SYSVOL レプリカ セットをホストしている DFS レプリカ メンバまたはドメイン コントローラでイベント ID 13552 および 13559 が出力される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 819268 - 対象製品
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Description of the Microsoft Windows Registry
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

SYSVOL レプリカ セットをホストしている DFS (分散ファイル システム) レプリカ メンバまたはドメイン コントローラで、次のようなイベントがイベント ビューアに表示されることがあります。

種類 : エラー
ソース : NtFrs
分類 : なし
イベント ID : 13552
日付 : 3/30/2003
時刻 : 4:18:48 PM
ユーザー : N/A
コンピュータ : ComputerName
説明 : ファイル複製サービス: このコンピュータを次の複製物セットに追加できませんでした: "DFS_DOMAIN_ROOT|BIN"
Windows エラー状態コード:
FRS エラー状態コード: FrsErrorJournalInitFailed

また、次のようなイベントが表示されることもあります。

種類 : エラー
ソース : NtFrs
分類 : なし
イベント ID : 13555
日付 : 3/31/2003
時刻 : 6:31:48 PM
ユーザー : N/A
コンピュータ : ComputerName
説明 : ファイル複製サービス: エラー状態です。ファイルをコンピュータの複製物セットの 1 つまたはすべてへ複製、または複製物セットの 1 つまたはすべてから複製するには、次の回復ステップを実行してください:

または

種類 : エラー
ソース : NtFrs
分類 : なし
イベント ID : 13559
日付 : 4/3/2003
時刻 : 5:24:32 PM
ユーザー : N/A
コンピュータ : ComputerName
説明 : The File Replication Service has detected that the replica root path has changed from "c:\bin" to "c:\bin". If this is an intentional move then a file with the name NTFRS_CMD_FILE_MOVE_ROOT needs to be created under the new root path. This was detected for the following replica set: "DFS_DOMAIN_ROOT|BIN"

原因

この問題は、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に記載されている修正プログラムを適用した後に発生することがあります。
811370 Issues That Are Fixed in the Post-Service Pack 3 Release of Ntfrs.exe
この修正プログラムでは、Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) 以降を実行しているコンピュータのファイル複製サービス (FRS) を変更して、サービスの堅牢性を向上します。サービスの堅牢性を向上するために、修正プログラムでは、USN ジャーナル (変更通知ログとも呼ばれます) のサイズを 128 MB から 512 MB に拡大します。サービスの更新後、初めて FRS を開始するときに、FRS レプリカ セットが格納されている各ボリューム上の既存の USN ジャーナルのサイズが拡大されます。ジャーナル ファイルを保持するのに十分な空き領域がハード ディスク上にない場合、USN ジャーナルは初期化できません。その結果、イベント ビューアにイベント ログが出力されます。

回避策

この問題を回避するには、以下のいずれかの方法を使用します。マイクロソフトでは、方法 3 を使用する前に、方法 1 または方法 2 を実行することを推奨します。

方法 1: ファイルを削除してディスクの空き領域を増やす

512 MB の USN ジャーナルを処理できるように、FRS レプリカ セットをホストするボリュームのディスクの空き領域を増やすには、以下の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプトを起動して、以下のいずれかの操作を実行します。
    • 使用していない一時 (temp) ファイル、およびキャッシュされたインターネット ブラウザ ファイルを削除するには、以下のコマンドを入力し、各コマンドの後に Enter キーを押します。
      cd /d Your_FRS_ drive\
      del *.tmp /s
    • ユーザー ファイルまたはメモリ ダンプ ファイルを削除するには、以下のコマンドを入力し、各コマンドの後に Enter キーを押します。
      cd /d Your_FRS_ drive\
      del *.dmp /s
    • %systemroot%\Symbols フォルダ内のシンボルを削除するには、以下のコマンドを入力し、各コマンドの後に Enter キーを押します。
      rd /s %systemroot%\symbols
      サーバー上にあるのが完全なシンボル セットであるか部分的なシンボル セットであるかによりますが、約 70 〜 600 MB の空き領域を確保できます。
  2. 以下の手順を実行して、古いユーザー アカウントまたは使用していないユーザー アカウントのユーザー プロファイルを削除します。サービス アカウントとして使用される可能性のあるプロファイルは削除しないでください。
    1. [マイ コンピュータ] を右クリックし、[プロパティ] をクリックして、[ユーザー プロファイル] タブをクリックします。
    2. [このコンピュータに格納されているプロファイル] ボックスの一覧で、削除するプロファイルをクリックし、[削除] をクリックします。
  3. 他のサーバーからアクセスできるファイルまたは簡単に再インストールできるファイルを、一時的に削除または移動します。たとえば、Windows 2000 管理ツール、ユーザーがコンピュータにインストールしたその他のサポート ツール、および %systemroot%\System32\Dllcache フォルダ内のすべてのファイルは削除しても、簡単に再インストールできます。

方法 2: ファイル複製サービスのステージング フォルダを移動する

FRS ステージング フォルダを、レプリカ セットおよび 512 MB の USN ジャーナルをホストするのに十分な空き領域があるハード ディスクに移動します。 FRS ステージング フォルダの移動方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
291823 How to Reset the File Replication Service Staging Folder to a Different Logical Drive
291823 ファイル レプリケーション サービスのステージング フォルダを別の論理ドライブに再設定する方法

方法 3: USN ジャーナルのサイズを 128 MB に戻す



警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

マイクロソフトは、方法 1 または方法 2 を使用して、この問題を回避することをお勧めします。これらの方法を使用できない場合、またはこれらの方法では問題を回避できない場合は、USN ジャーナルのサイズを 128 MB に戻すことができます。この方法は、コンピュータを再起動する前、または FRS を再開する前に使用する必要があります。修正プログラム 811370 を適用した後に FRS を開始している場合、USN ジャーナルのサイズを縮小するためには、FRS でレプリケートされた内容が格納されているボリュームをすべて再フォーマットする必要があります。

USN ジャーナルのサイズを 128 MB に戻すには、修正プログラム 811370 の適用後、FRS を再開する前に、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに regedit と入力して、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけて、クリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\NtFrs\Parameters
  3. [名前] 列を確認します。
    Ntfs Journal size in MB
    エントリがない場合は、以下の手順を実行して作成します。
    1. [
      Parameters
      ] サブキーをクリックします。[編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
    2. Ntfs Journal size in MB と入力し、Enter キーを押します。
  4. [
    Ntfs Journal size in MB
    ] をダブルクリックします。
  5. [値のデータ] ボックスに 128 と入力します。[ベース] の下の [10 進] をクリックし、[OK] をクリックします。
  6. レジストリ エディタを終了します。
  7. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[管理ツール] の順にポイントし、[サービス] をクリックします。
  8. [サービス] で、[File Replication Service] を右クリックし、[開始] をクリックします。
  9. コンピュータを再起動します。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

FRS の問題のトラブルシューティングの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
329491 Configuring Correct Staging Area Space for Replica Sets
329491 複製物セットのために適切な大きさのステージング領域を設定する
292438 Troubleshooting Journal_Wrap Errors on Sysvol and DFS Replica Sets
221111 Description of FRS Entries in the Registry
221111 [NT] レジストリの FRS エントリの説明

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 819268 (最終更新日 2004-01-07) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 819268 - 最終更新日: 2004年2月18日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
キーワード:?
kbprb KB819268
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com