換 (IPX)30 秒
SMB のエコーSMBダイレクト ホスト IPX240 秒
エコーの NetBIOS over TCP/IP (NetBT)NetBIOSTCP/IP および NetBEUI120 秒 セッションがアイドル状態の場合は、ファイル サーバーは、SMB エコー フレームを一定の間隔で送信します。
Windows エクスプ ローラーSMBTCP/IP および NetBEUI 32 秒 この値は、クライアントが未処理の長期的な要求を開くを持っている限りは、ファイル サーバーは、SMB エコー フレームをクライアントに送信する頻度を制御します。
キープア ライブNetBIOSTCP/IP300 秒 (5 分) このエントリに対応しています。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlServices\NetBT\parameters\SessionKeepAlive
キープア ライブTCPTCP/IP1 秒 このエントリに対応しています。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\TCPIP\Parameters\KeepAliveTime
メモ
  • 次の表に、参照パケットの種類がネットワーク トラフィックを示しますWindows NT ベースの PDC とバックアップ ・ ドメイン間でコント ローラー (Bdc)。
  • Windows NT のリダイレクターは、SMB エコー フレームごとの 30 秒またはファイル サーバーごとに 32 秒をエコーします。非常に優れていますが関連付けられている長期的な要求があります。たとえば、ファイル サーバー Microsoft Internet Explorer で NotifyChange 要求場合があります。これらのパケットを回避するのには、設定できます、 NoRemoteChangeNotify キーです。

    詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    831129Microsoft Windows エクスプ ローラーで、マップされたネットワーク ドライブを表示すると、フォルダー ツリーがちらつく
    816375 マップされたネットワーク ドライブに Windows XP のエクスプ ローラー ウィンドウちらついたりする. します。
  • キープア ライブ間隔 (120 秒) は、クライアントとサーバー間のデータ転送がない場合は、最初のサーバーを送信に keep-aliveプローブします。(ツリーのアイドル状態の接続) を 2 分後に、ファイル ・ サーバ 1 バイト セッション メッセージを送信します。TCP ペイロード「02」です。TCP シーケンス番号から 1 を引いたは最後の受信確認 (ACK) の開始し、現在の受信確認で終わります。
  • 名前付きパイプを使用して、サーバーに対する接続が確立すると、サーバーに送信します。"NetBT: SS - セッション Keep Alive"メッセージ クライアントの約 300 秒ごとに。

    NetBT の SessionKeepAlive エントリは、次のレジストリ サブキーになります。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NetBT\Parameters
  • Keep-alive メッセージ 0x85 値、バイトが含まれている共通インターネット ファイル システム (CIFS) TCP セッションでの後に次の 3 つのバイトに 0 NetBT ヘッダー (0) の値。場合は、クライアントが構成可能な間隔のメッセージが送信されていない、keep-alive メッセージを送信可能性があります。

Microsoft Office Outlook 2003年および Microsoft Exchange Server の既定値

クライアントは既定では、空き時間情報を 15 分 (900 秒) がサーバーに発行します。Outlook 2003 では、既定の間隔は 45 分です。この間隔を変更するには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Outlook を起動します。
  2. で、 ツール メニューをクリックして オプション.
  3. で、 基本設定 タブで、クリックしてください [予定表オプション.
  4. で、 [予定表オプション ダイアログ ボックス、クリックして 空き時間情報オプション.
  5. で、 サーバー上の空き/予約済み情報を更新します。 ボックスで、間隔として使用する時間数を入力します。

Windows NT 4.0 の既定値

元に戻す全体を表示する
コンポーネント既定の間隔の設定メモ
SAM レプリケーション 300 秒 (5 分)この値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NetLogon\Parameters\Pulse信頼関係
関係900 秒 (15 分)この値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NetLogon\Parameters\ScavengeInterval
WINS のレプリケーション300 秒 (5 分)この値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Replicator\Parameters\Interval、パルス
ライセンス サービスのレプリケーション 24 時間 既定では、ライセンス サービスのレプリケーションは 24 時間に 1 回実行されます。場合は、の何らかの理由 BDC が PDC 上のライセンス サービスに接続できません、BDC レプリケーション 1 つの時間まで、15 分ごとを試みます成功します。この値を変更するのには、ユーザー インターフェイスを使用します。 アプリケーションでは、レプリケーションの頻度をライセンスします。 コントロール パネル、または停止は、ライセンス ログ サービス (LLS)

