SQL Server のサポートは、マウントされたボリューム

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 819546 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここは、マウントされたフォルダーとのバージョンの Microsoft SQL Server のスタンドアロンおよびクラスター化された環境を使用すると、検討する必要があります問題について説明します。

サポート ポリシー

サポート マウントされたフォルダーを SQL Server のバージョンとは、スタンドアロンまたはクラスター化されたインスタンスの SQL Server のインスタンスのかどうかによって異なります。
元に戻す全体を表示する
バージョンスタンドアロンのインスタンスクラスター化されたインスタンス
SQL Server 2000サポートされています。サポートされていません。
SQL Server 2005サポートされています。サポートされています。
SQL Server 2008サポートされています。サポートされています。
SQL Server 2008 R2サポートされています。サポートされています。
SQL Server 2012サポートされています。サポートされています。

メモ マウントされたフォルダーとも呼ばれる、次のいずれかです。
  • マウントされたボリューム
  • マウントされたドライブ
  • マウント ポイント
  • マウント ポイント
  • ボリューム マウント ポイント

スタンドアロンのインスタンス

SQL Server のスタンドアロン インスタンスでは、現在サポートされているバージョンの Windows Server と SQL Server のデータ記憶域にマウント ポイントがありません。ただし、SQL Server のセットアップ プログラムでは、関連するドライブ文字をマウントされたドライブの基本ドライブが必要です。マウントされたドライブの基本ドライブは、関連するドライブ文字を持たない場合は、セットアップ プログラム、ドライブするには、次に使用可能なドライブ文字を割り当てます。

メモ すべてのドライブ文字がすでに割り当てられている場合は、セットアップ プログラムが失敗します。

詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
834661SQL Server 2000年のセットアップを必要とします。ドライブ文字をマウントされたドライブを使用する場合

クラスター化されたインスタンス

SQL Server 2000年のクラスター化されたインスタンスでは、データ記憶域にマウント ポイントがサポートされていません。SQL Server 2000年のインストールをマウント ポイントは、SQL Server 2000年のインスタンスを使用することはできない場合でもマウント ポイントを持つクラスター化構成ではサポートされていません。

SQL Server 2005、SQL Server 2008、SQL Server 2008 R2 または SQL Server 2012 は、データのクラスター化インスタンスの記憶域にマウント ポイントがサポートされています。ただし、クラスター化された SQL Server のインストールを使用できるドライブ文字の数が制限されます。そのため、オペレーティング システム用に 1 つだけのドライブ文字を使用して他のすべてのドライブ文字として通常のクラスター ドライブか、マウント ポイントをホストするクラスター ドライブとして使用できる場合は 25 個のインスタンスの SQL Server フェールオーバー クラスターごとに制限されます。

マウントされたボリューム、またはマウント ポイントを多数のディスクまたはボリュームを参照するには、1 つのドライブ文字を使用できます。たとえば、ドライブ文字を通常のディスクまたはボリュームを参照 r: がある場合は、接続、「マウント ディスク ボリュームとしてドライブ r: せず、追加のディスクのディレクトリ、またはボリュームを独自のドライブ文字を必要とする」。

