マルチプレイヤー ゲームの問題をトラブルシューティングする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 819836 - 対象製品
重要 : この資料には、コンピュータのセキュリティ設定を低くする方法、またはコンピュータのセキュリティ機能を無効にする方法が記載されています。これらの変更によって特定の問題を回避できますが、これらの変更を行う前に、記載された回避策を現在の環境に使用した場合の危険性を評価することをお勧めします。この資料の回避策の使用を決定した場合は、記載されている手順以外にも、システムを保護するための適切な手順を実行してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、対象製品として記載されているマイクロソフト ゲームのマルチプレイヤー ゲームで発生する既知の問題のトラブルシューティング方法について説明します。この資料に記載されている方法を実行しても問題が解決しない場合は、ネットワーク設定が誤って構成されている可能性があります。Microsoft Games Product Support では、ユーザーが使用しているネットワーク、インターネット サービス プロバイダ (ISP)、ファイアウォールおよびルーターの構成に関するサポートは提供していません。ローカルのネットワーク、ISP、ファイアウォールまたはルーターに問題があると考えられる場合は、使用しているハードウェアまたはソフトウェアの製造元、あるいはインターネット サービス プロバイダに詳細を問い合わせてください。

この資料の対象製品として記載されているゲームを起動するとき、またはプレイするときに、以下のいずれかまたは複数の問題が発生することがあります。
  • オンライン ゲームのサイト (セッション) に接続できません。
  • マルチプレイヤー ゲームに参加できません。
  • マルチプレイヤー ゲームをホストできません。
  • マルチプレイヤー ゲームのセッションへの接続が切断されます。
  • マルチプレイヤー ゲームのセッションに接続するとき、またはプレイするときにエラー メッセージが表示されます。
  • マルチプレイヤー ゲームのプレイ中にパフォーマンスが低下することがあります。

詳細

重要 : 以下の手順を実行すると、セキュリティ リスクが高まるおそれがあります。また、悪意のあるユーザーやウイルスなど悪意のあるソフトウェアによる攻撃をコンピュータまたはネットワークが受けやすくなる場合もあります。この資料の手順は、プログラムの設計どおりの動作を可能にする場合、または特定のプログラム機能を実装する場合にお勧めします。これらの変更を行う前に、記載された回避策を現在の環境に適用した場合の危険性を評価することをお勧めします。この手順の使用を選択した場合は、記載されている手順以外にも、システムを保護するための適切な手順を実行してください。この手順はどうしても必要な場合にのみ実行することをお勧めします。
警告 : この資料に記載された回避策を適用することにより、悪意のあるユーザーまたはウイルスなどの悪意のあるソフトウェアによる攻撃をコンピュータまたはネットワークが受けやすくなる場合があります。この資料の情報は、ユーザーが記載されている回避策を自己の判断で使用することを前提に提供されているものであり、この回避策をお勧めするものではありません。この回避策は、自己の責任においてご使用ください。
: 快適にインターネットを利用するためには、コンピュータのパフォーマンス、ローカル ネットワーク、ISP のインフラストラクチャのパフォーマンス、インターネット上のトラフィック量など、さまざまな条件があります。

方法 1 : すべてのプレイヤーが同じバージョンのゲームを使用していることを確認する

プレイヤーが互いに接続するには、同じバージョンのゲームを使用している必要があります。プレイヤー全員が最新バージョンの製品に更新することをお勧めします。これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスします。
http://www.microsoft.com/japan/games/products.aspx

方法 2 : 既知の問題を検索する

マイクロソフト ゲームの既知の問題については、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスして、該当するゲームを選択または検索してください。
http://support.microsoft.com/select/default.aspx?target=hub&c1=510&

方法 3 : Microsoft DirectX をダウンロードしてインストールする

参加するプレイヤー全員が同じバージョンの DirectX を使用することを推奨します。最新版の DirectX をダウンロードおよびインストールするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/windows/directx/default.mspx
既に最新版の DirectX をインストール済みの場合、コンピュータで "クリーン ブート" を実行してから DirectX を再インストールします。クリーン ブートを使用してコンピュータを再起動する方法については、この資料の「方法 4 : クリーン ブートを使用してコンピュータを再起動する」を参照してください。

