PowerPoint プレゼンテーションをビデオテープに録画する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 820918
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、PowerPoint プレゼンテーションをビデオテープに録画するために使用できる 2 つの方法について説明します。ビデオテープにプレゼンテーションを保存するのには、スキャン コンバーターを使用できます。PowerPoint プレゼンテーションをビデオテープに録画するのにデジタル ビデオの編集のソフトウェアとハードウェアを使用することもできます。詳細については、この資料の「関連情報」セクションを参照してください。

詳細

PowerPoint に組み込まれている機能を使用するはありません。プレゼンテーションをビデオテープに記録します。ただし、さまざまなを使用することができます。サード ・ パーティ製品を使用してこの操作を実行します。

始める前に、次の点を考慮してください。
  • ビデオ、コンピューターで表示するために使用されるデジタル信号よりも不鮮明で低い解像度には、アナログ信号を使用してください。モニターの詳細については。このため、小さなや細かい使用しないでください。テキストまたはグラフィックをプレゼンテーションにします。
  • 画面の端に近い情報が途切れることがあります。スライドの端の近くにテキストを配置しないようにします。
  • 明るい赤などの色は、うまく表示されません。ビデオ。このため、明るい赤と黄色の使用を避けるためにプレゼンテーションです。
PowerPoint プレゼンテーションをビデオテープに録画するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: スキャン コンバーターを使用します。

スキャン コンバーターを格納する機能を提供するデバイスです。国家テレビ システムで標準的なコンピューター画面に表示される内容委員会 (NTSC) またはフェーズ代替行 (PAL) のテレビのモニター、または逆に、コンピューター画面上でテレビを見ることができます。できます。標準的なビデオデッキ (VCR) をコンピューターに表示される内容を記録するには監視します。

一部のビデオ カード (たとえば、ATI で象徴すべてビデオATI テクノロジによってカード) からビデオの再生を転送するため、Vcr (ビデオデッキ)、コンピューターのビデオ カード TV 入力接続してから、コンピューターのビデオvcr カードの TV-OUT 接続。

ビデオ カードの機能を確認するのには、ビデオ カードの製造元への問い合わせ方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 Microsoft にサード ・ パーティ製の連絡先情報を提供します。テクニカル サポートを検索します。この連絡先情報は、予告なく変更可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先の正確さを保証しません情報です。
スキャン コンバーターを使用して PowerPoint プレゼンテーションを記録するには、次の手順を実行します。
  1. コンピューターと VCR にスキャン コンバーター デバイスをインストールします。製造元の指示を使用しています。

    どのような種類がわからない場合は、ビデオ カードを使用しているまたは、組み込みの TV 出力接続されている場合は、見てモニターの接続では、コンピューターの背面。"F"のいずれかのファイルの場所します。コネクタまたは「S ビデオ」コネクタを使用します。"F"コネクタは、ある多くの人精通しているし、すべてのテレビ、ケーブル ボックス、使用されて、ビデオデッキ。

    S-ビデオの最新のビデオ デバイス (テレビと VCR) の使用します。接続します。すべての装置 (テレビ、VCR、およびスキャン コンバーター) がある場合は、S ビデオを提供するように S ビデオ接続を強くお勧め高画質の画像。

    必要がありますまたはが存在する 2 つの「ジャック」接続「のビデオ」、および「ビデオ出力」としてマークします。VCR をコンピューターからを記録するにはビデオでは、するには、ビデオ出力 (TV 出力) に、コンピューターのビデオ カードの接続します。(TV IN) 接続で、vcr (ビデオデッキ)。
  2. プレゼンテーションにサウンドが含まれている場合は、スピーカーを接続またはライン出力ジャックをコンピューターのサウンド カードをオーディオ入力ジャックに、VCR (ビデオデッキ)。

    メモ この手順を完了するには、コンピューターにサウンド カードが必要と適切なケーブル (通常、ケーブルのいずれかの端にミニ プラグを取得する必要があります。終了し、RCA は、他の接続)。
  3. プレス レコード 上のビデオ。
  4. コンピューターに、PowerPoint を実行します。プレゼンテーションです。
すべて正しく接続されている場合は、今ビデオを記録するかPowerPoint のプレゼンテーションのスライド ショー。

方法 2: デジタル ビデオの編集のソフトウェアとハードウェアを使用します。

デジタル ビデオ編集の PowerPoint プレゼンテーションをビデオテープに録画するより高度なメソッドを提供します。このメソッドに代わる、またはコンサートでコンピューターのビデオ アダプター カードで動作するアダプター カードを使用します。このカードは、ジャックはさまざまな種類のビデオ信号を出力し、も、ジャックはさまざまな種類のビデオ信号を入力した可能性があります。Matrox 電子システム株式会社では、Matrox RT2000 とを兼ね備える DV500 Pinnacle Systems, Inc. によっていくつかの例この種のカードにはが含まれます。

これらのカードを制御するには、ビデオ編集プログラムを使用する必要があります。たとえば、Adobe Premiere で Adobe Systems, Inc. またはビデオ工場で sonic 社工場出荷時)。

メモ ビデオ編集に接続する VCR も必要アダプターです。

このハードウェアとソフトウェアの構成では、記録できます。動画のエキスパート グループ (MPEG) ファイル、QuickTime 映画、または保存されている画像さまざまな形式でされ、ビデオテープに記録します。

なお、次の。
  • PowerPoint プレゼンテーションを一連のグラフィックとして保存できます。ファイルです。グラフィックス インターチェンジ形式 (GIF)、共同サポートされている形式をします。写真エキスパート グループ (JPEG)、またはポータブル ネットワーク グラフィックス (PNG) 形式を使用します。以前のバージョンの PowerPoint がコンピューターにインストールされている場合は、使用することができます。各スライドをグラフィック ファイルとして保存するのには、スクリーン キャプチャ ユーティリティです。
  • 作成することができます、プログラムがあるかどうかは、QuickTime ビデオの画面から直接を使用できますを作成するのにはムービー ファイルのプレゼンテーションです。
  • デジタル ビデオ編集プログラムを使用して送信することができます、グラフィックやビデオのファイルを追跡します。
この資料に記載サード ・ パーティ製品がマイクロソフトと関連のある会社で製造されています。明示、黙示、パフォーマンスや信頼性これらの製品に関する負わない。

プロパティ

文書番号: 820918 - 最終更新日: 2011年7月29日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbhardware kb3rdparty kbmt KB820918 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:820918
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com