SQL Server フェールオーバー クラスタ リングの他のマウント ・ ポイントの考慮事項は以下に示します。
  • SQL Server セットアップでは、マウントされたドライブの基本ドライブは、関連するドライブ文字を持っていることが必要です。フェールオーバー クラスターのインストールでは、この基本ドライブをクラスター化されたドライブです。ボリュームの Guid は、このリリースではサポートされていません。
  • 基本ドライブは、ドライブ文字が割り当てられているドライブです。ベースのフェールオーバー クラスター インスタンス間で共有できません。フェールオーバー クラスターの一般的な制限ですが、スタンドアロン、複数インスタンスのサーバー制限ではありません。
  • 基本ドライブとマウントされたディスクまたはボリュームの両方がリソース グループ内のリソースとして表示されていることを確認するのには、フェールオーバー クラスターを設定すると、注意してください。SQL Server セットアップは、ドライブの構成がフェールオーバー クラスターのインストールの一部として検証されます。
    メモ ベスト プラクティスとしては、A または B の文字は使わないでください。ただし、このクラスター 1 つにつき 23 インスタンスにインスタンスの数が減少します。
  • SQL Server 2005、SQL Server 2008、SQL Server 2008 R2 と SQL Server 2012年のリソースが SQL ネットワーク名リソースとデータを保持する物理ディスク リソースに依存します。マウント ポイントとそのホスト ドライブ クラスター物理ディスク リソースとして表示する必要があります。さらに、ドライブ文字やマウントされたボリュームのある物理ディスクも SQL Server の依存関係として追加しなければなりません。
  • 新規インストールを実行すると、依存関係の正しいアクセス許可は、関連するドライブ文字を持つ物理ディスク、およびマウント ポイントが設定されます。その依存関係が自動的にセットアップ中に設定です。
注: この機能を使用するには、SQL Server 2008 または SQL Server2008 R2 のスリップ ストリーム インストールを使用します。これには、この累積的な更新プログラムおよび必要な service pack が含まれます。
  • SQL Server 2008 のスリップ ストリーム インストール SQL Server 2008 Service Pack 3 および累積的な更新プログラム パッケージ 9 での SQL Server 2008 Service Pack 3 が含まれています。
  • SQL Server 2008 R2 のスリップ ストリーム インストールは次が含まれます。
    • SQL Server 2008 R2 Service Pack 1
    • SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 10
    • SQL Server 2008 R2 SP2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 4
  • 製品の更新プログラムを有効にし、累積的な更新プログラム パッケージ 6 SQL Server 2012 のインストールを持つ、SQL Server 2012年のインストール。

    メモ SQL Server 2012年の製品の更新機能にはインターネットへのアクセスが必要です。
重要基本のスリップ ストリーム インストールを使用すると、 PCUSOURCECUSOURCEは、コマンド ライン スイッチを使用することをお勧めします。

重要結合されたスリップ ストリームを使用すると、SQL Server のインスタンスが存在する限り、スリップ ストリームのバージョンを元の場所に残っていなければなりません。

重要SQL Server 2005 のバージョンの SQL Server 2008 サービス パック 2 およびそれ以前のバージョンの正しい依存関係を手動で設定する必要があります。また、インストールでは、必須の依存関係がない正しい依存関係を設定する必要があります。

ルートの物理ディスクの依存関係が追加され、マウント ・ ポイントの依存関係が追加されていない場合は、フェイル オーバー時にデータベースの破損が発生します。データベースの破損は SQL Server の再起動時にする必要がありますディスク リソース オフラインし、フェイル オーバーがない場合でもオンライン状態に戻るにも発生します。

詳細

Windows Server 2003 クラスター内でマウントされたドライブをサポートします。ただし、SQL Server 2000年では制限があるためで SQL Server 2000年フェールオーバー クラスター化インスタンスがフェールオーバー クラスターでのマウントされているボリュームを使用する任意のオペレーティング システムでサポートされていません。

メモ この資料の情報の情報をマイクロソフト プレス帳「SQL Server 2000年の高可用性。 置き換えられます。第 2 部ので、第 4 章「ディスク構成の高可用性、」"Microsoft SQL Server テクノロジ"に置き換えられる情報を表示

NTFS ファイル システムにマウントされているフォルダーをサポートします。フォルダーにマウントされたボリュームと別のボリューム上のディレクトリ間の関連付けをします。マウントされたフォルダーが作成されると、ターゲット ・ ボリュームはユーザーやアプリケーションがマウントされているフォルダーのパスを使用するか、ボリュームのドライブ文字を使用してアクセスできます。たとえば、ユーザーがドライブ R. で R:\Mnt\XDrive フォルダーをドライブ x: を関連付けるには、マウントされたフォルダーを作成できます。マウントされたフォルダーを作成したら、それが r: ドライブ上のフォルダーであるか"R:\Mnt\XDrive"のパスをドライブ x: にアクセス ユーザーを使用できます。