インストール中に次のエラー メッセージが表示されることがあります。
インストールするソフトウェアは、このバージョンの Windows との互換性を検証する Windows ロゴ テストに合格していません。 (このテストが重要である理由)
この場合の詳細情報について参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
822798 プログラムや更新プログラムをインストールできない

方法 4 : クリーン ブートを使用してコンピュータを再起動する

Microsoft Windows を起動する際に、オペレーティング システムと共に他のソフトウェアが起動されている可能性があります。このようなソフトウェアには、ウイルス対策プログラムやシステム ユーティリティ プログラムなどがありますが、これらによってゲームの実行が妨げられることがあります。このため、デスクトップに表示が戻ることや、マルチプレイヤー セッションの実行時にエラー メッセージが表示されること、ゲームが応答を停止 (ハング) することがあります。セットアップを開始する前にクリーン ブートを実行すると、これらのプログラムが自動的に起動することを回避できます。クリーン ブートを実行するには、以下の手順を実行します。

: この手順を実行するには、Administrator または Administrators グループのメンバとしてログオンする必要があります。コンピュータがネットワークに接続されている場合は、ネットワーク ポリシー設定が原因でこの手順を実行できないことがあります。
  1. [システム構成] を開きます。Windows Vista でこれを行うには、[スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[検索の開始] ボックスにシステム構成と入力します。次に、[プログラム] の一覧の [システム構成] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。

    Windows XP およびそれ以前のバージョンの Windows で [システム構成ユーティリティ] を開くには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに msconfig と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [全般] タブをクリックし、[スタートアップのオプションを選択] をクリックします。
  3. Windows XP およびそれ以前のバージョンの Windows の場合は、[スタートアップのオプションを選択] で以下のチェック ボックスをオフにします。
    • SYSTEM.INI ファイルを処理する
    • WIN.INI ファイルを処理する
    • スタートアップの項目を読み込む
    Windows Vista の場合は、[スタートアップのオプションを選択] で以下のチェック ボックスをオフにします。
    • システム サービスを読み込む
    • スタートアップの項目を読み込む
    • 元のブート構成を使う
  4. [サービス] タブをクリックし、[Microsoft のサービスを全て隠す] チェック ボックスをオンにし、[すべて無効にする] (Windows Vista では [すべて無効]) をクリックします。
  5. [OK] をクリックし、[再起動] をクリックします。

    プレイするゲームを起動します。ゲームの終了後、コンピュータが通常の方法で起動するように設定を元に戻します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [システム構成] を開きます。Windows Vista でこれを行うには、[スタート] ボタン
      元に戻す画像を拡大する
      [スタート] ボタン
      をクリックし、[検索の開始] ボックスにシステム構成と入力します。次に、[プログラム] の一覧の [システム構成] をクリックします。

      元に戻す画像を拡大する
      ユーザー アカウント制御の許可
      管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。

      Windows XP およびそれ以前のバージョンの Windows で [システム構成ユーティリティ] を開くには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに msconfig と入力し、[OK] をクリックします。
    2. [全般] タブをクリックします。
    3. [通常スタートアップ] をクリックします。
    4. [OK] をクリックし、[再起動] をクリックします。
次のストリーミング メディアのデモを見るには、[再生] をクリックします。

コンピュータをクリーン ブートした後、通常の起動方法に戻す方法については、[再生] をクリックしてこのストリーミング メディア デモを参照してください。
クリーン ブートの実行方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
331796 [Game] クリーン ブートを実行してバックグラウンドのプログラムがゲーム プレイと競合しないようにする

方法 5 : DirectX が正常にインストールされていることを確認する

DirectX が正常にインストールされていること、および DirectX のすべてのファイルのバージョンが正しいことを確認するには、以下の手順を実行します。
  1. DirectX 診断ツールを開きます。これを行うには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに dxdiag と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [DirectX 診断ツール] で、[DirectX ファイル] タブをクリックします。
  3. [注意] ボックスに "問題は見つかりませんでした" というメッセージが表示されることを確認します。

    : 問題が発見された場合は、DirectX を再インストールします。
  4. [ネットワーク] タブをクリックします。
  5. インストールされている DirectPlay が破損している場合の現象が発生していないことを確認します。

