レベル Exchange Server 2003 ユーザーとドメインのインターネット電子メール メッセージを構成する方法を設定します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 821750
この資料の Exchange 2000 Server バージョンについてを参照してください。 319252.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料でを構成する方法について説明します。インターネット電子メール メッセージ形式は、ユーザーと組織の両方でレベルです。ほとんどの組織では、電子メール メッセージとなっていますがますますコミュニケーションの重要なモードです。ただし、いないすべての組織と同じを使用してください。メッセージング システムの種類を指定します。ユーザーをしようとする場合に問題が発生する可能性がありますその結果、外部の組織が不適切な形式でメッセージを送信します。また、インターネット電子メール メッセージ形式を構成することができます。組織が特定の形式を使用する必要がある場合、組織レベルまたは電子メール通信では、フォントやテキストの色などの機能を使用します。

、インターネット電子メール メッセージを外部ドメインに送信設定を構成することができます。2 つのレベルでは。
  • ユーザー
  • ドメインで
既定の設定を使用すると、ユーザーは電子メール メッセージを送信できます。必要な任意の形式で。ただし、組織のポリシーがあります。html 形式またはリッチ テキスト形式 (RTF) 形式で、電子メール メッセージの送信についてすべての電子メール メッセージをテキスト形式で送信する必要があること] を指定する必要があります。また、他組織とのパートナーシップを必要があります。html 形式または rtf 形式を処理する Microsoft Exchange 2000 Server を実行して書式を設定します。でこのシナリオでは、すべての電子メール メッセージを配信するための規則を構成できます。ドメインの RTF 形式を使用します。

要件

推奨されるハードウェア、ソフトウェアを次に示します、ネットワーク インフラストラクチャ、および必要な service pack:
  • Microsoft Windows 2000 Server Service Pack 3 (SP3)
  • Microsoft Active Directory ディレクトリ サービス
  • Exchange 2003
この資料で、次のように精通していることを想定しています。トピック:
  • Exchange システム マネージャー
  • 電子メールのメッセージ形式としてテキスト形式や rtf 形式、HTML など

形式のメッセージの説明

外部への電子メール メッセージの配信を構成すると、ドメインは、さまざまな方法を使用できることを理解していることを確認してください。

プレーン テキスト

テキスト形式のメッセージを最も認められているメッセージの形式です。形式です。電子メール メッセージ リーダーをすべてテキスト形式でテキスト メッセージを表示することができます。形式です。色、フォント、テキスト メッセージを表示ことはできませんただし、または太字や斜体などの強調します。

リッチ テキスト形 (式 RTF)

Exchange 2000 を使用して、配信されるメッセージを rtf 形式のメッセージMicrosoft Outlook ユーザー間では。Rtf 形式には、色、フォント、および書式設定が表示されます。ただし、rtf 形式のみ Outlook によって読み取り可能です。Exchange 2003 の RTF 形式が違いますワード プロセッサ プログラム (Microsoft など) で使用される RTF 形式からWord します。

メモ 受信者で Winmail.dat という添付ファイルを受信した場合電子メール ドメインは、rtf 形式の非互換性の問題があります。この問題を回避するには問題は、送信されたメッセージを確認するルールを構成する必要があります。そのドメインを RTF 形式を使用しないでください。

HTML の書式

Html 形式のメールをできるようになりました、最近導入がメッセージでリッチ コンテンツを表示します。HTML メール形式を使用すると、メッセージの外観を変更するのには、タグを完全に、HTML ページとして送信されます。テキストです。受信者の電子メール クライアント プログラム、書式設定され、表示されます、HTML コード。HTML テキストの問題は、一部の電子メール クライアント プログラムをされます。HTML テキストをサポートします。Html 形式の電子メール メッセージが正しく表示されない場合は、メッセージが読めなくなることができます。

テキスト形式と HTML

Exchange 2003 メッセージは両方の形式の外部ドメインに送信します。テキストや HTML を使用します。この形式は、どちらのクライアント上で正しく表示されます。ただし、メッセージを 2 倍になるし、処理時間がかかります。ことができます。メッセージへの返信で、プレーン テキストと HTML の両方を表示することができます。この現象は頻繁に人々 が投稿したディスカッション グループに発生します。プレーン テキストと HTML の両方を使用するには、[メッセージ] をクリックします。

MIME と uuencode

MIME とユーザー対ユーザー (uuencode) のエンコーディングに異なる 2 つのです。バイナリ添付ファイルにメッセージを送信する方法があります。初期の電子メール クライアントプログラムは、既定のメッセージ形式として uuencode を使用しました。ただし、最新の電子メール クライアント プログラムが S/MIME をサポートします。ドメインと通信する必要があります。uuencode を使用することを続行します。このシナリオでは、規則を構成できます。uuencode 形式を使用して、ドメインにメッセージを配信します。

メッセージ テキストのワード ラップ

厳密にはこの形式を電子メール メッセージの形式ではありませんが、電子メール メッセージング クライアントの以前のバージョン改行があることを必要とします。70 6 または 7 番目の 70 文字の直後後に配置します。そうしないとこの手順を実行して、これらのクライアントのみの 76 最初の文字を表示できます。それぞれの行です。したがって、メッセージの大部分を表示可能性があります。

電子メール メッセージの設定をすべての外部ドメインを構成します。

大部分を送信する電子メール メッセージを構成するのにはインターネット ドメイン、既定インターネット電子メール メッセージの設定を確認します。形式です。次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイントプログラム、ポイント Microsoft Exchange、、をクリックして、 システム マネージャー.
  2. 展開 グローバル設定、し[インターネット メッセージ形式.
  3. 右側のウィンドウで右クリックします。 既定値,し プロパティ.