マウントされているフォルダーを使用すると、異なるファイル システムを NTFS ファイル システム、16 ビットの FAT ファイル システムは、ISO 9660 ファイルシステムの 1 つの論理ファイル システムに CD ドライブ 1 つの NTFS ボリュームになどを統一することができます。ユーザーとアプリケーションのどちらも、特定のファイルがあるターゲット ・ ボリュームに関する情報を必要があります。指定されたファイルを検索する必要がありますすべての情報は、NTFS ボリューム上にマウントされているフォルダーを使用して、完全なパスです。ボリュームは、再配置、置き換え、または、ユーザーまたはアプリケーションの設定を変更することなくが、複数のボリュームに分割することができます。

通常、SQL Server のフォルダーの使用、マウントされたフォルダーをホストする単一の物理ディスクをマウントしました。マウント ポイントは、1 つの物理ディスク上にあるとすべてのマウントされているフォルダーを表示できるように、わかりやすいフォルダー名を使用して追加されます。

SQL Server 2008 R2 の次の例ではドライブ文字は、ローカル ドライブまたはクラスター ディスクを参照できます。
  • X:\Program 名 SQL Server\MSSQL10_50。InstanceID\Data
    メモ これは、既定のパスです。
  • X:\Program 名 SQL Server\MSSQL10_50。InstanceID\Log
  • Y:\Temp
  • Z:\MSSQL10_50。InstanceID\Backup
一部のシナリオは、ディレクトリのルートを使用する必要があります。たとえば、z: のドライブ、マウントされたフォルダーをホストする物理ディスクの場合は、マウントされたフォルダーはマウント ポイントのルートです。ルートはサポートされていないため、マウントされたフォルダーを使用する場合は、ルートから外れたを使用する必要があります。たとえば、[MP1 フォルダーを使用できます。

元に戻す画像を拡大する
2815286


このシナリオでは。
  • Z:\MountPoint1 は、マウントされているボリュームのコンテナーです。
  • Z:\MountPoint1\MP1 は、最初のマウントされたボリュームです。SQL Server をインストールすると、SQL Server セットアップは、マウントされたフォルダー内のサブフォルダーに送信できます。SQL Server をインストールするは、次の点を指定できます。

    Z:\MountPoint1\MP1|DBLog1
これは、DBLog2 または DBLog3 という名前のディレクトリなどの追加のログの場所を指定することができます。Z:\MountPoint2\MP1\Log1 や Z:\MountPoint2\MP1\Log2 などのマウントされたフォルダーを追加することもできます。さらに、tempdb のバックアップなどのデータベース ファイル用のディレクトリをホストするマウントのフォルダーを追加できます。

使用されているマウント ポイントを表示する依存関係レポートの例を次に示します。

元に戻す画像を拡大する
2815287


この図では:
  • クラスター ディスク 1には、必須の依存関係はありません。
  • クラスター ディスクのマウント ・ ポイント、第 4の依存関係は、クラスター ディスクの 1です。
  • クラスター ディスクのマウント ・ ポイント、第 4には、必須の依存関係はありません。
  • IP アドレス: xxx.xxx.xxx.88必要な依存関係はありません。
  • IP アドレス: xxx:xxxx:c0:xxxx.xxxx:c597:8cb0:49f2必要な依存関係はありません。
  • 名: SOFTY依存関係IP アドレス: xxx:xxxx:c0:xxxx:xxxx:c597:8cb0:49f2IP アドレス: xxx.xxx.xxx.88
  • SQL ネットワーク名 (SOFTY)は、 IP アドレスの依存関係が必要です。
  • SQL Serverの依存関係が名前: SOFTYディスク 4 のクラスター マウント ポイントしては、クラスター ディスク 1
  • SQL Serverには、必須の依存関係はありません。
マウントされているファイルのフェールオーバー クラスター マネージャーでディスク ドライブ] の下に表示されます。

元に戻す画像を拡大する
2815288



ルート ディレクトリに SQL Server を既にインストールした場合は、フォルダー作成、 DBCC CHECKDBステートメントを使用して、現在のデータベースの整合性を検証し、データベースに作成したフォルダーに移動をお勧めします。これを行う方法については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトのいずれかを参照してください。