Windows NT 4.0 環境では、ルータを介したトラフィックを最小化する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。

142692 WAN トラフィックを最小化
DFS クライアント 21 分この問題は Windows NT の SP6a のリリース後に修正されました。この問題を解決するには、以下のサポート技術情報資料に記載されている修正プログラムをインストールします。

271374 Windows NT 4.0 SP6 クライアントは、PDC の 21 分にお問い合わせください。

次のレジストリ サブキーを 1 に設定して DFS を無効にすることもする必要があります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Mup\DisableDFS

Windows NT 4.0 および Windows 2000 の既定値

元に戻す全体を表示する
コンポーネント既定の間隔の設定メモ
ドメインを参照します。720 秒 (12 分)この値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Browser\Parameters\MasterPeriodicity

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Browser\Parameters\BackupPeriodicity
WINS のレプリケーション30 分この値を変更するには、WINS のグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) を使用します。
プリンターの参照600 秒 (10 分)現在のプリント サーバー上の参照スレッドを無効にするには、次のレジストリ サブキーを 1 に設定します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Print\DisableServerThread
SMB 接続600 秒 (10 分) 後閉じるこの値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation\Parameters\KeepConn
NetBIOS のノード タイプ4 (混在、または m ノード)この値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NetBt\Parameters\NodeType


このレジストリ サブキーは TCP/IP 上で NetBIOS が使用、NetBIOS の名前解決のモードを指定します。場所 1 b ノードになります、2 p ノード、m ノード、4 になりますあり 8 h ノードになります。DHCP サーバーで DHCP マネージャーを使用してこの値を設定することができます。値が指定されていない場合は、既定値は 1 (b-node) です。IfWINS サーバーが指定されているし、NodeType の値が指定されていない場合は、既定値は 8 (h-node) です。
"Keep alive"パケットを PPTP60 秒この値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Raspptpe\Parameters\Configuration\InactivityIdleSeconds


このレジストリ サブキーは、制御チャネルでの活動がないポイント ツー ポイント トンネリング プロトコル (PPTP) が引き続きする秒数を指定します。既定では、PPTP は 60 秒ごとに"keep alive"パケットを送信します。

Windows 2000 の既定値

元に戻す全体を表示する
コンポーネント既定の間隔の設定メモ
ドメイン コント ローラーの Net Logon の検出900 秒 (15 分)1 時間に 1 回のクエリが発行されるようにするには、Windows 2000 サービス パック 2 (SP2)、ディレクトリ サービス クライアントのコードが変更されました。このクエリ時間 1 時間を超えて拡張するレジストリ キーを作成する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。

265395 Windows 2000 メンバー 15 分高ダイヤル ・ オン ・ デマンドでラインを可能なコストを探索を実行します。
ドメイン コント ローラーに対する DFS クエリ900 秒 (15 分)この値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation\Parameters\DfsDcNameDelay


詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。

265395 Windows 2000 メンバー 15 分高ダイヤル ・ オン ・ デマンドでラインを可能なコストを探索を実行します。
GPO の更新間隔90 分詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。

265395 WAN トラフィックが繰り返し発生 5 分高い回線コストを可能性があります。
リンク追跡サービス4 時間この間隔は、追加の DNS クエリを可能性があります。この問題は、Windows 2000 SP2 で修正されました。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。

279117 分散リンク トラッキング サーバー サービスは、追加の DNS クエリ内の Windows 2000 サーバー可能性があります。
MMC、不要な DNS クエリグループ ポリシー オブジェクト エディターでのアクションで この問題は、Windows 2000 SP3 で修正されました。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。

295165 ネットワーク ・ オーバーヘッドの不要な DNS クエリを生成します。
DNS サービス300 秒 (5 分)この間隔コストの高電圧を可能性があります。この問題は、Windows 2000 SP3 で修正されました。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。

311736 WAN トラフィックが繰り返し発生 5 分高い回線コストを可能性があります。
Net Logon サービス LSA リモート プロシージャ コール (RPC)300 秒 (5 分)RPC の Active Directory および Exchange のレプリケーション トラフィック。
サイト内のドメイン コント ローラーのレプリケーション300 秒 (5 分)この値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