    破損している場合には以下の現象が発生することがあります。
    • [登録済み DirectPlay サービス プロバイダ] ボックスの一覧に "エラー" という文字が表示されます。
    • [DirectPlay のテスト] ボタンが淡色表示され、使用できません。
    • [注意] ボックスに以下のエラー メッセージが表示されます。
      サービス プロバイダ DirectXPlay8 TCP/IP のレジストリ情報が見つからないか、壊れています。
      : これらの現象が発生している場合は、DirectX 診断ツールを終了し、以下の手順を実行します。

      Windows XP およびそれ以前のバージョンの Windows

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、regsvr32 dpnet.dll と入力します。
      2. [OK] をクリックします。"dpnet.dll の DllRegisterServer は成功しました" というメッセージが表示されます。
      3. [OK] をクリックします。
    上記の手順を再度実行して、インストールされている DirectPlay の破損を示す現象が依然として発生するかどうかを確認します。問題が発生する場合は、DirectX 診断ツールを終了し、DirectX を再インストールします。
次のストリーミング メディアのデモを見るには、[再生] をクリックします。

方法 6 : TCP/IP のインストールを確認する

コンピュータのループバック アドレスに対して ping を実行して、ローカル コンピュータに TCP/IP がインストールされ、正常に構成されていることを確認します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. Windows Vista の場合は、[スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[検索の開始] ボックスにコマンド プロンプトと入力します。次に、[プログラム] の一覧の [コマンド プロンプト] をクリックします。

    Windows XP および Microsoft Windows 2000 の場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに cmd と入力し、Enter キーを押します。

    Microsoft Windows 98 および Microsoft Windows Millennium Edition (Me) の場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに command と入力し、Enter キーを押します。
  2. コマンド プロンプトで ping 127.0.0.1 と入力し、Enter キーを押します。

    表示される出力の例を以下に示します。
    Pinging 127.0.0.1 with 32 bytes of data: 
    Reply from 127.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128 
    Reply from 127.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128 
    Reply from 127.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128 
    Reply from 127.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128Ping statistics for 127.0.0.1: 
    Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss), 
    Approximate round trip times in milli-seconds: 
    Minimum = 0ms, Maximum = 0ms, Average = 0ms 
    ループバック テストが失敗する場合は、IP スタックが応答を返していません。TCP ドライバが破損している場合、ネットワーク アダプタが機能していない場合、または別のサービスにより IP の実行が妨げられている場合に、IP スタックから応答が返されないことがあります。
Microsoft Windows で TCP/IP の問題のトラブルシューティングを行う方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
314067 Windows XP における TCP/IP 接続のトラブルシューティング
169790 基本的な TCP/IP の問題を解決する方法

方法 7 : ネットワーク接続をテストする

  1. DirectX 診断ツールを開きます。これを行うには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに dxdiag と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [DirectX 診断ツール] で、[ネットワーク] タブをクリックし、[DirectPlay のテスト] をクリックします。
  3. [Direct Play テスト] ダイアログ ボックスで、[ユーザー名] ボックスに名前を入力します。
  4. [DirectPlay8 TCP/IP Service Provider] をクリックします。
  5. [TCP/IP ポート] ボックスにポート番号を入力します。
  6. [新しいセッションの作成] をクリックし、[OK] をクリックします。

    [Dxdiag DirectPlay チャット] ダイアログ ボックスが表示されます。
  7. 他のプレイヤーがこのセッションに参加するには、[既存のセッションに参加] をクリックします。

    : インターネット経由で DirectPlay のテストを実行する場合、ホスト プレイヤーは、使用している IP アドレスを参加するプレイヤーに通知する必要があります。
  8. 参加するプレイヤーとして再度テストを実行します (他のプレイヤーがホストになるように依頼します)。
次のストリーミング メディアのデモを見るには、[再生] をクリックします。

方法 8 : 接続速度をテストする

接続速度をテストするには、次の MSN Web サイトに接続します。
http://tech.msn.com/products/speedtest.aspx
表示された接続速度が、予想した値よりも低い場合は、ISP に詳細を問い合わせてください。

方法 9 : ブロードバンド接続をテストする

基本的なブロードバンド接続には、直接接続、ルーター接続、インターネット接続の共有 (ICS) の 3 つがあります。通常、これらの種類の接続では、外部モデム、ルーター、スイッチ、ハブ、ファイアウォールなど、1 つ以上のデバイスが使用されます。