マウント ポイントのボリュームを使用する場合のベスト プラクティス

ボリューム マウント ポイントを使用すると、次のベスト プラクティスを示します。
  • マウント ポイント フォルダーをホストしているディスクをマウントされているボリュームのディスク リソースの依存関係を確認します。これはマウントされたボリューム、ホスト ・ ボリュームに依存して、これにより、ホスト ・ ボリュームが初めてオンラインになったことを確認できます。
  • 1 つの共有ディスクから別の共有ディスクにマウント ポイントを移動すると、同じグループ内の共有ディスクが配置されていることを確認します。
  • ルート (ホスト) ボリュームだけマウント ポイントを使用するしようとしてください。ルート ボリューム マウント ポイントをホストするボリュームです。この実習は、Chkdsk.exe ツールを実行する必要がある場合は、マウントされているボリュームにアクセスを回復するために必要な時間を大幅に削減します。これは、ホスト ボリューム上のバックアップから復元するために必要な時間も削減されます。
  • ルート (ホスト) ボリュームだけマウント ポイントを使用する場合は、ホスト ・ ボリュームのサイズを 5 mb (メガバイト) 以上でなければなりません。これは、ボリュームは、マウント ポイント以外使用されます、低くなります。


関連情報

マウントされたドライブの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには、次の資料番号をクリックします。

2216461 SQL Server 2008 のセットアップが失敗する Windows Server 2008 ベースのクラスター マウント ポイントをインストールするのには
237701 Cacls.exe は、ボリューム マウント ポイントのルートにセキュリティを適用することはできません。
2686690 FIX フェールオーバー クラスターの SQL Server 2012年のインストールをクラスター記憶域を検証するのには予想以上の時間がかかる
2777358 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 + 累積的な更新プログラム パッケージ 4 の SQL Server 2008 R2 SP2
2783135 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 10
280297 Microsoft クラスター サーバーでボリューム マウント ポイントを構成する方法
295732 データベースを作成するか、最初に SQL Server 2000年をインストールした、共有クラスター ドライブ上のディスク ファイルの場所を変更する方法
832234 ルート ディレクトリは、NTFS ファイル システム ボリュームでは Windows Server 2003 のアクセス許可を適用することはできません。
835185 SQL Server のフェールオーバー クラスター リソースの依存関係
878531 複数のマウント ポイントに依存関係を持つ SQL Server 2012年をアンインストールできません。
934012 ボリューム マウント ポイントに SQL Server 2005 をインストールしようとするとエラー メッセージ:「がありません十分な空き領域先ディスクが [現在インストールされている SQL Server の"
947021 Windows Server 2008 サーバー クラスターでボリューム マウント ポイントを構成する方法
955392 更新または SQL Server 2008 のインストールにスリップ ストリームする方法
956008 マウントされたボリュームを含むディスクでは、SQL Server 2008 のフェールオーバー クラスターをインストールすると、依存関係、マウントされたボリュームとディスクの間で作成されません。

ボリューム マウント ポイントの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

マウントされたフォルダー

SQL Server 2012年の製品の更新プログラム機能の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
SQL Server 2012年のインストールに製品アップデート


マウントされたドライブの詳細については、オンラインの Windows ヘルプで、次のトピックを参照してください。
  • [Windows Server 2003 ヘルプ
  • [ディスクとデータ]
  • 「ディスクとデータを管理する」
  • 「ディスク管理」
  • [マウントされた NTFS を使用するドライブ]

プロパティ

文書番号: 819546 - 最終更新日: 2013年2月13日 - リビジョン: 12.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2000 64-bit Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Evaluation Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Evaluation Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise Evaluation
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard Edition for Small Business
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition for Small Business
  • Microsoft SQL Server 2008 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2012 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2012 Business Intelligence
  • Microsoft SQL Server 2012 Developer
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2012 Parallel Data Warehouse Beta
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard
  • Microsoft SQL Server 2012 Web
  • SQL Server 2012 Enterprise Core
キーワード:?
kbsql2005cluster kbhowto kbinfo kbmt KB819546 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:819546
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com