CurrentControlSet\Services\NTDS\Parameters\"レプリケーター一時停止を通知後 (秒) を変更"


詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。

214678既定サイト内のドメイン コント ローラーのレプリケーション間隔を変更する方法

既定値は、Windows XP および Windows Server 2003

元に戻す全体を表示する
コンポーネント既定の間隔の設定メモ
タイム サービス (W32time) 17 分この値は、次のレジストリ サブキーに存在します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32time\Config\MaxPollInterval


HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32time\Config\MinPollInterval


詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。

823456 Windows タイム サービスが Windows Server 2003 および Windows XP でローカルのポーリング間隔の値は無視されます。

Microsoft Windows タイム サービス (W32time) のローカルのポーリング値 MaxPollInterval および MinPollInterval を変更した場合、値は無視されます。サービスは、常に 17 分間隔でポーリングします。

詳細

マイクロソフト サポート技術情報の記事

詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
134985参照およびその他のトラフィック高 ISDN ルーター経由で費用します。
135360 パケットの定期的な re-transmit 回
136712 Windows の参照についてのよく寄せられる質問
140552 W/TCP/IP の低速の WAN 経由で実行するのには、Windows NT を最適化する方法のリンクします。
142692 WAN トラフィックを最小化
150350 NetLogon のパルスの最大値は 3600 をです。
152719 WAN および信頼: は、ネットワーク上のトラフィック
164257 TAPI サービス プロバイダーに通過されませんアイドル状態のタイムアウト
193841 PPTP のキープア ライブ間隔を調整します。
207552 Windows NT 4.0 のドメイン コント ローラー、RAS、または低速リンク経由で
265395 Windows 2000 メンバー 15 分高ダイヤル ・ オン ・ デマンドでラインを可能なコストを探索を実行します。
295165 ネットワーク ・ オーバーヘッドの不要な DNS クエリを生成します。
311736 WAN トラフィックが繰り返し発生 5 分高い回線コストを可能性があります。
314053 Windows XP の TCP/IP と NBT の構成パラメーター
816649 Dbnetlib とハードコーディング KeepAliveTime KeepAliveInterval を設定します。
214678 既定サイト内のドメイン コント ローラーのレプリケーション間隔を変更する方法
291377 Windows XP クライアントの DFS 照会の頻度を制御するポリシー
829104 DfsDcNameDelay のレジストリ キーの設定は、DFS クライアントが無視されます。
831129 Microsoft では、マップされたネットワーク ドライブを表示すると、フォルダー ツリーがちらつく
816375 マップされたネットワーク ドライブに Windows XP のエクスプ ローラー ウィンドウちらついたりする. します。
823456 FIX Windows タイム サービスを Windows Server 2003 および Windows XP でローカルのポーリング間隔の値は無視されます。

Microsoft のホワイト ペーパー

「を使用して Microsoft Windows XP Professional にサービス パック 1 で、管理環境の「ホワイト ・ ペーパーがダウンロード可能です。このホワイト ペーパーはコンポーネントでは、Windows XP Professional Service Pack 1 (SP1) とインターネット上のサイトの間を流れる通信に関する情報を提供します。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ホワイト ペーパー パッケージします。

リリース日: 2004 年 10 月 26 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な改変を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

問題点とその関連技術

Windows NT 4.0 と Windows 2000 の参照、および WINS レプリケーション

  • 記事:
    134985 参照およびその他のトラフィック高 ISDN ルーター経由で費用します。

    原因: 既定の間隔は、次の項目の構成が正しくないでこの問題が発生する可能性があります。
    • ドメインを参照します。
    • WINS のレプリケーション
    • ディレクトリの複製
    • データベースのユーザー アカウント (SAM) のレプリケーション
    • プリンターの参照
    出現: 既定の間隔のパラメーターによって異なります。
    解決方法: 適切な間隔を増やします。