手順 1 : ネットワーク接続を修復する

Windows XP を実行している場合は、ネットワーク接続を修復します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [ネットワーク接続] を開きます。これを行うには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに ncpa.cpl と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [サポート] タブをクリックし、[修復] をクリックします。
元に戻す画像を拡大する
ブロードバンド接続をテストする

手順 2 : 必要なポートを開く

この資料の対象製品として記載されているゲームをインターネット経由でプレイするために必要な、特定のポートがあります。

: クライアント/サーバー環境では、ネットワーク管理者以外のユーザーはポートの構成を変更できない場合があります。

ゲームで必要な特定のポートを確認するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスして、ゲームを選択します。
http://support.microsoft.com/select/default.aspx?target=hub&c1=510&

手順 3 : インターネットに直接接続する

ブロードバンド接続用のハードウェアが原因でこの問題が発生しているのかどうかを確認するには、DSL またはケーブル モデム以外のデバイスを使用せずに直接インターネットに接続します。これにより問題が発生しなくなる場合は、接続のプロパティの正しい構成について、ハードウェアの製造元、ISP、またはネットワーク管理者に問い合わせてください。

手順 4 : 境界ネットワークに接続する

境界ネットワーク (DMZ、非武装地帯、スクリーンド サブネットとも呼ばれます) のセットアップ方法について、ルーターの製造元に問い合わせてください。ハードウェアの製造元または ISP への問い合わせ方法については、この資料の「関連情報」を参照してください。

手順 5 : 最新のファームウェアをダウンロードしてインストールする

ハードウェアの製造元から、特定のゲームやシミュレーションにおける特定の問題を解決するための、ルーター用のファームウェア更新プログラムが公開されている場合があります。ファームウェアの更新プログラムをインストールすると、UPnP などのデバイス機能のインストールや既存の機能の強化が行われることがあります。ハードウェアの製造元または ISP への問い合わせ方法については、この資料の「関連情報」を参照してください。一般的なネットワーク用語の定義の一覧については、この資料の「定義」を参照してください。

方法 10 : ネットワーク構成

以下に、ネットワーク構成、およびその構成で発生する可能性のある問題について順に説明します。
  • ソフトウェア ファイアウォール

    ソフトウェア ファイアウォールは、外部のネットワークから内部のネットワークを保護する境界の役割を果たすセキュリティ システムです。ファイアウォールがインストールされていると、使用しているコンピュータと他のコンピュータやサーバーとの間で、マルチプレイヤー セッション用の接続を確立できなくなることがあります。画面の右下隅にある通知領域で、コンピュータ上でファイアウォールが実行されているかどうかを確認します。Windows XP では、ファイアウォール アイコンの有無を確認するために、隠れているインジケータの表示が必要になる場合があります。アイコンが表しているプログラムを確認するには、アイコンの上にポインタを合わせて数秒待ちます。ファイアウォールのアイコンが見つかった場合は、そのアイコンを右クリックします。これにより、メニューが表示され、ファイアウォールを一時的に無効にできる場合があります。一般的なソフトウェア ファイアウォールには、以下のようなものがあります。
    • ZoneAlarm
    • Nortons Internet Security
    • McAfee Security
    • BlackIce
    ファイアウォールを無効にすることで問題が解決する場合は、ファイアウォール ソフトウェアの製造元に問い合わせて、ゲームまたはシミュレーションを実行できるようにファイアウォールを構成する方法を確認してください。ハードウェアおよびソフトウェアの製造元への問い合わせ方法が記載されている資料へのリンクについては、この資料の「関連情報」を参照してください。
  • インターネット接続ファイアウォール (ICF)

    最新の Microsoft Windows には、ホーム ネットワークや小規模オフィスのネットワークとインターネットとの間で転送される情報を制限することができる、ICF ソフトウェアが含まれています。ICF を使用することで、ケーブル モデム、DSL モデムまたはダイヤルアップ モデム経由でインターネットに接続する 1 台のコンピュータを保護することもできます。インターネットに直接接続していない場合はファイアウォールを有効にしないようにします。ネットワーク上に既にファイアウォールまたはプロキシ サーバーが存在する場合、ICF は必要ありません。

    Windows XP におけるインターネット接続ファイアウォールの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    283673 Windows XP でファイアウォールを有効または無効にする方法
    インターネット接続ファイアウォールの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    320855 Windows XP のインターネット接続ファイアウォールについて
  • ワイヤレス接続