    メモ で、 全般 タブの既定のプロパティは、に SMTP ドメインを既定の形式としてアスタリスク (*) 示されますこの既定のエントリは、すべてのインターネット ドメインに電子メール メッセージを送信します。
  4. クリックして、 メッセージの形式 タブをし下で使用するメッセージのエンコードをクリックします。 メッセージエンコード方法.

    ほとんどのドメインは、MIME エンコードおよび普通使用します。メッセージの本文のテキスト。
  5. Outlook 以外のメールを使用して接続するユーザーが必要な場合同じメッセージ エンコード設定を使用するクライアントをクリックを選択するのには、非 MAPI クライアントにコンテンツ設定を適用します。 チェック ボックスします。

    ポスト オフィス プロトコル バージョン 3 (POP3) クライアントを頻繁に使用します。Microsoft Outlook Express および HTML 形式でメッセージを送信することができます。させることができます。テキスト形式を使用して、メッセージの形式を強制するのには、非 MAPI クライアントExchange 2003 サーバー上で変換します。

    メモ この方法は、大規模な処理で大量のメッセージを変換している場合負荷を作成することができます。
  6. 下にあります。 文字セットをクリックして、該当する文字セットは、 MIME MIME 以外 一覧が表示されます。

    メモ 誤った文字セットを選択すると、メッセージが表示されません。正しくします。
  7. クリックして、 高度な タブをクリックし下の設定 Exchange リッチ テキスト形式.

    クリックすると、 各ユーザーが決定設定は、ユーザーが独自の形式を選択できます。ただし、我々 はありません。外部の関係者に独自の形式を送信することをお勧め。そのためには、可能性があります。選択してプレーン テキスト ポリシーだけを適用します。 決して切り捨てを避けるためには 15 文字以内の名前を使ってください.

    メモ Exchange リッチ テキスト形式式 (RTF) ができる、独自の形式です。Outlook クライアントによってのみ解釈。このオプションを設定するのには 決して切り捨てを避けるためには 15 文字以内の名前を使ってください 外部関係者とが通信できるようにには影響しませんインターチェンジ内の Outlook ユーザー間での Exchange RTF 形式の使用内部の Exchange 組織。
  8. 下にあります。 メッセージ テキストのワード ラップをクリックして、使用するメッセージ テキスト単語折り返し設定です。

    選択した場合使用する列は、ワード ラップが発生した列を入力します。
  9. クリックしてください。 [OK] 設定を使用して、既定のプロパティを閉じます。
  10. SMTP サービスを再起動します。

Exchange 2003 または Exchange 2000 を実行しているドメインの設定を構成します。

場合は、ドメインに多数の電子メール メッセージを送信実行を知っている Exchange 2003 または Exchange 2000 では、ことができます向上、Exchange を再度有効にしてそのドメインに送信されるメッセージの外観2003 RTF 形式。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイントプログラム、ポイント Microsoft Exchange、、をクリックして、 システム マネージャー.
  2. 展開 グローバル設定を右クリックして[インターネット メッセージ形式、ポイント 新しい、、をクリックして、 ドメイン.
  3. で、 名前 ボックスに、わかりやすい名前を入力します。オブジェクトを返します。
  4. で、 SMTP ドメイン 名前を入力します。SMTP ポリシーを適用するために必要な SMTP ドメインを指定します。
  5. クリックして、 メッセージの形式 タブします。
  6. クリックしてください。 MIME、し 提供メッセージ本文をテキストとして.
  7. で、 MIMEMIME 以外一覧に適切な文字セットをクリックします。一般に、いずれかの使用、次の文字を設定します。
    • 米国 ASCII
    • 西ヨーロッパ言語 (ISO 8859-1)
  8. クリックして、 高度な タブをクリックし常に使用します。.

    メモ メッセージ テキスト単語折り返し設定ままとして 決して切り捨てを避けるためには 15 文字以内の名前を使ってください.
  9. クリックしてください。 [OK] 設定を使用して、閉じる、 ドメイン名 [プロパティ] します。
  10. SMTP サービスを再起動します。
さらにドメインを構成するには、異なる設定を使用しますその必要があります。

確認、インターネット電子メール メッセージの設定の関数

確認するのには、インターネット電子メール メッセージの設定の関数正しく、外部の受信者に電子メール メッセージを送信してできることを確認してください。受信し、メッセージを正しく表示します。受信者が返信すると、確認します。メッセージが正常に表示されます。メッセージを送受信する場合は、Exchange 2003 または Exchange 2000 では、送信されたメッセージを実行するドメイン色やフォントなどの書式設定、ドメイン維持から受信します。

トラブルシューティングを行う

インターネット電子メール メッセージを送信する場合に発生するほとんどの問題RTF 形式または HTML 形式を解釈できないメール クライアントで発生する可能性がメッセージです。この問題を解決するには、そのドメインは別々 のルールを作成します。または、既定の形式をテキスト形式に変更します。

関連情報

インターネット メールを構成する方法の詳細についてExchange 2003 では、メッセージの形式は、Exchange 2003 のリソース キットを参照してくださいとExchange 2003 のヘルプします。

プロパティ

文書番号: 821750 - 最終更新日: 2011年7月29日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbmt KB821750 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:821750
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com