コード内でユーザーの偽装により、応答を停止または"Method Failed"のエラー メッセージが発生する場合があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 821470 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

偽装ユーザーのメールボックスにアクセスするコードを実行する Microsoft Office Outlook 2007、Outlook 2003 または Outlook 2002 が応答を停止かとすると、次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。
メソッド '~ 'のオブジェクト' ~' が失敗しました

原因

ユーザーを偽装すると、新しいスレッドが作成される場合に発生します。 MAPI およびコラボレーション データ オブジェクト (CDO) は、通常の関数として新しいスレッドを作成してこれらの新しいスレッドは、ユーザーの偽装トークンにフル アクセスを継承しません。

メモ MAPI で偽装は、サポートされている動作はありません。

回避策

マイクロソフトは提供プログラミング言語の使用方法の一例としてのみ、姿表現または暗黙に提供します。 これはに含まれますに、黙示または商品性および特定目的に対する適合性の黙示保証は一切制限はありません。 この資料ではであると見なすは、例示されているプログラミング言語を作成したりプロシージャをデバッグするためのツールと使い慣れた。 マイクロソフト サポート エンジニア、特定のプロシージャの機能の説明に役立ちます。 ただし、これらの追加機能を提供する手順を特定の要件を構築例変更は行って。

この問題を回避するには、コードを別のプログラムに 2 分割します。

For example, the first program should do the impersonation by using LogonUser, and then start the second program as a separate process by using CreateProcessAsUser as in the following sample Visual Basic code:
'<-- Launcher program
Const LOGON32_LOGON_INTERACTIVE = 2
Const LOGON32_PROVIDER_DEFAULT = 0
Const CREATE_DEFAULT_ERROR_MODE = &H4000000

Private Type STARTUPINFO

   cb As Long
   lpReserved As Long ' !!! must be Long for Unicode string
   lpDesktop As Long  ' !!! must be Long for Unicode string
   lpTitle As Long    ' !!! must be Long for Unicode string
   dwX As Long
   dwY As Long
   dwXSize As Long
   dwYSize As Long
   dwXCountChars As Long
   dwYCountChars As Long
   dwFillAttribute As Long
   dwFlags As Long
   wShowWindow As Integer
   cbReserved2 As Integer
   lpReserved2 As Long
   hStdInput As Long
   hStdOutput As Long
   hStdError As Long

End Type

Private Type PROCESS_INFORMATION

   hProcess As Long
   hThread As Long
   dwProcessId As Long
   dwThreadId As Long

End Type

Private Declare Function CreateProcessAsUser Lib "advapi32.dll" _
      Alias "CreateProcessAsUserA" _
      (ByVal hToken As Long, _
      ByVal lpApplicationName As Long, _
      ByVal lpCommandLine As String, _
      ByVal lpProcessAttributes As Long, _
      ByVal lpThreadAttributes As Long, _
      ByVal bInheritHandles As Long, _
      ByVal dwCreationFlags As Long, _
      ByVal lpEnvironment As Long, _
      ByVal lpCurrentDirectory As String, _
      lpStartupInfo As STARTUPINFO, _
      lpProcessInformation As PROCESS_INFORMATION) As Long

Private Declare Function LogonUser Lib "advapi32.dll" Alias "LogonUserA" ( _
      ByVal lpszUsername As String, _
      ByVal lpszDomain As String, _
      ByVal lpszPassword As String, _
      ByVal dwLogonType As Long, _
      ByVal dwLogonProvider As Long, _
      phToken As Long) As Long

Private Declare Function CloseHandle Lib "kernel32" ( _
      ByVal hObject As Long) As Long

Private Sub Command1_Click()
      Dim hToken As Long
      Dim ulResult As Long
      Dim startup As STARTUPINFO
      Dim process As PROCESS_INFORMATION
    
      ulResult = LogonUser("ImpersonatedUsed", "ImpersonatedDomain", _
         "ImpersonatedUserPassword", LOGON32_LOGON_INTERACTIVE, _
            LOGON32_PROVIDER_DEFAULT, hToken)

      If ulResult = 0 Then
         MsgBox "Error in LogonUser:  " & Err.LastDllError
         Exit Sub
      End If

      startup.cb = Len(startup)
      'TODO: Replace 'mail.exe' with the name of the program you wish to start
      ulResult = CreateProcessAsUser(hToken, 0&, "mail.exe", 0&, 0&, _
         False, CREATE_DEFAULT_ERROR_MODE, 0&, "path", startup, process)

      If ulResult = 0 Then
         MsgBox "Error in CreateProcessAsUser:  " & Err.LastDllError
         Exit Sub
      End If
    
      CloseHandle hToken
    
End Sub

'<-- End of first program 

'<-- Start of second process

'<-- Mail.exe project:
Private Sub Command1_Click()

On Error GoTo ErrHandler

   Dim oSession 'As MAPI.Session
   Set oSession = CreateObject("MAPI.Session")
   oSession.Logon , , , , , True, "ServerName" & vbLf & "MailboxName"

   Dim oFolder 'As MAPI.Folder
   Set oFolder = oSession.GetDefaultFolder(1) 'CdoDefaultFolderInbox
   Set oMessages = oFolder.Messages
   Set oMessage = oMessages.GetFirst

   MsgBox oMessage.Subject
   Set oMessage = Nothing

   MsgBox "1"
   Set oMessages = Nothing

   MsgBox "2"
   Set oFolder = Nothing

   MsgBox "3"
   oSession.Logoff  '

   MsgBox "4"
      Set oSession = Nothing
   MsgBox "Done"

   Exit Sub
    
ErrHandler:
   MsgBox Err.Number & "   -->   " & Err.Description
   Set oMessage = Nothing
   Set oMessages = Nothing
   Set oFolder = Nothing
   oSession.Logoff
   Set oSession = Nothing

End Sub

状況

マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。

プロパティ

文書番号: 821470 - 最終更新日: 2007年4月30日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Office Outlook 2007
キーワード:?
kberrmsg kbbug kbprb kbmt KB821470 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:821470
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com