    ワイヤレス ネットワーク接続では、機器間の距離、建物の構造、干渉電波の発生などにより、最適なパフォーマンスが得られないことがあります。接続品質の基本的な情報を確認するには、以下の手順を実行します。
    1. [ネットワーク接続] を開きます。Windows Vista でこれを行うには、次の手順を実行します。
      1. [スタート] ボタン
        元に戻す画像を拡大する
        [スタート] ボタン
        をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
      2. [ネットワークとインターネット] をクリックし、[ネットワークと共有センター] をクリックして、[ネットワーク接続の管理] をクリックします。
      Windows XP およびそれ以前のバージョンの Windows で [ネットワーク接続] を開くには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに ncpa.cpl と入力し、[OK] をクリックします。
    2. 確認するネットワーク接続をダブルクリックします。
    3. [接続] の下に表示される状態を確認します。
    ワイヤレス ネットワーク接続の問題のトラブルシューティング方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    313242 Windows XP におけるワイヤレス ネットワーク接続のトラブルシューティング

    元に戻す画像を拡大する
    ネットワーク構成


  • ダイヤルアップ接続

    モデムまたはコンピュータの製造元に問い合わせて、使用しているモデム用のドライバの最新の更新プログラムを入手します。ハードウェアの製造元への問い合わせ方法については、この資料の「関連情報」を参照してください。引き続き問題が発生する場合は、別の ISP を使用してみます。インターネット上には、無料でサービスを提供している ISP が数多くあります。

    : ダイヤルアップ接続を使用していて、この資料に記載されている手順を実行しても問題が解決しない場合、より高速なインターネット接続の使用が必要となることがあります。DSL またはケーブル接続を使用するとパフォーマンスが向上します。

  • UPnP 準拠のネットワークを使用する

    UPnP は、プラグ アンド プレイの周辺機器モデルを単に拡張したものではありません。ゼロ構成 (zero-configuration) のネットワーク (構成が不要のネットワーク)、ユーザーが意識する必要のない機器間の自動的な通信、さまざまな製造元の幅広い種類のデバイスの自動検出をサポートするように設計されています。UPnP を利用することにより、デバイスの動的なネットワークへの参加、IP アドレスの取得、機能の通知、他のデバイスの存在および機能の確認がすべて自動的に実行され、ゼロ構成のネットワークが実現されます。これにより、デバイス間の直接的な通信が可能になり、ピア ツー ピアのネットワーク構成が可能になります。ハードウェアを新しく購入する場合は、UPnP のロゴが表示されているものを選択することをお勧めします。既存のネットワークで UPnP ハードウェアを使用している場合は、有効に設定されているかどうかを確認します。詳細については、製造元に問い合わせてください。
インターネット接続の共有の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
234815 インターネット接続共有について

: ファイアウォールの目的は、悪意のあるユーザーからの攻撃や、要求していないネットワーク トラフィックを送信してコンピュータを攻撃するウイルスなどの悪意のあるソフトウェアから、コンピュータを保護することです。ファイアウォールを無効にする前に、インターネットなどのすべてのネットワークからコンピュータを切断する必要があります。