Windows NT 4.0

  • 記事:
    142692 WAN トラフィックを最小化

    原因: 既定の間隔は、次の項目の構成が正しくないでこの問題が発生する可能性があります。
    • ライセンス ログ サービス
    • 参照
    • SAM レプリケーション
    • SMB 接続の終了
    • NetBIOS のノード タイプ
    • 信頼関係
    • レプリケーター サービス
    • WINS のレプリケーション
    出現: 既定の間隔のパラメーターによって異なります。
    解決方法: 適切な間隔をより大きい値に変更します。

Windows NT 4.0 Service Pack 6a (SP6a)

  • 記事:
    271374 Windows NT 4.0 SP6 クライアントは、PDC の 21 分にお問い合わせください。
    原因: Windows NT 4.0 PDC 21 分 DFS 紹介を取得する問い合わせることができます。
    見つかった: 21 分。
    解決方法: 271374 の修正プログラムをインストールします。

Windows 2000

  • 記事:
    265395 Windows 2000 メンバー 15 分高ダイヤル ・ オン ・ デマンドでラインを可能なコストを探索を実行します。
    原因: この問題が発生、 DsGetDcName Net Logon サービス ドメイン コント ローラー検索の DFS は、ドメイン コント ローラー、または GPO の更新間隔の照会に使用される関数です。
    出現: 間隔の既定のパラメーターによって異なります。
    解決方法: Windows 2000 Service Pack 2 (SP2) をインストールします。Windows 2000 SP2 では、既定の間隔は 1 時間に設定およびより長い間隔を構成できます。
  • 記事:
    279117 分散リンク トラッキング サーバー サービスが Windows 2000 Server では余分な DNS クエリがあります。
    原因: この問題は発生がによって、追加の DNS クエリでは、"_ldap._tcp。サイト名。 _sites.dc._msdcs。サーバー名"
    見つかった: 4 時間がすべて。
    解決方法: Windows 2000 SP2 をインストールします。
  • 記事:
    295165 ネットワーク ・ オーバーヘッドの不要な DNS クエリを生成します。
    原因: この問題は発生が無効な DNS クエリの"_ldap._tcp。サイト-サイト名。 _sites.dc_msdcs。サーバー名.ドメイン名
    出現: たびに、DNS クライアント ドメイン コント ローラーのドメインのグループ ポリシー設定の [セキュリティ] セクションが開かれます。
    解決方法: Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) をインストールします。
  • 記事:
    311736 WAN トラフィックが繰り返し発生 5 分高い回線コストを可能性があります。
    原因: 次の条件に該当する場合にこの問題が発生します。
    • "Authenticated Users"が信頼される側のドメインに転送するためにリモート プロシージャ コール (RPC) LsaLookupNames。
    • 英語以外のバージョンの Windows 2000 Active Directory 統合ゾーンを含む DNS サーバーを実行しています。
    出現: すべて 5 分または 300 秒。
    解決方法: Windows 2000 SP3 をインストールします。

Windows XP

  • 記事:
    330929 Windows XP が余分な SMB トラフィックの変更を通知します。
    原因: はバグ SessionKeepAlive 設定が変更されている場合でも、キープア ライブ トラフィックを送信するのには、クライアントが Windows XP で。
    見つかった: 32 秒がすべて。
    解決方法: 修正プログラム 330929 を適用して、NoRemoteRecursiveEvents レジストリ エントリを 1 に設定。
  • 記事:詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    829104DfsDcNameDelay のレジストリ キーの設定は、DFS クライアントが無視されます。
    原因: DfsDcNameDelay のレジストリ キーを追加した後、コンピューターの問題の記事 291377 は分散ファイル システム (DFS) にならないのマイクロソフト サポート技術情報に記載されている手順を照会します。
    見つかった: 15 分。
    解決方法: 修正プログラム 829104 を適用して、15 〜 360 分を DfsDcNameDelay のレジストリ エントリを設定します。
  • 記事:
    323713 Windows XP のユニバーサル プラグ アンド プレイの機能の説明
    原因: UPnP デバイス定期的に自動的にネットワークのサブネット上の自分の存在を通知します。
    見つかった: 発生異なります。
    解決方法: 要求しない場合、UPnP デバイス ホストのサービスを無効にします。

プロパティ

文書番号: 819108 - 最終更新日: 2011年7月29日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbhowto kbwinservsetup kbwinservnetwork kbmt KB819108 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:819108
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com