定義

ホーム ネットワークのセットアップ方法の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/athome/default.mspx
ホーム ネットワークのセットアップの際に目にすることの多い一般的な用語のいくつかについて、その定義を以下に示します。
  • 境界ネットワーク (DMZ、非武装地帯、スクリーンド サブネット) : プライベート ネットワークとインターネットとの間に配置されたデバイスやサブネットの集合。許可を受けていないインターネット ユーザーからプライベート ネットワークを保護します。
  • ファイアウォール : ネットワークの外部から侵入する悪意のあるユーザーの攻撃など、外部からの攻撃に対して内部のネットワークを保護するセキュリティ システム。ハードウェア ファイアウォールは、特殊なデータ チェックの設定を備え、そのファイアウォールに接続されているすべてのデバイスを保護するための接続ルーティング デバイスです。ソフトウェア ファイアウォールは、1 台のコンピュータ上にインストールされ、そのコンピュータを外部の攻撃から保護します。
  • ファームウェア : デバイス上の不揮発性メモリに格納されている、ソフトウェアの情報。
  • ゲートウェイ : ルーターとも呼ばれるデバイス。ネットワークに接続するデバイスがここに集約され、メッセージの送受信を行います。
  • ハブ : 複数のポートを持ち、ネットワーク上のすべてのデバイスの通信ケーブルを集線するデバイス。1 つのポートでデータを受信すると、他のポートにそのデータをコピーして転送します。
  • ICF : インターネット接続ファイアウォールの略。ローカルのネットワークとインターネットとの間で転送される情報に制限を設けることができるファイアウォール ソフトウェアです。
  • インターネット接続の共有 : 1 つのインターネット接続を使用して、ネットワーク上の複数のコンピュータがオンライン サービスにアクセスできるようにする、Windows のソフトウェア機能。
  • ポート : コンピュータと、他のデバイス (モニタ、モデム、プリンタなど)、ネットワーク、または他のコンピュータとの間でデータを転送するための物理的な接続。通信ネットワークのソフトウェア チャネルを指す場合もあります。
  • ルーター : ゲートウェイとも呼ばれるデバイス。ネットワークに接続するデバイスをここに集約し、メッセージの送受信および転送を行います。
  • スイッチ : ハブと似た機能を持つ集線デバイス。すべてのパケットをすべてのポートにブロードキャストするのではなく、特定のポートにのみパケットを転送します。接続機器や通信量の多いネットワークでは、スイッチを使用する方が通信効率が向上します。
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

関連情報

コンピュータ ハードウェアの製造元の問い合わせ先を参照するには、以下のうち該当する「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
65416 ハードウェア関連およびソフトウェア関連のサードパーティ ベンダの問い合わせ先一覧 (A 〜 K)

60781 ハードウェア関連およびソフトウェア関連のサードパーティ ベンダの問い合わせ先一覧 (L 〜 P)

60782 ハードウェア関連およびソフトウェア関連のサードパーティ ベンダの問い合わせ先一覧 (Q 〜 Z)
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載している情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

Windows Vista でのゲームのトラブルシューティングの詳細については、Windows Vista の [ヘルプとサポート] の「ゲームの問題のトラブルシューティング」の指示に従ってください。このトピックを表示するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[ヘルプとサポート] をクリックします。
  2. [ヘルプの検索] ボックスにゲームの問題のトラブルシューティングと入力し、[ヘルプの検索] をクリックします。
  3. 適切なトピックをクリックします。

プロパティ

文書番号: 819836 - 最終更新日: 2007年12月4日 - リビジョン: 25.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Flight Simulator X
  • Microsoft Flight Simulator X Standard
  • Microsoft Halo 2 for Windows Vista
  • Microsoft Links 2003 Championship Edition
  • マイクロソフト エイジ オブ ミソロジー
  • マイクロソフト エイジ オブ エンパイア II : エイジ オブ キング
  • マイクロソフト エイジ オブ エンパイア II 拡張パック : 覇者たちの光陰
  • マイクロソフト エイジ オブ エンパイア II : ゴールド エディション
  • マイクロソフト エイジ オブ エンパイア III
  • エイジ オブ エンパイア III: ザ ウォーチーフ
  • マイクロソフト エイジ オブ ミソロジー ゴールド エディション
  • マイクロソフト エイジ オブ ミソロジー 拡張パック : アトランティスの巨神たち
  • マイクロソフト コンバット フライト シミュレータ 3
  • マイクロソフト ダンジョン シージ
  • マイクロソフト ダンジョン シージ 拡張パック : アランナの伝説
  • マイクロソフト ダンジョン シージ 2
  • マイクロソフト フライト シミュレータ 2004 翼の創世紀
  • Microsoft Freelancer
  • マイクロソフト へイロー コンバット エボルヴ
  • Microsoft Links 2003
  • マイクロソフト ライズ オブ ネイション 〜民族の興亡〜
  • マイクロソフト ライズ オブ ネイション 〜民族の興亡〜 : ゴールド エディション
  • マイクロソフト ライズ オブ ネイション : ライズ オブ レジェンド
  • マイクロソフト ライズ オブ ネイション 〜民族の興亡〜 拡張パック : 皇帝と革命軍
  • Microsoft Shadowrun (PC)
キーワード:?
kbnetwork kbhowto kb3rdparty kbinfo KB819836
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com